あなたの発注コンシェルジュ

フリーダイアル

0120-917-819

営業時間 平日 10:00~19:00

7万社以上を徹底比較

コスパが最大化する

給与計算ソフト
一括見積もり

クオリティUPでより高いクオリティを、コストダウンで適正な価格で発注

  • 利用実績

    9万社

  • 利用満足度

    98%

簡単30秒

失敗しない業者選びのために!最適業者をご紹介

相見積もりで失敗しない
5つの鉄則

お電話でのお問い合わせはこちら

営業時間 平日 10:00~19:00

フリーダイヤル 0120-917-819

■ 給与計算ソフト業者を探す際のワンポイントアドバイス

給与計算ソフトは基本的な機能に絞り込んだものから高度な機能や拡張性を持つものまで様々で、価格も無料のものから数千万円かかるものまで幅広く存在します。規模の小さい会社の場合は基本機能があれば十分ですが、従業員数が多い場合は他のデータベースへの連携ができるかなど、高度な機能や拡張性が必要になってきます。まずは自社の規模に適した機能を備えたものをピックアップし、その後サポート体制や法改正への対応を比較検討するようにしましょう。価格に関しては製品価格だけでなく、年間のサポート料金や更新費用などのトータルコストを考慮するようにしましょう。

ところで

給与計算ソフトの業者探しで、こんなお悩みありませんか?

  • 電話が鳴り止まない

    一括見積もりサイトだと電話が…

    一括見積もりをすると多数の会社から
    営業電話が鳴り続けて業務に支障をきたしそう

  • 見積もりを取っても不安

    業界事情や相場を知らない…

    適正な価格がわからないから
    見積もりを取っても不安

  • 情報だけを信じるのは不安

    どの企業が優れているのか…

    ホームページには良いことが書かれて
    いるけれども、実際の評判はどうなの?

そのお悩みをアイミツが解決
発注先選定を無料でお手伝い!

  • point.1

    相場情報をご提供!

    9万件以上の利用実績から
    相場情報や適正価格をご案内
    見積もりのポイントも教えます。

  • point.2

    コンシェルジュ

    専門コンシェルジュによる
    徹底見積もりサポート!

    御社の要望をコンシェルジュが
    ヒアリング、全国7万社以上の業者比較
    ・調査から
    要望に適した会社をご紹介。

  • point.3

    評判の良い会社に厳選!

    100万以上のクチコミから
    評判の良い業者
    に絞ってご紹介
    営業電話に困ることはありません。

業者探しは手間も費用もかからない3ステップ

  • 確認

    確認のイメージ

    希望条件、ご要望を
    お聞かせください!

    ご要望がまとまっていない場合でも、業界のプロが適切にリードいたします。

  • 提案

    確認のイメージ

    業者選びのコンシェルジュが
    無料で業者をご紹介!

    基本的な情報はもちろん、推薦の理由、どんな評価を受けているかもご説明します。

  • 見積もり

    確認のイメージ

    直接商談も可能!スピーディ
    に見積もりが集まります

    各社の見積もりが簡単に集まり、スムーズに業者選定を進めることが可能です。

相談してみてわかる!アイミツが選ばれる理由とは?

大手から中小企業まで、話題の企業が続々利用中!

規模を問わず、数多くの有名企業様に
ご利用いただいているのには理由があります!

  • 利用料
    0

    ご相談は無料ですイメージ

    ご相談は無料です

    業者比較・紹介のための総合サイトとして広告収益を中心に運営。完全無料でのサービス提供を実現しました。

  • 満足度
    98%

    安心の満足度98%イメージ

    安心の満足度98%

    最新事情、業界慣習、企業の評判から相場まで、各業界を徹底的に理解した専門スタッフが対応。

  • 調査社数
    7万社

    プロによる徹底調査イメージ

    プロによる徹底調査

    最新事情、業界慣習、企業の評判から相場まで、各業界を徹底的に理解した専門スタッフが対応。

  • 会員登録
    不要

    スピード即日対応イメージ

    スピード即日対応

    原則、電話もしくはメールにて、即日対応いたします。手厚いサポートで発注の不安を解消します。

給与計算ソフト業者を探す

全国35社から、あなたにピッタリの給与計算ソフト業者が見つかります。

“業者探し”のことなら
コンシェルジュに無料でお任せ!

