あなたの発注コンシェルジュ

フリーダイアル

0120-917-819

営業時間 平日 10:00~19:00

公開日: 更新日:

楽天ペイ(オンライン決済)に対応の決済代行会社5選

楽天ペイ対応の決済代行会社

商品やサービスの提供を含め、いまや物販に関連した事業を展開する際に、真っ先に候補に挙がる販売方法がeコマース、ECサイト上での販売でしょう。実店舗を持つ必要がなく、接客スタッフも削減できるオンラインショップは、コストを抑えた事業展開を可能にするだけでなく、日本全国はもちろん、世界中の市場を開拓できる大きなポテンシャルを秘めているからです。

そんな中、インターネット・スマートフォンの普及により決済方法も多様化を極めています。特に多くのECサイトから注目を集めているのが、登録ユーザーが1億人に迫るといわれている「楽天ペイ」。
楽天IDを利用した「楽天ペイ」を導入すれば、クレジットカードを登録するのが不安、登録手続きが面倒などの売り逃し要因を払拭でき、より幅広い層へのアピールが可能になります。では、楽天ペイを含め、幅広い決済方法に対応するにはどうしたらいいでしょうか?

そこで本記事では、これからECサイトを構築する企業担当者、既存ECサイトへの楽天ペイ導入を検討する企業担当者の方に向け、楽天ペイでのオンライン決算に対応する、おすすめの決済代行会社を紹介していくとともに、オンライン決算代行会社を選定する際に気を付けておきたいポイントを解説していきます。

アイミツ
決済代行会社の見積もりが
最短翌日までにそろう
一括見積もりをする(無料)
目次
このページについて

1.楽天ペイ(オンライン決済)と提携する決済代行会社5選

はじめに、楽天ペイ(オンライン決済)と提携する決済代行会社をご紹介します。

楽天ペイ(オンライン決算)とは、日本最大級のオンラインショッピングモール「楽天市場」を含め、約1億人にもおよぶ楽天会員が、楽天以外のECサイトで「楽天ID・パスワード」を使い、簡単にオンライン決算をできるようにした「ID決済」サービス。すでに、全国5,000以上のECサイトに導入されている実績を持ち、楽天スーパーポイントにも対応しているのが特徴。ポイントの有無は、リピート購入の大きな動機に繋がるのはもちろんのこと、「同じ商品ならポイントが付く楽天で購入したい」といった、顧客の購買意欲の促進にも役立ちます。

このように、導入メリットの大きい楽天ペイですが、これからECサイトを立ち上げようと考えている事業者であれば、各種クレジットカードでのオンライン決算にも対応したECサイトを構築したいはず。しかし、個別のクレジットカードブランドと交渉するのは容易ではなく、中小事業者であれば審査を通らない可能性もあります。締め日や支払日が契約ごとに異なるのも問題です。

これらの課題を一気に解決できるのが、楽天ペイでのオンライン決済にも対応する決済代行会社との契約です。この方法であれば、支払い窓口の一本化が可能であり、クレジットカード会社との交渉も必要ありません。まずは、これからECサイトを構築する企業担当者の方に向け、楽天ペイでのオンライン決済に対応する、おすすめの決済代行会社を4社ご紹介します。

1- 1. SBペイメントサービス株式会社

SBペイメントサービス株式会社
出典:SBペイメントサービス株式会社 http://www.sbpayment.jp/

SBペイメントサービスは、東京都港区に本社構え、大阪にも事業所を持つ、ソフトバンク株式会社100%出資による決済代行会社です。楽天ペイ、6大国際ブランドのクレジットカードに対応するオンライン決済は、Apple Pay、Google Pay、LINE Pay、PayPalはもちろん、キャリア決済、コンビニ決済、電子マネー、銀聯ネット決済、Alipay国際決済などに幅広く対応。11万店舗を超えるEC事業者から利用されるなど、実績も豊富です。
楽天ペイでは、顧客からの接続方法をリンク型、API型が選べるのが特徴。個人情報・決済情報の入力が必要なく、楽天IDで直接ログイン可能なため、注文単価20%増、注文回数28%増など転換率アップが期待できます。課金方式も2種類より選べるほか、PC・スマートフォンどちらでも利用可能。また、高機能な売上管理ツールが用意され、導入からシステムの使い方まで、手厚さポートが提供されているのもポイントです。

こんな人におすすめ
・豊富なオンライン決算に対応する決済代行会社をお探しの方
・楽天ペイ以外にもPayPalやApple Payなども検討中の方
・銀嶺ペイで中国からのインバウンド需要に対応したい方

予算感
費用目安:要見積もり
設立年
2004年
従業員数
100-499人
会社所在地
東京都港区東新橋1丁目9番2号 汐留住友ビル25階
電話番号
03-6889-2131

