業者探しで迷わない。一括見積もりならアイミツ

お急ぎの方は
電話で即日相談

フリーダイアル

0120-917-819

通話無料 営業時間 10:00~19:00 土・日・祝休

ノートPCリース・レンタルメインの優良業者

ノートPCリース・レンタルメインの法人向けパソコン(PC)

コスパが最大化する

一括見積もり

利用料 0円

失敗しない!今ならお問い合わせで無料進呈中 発注サポートブック

カンタン!30秒でお問い合わせ完了

優良企業のみで一括見積もり

コンサルティング イメージ

ノートPCリース・レンタルメインの法人向けパソコン(PC)の業者選び方ガイド・比較のポイント

ノートPCリース・レンタルメインの法人向けパソコン(PC)の委託先、外注先を探すにあたってのポイントや選び方など、様々な情報をまとめました。当社が保有するほんの一部のノウハウのみの公開ですが、参考にしてください。当社は、相場情報、見積もり事例など多数保有しております。

ノートPCリース・レンタルメインの法人向けパソコン(PC)の選定ポイント

POINT
01

ノートパソコンのレンタル・リース・購入の違いを知っておく

用途に応じて最適な導入方法を決めましょう!

【新規購入】が適しているのは、常にハイスペックなパソコンが必要な場合です。ノートパソコンでは、新モデル発表のたびに新しい商品には常に新しい機能が追加されていきます。また、OSのバージョンアップによって速度が極端に遅くなったりする場合もありますので、常に最新の環境で使いたい場合には新規購入が良いでしょう。

【リース】は、ユーザーがノートパソコン購入をするときにリース会社が代わりに購入し、その商品を長期間に渡り賃貸契約を行います。契約期間は減価償却期間より短い設定が可能ですので、法人向けに一括して大量のノートパソコンを導入するなどの場合、税制上も有利です。

【レンタル】については費用が割高になりますが、イベントなどで会場にたくさんのノートパソコンを配置して業務を遂行する予定がある時などは効果的です。

項目 レンタル リース 購入
契約(償却)期間 任意で設定可能 使用可能期間(法定耐用年数など)の70%以上

使用可能期間(法定耐用年数など)

解約 可能 残リース料一括支払  
廃棄処分時の負担 レンタル会社負担 ユーザー負担 ユーザー負担

固定資産税・動産保険

レンタル会社負担 リース会社負担 ユーザー負担
保守・修理 レンタル会社負担 ユーザー負担 ユーザー負担
新機種への借り換え 可能 一部可能 不可
資金面 月額にならす 月額にならす 初期一括
会計処理・法人税 経費処理可能 資産計上可能 資産計上可能

 

POINT
02

ノートパソコンレンタルでは目的の機種、OSの在庫が豊富にあるかチェックする

ノートパソコンの種類は主に4種類に分けられます。

◇大画面ノートPCとモバイルノートPCの中間的な平均的サイズのお買い得ノートパソコン

◇液晶ディスプレイが大きく、ほぼ据え置き用途の大画面ノートパソコン

◇外出時によく持ち運ぶ小型のモバイルパソコン

◇タブレットにも、PCにもなるタブレットPC

  • OSの選定

◇Windows7

◇Windows8

◇Windows10

◇MACノートパソコンのレンタル・リースについては「Macリース・レンタル」をご参照ください。

レンタル時に使いたい機種が合ったとしても、使っているうちに別の機種に変えたくなる場合もあるでしょう。レンタルの場合には、借り換えは仕組み的には簡単にできます。しかしそうした場合に業者の方で対応できる機種やOSが限られている場合は、借り換えができないので注意しましょう。

リースの場合には、差額を支払うことで最新の機種に変更できる場合もありますので、契約時に借り換えについてしっかり確認しておきましょう。リースの場合はユーザーが購入する時に費用をリース会社が肩代わりする形態になりますので、使いたい機種・OSについては市場に出回っているものならば基本的にどんなものでも対応可能です。

  • ノートパソコンでは特にセキュリティ対策が重要

◇指紋センサー

指紋センサーとは、登録者の指紋を認証しないとパソコン自体が起動しないセキュリティシステムです。対応している機種はまだそれほど多くありませんが、機密性の高い情報をノートパソコンで携行したい場合には、指紋センサーによるセキュリティ性向上は非常に有効です。

POINT
03

ノートパソコン出荷時の初期設定(キッティングサービス)は万全かチェックする

届いてすぐ使えるかどうかは重要ポイントです!

