あなたの発注コンシェルジュ

フリーダイアル

0120-917-819

営業時間 平日 10:00~19:00

勤怠管理対応
定評のある給与計算ソフト業者10選

給与計算ソフトの専門コンシェルジュが選ぶ
勤怠管理対応で実力のある給与計算ソフト業者10選

1. 株式会社ゼクウ

株式会社ゼクウ
  • クラウドサービスなのでいつでも最新のUI/UX、新機能の、既存機能の拡張を利用いただけます。
  • 95%以上の媒体で自動取り込みを実現。対応媒体数も、取り込み速度も圧倒的No.1です。
  • 社内システムやGoogleカレンダー、LINE、セールスフォースなどとの連携もサポートしています。
対応機能
タイムカード(勤怠管理)連携 、CSVデータの出力 、他の業務ソフトとの連動 、部門別管理
主な顧客規模(従業員数)
~10 、10~50 、50~100
実績数
100~1,000
電話番号
03-5117-2301
会社サイト
http://zeku.co.jp/

2. 株式会社スマイルワークス

株式会社スマイルワークス
対応機能
年末調整 、源泉徴収票 、タイムカード(勤怠管理)連携 、CSVデータの出力 、独自計算式の登録 、他の業務ソフトとの連動 、部門別管理
主な顧客規模(従業員数)
~10 、10~50 、50~100
実績数
1,000~3,000
電話番号
03-5620-9710
会社サイト
https://www.clear-works.jp/

3. 株式会社オービックビジネスコンサルタント

株式会社オービックビジネスコンサルタント
  • シンプルかつわかりやすい入力画面で、スムーズに入力ができます!
  • 誰でもミスなく確実にできるような、便利な計算設定をご用意しています!
  • 給与・賞与データなどを入力後、すぐにキレイな明細書を作成することが可能です!
対応機能
タイムカード(勤怠管理)連携
実績数
3,000~
電話番号
03-3342-1880
会社サイト
http://www.obc.co.jp/click/jseries/kyuyo-j/

アイミツを疑問や不安の解消にお役立てください

  • 相談だけでもOK

    いくらかかるの?ちょっと質問が・・・

    ご利用者の約50%はご相談です。どんな小さなご質問でも、お気軽にお問い合わせください。

  • 優良会社のご紹介も

    優良会社

    選び抜かれた優良会社を、アイミツで探される方が増えています。

全て無料でご利用いただけます

0120-917-819

通話無料 営業時間 10:00〜19:00 土・日・祝

コンシェルジュ

7. freee株式会社

freee株式会社
対応機能
社会保険への対応 、年末調整 、源泉徴収票 、タイムカード(勤怠管理)連携 、CSVデータの出力
主な顧客規模(従業員数)
~10 、10~50 、50~100
実績数
100~1,000
会社サイト
http://www.freee.co.jp/

10. メインソリューション株式会社

メインソリューション株式会社
  • 税率等の変更については、自動バージョンアップ対応。
  • MBNビジネス会員加入により電話・メール・リモートサポートが受けられます。
対応機能
タイムカード(勤怠管理)連携
実績数
3,000~
電話番号
06-6130-0222
会社サイト
http://www.zero-soft.jp/soft/salary/

最後に、給与計算ソフトで”失敗しない”ために

「アイミツ」コンシェルジュが選んだ勤怠管理対応で実力がある給与計算ソフト業者はいかがでしたでしょうか?

「自分で選ぶだけでは不安を感じる」「予算内の会社が見つからない」「費用を知りたい」などお悩みもあると思います。
実際に毎月300件以上の見積もり取得や、業者選びを代行しているコンシェルジュだからこそ給与計算ソフト業者の本当の実態がわかり、良い業者がわかります。

自分で“納得のいく”業者を見つけ出すまでに、平均4時間以上の時間をかけているという調査結果もあります。
アイミツではコンシェルジュがあなたに代わって“1/10の手間”で、あなたに本当に合った良い会社を見つけさせていただきます。
無料でご利用いただけますので、是非お気軽にアイミツにお問い合わせください

優良企業5,000社以上!

”1/10”の手間で優良会社が見つかります

あなたに合った会社をお探しします!

0120-917-819

利用料0円

掲載中の企業所在地マップ

勤怠管理対応の給与計算ソフト業者のページを見た人はこんなランキングも見ています

勤怠管理対応で給与計算ソフト会社をお探しの方向け | ワンポイントアドバイス

給与計算ソフトは基本的な機能に絞り込んだものから高度な機能や拡張性を持つものまで様々で、価格も無料のものから数千万円かかるものまで幅広く存在します。規模の小さい会社の場合は基本機能があれば十分ですが、従業員数が多い場合は他のデータベースへの連携ができるかなど、高度な機能や拡張性が必要になってきます。まずは自社の規模に適した機能を備えたものをピックアップし、その後サポート体制や法改正への対応を比較検討するようにしましょう。価格に関しては製品価格だけでなく、年間のサポート料金や更新費用などのトータルコストを考慮するようにしましょう。