1- 2. GMOペイメントゲートウェイ株式会社

GMOペイメントゲートウェイ株式会社
出典:GMOペイメントゲートウェイ株式会社 https://www.gmo-pg.com

GMOペイメントゲートウェイは、東京都渋谷区に本社を構え、三井住友銀行とも提携関係にある法人向け決済代行会社です。選べる決済手段「PGマルチペイメントサービス」を提供しているのが特徴。楽天ペイをはじめとしたID決済のほか、クレジットカード、コンビニ、口座振替、キャリア、電子マネー、代引き、Amazon PayやApple Payにいたるまで、豊富な決済方法が用意されているため、ニーズに応じて選択・一括導入ができます
多通貨クレジットカード、Alipay、ネット銀聯決済で、日本にいながらにして越境ECに進出することも可能。マーケティング支援サービスも提供するほか、海外現地進出向け決済サービスも用意されており、不安要素になりがちなセキュリティも万全の体制が整えられています。個人事業のECサイト向けには、関連会社のGMOイプシロンのサービスも用意されているのが嬉しいポイントです。

こんな人におすすめ
・楽天ペイを含め必要な決済方法を一括導入したい方
・個人事業向けの楽天ペイにも対応する決済代行会社を探している方
・オンライン決済以外にマーケティング支援もして欲しい方

予算感
費用目安:要見積もり
設立年
1995年
従業員数
500-999人
会社所在地
東京都渋谷区道玄坂1-2-3 渋谷フクラス(総合受付15階)
電話番号
03-3464-2740

1- 3. 株式会社ペイジェント アイミツパートナー

株式会社ペイジェント
出典:株式会社ペイジェント http://www.paygent.co.jp/

ペイジェントは、株式会社エヌ・ティ・ティ・データおよび、三菱UFJニコス株式会社の出資で設立された決済代行会社で、東京都渋谷区に本社を構ています。
楽天ペイはもちろん、基本的な決済代行サービスを網羅。国際決済やメールオーダー・電話オーダーにまで対応しており、ECサイトのあらゆるニーズに柔軟に対応できるのが強みです。楽天ペイ(オンライン決済)は、ASPによるリンクタイプと組み込み式のモジュール組込みタイプに対応。少ない工数で決済方法を増やすのも、統一されたモジュールで高機能カートシステムを構築するのも可能です
EC-CUBEをはじめとした多彩なECサービスと連携でき、安定した経営基盤を持っているのも魅力。早期入金オプションや、企業間取引でクレジットカードが使える「BizPay」サービスなども展開するほか、業界グローバル基準のセキュリティ管理やサポート体制も自慢です。

こんな人におすすめ
・楽天ペイを含めたあらゆるオンライン決済に対応する決済代行会社を探す方
・ニーズに応じてリンク型、モジュール組込み型を選択したい方
・経営基盤の安定している決済代行会社に依頼したい方

予算感
費用目安:要見積もり
設立年
2006年
会社所在地
東京都渋谷区円山町19-1 渋谷プライムプラザ
電話番号
03-4366-7270

1- 4. ソニーペイメントサービス株式会社

ソニーペイメントサービス株式会社
出典:ソニーペイメントサービス株式会社 http://www.sonypaymentservices.jp/

ソニーペイメントサービスは、東京都港区に本社を構え、ソニー銀行やJCB、三井住友VISAカードなどの銀行・カード会社が出資するという信頼感を背景に、安心・安全・スピーディーな決済インフラを提供する決済代行会社です。
楽天ペイ・Google Pay・Apple PayなどのID決済のほか、クレジットカード、コンビニ、口座振替、Pay-easy銀行振込、外貨、電子マネー、後払い決済など豊富な決済方法を用意。一括導入・一元管理ができるマルチペイメントサービスを提供しています。楽天ペイ(オンライン決済)は、e-SCOTTの決済インターフェースを利用できるため、ほかの決済方法と同じ感覚で操作できるのが特徴。e-SCOTT管理画面で取引を一元管理できるため、効率的なECサイト運営を実現しながら、楽天スーパーポイントを活用した顧客獲得が期待できます。

こんな人におすすめ
・必要なオンライン決済サービスをニーズに応じて導入したい方
・楽天ペイでも取引を一元管理できる決済代行会社を探している方
・ASP、オープンソースECサイトの決済代行サービスを利用したい方

予算感
費用目安:要見積もり
設立年
2006年
会社所在地
東京都港区高輪1-3-13 NBF高輪ビル6階
電話番号
03-6408-8210

約一億人もの会員にリーチ可能な楽天ペイの導入は、簡単操作による売り漏れ防止や、楽天スーパーポイントによるリピートが期待できるなど、ECサイトを運営するのに魅力的なメリットを多く持っています。