「キッティングサービス」とは、ユーザーがパソコンを使用できる環境を準備作業です。会社によってはノートパソコンを個々人に付与して設定は各自に任せる運用方法をしてしまうところもありますが、 コンピュータ名の付与、サーバーやネットワーク環境設定、プリンタなどの周辺機器設定、必要最低限のソフトウェアインストールや最新のWindows Officeなどソフトウェアのアップデート、セキュリティ定義更新などです。 これらの作業はパソコン1台毎に個別の設定を行う必要があり、意外と時間と手間がかかるものです。

導入後すぐに使いたい場合には、こうしたキッティングサービスが十分かどうかチェックしておきましょう。

Microsoft Officeやウイルスソフトなど業務で必須といえるソフトウェアについては、有料となりますがパソコン導入時にキッティングサービスを使って導入してしまった方が手間もかからず後々便利です。

特にノートパソコンの場合には、ハードディスクやメモリの増設、ノートパソコン盗難、紛失時に頼りになるハードディスク暗号化、外出時の無線LAN設定、クラウドサービス接続によるファイル共有などのキッティングサービスは必須といえます。

POINT
04

レンタル、リースまでの流れはシンプルで明確かチェックする

分かりやすくシンプルな説明で手続きをしてくれる業者を選びましょう。

  • Step1 お問合わせ

リースとレンタル、購入のメリットデメリットに明確に答えてくれるかどうかチェック!

  • Step2 ご注文確定

リースとレンタルの場合にはそれぞれ必要書類の準備があります。月々の支払条件などをしっかり確認しておきましょう。

  • Step3 お支払い

銀行振込・クレジット・代金引換から柔軟に選べるところがほとんどですが、特に法人の場合には毎月の請求書払いが可能かどうかしっかり確認しておきましょう。延滞料金、中途解約で発生する料金もしっかりチェックしましょう。

  • Step4 レンタル開始

キッティングサービスは充分かを確認してから使用開始です。不具合やトラブルが合った時の連絡先をしっかり聞いておき、初期不良と思われる場合には機種の交換をしてもらいます。

  • Step5 ご返却

契約時の送料負担を確認して返却します。データの消去作業がしっかり行われたかどうかは必ず確認し、必要に応じて証明書を発行してもらいましょう。

POINT
05

保守サービスは万全かチェックする

業者ごとに差が出やすい部分なのでしっかりチェック!

祝祭日や夜間のトラブルに対応してくれるかどうかを確認します。また保守やサポートの内容はレンタル・リース各社でかなり差が出るところなので、保守サービス内容は事前にしっかり比較検討しておきましょう。

【主な保守サービス】

  • 代替機器提供
  • オンサイト出張修理
  • ネットワーク接続不具合修正
  • プリンタ設定トラブル修正
  • キッティングサービスで導入した基本ソフトウェアの使い方

など

ノートPCリース・レンタルメインの法人向けパソコン(PC)の発注時よくある質問

人イメージ

ノートPCリース・レンタルメインの法人向けパソコン(PC)についてのよくある質問を集めてみました。業者を決定するまでには、自社の業態や依頼内容に応じたさまざまな疑問点が浮かぶものです。発注後のお客様へのヒアリングを行っているぜひアイミツでは、細かな疑問点もしっかり把握しています。

アイミツのサービス

アイミツ オススメ

一括見積もりサービス

面倒な業者比較や相見積もり業務を、専門のコンシェルジュがサポート。
完全無料で業者比較からサポートいたします。

利用実績2万件、すべて完全無料、利用満足度98.4%

メリット

  • 相場情報、選び方もレクチャー
  • 専門のコンシェルジュがご要望を徹底ヒアリング
  • 100万以上のクチコミから、評判の良い優良業者をご紹介

※2015年12月に利用した企業様に「アイミツの満足度を教えてください。」という質問を行い「満足、普通、不満」の中から「満足」と答えた企業様の割合です。

利用実績

一括見積もりサービスの流れ

  • STEP1
    お問い合わせ

    ご要望がまとまっていない、相場がわからない場合でも、業界のプロが適切にリードいたします。

  • STEP2
    要望の確認、ご提案

    基本的な比較情報はもちろん、推薦の理由、どんな評価を受けているかもご説明します。

  • STEP3
    見積もり

    各社の見積もりが簡単に集まり、スムーズに業者選定を進めることが可能です。

    見積もり

お問い合わせいただくだけで、お客様にマッチした
優良業者へ完全無料
で一括見積もりできます。