業者探しで迷わない。一括見積もりならアイミツ

お急ぎの方は
電話で即日相談

フリーダイアル

0120-917-819

通話無料 営業時間 10:00~19:00 土・日・祝休

M&Aアドバイザリー対応の優良業者

M&Aアドバイザリー対応の海外市場調査・コンサルティング

コスパが最大化する

一括見積もり

利用料 0円

失敗しない!今ならお問い合わせで無料進呈中 発注サポートブック

カンタン!30秒でお問い合わせ完了

優良企業のみで一括見積もり

コンサルティング イメージ

海外市場調査・コンサルティングとは、自社に代わって海外市場のマーケティングリサーチやコンサルティングのサービスを担当し、海外進出の手助けを行ってくれるサービスです。まずは、対象となる国やエリアが調査対象に含まれているかどうかを確認します。また、コンサルティングのみを行っている会社と、マーケティングリサーチなどの実務を代行してくれる会社があるので、目的によって調査会社を選ぶようにします。後者の場合は、豊富な調査メニューが用意されているかが、データの精度を分けます。自社拠点を持ち、人材確保が比較的スムーズな調査会社なら、ネイティブによるグループインタビューなども容易に行えるでしょう。また、調査データの取得だけではなく、調査結果分析やデータマイニングにも留意したいところです。専門家によるアドバイスが受けられるかどうかも、重要な選定ポイントになります。M&Aアドバイザリーを行ってくれるところであれば、買収、資本参加、合併というようなM&Aに関する様々な業務に、高い専門知識を持ったアドバイザーが対応してくれます。豊富な知識やノウハウ・実績があるところが良いでしょう。また、調査会社の得意国、業界やジャンルも確認しておくと良いでしょう。

人イメージ

M&Aアドバイザリー対応の海外調査・コンサルの発注や業者探しの際、こんなお悩みありませんか?


  • 予算

    予算を抑えたいけれど
    どこに相談すればよい?

  • 評判

    いろんな会社が検索でヒット!
    本当に評判がよいのはどこ?

  • 相場

    相場が分からないけれど
    いくら位が妥当な金額?

  • 営業

    一括見積もりに依頼すると
    営業電話が多そうで不安・・・

人イメージ

そのお悩みをアイミツが解決します

発注先選定を無料でお手伝い!

  • POINT1

    相場情報をご提供!

    2万件以上の利用実績から
    相場情報や適正価格をご案内!
    見積もりのポイントも教えます。

  • POINT2

    専門コンシェルジュによる
    徹底見積もりサポート

    専任のコンシェルジュが、
    ご要望を丁寧にヒアリングいたします。
    5万社の調査から最適な会社をご紹介。

  • POINT3

    評判の良い会社に厳選

    100万以上のクチコミから
    評判の良い会社に絞ってご紹介!
    営業電話に困ることはありません。

業者探しは手間も費用もかからない

3
STEP

  1. 確認

    希望条件、ご要望をお聞かせください!

    ご要望がまとまっていない場合でも、
    業界のプロが適切にリードいたします。

  2. 提案

    専門知識のあるコンシェルジュが
    無料で業者をご紹介いたします!

    基本的な情報はもちろん、推薦の理由、
    どんな評価を受けているかもご説明します。

    提案表
  3. 見積り

    直接商談も可能!即、見積もりが集まります

    各社の見積もりが簡単に集まり、
    スムーズに業者選定を進めることが可能です。

    見積もり

無料即日対応優良企業を厳選してご紹介!

カンタン!30秒でお問い合わせ完了

お問い合わせで無料進呈中。完全保存版見積もり・発注サポートブック

お急ぎの方はお電話でも受付しています

フリーダイアル

0120-917-819

通話無料 営業時間 10:00~19:00 土・日・祝休

  • 問い合わせ後の流れは?
  • 無料でサービスが受けれられる理由とは?