一方で、国際ブランドの審査や決済を一括導入・一元管理できるクレジットカードと異なり、楽天ペイを導入する場合は、楽天、および決済代行会社の双方へ申し込みが必要であり、審査や支払いサイトもそれぞれで異なるのが通常です。つまり、これからECサイトを構築する、あるいは決済代行会社の変更を検討している場合は、楽天ペイとともに複数の決済方法を簡単導入できる決済代行会社が最適な選択肢になり得ます

数多く存在する優良な決済代行会社の中から、自社にとって最適な会社を見つけたいという方は、ぜひ「アイミツ」にご相談ください。経験豊富なコンシェルジュが、ご要望に合わせ最適な一社を選定するお手伝いいたします。

2.既存ECサイトに楽天ペイ(オンライン決済)を導入したい場合は?

では、すでにECサイトを運営していて決済代行会社と契約があるにもかかわらず、楽天ペイの取り扱いがないという場合はどうしたら良いのでしょうか。楽天ペイのみを導入したいがために決済代行会社を変更するのは、さまざまな意味でややハードルが高いかもしれません。こんな時は、楽天ペイの本家本元である、楽天に依頼するのがもっとも簡単なのかもしれません。

2- 1. 楽天ペイメント株式会社

楽天ペイメント株式会社
出典:楽天ペイメント株式会社 https://smartpay.rakuten.co.jp/

楽天ペイメントは、東京都世田谷区に本社を構え、楽天ペイ、楽天ポイントカード、楽天Edy、楽天チェック、楽天ウォレットなど、決済・マーケティング事業を展開する、楽天株式会社100%子会社の決済代行会社です。楽天ペイ(オンライン決済)の持つ魅力を楽天自ら提供すべく、2019年4月に設立されたばかりの会社です。
約1億人の楽天会員が利用可能な点や、楽天スーパーポイントの獲得・利用が可能なメリットはそのままにポイントを活用した各種キャンペーン、割引クーポンの発行、メールマガジン発行など、会員基盤とポイントを活用した効果的なマーケティング支援サービスも提供。楽天IDを利用した会員登録が可能な楽天ID Connection、分割払いなど魅力的なオプションも用意されています。クレジットカードの不正利用による損失を補填してくれるチャージバック保証も付帯しているため、セキュリティ面や保証が気にかかる方も安心して依頼することができるでしょう。

こんな人におすすめ
・すでに決済代行会社と契約していて楽天ペイを追加導入したい方
・手軽に導入できる楽天ペイオンライン決済LITEを使いたい方
・楽天のマーケティング支援サービスを受けたい方

予算感
物販決済手数料 4.0%〜、楽天スーパーポイント原資負担分 1.0%
会社所在地
東京都港区港南二丁目16番5号 NBF品川タワー
電話番号
0570-200-456

3.決済代行会社選びで失敗しないためのポイント

ECサイトをより効果的に運営していくには、ユーザーニーズに応えながら、同時に、機会損失を防ぐ施策を講じる必要があります。そのためには、幅広い決済方法に対応した決済代行会社を選択する必要があるでしょう。
今回はそのなかでも、ID登録によって入力の手間を軽減できたり、幅広い会員層にアピールできるなど、メリットの大きな決済方法である「楽天ペイ」に対応する決済代行会社をご紹介してきました。

それでは、幅広い決済方法に対応さえしていれば、どの決済会社を選択しても大きな違いはないのかというと、そんなこともありません。確かに、クレジットカードをはじめとした手数料自体は、どの決済代行会社も大きな違いはないかもしれません。しかし、最適な決済代行会社を選ぶためには、決済方法や手数料以外にも、見極めなければならないポイントがあります。ここからは、簡単に解説していきます。

自社ECサイトに必要な決済方法を見極める


ECサイトでは、6割以上のユーザーがクレジットカード決済を選択しているといわれています。しかし、これはあくまでも全体の統計。決済代行会社を決める前に、自社のターゲットを明確にし、ターゲットが購入しやすい決済方法はなにかを見極めなければなりません

たとえば、楽天ペイ(オンライン決済)は、1億近い会員数を誇るのが魅力ですが、海外市場をターゲットにするのであれば、最適な決済方法とはいえないでしょう。この場合は、同じID決済でもPayPalを導入すべきであり、中国がターゲットなのであれば銀聯やAlipayを視野に入れるべきです。

クレジットカード決済に関しても同様で、高齢層で電子マネーの利用率が高まっているという調査結果があるようですが、まだまだクレジットカード番号を入力するのに、抵抗を感じる方も少なくありません。自社ECサイトのターゲットが、どんな決済方法を望んでいるのかを見極め、想定される決済方法を提供する決済代行会社を選ぶ必要があります。

