業者探しで迷わない。一括見積もりならアイミツ

お急ぎの方は
電話で即日相談

フリーダイアル

0120-917-819

通話無料 営業時間 10:00~19:00 土・日・祝休

タイに対応の優良業者

海外調査・コンサル

最適業者がスグに見つかる

海外市場調査・コンサルティングとは、自社に代わって海外市場のマーケティングリサーチやコンサルティングのサービスを担当し、海外進出の手助けを行ってくれるサービスです。まずは、対象となる国やエリアが調査対象に含まれているかどうかを確認します。また、コンサルティングのみを行っている会社と、マーケティングリサーチなどの実務を代行してくれる会社があるので、目的によって調査会社を選ぶようにします。後者の場合は、豊富な調査メニューが用意されているかが、データの精度を分けます。自社拠点を持ち、人材確保が比較的スムーズな調査会社なら、ネイティブによるグループインタビューなども容易に行えるでしょう。タイは、外資系メーカーの製造輸出拠点としての経済成長を続けているため、タイの市場調査はとても注目を集めています。また、大型インフラの開発計画を政府がすでに発表しており、日本企業も数多く進出しています。また、タイ政府は、これを契機に高所得国への転換を図りたい意向があります。また、調査データの取得だけではなく、調査結果分析やデータマイニングにも留意したいところです。専門家によるアドバイスが受けられるかどうかも、重要な選定ポイントになります。また、調査会社の得意国、業界やジャンルも確認しておくと良いでしょう。

お急ぎの方はこちら!

完全無料

優良企業で一括見積もり

タイに対応の海外市場調査・コンサルティングの業者比較方法・比較のポイント

タイに対応の海外市場調査・コンサルティングの委託先、外注先を探すにあたってのポイントや選び方など、様々な情報をまとめました。アイミツが保有するほんの一部のノウハウのみの公開ですが、参考にしてください。アイミツでは相場情報、見積もり事例など多数保有しております。

タイに対応の海外市場調査・コンサルティングの選定ポイント

POINT
01

タイ進出コンサルティングの流れを把握する

最初に全体像を確認しておくことが重要!

  • タイ進出の目的を明確にする

ASEAN経済共同体スタートでビジネスチャンスが拡大するタイですが、販路開拓のためには最初にどんな目的で何をしたいかを明確にすることが大切です。「現地で自社サービスを展開したい」、「生産コストを削減したい」、「新規事業を立ち上げたい」などによって依頼する海外進出支援の内容も変わってきますし、依頼すべきコンサルティング会社も変わってくるからです。

  • 進出具体化のための事前調査内容の決定

タイのどの地域に進出したいかが明確になってきた段階で、現地の事情調査内容を詰めます。具体的には法規制(外資規制)/政治情勢/人件費/国民性/カントリーリスク/税制/インフラ整備状況(物流・インターネット)/現地パートナーなどですが、現地の白書などに掲載されている内容では調査を依頼する意味がありません。1の目的に沿った形で、自社に役立つレポートが出て来そうか必ずチェックしましょう。

  • 現地業務サポート企業を探す

タイ進出後、日本のコンサルティング会社を離れて現地で直接パートナーシップを構築できる企業を調査、紹介してもらいましょう。毎回同じ調査、コンサルティング内容でコンサルティング会社の手を借りるのではなく、1回1回自社にリサーチのノウハウや技術、人脈などが蓄積されることに注意します。

POINT
02

タイ市場の産業調査可能領域を確認する

調査会社によって得意分野とそうでない分野があります!

海外市場の調査であっても、ライバルとなるのはタイ現地企業ですので、その精度は日本国内において実施する産業調査の精度と同等のものが求められます。最低限、下記の産業調査を現地にて問題なく遂行できる支援業者を選定しましょう。

  • 企業実態把握調査(競合、競業候補リストアップ)
  • 市場実態調査把握
  • 市場規模、有望性調査
  • 流通チャネル調査
  • 外資規制把握調査
  • 信用調査

その他

POINT
03

タイでの競合調査はどこまで可能か確認する

産業調査の中で特に重要なのが提携候補・競合調査です!