REVIEWS

20,000件の相談実績

2014年から既に2万件を超える相談をいただいたおり、
利用されたお客様からもご好評いただいております

イメージ

無料即日対応優良企業を厳選してご紹介!

カンタン!30秒でお問い合わせ完了

お問い合わせで無料進呈中。完全保存版見積もり・発注サポートブック

お急ぎの方はお電話でも受付しています

フリーダイアル

0120-917-819

通話無料 営業時間 10:00~19:00 土・日・祝休

  • 問い合わせ後の流れは?
  • 無料でサービスが受けれられる理由とは?

M&Aアドバイザリー対応の海外市場調査・コンサルティングの

選び方ガイド

M&Aアドバイザリー対応の海外市場調査・コンサルティングの選び方ガイド

M&Aアドバイザリー対応の海外市場調査・コンサルティングの委託先、外注先を探すにあたってのポイントや選び方など、様々な情報をまとめました。当社が保有するほんの一部のノウハウのみの公開ですが、参考にしてください。当社は、相場情報、見積もり事例など多数保有しております。

M&Aアドバイザリー対応の海外市場調査・コンサルティングの選定ポイント

POINT
01

調査希望エリアに十分な実績があるか確認する

希望する国・エリアの市場調査を手がけているかどうかをまずは確認!

海外でのM&Aのアドバイザリー契約を結ぶ場合、現地の市場調査などを手がけたことがあるだけでなく、希望する国で実際にM&A案件をこなしたことがあるかどうかを確認しましょう。単なる海外調査にとどまらず、さまざまな部門での交渉事を含むM&A案件では、国民性の違いや商慣習の違いに精通していること、現地の要人との信頼関係の作り方などのノウハウも必要になってきます。

また、提携交渉をスムーズに行うにあたっては現地の商工会議所や各種経済団体、役所と連携するためのパイプが必要な場面も出て来ます。そうした意味で、単に現地のマーケット事情に詳しいだけでなく、実際にどのような規模のどんな業界のM&A案件をどれくらいこなしたことがあるかが大切になってくるのです。

最初にそれらの実績をしっかりチェックしてから、アドバイザリー契約候補企業を絞っていきましょう。

POINT
02

海外M&A案件の流れを把握しておく

M&Aアドバイザリー契約では分離発注は一般的でない。

海外でのM&A案件についても、基本的な流れは国内でのM&A案件と同様の手続きを踏みます。買収先となるターゲット企業の選定、買収スキームの決定、ゴールまでのスケジューリング、妥当な買収価格の割り出し、条件交渉サポートなどを通じて、案件を成功に導きます。M&A案件においては多数の業者の相見積もりをとること、ならびに、部分的に安い業者に分離発注することは一般的ではありません。いったん信頼してアドバイザリー契約を結んだら最後まで任せるのが業界の基本的なやり方ですので、最初に信頼できるマネジメントを行える会社を選定することが重要になってきます。

  • M&A戦略の明確化
  • ターゲット企業の選定
  • 初期的調査
  • 基本合意書の締結
  • デューデリジェンス
  • バリュエーション
  • 最終契約書の締結
  • クロージング
POINT
03

海外のM&A案件では特にデューデリジェンスを重視する

デューデリジェンスには時間と費用をきちんとかける。

海外企業買収においては、売却される企業がある現地の法律や条例・契約時の言葉や文化などの違いにより、国内M&Aに比べ多くのリスクがあります。とくに発展途上国においては、M&Aに関する法律が整備されていないことや、コンプライアンス意識が不十分なためのトラブルなどもありますので、海外進出のための事前調査、買収監査には十分な時間と必要な費用をかけましょう。

デューデリジェンスを行うには、多角的な視点が重要となります。

具体的には、現状の企業戦略の有効性やマーケットシェアなどの海外調査を行う経営的側面、収益性の分析を中心とした財務的側面、さらにコンプライアンス状況などを調べる法務的側面があります。

経営的分析では、買収した後も成長を続ける余地が十分にあるビジネスかどうかの将来性の判定の他、勤務地における人的な資源の状態、今後の市場占有率の見通しなどを分析します。

財務的分析では、財務諸表分析を通じてキャッシュフロー、収益性やリスク、物的資産の状況、将来的な損益見通しなどを調査します。

法務的分析では、コンプライアンス違反や他企業からの訴訟リスクの洗い出しなどを行います。

POINT
04

「ビジネス」「財務」「法務」それぞれのデューデリジェンス専門家に依頼する内容を整理する

詳細調査のたたき台はこれをチェック!