決済手数料以外の費用も考慮する


決済代行会社を選択する際、つい目が行きがちなのが決済手数料です。しかし、それ以外の費用や自社サイトの取引規模を含め、総合的な観点でコストを判断するべきです。

決済代行会社に支払う費用は、手数料のほかに初期費用、場合によっては固定費・維持費が含まれることがあります。手数料には決済手数料のほかに、売上1件ごとのトランザクション料、売上確定料などがあり、月額最低手数料・月額費用などの維持費が請求されるケースもあります。

たとえば、初期費用が無料、決済手数料も低めに設定されている決済代行会社であっても、トランザクション料や売上確定料、維持費がほかよりも高額であれば、トータルのコストを抑えられるとは限りません。たとえ10万円の初期費用が必要で、決済手数料がやや高額であったとしても、トランザクション料が安く維持費がかからないのであれば、取引規模の大きな事業者には有利なはずです。

必要な機能が標準搭載されているか


トータルコストにも関連しますが、決済代行会社にはオプションが設定されていることが少なくありません。自社サイトで必要な機能が標準で搭載されているのか、オプションで追加しなければならないのか、有償なのか無償なのか、サービスの内容自体も細かく確認しておく必要があるでしょう。

たとえば、3Dセキュアによるセキュリティ管理、入金サイクルの短縮・回数の増加、分割払い・リボ払いへの対応などは、ECサイトを運営するうえで標準搭載しておいて欲しい機能だといえますが、オプション扱いになっているケースも少なくありません。

これらの機能が有償なのか無償なのか、有償ならば他社と比較して高いのか安いのか、トータルコストに影響する非常に重要な要素です。決済方法だけではなく、オンライン決済にどのような機能が必要なのかを明確にしたうえで、決済代行会社を慎重に比較検討するべきです。

【まとめ】決済代行会社選びで迷ったらアイミツ


まだまだクレジットカードの利用率が高く、中小の事業者が多いeコマース業界では、複数のクレジットカードを一括導入・一元管理できる決済代行会社の存在は欠かせないものだといえるでしょう。しかし、キャッシュレス決済の流れが広がり、さまざまなサービスが登場している現在、クレジットカードのみを決済方法にしていたのでは、競争の厳しいeコマース業界を生き抜いていけないのも事実です。

決済代行会社選びでお悩みの方は、優良な決済代行会社が多数登録する「アイミツ」までご相談ください経験豊富なコンシェルジュが、あなたの要望を丁寧にヒアリングしながら、最適な一社を選定するお手伝いをさせていただきます。

決済代行会社探しで、こんなお悩みありませんか?

電話が鳴り止まない

一括見積もりサイトだと
多数の会社から電話が・・・

見積もりを取っても不安

相場がわからないから
見積もりを取っても不安・・・

情報だけを信じるのは不安

どの企業が優れているのか
判断できない・・・

アイミツなら
  • point. 1 専門コンシェルジュがあなたの要件をヒアリング!
  • point. 2 10万件の利用実績から業界・相場情報をご提供!
  • point. 3 あなたの要件にマッチした優良企業のみご紹介!
アイミツ

著者

imitsu編集部

運営に関するお問い合わせ、取材依頼などはお問い合わせページからお願い致します。

アイミツに貴社を掲載しませんか

楽天ペイ オンライン決済の決済代行会社のページを見た人はこんなランキングも見ています

楽天ペイ オンライン決済で決済代行会社をお探しの方向け | ワンポイントアドバイス

決済代行とは、商品購入代金の支払い手続きを、売り主の代わりに処理してくれるサービスです。クレジットカードによる決済などが代表的ですが、コンビニ決済や銀行からの引き落とし、携帯電話会社のキャリア決済など、多彩な決済方法に対応している業者を選ぶことが、購入機会損失の防止につながります。取引量が急拡大しているスマートフォンに対応しているかどうかも重要なポイントの1つです。また、契約形態は包括加盟店契約か、直接加盟店契約かを選び、接続方法はリンクタイプ、モジュールタイプから選びます。導入するサイト(システム)の状況に応じて、最適な形態を選択してください。サービス料金には、初期費用や月額基本料のほか、決済が行われるごとに発生するクレジット手数料、トランザクション処理費用などがありますので、トータルコストを比較するようにします。第三者によるカード不正利用や詐欺の被害を防ぐためにも、セキュリティ体制のチェックは欠かせません。導入実績なども含め、信用のおける安全な決済代行業者を選ぶようにしましょう。

決済代行会社が
最短翌日までにそろう