お急ぎの方はこちら

0120-917-819

営業時間 平日 10:00~19:00

Kadono

業者選びのポイントをカンタンにご紹介

業者選びの具体的な進め方は、アイミツが誇る業界のプロにご相談ください

給与計算ソフトの選び方ガイド

給与計算ソフトの委託先、外注先を探すにあたってのポイントや選び方など、様々な情報をまとめました。当社が保有するほんの一部のノウハウのみの公開ですが、参考にしてください。当社は、相場情報、見積もり事例など多数保有しております。


給与計算ソフトの選定ポイント

point.1企業規模に応じて機能を選択する(必要機能の洗い出し)

数年後の成長を見越した製品を選択する!

給与(給料)計算ソフトには基本的な機能に絞り込んだものから高度な機能や拡張性を持つものまで様々です。一般的に、規模の小さい会社の場合は基本機能だけの低価格帯製品で十分ですが、従業員数が増えると人事情報や勤怠データなど処理するデータ量が膨大になるので、他のデータベースとの連動が可能な高度な製品を選んだほうが良いと言えます。現在の会社の状況だけでなく、数年後の成長を考慮して適した製品を選択するようにしましょう。また、給与計算ソフトには登録可能な社員数や項目数に制限があるので、こちらも忘れず確認するようにしましょう。

<給与計算ソフトの機能>

  •  最も基本的な機能である社会保険への対応や年末調整、源泉徴収票の機能はあるか
  •  タイムカード(勤怠管理)対応機能はあるか
  •  エクセルへのコンバージョンは可能か
  •  独自の計算式の登録はできるか
  •  他の業務ソフトとの連動はできるか
  •  ネットワークに対応しているか
  •  部門別管理はできるか

などを必要に応じて確認するようにしましょう。

 

point.2法令改正への対応の有無

法改正への対応が必須、バージョンアップできるようにサポート契約に加入。

給与計算は法改正や法改定の影響を直に受け、ひどい時には年に3,4回も法令改正がある場合があります。法改正への対応が行われないと、その後給与計算ソフトを使うことができなくなります。発売元が法令・制度の改正に対応したバージョンアップを毎年きちんと行うか、年度の途中で大きな改正があった場合は修正プログラムを配布するかを必ず確認するようにしましょう。また、一般的にこのようなバージョンアップや修正プログラムを受け取るためにはサポート契約に加入する必要があります。サポート内容や料金をしっかりと確認した上で、必ず加入するようにしましょう。ちなみにフリーソフトの場合はこのような法改正への対応がされない、対応が遅いという問題があるため、使えない場合が多いようです。

 

point.3サポート体制の充実度

サポート内容と価格のバランスが大切です!

前述の通り、法改正の影響を受けやすい給与計算ソフトではサポート契約を結ぶ必要があります。マニュアルは整備されているか、導入時だけでなく導入後も電話やメールで質問を受け付けてくれるか、対応は丁寧か、法改正への対応は迅速かなどを確認するようにしましょう。また、価格も1万円~5万円と会社によって様々です。一般的にはサポート価格が高いほうが、対応が良い場合が多いですが、サポート内容と価格のバランスを見て自社に見合ったものを選ぶようにしましょう。

 

point.4価格体系

ソフトだけではなく、サポートや更新費用も考慮して選定!

給与計算ソフトは無料のものから数千万円の大規模なものまで様々です。まずは自社の規模に適した必要な機能が揃っている製品をピックアップし、価格を比較検討するようにしましょう。その際にソフト自体の価格だけでなく、年間のサポート契約料金、更新費用も含めて考慮するようにしましょう。

 


給与計算ソフトのよくある質問

給与計算ソフトについてのよくある質問を集めてみました。業者を決定するまでには、自社の業態や依頼内容に応じたさまざまな疑問点が浮かぶものです。発注後のお客様へのヒアリングを行っているぜひアイミツでは、細かな疑問点もしっかり把握しています。

コンシェルジュ

Q給与支給日を一時的に変更することは可能ですか?