  • ビジネス面でのデューデリジェンスの依頼内容の整理

・売上、粗利データ、マーケティングデータ、事業所データの洗い出し

・SWOT分析などによるによる企業評価

・保有している技術評価

・知的財産権の評価

・人的財産の評価

など

  • 財務面でのデューデリジェンスの依頼内容の整理

・環境リスクを含む対象資産の譲渡価格評価

・現物調査(在庫や固定資産など)

・将来的なパフォーマンス評価

・不動産、投資等の時価評価

・オフバランス項目評価

・滞留負債、不良債権の洗い出しと評価

・遊休資産の評価

など

  • 法務面でのデューデリジェンスの依頼内容の整理

・会社存続の合法性、ビジネスそのものの合法性の確認

・商法に照らした組織的運営のコンプライアンス性の確認

・過去の法令違反行為の有無の確認

・滞留債券等の方的状況の確認

など

いずれの項目も、ここだけは必ずおさえておきたい項目になりますので、相談を進めていくうちに当該M&Aの実情にあった内容に深化していくことが期待されます。逆に言えば、これらの項目を具体的に精査してもらえる実感が持てない場合には、別の専門家を検討した方がよいと言えるでしょう。

POINT
05

「ビジネス」「財務」「法務」のデューデリジェンスのプロを選別する

3つの視点で最高のプロを選ぼう!

  • 実績と信頼性があるか

事前に何らかの情報が漏洩した場合には、M&Aが不可能になる場合や事業の存続が危ぶまれる場合があります。また、当たり前の話なのですが買収先となる当該企業のデューデリジェンスを「ビジネス」「財務」「法務」の点から正確にできるかどうか、一人でできない場合にはチームを組むことができるかどうかの見極めも重要です。

  • 専門的能力・得意分野があるか

M&A仲介会社やM&Aアドバイザー会社は、会計士や金融機関などから転職したアドバイザリーを擁し専門能力に特化した専門性が高い会社と、買受企業などに幅広いネットワークを持ち営業力が強い会社に大きく分類されます。

  • 情報ネットワークがあるか

M&A仲介会社やアドバイザーが希望する相手先の事業エリアや希望する業種に関して適切な情報を持っているかどうかは、とても重要なポイントになります。

POINT
06

プライバシーや情報漏えいに配慮できているか確認する

調査内容の一部を外部へ公開するところなのかどうかを事前にしっかりと確認しておくこと。

報告書に類するドキュメントが外部に流出することは論外としても、事前調査のヒアリングの内容やアンケート内容なども外部に漏れてしまえば、非常に重要な情報が漏洩したことでライバル企業側の好都合になる場合もあります。事前調査関連の資料は、そうした資料はライバル会社にとっては、あなたの会社の関心の方向性や度合いを測るための資料の一つとなる場合もあります。また、調査会社の中には個別の社名を伏せた上で、統計的な資料としてクライアントの調査内容を一部公開するところもあります。該当案件でそうした公開の予定が将来発生するのかどうかも、事前にしっかりヒアリングしておきましょう。

M&Aアドバイザリー対応の海外市場調査・コンサルティングのよくある質問

人イメージ

M&Aアドバイザリー対応の海外市場調査・コンサルティングについてのよくある質問を集めてみました。業者を決定するまでには、自社の業態や依頼内容に応じたさまざまな疑問点が浮かぶものです。発注後のお客様へのヒアリングを行っているぜひアイミツでは、細かな疑問点もしっかり把握しています。