業者探しで迷わない。一括見積もりならアイミツ

お急ぎの方は
電話で即日相談

フリーダイアル

0120-917-819

通話無料 営業時間 10:00~19:00 土・日・祝休

M&Aアドバイザリー対応の優良業者

海外調査・コンサル

おすすめ業者を一覧比較

海外市場調査・コンサルティングとは、自社に代わって海外市場のマーケティングリサーチやコンサルティングのサービスを担当し、海外進出の手助けを行ってくれるサービスです。まずは、対象となる国やエリアが調査対象に含まれているかどうかを確認します。また、コンサルティングのみを行っている会社と、マーケティングリサーチなどの実務を代行してくれる会社があるので、目的によって調査会社を選ぶようにします。後者の場合は、豊富な調査メニューが用意されているかが、データの精度を分けます。自社拠点を持ち、人材確保が比較的スムーズな調査会社なら、ネイティブによるグループインタビューなども容易に行えるでしょう。また、調査データの取得だけではなく、調査結果分析やデータマイニングにも留意したいところです。専門家によるアドバイスが受けられるかどうかも、重要な選定ポイントになります。M&Aアドバイザリーを行ってくれるところであれば、買収、資本参加、合併というようなM&Aに関する様々な業務に、高い専門知識を持ったアドバイザーが対応してくれます。豊富な知識やノウハウ・実績があるところが良いでしょう。また、調査会社の得意国、業界やジャンルも確認しておくと良いでしょう。

初めての方はこちら!

完全無料

業者を一覧で比較する

M&Aアドバイザリー対応の優良業者 海外市場調査・コンサルティング業者一覧

9件中19件の業者を比較中

公式

株式会社Tryfunds

対応オプション
M&Aアドバイザリー リサーチ 登記・設立支援
会社サイト
http://tryfunds.co.jp/
会社所在地
東京都港区西新橋3−24-10
会社電話番号
03-5425-6166
  • 現地大企業や政界等と密な連携により、現地の情報や他にはない真に信頼できる意見をご提供可能です。
  • 案件規模や難易度によって有機的に担当者を配置することで中小企業から大企業まで幅広くご支援しています。
  • 国内事業の見直しによる予算作りや助成金活用など、リスクを最大限に抑えた展開支援を実現しています。
公式

株式会社 YCP Japan

対応オプション
M&Aアドバイザリー リサーチ 登記・設立支援
会社サイト
http://www.sdigrp.com/
会社所在地
東京都港区南青山一丁目1番1号 新青山ビル東館10階
会社電話番号
03-5577-3280
  • 2次データの活用では取得困難な現地情報を幅広いネットワークと多様なアプローチで取得・ご提供いたします
  • 圧倒的な数量に裏付けられた実績による品質に定評がございます。
公式

TMRグローバルグループ

対応オプション
M&Aアドバイザリー リサーチ 登記・設立支援
会社サイト
http://tmrglobal.jp/
会社所在地
2610 Southport Central Commercial Tower2, 5 Lawson St, Southport QLD 4215 Australia
会社電話番号
050-5532-6810
  • 現地企業だからできる納得の低価格!
  • 実績に裏付けられた高品質サービスを提供します!
  • 担当者制にてしっかりサポート!
  • 1

アイミツのコンシェルジュサービス

業者選び
にお困りですか?

簡単3ステップ

優良業者からの見積もりが集まります

提案表・見積もり書
  1. ヒアリング

    ヒアリング

    ご要望がまとまっていない、相場がわからない場合でも、業界のプロが適切にリードいたします。

  2. 優良業者を提案

    優良業者を提案

    基本的な比較情報はもちろん、推薦の理由、どんな評価を受けているかもご説明します。

    提案表
  3. 見積もり

    見積もり

    各社の見積もりが簡単に集まり、スムーズに業者選定を進めることが可能です。

    見積もり書

完全無料!一括見積もりはこちらから

サポートブックイメージ
お問い合わせで無料進呈中、完全保存版、見積もり・発注サポートブック

人気のキーワード

関連するカテゴリ

M&Aアドバイザリー対応の海外市場調査・コンサルティング会社の選び方ガイド・比較のポイント

  • POINT 1 調査希望エリアに十分な実績があるか確認する

    希望する国・エリアの市場調査を手がけているかどうかをまずは確認!
    海外でのM&Aのアドバイザリー契約を結ぶ場合、現地の市場調査などを手がけたことがあるだけでなく、希望する国で実際にM&A案件をこなしたことがあるかどうかを確認しましょう。単なる海外調査に… 続きを見る

  • POINT 2 海外M&A案件の流れを把握しておく

    M&Aアドバイザリー契約では分離発注は一般的でない。
    海外でのM&A案件についても、基本的な流れは国内でのM&A案件と同様の手続きを踏みます。買収先となるターゲット企業の選定、買収スキームの決定、ゴールまでのスケジューリング、妥当な買収価格… 続きを見る

  • POINT 3 海外のM&A案件では特にデューデリジェンスを重視する

    デューデリジェンスには時間と費用をきちんとかける。
    海外企業買収においては、売却される企業がある現地の法律や条例・契約時の言葉や文化などの違いにより、国内M&Aに比べ多くのリスクがあります。とくに発展途上国においては、M&Aに関する法律が整備… 続きを見る

  • POINT 4 「ビジネス」「財務」「法務」それぞれのデューデリジェンス専門家に依頼する内容を整理する

    詳細調査のたたき台はこれをチェック!
    ビジネス面でのデューデリジェンスの依頼内容の整理 ・売上、粗利データ、マーケティングデータ、事業所データの洗い出し ・SWOT分析などによるによる企業評価 ・保有している技術評価 … 続きを見る

  • POINT 5 「ビジネス」「財務」「法務」のデューデリジェンスのプロを選別する

    3つの視点で最高のプロを選ぼう!
    実績と信頼性があるか 事前に何らかの情報が漏洩した場合には、M&Aが不可能になる場合や事業の存続が危ぶまれる場合があります。また、当たり前の話なのですが買収先となる当該企業のデュー… 続きを見る

  • POINT 6 プライバシーや情報漏えいに配慮できているか確認する

    調査内容の一部を外部へ公開するところなのかどうかを事前にしっかりと確認しておくこと。
    報告書に類するドキュメントが外部に流出することは論外としても、事前調査のヒアリングの内容やアンケート内容なども外部に漏れてしまえば、非常に重要な情報が漏洩したことでライバル企業側の好都合に… 続きを見る