A一般的に給与支払い日を変更することはできません。

給与(給料)計算ソフトにもよりますが、一般的には給与支給日は変更することができません。一時的な変更であれば、テンポラリーに給与日を設定し、支払いを完了させることのほうが可能なケースもあります。まずは、導入を予定している給与(給料)計算ソフト業者に設定値の変更はどの程度自由に設定できるかを確認すると良いでしょう。

Qどのようなサポートサービスを受けられますか?

A将来操作する人数が増える場合は、操作レクチャーサポートを加えておきたい。

給与(給料)計算ソフトのサービスは主にアルバイトなど、複雑なシフト勤務の給与計算に貢献していきます。給与(給料)計算ソフトはクラウド型とパッケージ型があり、そのどちらも給与(給料)計算ソフト会社のサポートサービスを受けることができます。特に導入後の操作レクチャーサポートは、将来操作する人数が増える場合には必ずサポートメニューとして加えておきたいところです。ソフト自体の価格だけでなく、年間のサポート契約料金、更新費用も要確認です。

Q年の途中から導入できますか?

A決算時期や給与見直しのタイミングに併せて導入する!

給与(給料)計算ソフトにもよりますが、基本的には可能です。実際の給与(給料)計算ソフトは、複雑な勤務シフトへの対応や社員数が多い場合など正確に稼働しているかを試す期間が必要です。年の途中から導入したとしても、同じようにテスト期間が必要となります。決算時期や給与見直しのタイミングなど、実際に給与(給料)計算ソフトの稼働が必要な時期を見極めて導入していきましょう。

Qどのような給与体系に対応していますか?

A給与体系の対応は、購入する前に業者に確認!

給与(給料)計算ソフトごとに異なりますが、シフト勤務(時給、月給制)、タイムカード(勤怠管理)対応が一般的です。給与体系の対応については、給与(給料)計算ソフト業者にあらかじめ確認することをおすすめします。

Qタイムカードによる入力に対応していますか?

Aタイムカード対応している物が多い、自社の規模に適した製品をピックアップ。

給与(給料)計算ソフトにもよりますが、基本的にはどのソフトもタイムカード対応している物が多いです。給与(給料)計算ソフトは無料のものから、数千万必要なものまであります。まずは自社の規模に適した必要な機能が揃っている製品をピックアップし、価格を比較検討するようにしましょう。

Q複数のコンピュータにインストールして使うことはできますか?

A複数アカウントを持つことは可能、数年後の成長を考慮した製品選び!

一般的には複数のアカウントを持つことができます。従業員数が増えると人事情報や勤怠データなど処理するデータ量が膨大になるので、他のデータベースとの連動が可能な高度な製品を選んだほうが良いと言えます。現在の会社の状況だけでなく、数年後の成長を考慮して適した製品を選択するようにしましょう。

Q消費税、税金の料率など法令改正への対応はできていますか?

A法令改正に対応している製品選びが重要!

給与(給料)計算ソフトにおいて、法令改正への対応ができていないソフトを導入してしまうと、将来導入した給与(給料)計算ソフトが使えなくなってしまう場合もあります。必ず、法令改正への対応ができている給与(給料)計算ソフトを選ぶようにしましょう。

Q年末調整はできますか?

A社会保険や年末調整は基本、導入前に必ず確認。

給与(給料)計算ソフトの最も基本的な機能である社会保険への対応や年末調整、源泉徴収票の機能はほとんどのソフトに標準装備されています。もちろん、給与(給料)計算ソフトによっては未対応のものもありますので、必ず導入前に確認しておきましょう。

Q今現在、ほかの給与ソフトを使用していますが、移行作業は簡単にできますか?

