業者探しで迷わない。一括見積もりならアイミツ

お急ぎの方は
電話で即日相談

フリーダイアル

0120-917-819

通話無料 営業時間 10:00~19:00 土・日・祝休

中古販売メインの優良業者

中古販売メインの法人向けパソコン(PC)

コスパが最大化する

一括見積もり

利用料 0円

失敗しない!今ならお問い合わせで無料進呈中 発注サポートブック

カンタン!30秒でお問い合わせ完了

優良企業のみで一括見積もり

コンサルティング イメージ

中古販売メインの法人向けパソコン(PC)の業者選び方ガイド・比較のポイント

中古販売メインの法人向けパソコン(PC)の委託先、外注先を探すにあたってのポイントや選び方など、様々な情報をまとめました。当社が保有するほんの一部のノウハウのみの公開ですが、参考にしてください。当社は、相場情報、見積もり事例など多数保有しております。

中古販売メインの法人向けパソコン(PC)の選定ポイント

POINT
01

中古パソコンのランクの目安を知っておく

中古品ランク種別を頭において金額の妥当性の目安としましょう。

価格が安いのが中古パソコンの最大のメリットですが、一方で他のOA機器以上に故障や不具合、ノートパソコンの場合はバッテリー残量などが気になります。購入のポイントは、販売店の提示する中古製品のグレードです。大型の販売店なら扱っている品も多く、ランク付けには相応の根拠がありますので目安となります。

【中古パソコンのグレード例】

  • Sランク 未使用品、もしくは未開封品状態

商品の外箱を、新品のときから一度も開封していない未開封品

商品の外箱は開封したが、新品のときから一度も起動・通電していない未使用品

  • Aランク

◇外見上新品と見分けがつかないくらいの美品で起動も問題ない

◇起動期間は未開封品、未使用品と同等だが多少の傷がある

  • Bランク

◇普通に目視できる傷が数か所、モニタのドット抜けが数点存在

◇パームレスト周辺に多少の摩耗、キーボードやタッチパッドに印字が消えない程度のテカリ

  • Cランク

◇破損は無いが、使用感や経年劣化が見た目で明らかな製品

◇普通に目視できる深い傷が5か所以上存在

◇パームレスト周辺の塗装が摩耗により剥げている

◇キーボードやタッチパッドにテカリがあり、摩耗により印字が消えている箇所が数か所ある

◇モニタのドット抜けが数点存在する

  • Dランク

◇外観上破損がある、もしくは傷汚れや経年劣化が極端という印象

◇ヤニ汚れにより変色、さわったときのベタつき、タバコ臭

◇外装にヒビが入っているたりゴム足が欠損

◇塗装ハゲや傷、シール跡が外装の数カ所に存在

◇モニタの液晶の明るさにムラ、ドット抜けが3多数存在

◇キーボードやタッチパッドが摩耗し、塗装が剥げているキーが多数存在

POINT
02

自社の用途や環境にあった最適なスペックのパソコンの種類を決める

中古市場に出回っているパソコンは多種多様!まずはWindowsかMacかを絞る。

通常のWindowsパソコンでは、法人向けに大量に新品納品された製品の低価格なリユースが目立ちます。

  • Windows系パソコンの種類

◇通常のディスプレイセパレート型業務用パソコン レンタル/リース

◇省スペースディスプレイ一体型パソコン レンタル/リース

◇サーバーパソコン レンタル/リース

◇ノートパソコン レンタル/リース

◇タブレット レンタル/リース

Macの中古市場は、業務用途に適したMac Proが大量に出回っているというわけでもなく、他のモデルも中古の値段が新品に比べて劇的に安いともありません。中古品のコストが大幅に値崩れしないのがMacの特徴といえますので、中古品最大のメリットである価格の安さはあまり期待できないのが現状です。

  • Macの種類

◇Mac Pro

◇iMac

◇Mac mini

◇MacBook Pro

◇MacBook Air

◇MacBook

POINT
03

OSの選定のポイントを把握する

現状Windows7が主流だがWindows10への移行時期も考えておく。

中古機種では、OSは最新のものであるとは限りません。Windowsシリーズではアップデートやサポートが打ち切られたXPも未だに根強い需要がありますが、法人用途ではセキュリティ上避けたほうが無難でしょう。事実上下記の3OSになりますが、必ずしも古いOSが動作的に劣っているわけではなく、Windows7を業務用途に使い続けているユーザーも相当数います。

