業者探しで迷わない。一括見積もりならアイミツ

お急ぎの方は
電話で即日相談

フリーダイアル

0120-917-819

通話無料 営業時間 10:00~19:00 土・日・祝休

法人向けパソコン(PC)

コスパが最大化する

一括見積もり

利用料 0円

失敗しない!今ならお問い合わせで無料進呈中 発注サポートブック

カンタン!30秒でお問い合わせ完了

優良企業のみで一括見積もり

コンサルティング イメージ

法人向けパソコン(PC)の業者選び方ガイド・比較のポイント

法人向けパソコン(PC)の委託先、外注先を探すにあたってのポイントや選び方など、様々な情報をまとめました。当社が保有するほんの一部のノウハウのみの公開ですが、参考にしてください。当社は、相場情報、見積もり事例など多数保有しております。

法人向けパソコン(PC)の選定ポイント

POINT
01

最適な導入形態を選択する

購入・レンタル・リース、最適な導入方法を選択。

法人向けパソコンを導入する際は、まず機器を購入するのか、レンタルするか、リースにするのかを決めましょう。レンタルは業者から中古品を借りる短期契約です。中途解約が可能で、レンタルした物品の管理はレンタル会社が負います。一方、リースは業者が機器を新規購入し、それを借りる長期契約です。リースは新品を安い月額費用で利用できますが、契約が長期になり、中途解約ができないというデメリットもあります。また、機器の管理は自社で行わなければいけません。導入形態を選択する際は、月額費用のみに注目するのではなく、どのくらいの期間使用するのか、使用できるのか、保守やメンテナンスにどのくらい費用がかかるのかを考え、トータルの費用を考慮するようにしましょう。
 

POINT
02

設置場所や目的を考える

設置場所に適したパソコンをチョイスする!

パソコンには大別してノート型、デスクトップ型、一体型の3種類あります。設置場所や使用目的を考慮し、適した種類を選択しましょう。

  •  ノート型

本体とキーボード、液晶等が一体となったパソコンで、コンセントがなくてもバッテリーで動きます。持ち運びができるというのが最大のメリットですが、周辺機器をつなぐためのインターフェースが少ない、同じ性能のデスクトップパソコンと比べると値段が高いというデメリットもあります。主流派A4サイズとB5サイズですが、頻繁に持ち運びするのであればB5サイズ、機能や性能を重視するならA4サイズがお勧めです。モバイルサイズは小さく軽いので持ち運びに便利ですが、機能や性能には限界があります。持ち運び専用にするには良いと言えるでしょう。また、持ち運び専用ということであれば、Windowsタブレットなどもおすすめです。

  •  デスクトップ型

デスクトップパソコンは机の上で固定した状態で使うために設計されたパソコンで、本体とディスプレイ、キーボード等が別々になっています。持ち運びはできませんが、ノートパソコンに比べて値段が安い、拡張性が高く、パーツの追加・交換が容易などのメリットがあります。

  •  一体型

パソコン本体とディスプレイが一体となったパソコンです。省スペースで、つなぐケーブル類が少ないため周囲がすっきりするという特徴がありますが、パーツの交換が難しいため上級者には不向きです。
 

POINT
03

性能で選ぶ

使用用途に合わせた、パソコンのスペックを把握!

パソコンの性能には以下のような要素があります。表計算ソフトを使う程度という場合と、3Dモデリングソフトを使うという場合では必要な性能が大きく異なります。とにかく高性能な方が良いというわけではなく、使用したいソフトの稼働環境(OS、HDD、メモリ等)を確認し、それに適した性能を選ぶことが重要になります。

  •  OS

オペレーティングシステムのことで、コンピューターシステム全体を管理する基本ソフトウェアです。Microsoft社のWindowsシリーズが一般的であり、9割以上のシェアを占めています。DTP業界やマルチメディア業界ではApple社のMacがよく使われる他、iPhoneアプリの開発にはMacが必要であることから、IT業界などでもよく利用されるようになりました。WindowsにはVista、7、8などがあり、さらにその中で家庭用、ビジネス用などのエディションが分かれています。