Aデータ移管の機能があるか、あらかじめ確認してから導入する。

給与(給料)計算ソフトによっては、他のソフトで入力したデータを取り込む機能(インポート)や、入力した給与データを出力し会計ソフトにいれられるなど、様々な機能があります。移行作業には現在の給与(給料)計算ソフトで利用していたデータの移管が必要です。これらの機能があるか、あらかじめ確認しましょう。

Q給与一覧表などをエクセルファイルやPDFファイルに保存できますか?

Aソフトによっては出力機能あり、なければコピーでエクセルの値データを取得。

給与(給料)計算ソフトによっては、入力した給与データを出力する機能があるものもあります。エクセル形式での出力が一般的です。導入を予定している給与(給料)計算ソフト事業者にこれらの機能があるか、あらかじめ確認しましょう。もし無い場合でも、画面の数値をコピーアンドペーストすることでエクセルに値データを取得することができれば、同じように保存も可能です。


給与計算ソフトのアイミツ利用事例「はじめての給与(給料)計算ソフト導入」

どのような給与(給料)計算ソフト業者を探していましたか?

今後の人員増加に対応できる給与計算ソフトを導入。

これまでは印字されたタイムカードを元に、自社の会計・経理ソフトを利用して、給与計算を行っておりました。今年店舗数が10店舗を超え、アルバイト社員が100名を超えたため、給与計算ソフトの導入を検討することにいたしました。給与支払業務を効率化し、今後の事業拡大に伴う人員増加に対応できる給与計算ソフトを導入し、経理業務を円滑に行うことが目的でした。

アイミツを利用したきっかけ

相見積もりでコスタダウンすることが狙い。

今回だけでなく、当社では常に様々な業者に対して、相見積もりを取ることを必須として、コストダウンを図っています。今回はレジ業者、タイムカードメーカー様よりご紹介していただいた給与ソフトをベースに検討していたのですが、インターネットでアイミツを見つけ、給与ソフト業者が多数存在することを知り、アイミツを活用して一括問い合わせをさせていただきました。

見積もり時に気をつけたこと、反省点

給与計算ソフトで行いことを明確化していなかった。

まずは、人員増加に対応できることが第1のポイントでした。年間を通してタイムカードを元にしたデータと、給与計算ソフトを使って、時給と稼働時間数を毎月記録していくことで、源泉徴収票の帳票までを行うことも重要なポイントでした。給与ソフトに対して期待することが増えれば増えるほど、給与計算という主目的から外れて、経理管理ソフトとの連携が重要であることもわかりました。反省点としては、やはり給与計算ソフトで行いたいことを明確に決めていなかったため、導入する候補すら決めることがなかなかできなかったことです。見積もり前に、給与計算ソフトで行う内容や現状の課題などをまとめておくことが良いと思います。

実際に発注してみた感想や気づき

給与計算が自動で紐づき、業務効率改善に貢献してくれました。

給与計算ソフトを導入したことで、同時にタイムカードシステムも変更することになりました。タイムカードとの連動をスムーズにすることで、給与計算があらかた自動で紐づく点が業務効率改善に大きく貢献してくれています。今回の導入においては、ソフト業者様からのご提案を含めて、様々な活用方法を共に考えていただきました。アイミツを利用することで、強力なパートナーを見つけることができました。本当に感謝しています。


給与計算ソフトの用語・基礎知識

給与計算・給料計算ソフト 基礎知識・基礎用語

給与計算ソフトは人事関連の業務支援ソフトとしては最も普及しているものの一つで、企業規模や利用目的に合わせて様々な製品がリリースされています。価格帯も家電量販店などで買える1万円前後のものから、数百万円、数千万円の大規模なものまで非常に幅広く存在します。有名ソフトとしては、弥生の「弥生給与」やOBCの「給与奉行」、PCAの「PCA給与」などが挙げられます。給与計算を100%アウトソーシングしている場合を除くと、ほとんどの企業が何らかの給与計算ソフトを利用しており、そのうち約20%が自社で開発したソフトを利用し、約80%が市販の専用ソフトを利用していると言われています。

 

失敗できない“業者探し”
コンシェルジュに無料でお任せ!

お急ぎの方はこちら

0120-917-819

営業時間 平日 10:00~19:00

Kadono