タイではインターネット接続環境や携帯電話の電波といったネットワーク環境、クレジットカードといった企業の業務に直結したインフラももちろん、交通機関や小売店などの生活インフラも非常によく整備されており、ビジネス展開の条件がそろっています。現地企業をしっかり調査を実施して、自社の切り口で進出の糸口を見つけましょう。

  • 基本企業情報

◇企業概況

法人登記登録情報

沿革概況

対外投資状況

子会社・支店一覧

◇人員及び組織構成

組織体制

株主情報

株主背景

従業員給与状況

◇財務情報

貸借対照表

損益計算表

財務分析

投資分析

◇最新動向

  • 生産調査項目

◇生産状況

工場一覧および基本情報

生産品目

生産量推移

製品別年間生産能力

組織図を含む生産人員状況

OEM生産状況

品質管理体制

◇生産設備

保有設備

設備投資状況

◇仕入状況

原材料仕入

部品仕入

サプライヤー情報

◇製品コスト構造

  • 販売調査項目

◇販売構成

販売部門組織体制

販売総額(製品別)

海外・国内販売比率

直販・代理店販売比率

◇主要顧客

◇主要販売製品

◇販売チャネル

主要販売区域

主要代理店の販売状況

代理店契約内容、取引条件

販売店戦略、選定基準

◇アフターサービス

◇主要製品の価格

POINT
04

タイ国民の消費者調査はどこまで可能かチェックする

現地の実情に合わせた調査がどこまで出来るか。

タイは人口7,000万人ほどで1人あたりのGDPも高く、内需が大きいです。タイというとチャイナプラスワンの安価な労働力の国のイメージが先行しますが、GDPの伸びを背景にした購買力はあなどれません。販路開拓するには、現地の消費者状況を自社の切り口にそってきちんと事前調査しておきましょう。

  • 街頭調査

現地の言葉を使って対象エリアの消費実態を明らかにします

  • グループインタビュー

現地の言葉でインタビューの流れを作りながら定性調査を行い、参加者同士が積極的に調査に参加できる雰囲気を作る能力が求められます。

  • 訪問調査

現地の言葉で対象者に直接ヒアリングを行い、現地でのニーズなどのマーケティングデータを収集します

  • 覆面調査

現地の店舗を覆面調査し、接客、店頭などのサービスレベルの実態を把握します

  • ホームユース調査

現地の家庭で実際に商品を使用してもらい、その品質や機能を評価します

  • インターネット調査

現地ローカルのWEBサイトなどを使って、消費行動や利用実態、ブランド・イメージや商品コンセプトテスト、広告クリエイティブテスト等を行います

POINT
05

プライバシーや情報漏えいに配慮できているか確認する

調査価格の安さに目をとらわれず成果物や内容の実績から判断すること!

クライアントの報告書に類するドキュメントが外部に流出することは論外としても、事前調査のヒアリングの内容やアンケート内容なども外部に漏れてしまえば、非常に重要な情報が漏洩したことでライバル企業側の好都合になる場合もあります。事前調査関連の資料は、ライバル会社にとってはあなたの会社の関心の方向性や度合いを測るための資料の一つとなる場合もあります。また、調査会社の中には個別のクライアントの社名を伏せた上で、統計的な資料として調査内容を一部公開するところもあります。該当案件でそうした公開の予定が将来発生するのかどうかも、事前にしっかりヒアリングしておきましょう。

タイに対応の海外市場調査・コンサルティングの発注時よくある質問

人イメージ

タイに対応の海外市場調査・コンサルティングについてのよくある質問を集めてみました。業者を決定するまでには、自社の業態や依頼内容に応じたさまざまな疑問点が浮かぶものです。発注後のお客様へのヒアリングを行っているぜひアイミツでは、細かな疑問点もしっかり把握しています。

アイミツのサービス

業者選び
にお困りですか?

簡単3ステップ

優良業者からの見積もりが集まります

提案表・見積もり書
  1. ヒアリング

    ヒアリング

    ご要望がまとまっていない、相場がわからない場合でも、業界のプロが適切にリードいたします。

  2. 優良業者を提案

    優良業者を提案

    基本的な比較情報はもちろん、推薦の理由、どんな評価を受けているかもご説明します。

    提案表
  3. 見積もり

    見積もり

    各社の見積もりが簡単に集まり、スムーズに業者選定を進めることが可能です。

    見積もり書

完全無料!一括見積もりはこちらから

サポートブックイメージ
お問い合わせで無料進呈中、完全保存版、見積もり・発注サポートブック