業者探しで迷わない。一括見積もりならアイミツ

お急ぎの方は
電話で即日相談

フリーダイアル

0120-917-819

通話無料 営業時間 10:00~19:00 土・日・祝休

WEB媒体対応の優良業者

WEB媒体対応のプレスリリース(PR)配信

コスパが最大化する

一括見積もり

利用料 0円

失敗しない!今ならお問い合わせで無料進呈中 発注サポートブック

カンタン!30秒でお問い合わせ完了

優良企業のみで一括見積もり

コンサルティング イメージ

WEB媒体対応のプレスリリース(PR)配信の会社比較方法・比較のポイント

WEB媒体対応のプレスリリース(PR)配信の委託先、外注先を探すにあたってのポイントや選び方など、様々な情報をまとめました。当社が保有するほんの一部のノウハウのみの公開ですが、参考にしてください。当社は、相場情報、見積もり事例など多数保有しております。

WEB媒体対応のプレスリリース(PR)配信の選定ポイント

POINT
01

プレスリリース(PR)配信先のメディアは最適か

配信先メディアは自社のニーズに合ったものかをしっかりと吟味する!

新しい商品やサービスの情報をプレスリリース(ニュースリリース)によって伝える場合には、事前にどのようなお客さまに、どの情報を伝えて認知してもらい、どうやって次のアクションに結びつけるかというマーケティング的なシナリオを明確にする必要があります。そのシナリオの中でプレスリリース配信サービスをどのように活用するのかを検討する必要があります。

プレスリリース会社が提携する登録メディア数は500メディアから、多いところだと7,000メディアに配信するところもあります。プレスリリース配信はマス広告とは違いますので、対象とならないメディアに配信しても読まれることはほとんどありません。事前に配信先メディアの一覧などをチェックし、自社のニーズに合っているのかを確認する必要があります。新しい製品やサービスの情報を多くのメディアに配信できることよりも、訴求したいターゲットに確実に到達しやすいメディアに配信しているかどうかを事前にチェックする必要があります。

サービスを提供する会社が、リリースの配信後に記事にしてもらう独自の工夫などをしているかも選定のポイントになります。

 

POINT
02

プレスリリース原稿作成のアドバイス

反応率を左右する原稿作成のアドバイスなどが貰えるのかどうか。

配信先のメディアは毎日沢山のニュースの中から、面白いものだけをピックアップしています。ただ書けば良いのではなく、メディアの記者や担当者が読みやすく、理解しやすいように工夫することが大切です。

プレスリリース会社は配信先の選定だけではなく、原稿作成のアドバイスも行っています。どの程度一緒になって考えてくれるかを事前の面談等で確認すると良いでしょう。上場企業や大手企業などで広報・プレスリリースを担当するような慣れたスタッフがいる場合は別として、慣れていない場合、どの程度細かくアドバイスしてくれるのかはとても重要なポイントです。

<取り上げられるプレスリリース記事の書き方例>

  •  原稿は2ページ以内にまとめる(読みやすい分量に留める)
  •  タイトル(見出し)は興味を惹かれやすいように工夫する
  •  結論を先に述べ、できるだけ定量的に数字を用いて特徴を説明する
  •  何が新しいのかを、業界のことがわからない人にも理解しやすいように工夫する

 

POINT
03

オプションサービスの利用可否

効果を上げるための各種オプションサービスは充実しているのか。

最近ではインターネットにより企業がリリース情報を直接エンドユーザーに届けることも可能になってきました。プレスリリース配信を提供する会社もメディア向けにプレスリリースを配信するだけでなく、自社が運営するプレスリリースのポータルサイトで情報を直接提供したり、エンドユーザーを会員組織化し、会員の属性に合わせて、電子メールやメルマガで直接アプローチし情報を配信するオプションサービスもあります。また、著名なブロガーへの配信なども行い、口コミでの情報発信をサポートするサービスもありますので、プレスリリース配信を検討する際にはこれらサービスも同時に確認すると良いでしょう。

また、製品やサービスによっては切り口を変えたアプローチや定型化されたフォーマットでは表現しにくい情報もあるかもしれません。このような場合は、自社のFacebookやTwitterアカウントなどSNS(ソーシャルメディア)や動画サイト、自社コーポレイトサイトとの連携も検討すると良いでしょう。このような各種オプションサービスは基本サービスに含まれるのかなども確認する必要があります。

 

POINT
04

プレスリリース配信の効果測定は可能か

効果測定は必須、どのような形式での確認が可能かをチェックしておくこと。

プレスリリース配信後の効果測定はそれぞれのサービス会社が提供してくれますが、提供の仕方はウェブ上の管理画面からの閲覧だったり、紙ベースのレポート形式だったりとさまざまです。複数のスタッフでリアルタイムに情報を共有したい場合は、ウェブ上での閲覧が可能なサービスを選ぶのが良いでしょう。時間や費用を掛けてプレスリリース配信を行いますので、配信の結果どのような効果があったかのかは必ず確認し、関連する部署と情報を共有しながら次回につなげたいものです。サービス会社によっては掲載先のメディアの媒体料金に換算して費用対効果を算出するサービスを行っているところもあります。

 

WEB媒体対応のプレスリリース(PR)配信の発注時よくある質問

人イメージ

WEB媒体対応のプレスリリース(PR)配信についてのよくある質問を集めてみました。業者を決定するまでには、自社の業態や依頼内容に応じたさまざまな疑問点が浮かぶものです。発注後のお客様へのヒアリングを行っているぜひアイミツでは、細かな疑問点もしっかり把握しています。

アイミツのサービス

アイミツ オススメ

一括見積もりサービス

面倒な会社比較や相見積もり業務を、専門のコンシェルジュがサポート。
完全無料で会社比較からサポートいたします。

利用実績2万件、すべて完全無料、利用満足度98.4%

メリット

  • 相場情報、選び方もレクチャー
  • 専門のコンシェルジュがご要望を徹底ヒアリング
  • 100万以上のクチコミから、評判の良い優良業者をご紹介

※2015年12月に利用した企業様に「アイミツの満足度を教えてください。」という質問を行い「満足、普通、不満」の中から「満足」と答えた企業様の割合です。

利用実績

一括見積もりサービスの流れ

  • STEP1
    お問い合わせ

    ご要望がまとまっていない、相場がわからない場合でも、業界のプロが適切にリードいたします。

  • STEP2
    要望の確認、ご提案

    基本的な比較情報はもちろん、推薦の理由、どんな評価を受けているかもご説明します。

  • STEP3
    見積もり

    各社の見積もりが簡単に集まり、スムーズに業者選定を進めることが可能です。

    見積もり

お問い合わせいただくだけで、お客様にマッチした
優良業者へ完全無料
で一括見積もりできます。