業者探しで迷わない。一括見積もりならアイミツ

お急ぎの方は
電話で即日相談

フリーダイアル

0120-917-819

通話無料 営業時間 10:00~19:00 土・日・祝休

勤怠管理対応の優良業者

勤怠管理対応の給与(給料)計算ソフト

コスパが最大化する

一括見積もり

利用料 0円

失敗しない!今ならお問い合わせで無料進呈中 発注サポートブック

カンタン!30秒でお問い合わせ完了

優良企業のみで一括見積もり

コンサルティング イメージ

給与計算ソフトは基本的な機能に絞り込んだものから高度な機能や拡張性を持つものまで様々で、価格も無料のものから数千万円かかるものまで幅広く存在します。規模の小さい会社の場合は基本機能があれば十分ですが、従業員数が多い場合は他のデータベースへの連携ができるかなど、高度な機能や拡張性が必要になってきます。まずは自社の規模に適した機能を備えたものをピックアップし、その後サポート体制や法改正への対応を比較検討するようにしましょう。勤怠管理対応のものであれば、給与計算ソフトと連動しているものが多いため、余計なデータ転記作業や集計作業といった手間がなくなるので、事務の効率化につながります。価格に関しては製品価格だけでなく、年間のサポート料金や更新費用などのトータルコストを考慮するようにしましょう。

人イメージ

勤怠管理対応の給与計算ソフトの発注や業者探しの際、こんなお悩みありませんか?


  • 予算

    予算を抑えたいけれど
    どこに相談すればよい?

  • 評判

    いろんな会社が検索でヒット!
    本当に評判がよいのはどこ?

  • 相場

    相場が分からないけれど
    いくら位が妥当な金額?

  • 営業

    一括見積もりに依頼すると
    営業電話が多そうで不安・・・

人イメージ

そのお悩みをアイミツが解決します

発注先選定を無料でお手伝い!

  • POINT1

    相場情報をご提供!

    2万件以上の利用実績から
    相場情報や適正価格をご案内!
    見積もりのポイントも教えます。

  • POINT2

    専門コンシェルジュによる
    徹底見積もりサポート

    専任のコンシェルジュが、
    ご要望を丁寧にヒアリングいたします。
    5万社の調査から最適な会社をご紹介。

  • POINT3

    評判の良い会社に厳選

    100万以上のクチコミから
    評判の良い会社に絞ってご紹介!
    営業電話に困ることはありません。

業者探しは手間も費用もかからない

3
STEP

  1. 確認

    希望条件、ご要望をお聞かせください!

    ご要望がまとまっていない場合でも、
    業界のプロが適切にリードいたします。

  2. 提案

    専門知識のあるコンシェルジュが
    無料で業者をご紹介いたします!

    基本的な情報はもちろん、推薦の理由、
    どんな評価を受けているかもご説明します。

    提案表
  3. 見積り

    直接商談も可能!即、見積もりが集まります

    各社の見積もりが簡単に集まり、
    スムーズに業者選定を進めることが可能です。

    見積もり

無料即日対応優良企業を厳選してご紹介!

カンタン!30秒でお問い合わせ完了

お問い合わせで無料進呈中。完全保存版見積もり・発注サポートブック

お急ぎの方はお電話でも受付しています

フリーダイアル

0120-917-819

通話無料 営業時間 10:00~19:00 土・日・祝休

  • 問い合わせ後の流れは?
  • 無料でサービスが受けれられる理由とは?

REVIEWS

20,000件の相談実績

2014年から既に2万件を超える相談をいただいたおり、
利用されたお客様からもご好評いただいております

イメージ

無料即日対応優良企業を厳選してご紹介!

カンタン!30秒でお問い合わせ完了

お問い合わせで無料進呈中。完全保存版見積もり・発注サポートブック

お急ぎの方はお電話でも受付しています

フリーダイアル

0120-917-819

通話無料 営業時間 10:00~19:00 土・日・祝休

  • 問い合わせ後の流れは?
  • 無料でサービスが受けれられる理由とは?

勤怠管理対応の給与(給料)計算ソフトの

選び方ガイド

勤怠管理対応の給与(給料)計算ソフトの選び方ガイド

勤怠管理対応の給与(給料)計算ソフトの委託先、外注先を探すにあたってのポイントや選び方など、様々な情報をまとめました。当社が保有するほんの一部のノウハウのみの公開ですが、参考にしてください。当社は、相場情報、見積もり事例など多数保有しております。

勤怠管理対応の給与(給料)計算ソフトの選定ポイント

POINT
01

勤怠管理対応の給与計算ソフトの導入形態を確認する

初期費用だけでなく、トータルコストで見ることが重要!

