業者探しで迷わない。一括見積もりならアイミツ

お急ぎの方は
電話で即日相談

フリーダイアル

0120-917-819

通話無料 営業時間 10:00~19:00 土・日・祝休

山梨の優良業者

山梨の給与(給料)計算ソフト

コスパが最大化する

一括見積もり

利用料 0円

失敗しない!今ならお問い合わせで無料進呈中 発注サポートブック

カンタン!30秒でお問い合わせ完了

優良企業のみで一括見積もり

コンサルティング イメージ

給与計算ソフトは基本的な機能に絞り込んだものから高度な機能や拡張性を持つものまで様々で、価格も無料のものから数千万円かかるものまで幅広く存在します。規模の小さい会社の場合は基本機能があれば十分ですが、従業員数が多い場合は他のデータベースへの連携ができるかなど、高度な機能や拡張性が必要になってきます。まずは自社の規模に適した機能を備えたものをピックアップし、その後サポート体制や法改正への対応を比較検討するようにしましょう。価格に関しては製品価格だけでなく、年間のサポート料金や更新費用などのトータルコストを考慮するようにしましょう。

給与(給料)計算ソフト業者一覧

給与(給料)計算ソフト 52件中110件の業者を比較中

アイミツのコンシェルジュサービス

アイミツ オススメ

一括見積もりサービス

面倒な業者比較や相見積もり業務を、専門のコンシェルジュがサポート。
完全無料で業者比較からサポートいたします。

利用実績2万件、すべて完全無料、利用満足度98.4%

メリット

  • 相場情報、選び方もレクチャー
  • 専門のコンシェルジュがご要望を徹底ヒアリング
  • 100万以上のクチコミから、評判の良い優良業者をご紹介

※2015年12月に利用した企業様に「アイミツの満足度を教えてください。」という質問を行い「満足、普通、不満」の中から「満足」と答えた企業様の割合です。

利用実績

一括見積もりサービスの流れ

  • STEP1
    お問い合わせ

    ご要望がまとまっていない、相場がわからない場合でも、業界のプロが適切にリードいたします。

  • STEP2
    要望の確認、ご提案

    基本的な比較情報はもちろん、推薦の理由、どんな評価を受けているかもご説明します。

    提案表
  • STEP3
    見積もり

    各社の見積もりが簡単に集まり、スムーズに業者選定を進めることが可能です。

    見積もり

お問い合わせいただくだけで、お客様にマッチした
優良業者へ完全無料
で一括見積もりできます。

山梨の給与(給料)計算ソフト会社の選び方ガイド・比較のポイント

  • POINT 1 企業規模に応じて機能を選択する(必要機能の洗い出し)

    数年後の成長を見越した製品を選択する!
    給与(給料)計算ソフトには基本的な機能に絞り込んだものから高度な機能や拡張性を持つものまで様々です。一般的に、規模の小さい会社の場合は基本機能だけの低価格帯製品で十分ですが、従業員数が増え… 続きを見る

  • POINT 2 法令改正への対応の有無

    法改正への対応が必須、バージョンアップできるようにサポート契約に加入。
    給与計算は法改正や法改定の影響を直に受け、ひどい時には年に3,4回も法令改正がある場合があります。法改正への対応が行われないと、その後給与計算ソフトを使うことができなくなります。発売元が法令… 続きを見る

  • POINT 3 サポート体制の充実度

    サポート内容と価格のバランスが大切です!
    前述の通り、法改正の影響を受けやすい給与計算ソフトではサポート契約を結ぶ必要があります。マニュアルは整備されているか、導入時だけでなく導入後も電話やメールで質問を受け付けてくれるか、対応は… 続きを見る

  • POINT 4 価格体系

    ソフトだけではなく、サポートや更新費用も考慮して選定!
    給与計算ソフトは無料のものから数千万円の大規模なものまで様々です。まずは自社の規模に適した必要な機能が揃っている製品をピックアップし、価格を比較検討するようにしましょう。その際にソフト自体… 続きを見る

山梨の給与(給料)計算ソフト会社への発注にあたっての基礎用語

  • 給与計算・給料計算ソフト 基礎知識・基礎用語

    給与計算ソフトは人事関連の業務支援ソフトとしては最も普及しているものの一つで、企業規模や利用目的に合わせて様々な製品がリリースされています。価格帯も家電量販店などで買える1万円前後のものから、数百万円、数千万円の大規模なものまで非常に幅広く存在します。有名ソフトとしては、弥生の「弥生給与」やOBCの「給与奉行」、PCAの「PCA給与」などが挙げられます。給与計算を100%アウトソーシングしている場合を除くと、ほとんどの企業が何らかの給与計算ソフトを利用しており、そのうち約20%が自社で開発したソフトを利用し、約80%が市販の専用ソフトを利用していると言われています。