業者探しで迷わない。一括見積もりならアイミツ

お急ぎの方は
電話で即日相談

フリーダイアル

0120-917-819

通話無料 営業時間 10:00~19:00 土・日・祝休

韓国に対応の優良業者

海外調査・コンサル

最適業者がスグに見つかる

海外市場調査・コンサルティングとは、自社に代わって海外市場のマーケティングリサーチやコンサルティングのサービスを担当し、海外進出の手助けを行ってくれるサービスです。まずは、対象となる国やエリアが調査対象に含まれているかどうかを確認します。また、コンサルティングのみを行っている会社と、マーケティングリサーチなどの実務を代行してくれる会社があるので、目的によって調査会社を選ぶようにします。後者の場合は、豊富な調査メニューが用意されているかが、データの精度を分けます。自社拠点を持ち、人材確保が比較的スムーズな調査会社なら、ネイティブによるグループインタビューなども容易に行えるでしょう。韓国での市場調査を行う場合は、韓国ならではの市場特性を考慮した調査設計や、韓国競合企業の最新動向や取り組みを他業種にわたり行っている業者を選ぶと良いでしょう。また、調査データの取得だけではなく、調査結果分析やデータマイニングにも留意したいところです。専門家によるアドバイスが受けられるかどうかも、重要な選定ポイントになります。また、調査会社の得意国、業界やジャンルも確認しておくと良いでしょう。

お急ぎの方はこちら!

完全無料

優良企業で一括見積もり

韓国に対応の優良業者 海外市場調査・コンサルティング業者一覧

35件中110件の業者を比較中

会社名
株式会社Tryfunds
会社サイト
http://tryfunds.co.jp/
調査実績
100~500
対応している対象国
インド インドネシア ベトナム メキシコ ブラジル 韓国
詳細を見る
  • 現地大企業や政界等と密な連携により、現地の情報や他にはない真に信頼できる意見をご提供可能です。
  • 案件規模や難易度によって有機的に担当者を配置することで中小企業から大企業まで幅広くご支援しています。
  • 国内事業の見直しによる予算作りや助成金活用など、リスクを最大限に抑えた展開支援を実現しています。
会社名
株式会社エイチ・アイ・エス
会社サイト
http://www.his-j.com/gps/
調査実績
~100
対応している対象国
中国 韓国 シンガポール インド インドネシア ベトナム タイ フィリピン フランス イタリア イギリス アメリカ マレーシア メキシコ ブラジル 台湾 ロシア カンボジア ドイツ オーストラリア フィリピン ミャンマー カナダ その他
詳細を見る
  • 世界中に広がる海外直営支店による情報力とサポート力があなたのビジネスをお手伝い!
  • 海外市場に関する「ちょっと知りたい、やって欲しい」がございましたら、お気軽にお問合せ下さい。
  • 現地へのご渡航もしっかりサポート!
会社名
WIPジャパン株式会社
会社サイト
http://japan.wipgroup.com/
調査実績
500~1,000
対応している対象国
中国 イギリス アメリカ ロシア ドイツ 韓国
詳細を見る
  • 世界139カ国語の多言語翻訳、翻訳実勢2万件以上、顧客数4000社の実績があります
  • 翻訳者数6,500人同時翻訳サーバーを活用した大量文書翻訳ソリューションです
  • 業界最安値 品質・価格・スピード WEB上で依頼から納品まで済む翻訳マッチングサイトYAQSも運営中
会社名
TFCO(テフコ)株式会社
会社サイト
http://www.tfco.co.jp/
調査実績
500~1,000
対応している対象国
中国 イタリア アメリカ マレーシア 台湾 韓国
詳細を見る
  • 全調査員が他業種での職務経験があるため、様々な分野の生の声を洩れることなく、ヒアリングし報告を実施
  • 小口案件や小規模調査に対応できる。また機動力を最大限に活かし急ぎの調査案件にも対応可能。
  • 複数名のベテラン調査員(30年以上)の情報源ネットワークと品質の高さの強みと保証
会社名
株式会社Global IBIS
会社サイト
http://globalibis.com/
調査実績
1,000~5,000
対応している対象国
インド インドネシア タイ ブラジル ドイツ 韓国
詳細を見る
  • 知的財産部門のプロジェクトに対応が可能です。
  • インテリジェンスな探偵手法も用いることができます。
  • 産業系調査業界の最後の職人です。

JCBB  

会社名
株式会社 JCBB
会社サイト
http://www.jcbb.co.jp/
調査実績
1,000~5,000
対応している対象国
中国 インドネシア ベトナム タイ アメリカ 韓国
詳細を見る
  • 国内はもとより、中国、東南アジア、インド、北米、EUなど幅広い領域での調査が可能
  • 調査領域については、食品、家電、日用雑貨、自動車から特殊な機材、ユーザー調査等さまざまな領域をカバー
  • 中国に於いては多方面の業界に強力なパイプ有しビジネスコンサルティングにも対応
会社名
株式会社U'eyes Design
会社サイト
http://ueyesdesign.co.jp/
調査実績
500~1,000
対応している対象国
中国 韓国 シンガポール インド インドネシア イタリア イギリス アメリカ ブラジル 台湾 ロシア ドイツ オーストラリア
詳細を見る
会社名
エクスペリアンジャパン株式会社
会社サイト
http://www.experian.co.jp/business-information/ind...