会計システムの提供形態は、大きく分けると以下のようになります。

1.大企業向けERPの財務会計、管理会計モジュール

2.大企業、中規模企業向けオンプレミス型のカスタマイズされた会計システム

3.中小企業向けパッケージ型会計システム

4.中小企業向けクラウド型会計システム(上記3のクラウド版などを含む)

会計ソフトの料金体制は製品導入時の初期費用と、諸変更に対応した保守費用に分けられます。こうした諸変更には、税率変更などの外部要因だけではなく自社の組織変更といった内部要因も含まれますので、考えているよりも頻繁に起こり得ます。初期費用の安さだけで選ぶと保守費用が割高になる場合もあるので、トータルコストと自社のニーズを比較した上で、会計システムを導入するようにしましょう。

また、上記の1.ERPや2.オンプレミス型などでは、当然勤怠管理の仕組みをオーダーメイドで組み込むことも可能ですが、その分費用も高くなります。自社専用でない通常の機能で十分の場合には、通常のパッケージ版やクラウド版を選ぶようにしたほうが良いでしょう。

POINT
02

勤怠管理はどこまでの機能が必要なのか整理しておく

導入済みのカードベースなどに比べてどこが便利なのかチェック!

勤怠管理の一般的な機能は下記になります。もちろん、これらをベースにして目標管理などの達成度を集計して勤怠管理の中に含めて考えることもできますが、そうしたシステムは勤怠管理の枠を超えて人事管理、人材管理といった側面が強くなります。下記のようなチェックで問題ないのであれば、クラウド版やパッケージ版の給与計算の枠内での製品選定を進めていきましょう。

  • スマートフォン、モバイル端末に対応しているか
  • 給与計算システムとの連動はスムーズか
  • 勤怠集計はタイムカード、タイムレコーダー、ICカードなどに対応しているか
  • 外出先からの不正打刻防止GPSは付いているか
  • 三交代制やアルバイトなど従業員の変則シフトに対応できるか

問題がなければ、ERPやオンプレミス型ではなくクラウド型かパッケージで詰めていきましょう。

POINT
03

クラウド型勤怠管理連動会計ソフトのメリットを確認する

クラウド型勤怠管理なら手軽ですぐに導入できます!

  • すぐに使い始められるので業務の効率化・コスト削減が簡単!

給与計算ソフトは、一度入力したデータを様々な箇所に転記して使用することが基本です。そのため定型業務の多くの部分を自動化でき、コスト削減に貢献します。

  • 法令改正への対応もサーバー側のインストールで一発完了!

労働関連の法令や社会保険の制度は頻繁に改正されますが、給与計算ソフトのバージョンアップは法令改正にも対応していますので、通常は法改正の手引を参照しなければならない場面はほとんど無く、給与計算業務を続けることが可能です。

  • 誰でも簡単に給与計算が可能な設計!

給与計算ソフトを利用すれば、原則的に誰が使っても高い品質の給与計算を行うことが可能です。給与計算のスペシャリストを用意しなくても、簡単な研修で賞与の源泉所得税や所得税の計算、明細書印刷などもすぐに使えるようになります。

POINT
04

パッケージ型勤怠管理連動会計ソフトのメリットを確認する

自社独自の勤怠管理ノウハウはカスタマイズが必要なケースも!

パッケージ版の場合、必要最小限のカスタマイズがかけられる場合があります。給与計算部分との連携方式や変則シフトの対応などで、クラウド型では微妙に自社の要望と合致しない場合には、パッケージ版を検討しましょう。

もし自社の業態が毎日稼動する移動販売などのスタッフを抱えていたり、緊急対応の修理修繕のサービスエンジニアが遠方のお客様対応を日常的にこなしていたりするならば、打刻機能のほかに会社の定型フォーマットに沿った報告メモ送信機能などもあったほうが便利です。

そうした細かな要望を実現するには、共用タイプのクラウドではなくパッケージ版のカスタマイズが必要になってきます。

POINT
05

サポート体制は充実しているか確認する

サポート内容と価格のバランスが大切です!

前述の通り、法改正の影響を受けやすい給与計算ソフトではサポート契約を結ぶ必要があります。マニュアルは整備されているか、導入時だけでなく導入後も電話やメールで質問を受け付けてくれるか、対応は丁寧か、法改正への対応は迅速かなどを確認するようにしましょう。また、価格も1万円~5万円と会社によって様々です。一般的にはサポート価格が高いと対応が良い場合が多いですが、サポート内容と価格のバランスを見て自社に見合ったものを選ぶようにしましょう。

導入時のサポートや電話での対応など、充実したサポート体制は大きなチェックポイントです。

簿記や会計の知識がある経理担当者でも、機能が複雑化した会計ソフトを使いこなすのは意外と大変です。特に導入した初年度(経理作業、決算、扶養控除、年末調整、税務申告など一連の流れを経験する意味で)は、利用方法がわからずに困ることが少なくありません。

各社サポート体制の充実化は図っているようですが、導入時のサポートはあるか、電話にて対応してくれるか、保守サポートはあるか、サポートは無料で行ってくれるか、などは事前に確認したい所です。

勤怠管理対応の給与(給料)計算ソフトのよくある質問

人イメージ

勤怠管理対応の給与(給料)計算ソフトについてのよくある質問を集めてみました。業者を決定するまでには、自社の業態や依頼内容に応じたさまざまな疑問点が浮かぶものです。発注後のお客様へのヒアリングを行っているぜひアイミツでは、細かな疑問点もしっかり把握しています。