  • WindowsOSの選択肢

Windows7

Windows8

Windows10

2015/09現在Windows7のシェアは50%を超えており、Windows8とWindows8.1を足して約20%で、この2つ(Windows7とWindows8)を足すと全体の約70%に達します。

しかし現時点でシェアNo.1のWindows7は、メインストリームのサポートが2015年1月13日で終了しています。延長サポートも2020年1月14日で終了予定ですので、今後はWindows10への移行が加速していくと思われます。

POINT
04

アウトレット品で品質保証された中古品を検討してみる

意外と知られていないメーカー直のお得なパソコン調達方法!

多くのパソコンメーカー法人営業部門では、下取りサービスやボリュームディスカウント、品質保証アウトレットサービスを行っています。

数十台から100台以上といったボリュームではなくとも、ネット上にも品質保証アウトレットサービスコーナーを設けているメーカーもあります。

  •  富士通WEB MART 最新パソコンのわけあり品

http://www.fujitsu-webmart.com/pc/webmart/ui3010.jsp

  •  ASUS Shop ASUS Outlet

http://shop.asus.co.jp/list/ASUS%20Outlet/

  •  Mac整備済製品

http://www.apple.com/jp/shop/browse/home/specialdeals/mac

  •  NEC得選街 アウトレット

http://club.express.nec.co.jp/store/tokka/index.html

  •  デル・アウトレット/デル・エクスプレス

http://jpstore.dell.com/dfo/?&~ck=anavml

  •  ソニーストア VAIO アウトレット パーソナルコンピューター

http://store.sony.jp/Special/Computer/Vaio/Outlet/outlet_hub.html

POINT
05

中古品のデメリットをしっかりチェックする

安さだけに惑わされず、デメリット部分が許容できるかどうかも購入の重要ポイントです!

中古パソコンのメリットは様々ありますが、やはり初期不良や返品不可、保証対象外の不具合などのリスクはつきものです。〈5つの選定ポイント〉①にある販売店のグレード目安もその後の不具合を完全に保証するわけではなく、あくまでも目安に過ぎません。

返品サポート期間やサポート内容をよく確認して、リスクを知った上で中古パソコンを導入する必要があります。

中古販売メインの法人向けパソコン(PC)の発注時よくある質問

人イメージ

中古販売メインの法人向けパソコン(PC)についてのよくある質問を集めてみました。業者を決定するまでには、自社の業態や依頼内容に応じたさまざまな疑問点が浮かぶものです。発注後のお客様へのヒアリングを行っているぜひアイミツでは、細かな疑問点もしっかり把握しています。

アイミツのサービス

アイミツ オススメ

一括見積もりサービス

面倒な業者比較や相見積もり業務を、専門のコンシェルジュがサポート。
完全無料で業者比較からサポートいたします。

利用実績2万件、すべて完全無料、利用満足度98.4%

メリット

  • 相場情報、選び方もレクチャー
  • 専門のコンシェルジュがご要望を徹底ヒアリング
  • 100万以上のクチコミから、評判の良い優良業者をご紹介

※2015年12月に利用した企業様に「アイミツの満足度を教えてください。」という質問を行い「満足、普通、不満」の中から「満足」と答えた企業様の割合です。

利用実績

一括見積もりサービスの流れ

  • STEP1
    お問い合わせ

    ご要望がまとまっていない、相場がわからない場合でも、業界のプロが適切にリードいたします。

  • STEP2
    要望の確認、ご提案

    基本的な比較情報はもちろん、推薦の理由、どんな評価を受けているかもご説明します。

  • STEP3
    見積もり

    各社の見積もりが簡単に集まり、スムーズに業者選定を進めることが可能です。

    見積もり

お問い合わせいただくだけで、お客様にマッチした
優良業者へ完全無料
で一括見積もりできます。