注目このサービス(エクスペリアンジャパン)の詳細

エクスペリアンは、90カ国以上で15,000人以上の従業員を擁し、ビジネスを展開する情報サービス企業です。日本国内では、信用リスク管理、不正防止、意思決定の高度化、ターゲット絞り込み、マーケティング支援、海外企業情報の提供などの事業を展開しております。

会社名
日本事業運営支援センター
会社サイト
http://www.njusc.net/

注目このサービス(海外進出の不安を解消しましょう!成功の道がここに!)の詳細

人材育成のポイント・方法を教えます!当社は中小企業・個人事業を専門とした経営コンサルティングを行っています。特に人材育成、人材管理、人材配置等、人材と人事に関して大きな自信と実績があります!課題・問題がある場合は是非無料相談を!

会社名
株式会社インテージ
会社サイト
http://www.intage.co.jp/

注目このサービス(インテージ)の詳細

市場調査やマーケティングリサーチ、インターネット調査(ネットリサーチ)のパイオニア、株式会社インテージは、圧倒的なリサーチ基盤とシステム技術力を背景に、ヘルスケア、インターネット、中国調査の各分野でも着実な成長を続けている調査会社です。

人気のキーワード

関連するカテゴリ

アイミツのコンシェルジュサービス

業者選び
にお困りですか?

簡単3ステップ

優良業者からの見積もりが集まります

提案表・見積もり書
  1. ヒアリング

    ヒアリング

    ご要望がまとまっていない、相場がわからない場合でも、業界のプロが適切にリードいたします。

  2. 優良業者を提案

    優良業者を提案

    基本的な比較情報はもちろん、推薦の理由、どんな評価を受けているかもご説明します。

    提案表
  3. 見積もり

    見積もり

    各社の見積もりが簡単に集まり、スムーズに業者選定を進めることが可能です。

    見積もり書

完全無料!一括見積もりはこちらから

サポートブックイメージ
お問い合わせで無料進呈中、完全保存版、見積もり・発注サポートブック

韓国に対応の海外市場調査・コンサルティング会社の選び方ガイド・比較のポイント

  • POINT 1 韓国進出コンサルティングの流れを把握する

    最初に全体像を確認しておくことが重要!
    韓国進出の目的を明確にする 高いGDP成長率を維持し国際的な競争力を持つ企業を多数有する、日本とも関係の深い韓国ですが、韓国での販路開拓では最初にどんな目的で何をしたいかを明確にするこ… 続きを見る

  • POINT 2 韓国市場の産業調査可能領域を確認する

    調査会社によって得意分野とそうでない分野があります!
    海外市場の調査であっても、ライバルとなるのは韓国現地企業ですので、その精度は日本国内で実施する産業調査の精度と同等のものが求められます。最低限、下記の産業調査を現地にて問題なく遂行できる業… 続きを見る

  • POINT 3 韓国での競合調査はどこまで可能か確認する

    産業調査の中で特に重要なのが提携候補・競合調査です!
    1996年にはアジアで日本に次いでOECD加盟国となり、先進国入りを果たした韓国ですが、通貨危機などの試練を乗り越え今日まで安定的な成長を続けており、一人当たりのGDPは2.5万ドルを超えるまでの規模と… 続きを見る

  • POINT 4 韓国国民の消費者調査はどこまで可能かチェックする

    現地の実情に合わせた調査がどこまで出来るか。
    米調査会社ニールセンが発表している「世界の消費者景況感指数調査」で、韓国の指数は調査対象の61カ国中最下位が3期続いています。韓国人の消費意欲が衰える中、よりきめの細かい消費者調査が必要となっ… 続きを見る

  • POINT 5 プライバシーや情報漏えいに配慮できているか確認する

    調査内容の一部を外部へ公開することがあるかどうかを事前にしっかりと確認しておくこと。
    報告書に類するドキュメントが外部に流出することは論外としても、事前調査のヒアリングの内容やアンケート内容なども外部に漏れてしまえば、非常に重要な情報が漏洩したことでライバル企業側の好都合に… 続きを見る