  •  CPU

CPUとは核装置の制御やデータの計算・加工を行う装置のことです。例えるとCPUは「作業をする人」のイメージで、作業人数が増えると作業のスピードが速くなるのと同じように、コア数が増えると処理スピードが速くなります。

  •  メモリ

メモリは「メモリ」という名称からかデータを保存する記憶装置と混同されがちですが、そうではなく、パソコンの作業場所のようなもので、ハードディスクからのデータや命令はすべてメモリを仲介してやり取りされます。例えると、メモリは「作業を行う机」のようなイメージです。机が狭いと、資料が山積みになり作業効率が悪いですが、机が広いといろいろな資料や図版を広げることができ、作業効率が良くなります。それと同じように、メモリが多ければ多いほど処理速度は速くなります。

  •  HDD(ハードディスク)

HDDはデータを保存するための記憶装置です。例えると「書類を保管する本棚」のようなもので、HDDの容量が増えれば増えるほど、多くの情報を記録することができるようになります。また、最近ではHDDに代わってSSDが台頭してきています。SSDはまだ価格が高めではありますが、HDDに比べパソコンの起動やアプリケーションソフトの起動などが非常に速いことが最大の特徴です。
 

POINT
04

保守サービスで選ぶ

各メーカの故障対応を事前にチェック、口コミなどを参考に。

各パソコンメーカーでは法人向け保守サービスとして、オンサイト(訪問修理)対応や持ち込み修理、パーツ交換修理、海外出張中の故障への対応などを行っています。メーカーによって料金やサービス内容が異なる他、同じメーカーであっても機種によって標準保証の年数や延長保証の年数が異なります。どのような保守サービスが必要か、また何年必要かをよく考える他、各メーカーの故障対応のスピードや対応力に問題がないかを口コミなどを調査しチェックすると良いでしょう。
 

法人向けパソコン(PC)の発注トラブル事例

人イメージ

安いだけで飛びついてしまうとすぐに壊れたり、問題のある商品だったりと特有の問題は頭の痛い悩みでもあるようです。法人向けパソコン(PC)にかかわるトラブルの一部をご紹介いたします。思わぬトラブルを避けスムーズな発注・納品となるよう、ぜひimitsu(アイミツ)にご相談下さい。

法人向けパソコン(PC)の発注時よくある質問

人イメージ

法人向けパソコン(PC)についてのよくある質問を集めてみました。業者を決定するまでには、自社の業態や依頼内容に応じたさまざまな疑問点が浮かぶものです。発注後のお客様へのヒアリングを行っているぜひアイミツでは、細かな疑問点もしっかり把握しています。

アイミツのサービス

アイミツ オススメ

一括見積もりサービス

面倒な業者比較や相見積もり業務を、専門のコンシェルジュがサポート。
完全無料で業者比較からサポートいたします。

利用実績2万件、すべて完全無料、利用満足度98.4%

メリット

  • 相場情報、選び方もレクチャー
  • 専門のコンシェルジュがご要望を徹底ヒアリング
  • 100万以上のクチコミから、評判の良い優良業者をご紹介

※2015年12月に利用した企業様に「アイミツの満足度を教えてください。」という質問を行い「満足、普通、不満」の中から「満足」と答えた企業様の割合です。

利用実績

一括見積もりサービスの流れ

  • STEP1
    お問い合わせ

    ご要望がまとまっていない、相場がわからない場合でも、業界のプロが適切にリードいたします。

  • STEP2
    要望の確認、ご提案

    基本的な比較情報はもちろん、推薦の理由、どんな評価を受けているかもご説明します。

  • STEP3
    見積もり

    各社の見積もりが簡単に集まり、スムーズに業者選定を進めることが可能です。

    見積もり

お問い合わせいただくだけで、お客様にマッチした
優良業者へ完全無料
で一括見積もりできます。