あなたの発注コンシェルジュ

フリーダイアル

0120-917-819

営業時間 平日 10:00~19:00

中国に対応
定評のある海外調査業者10選

海外調査の専門コンシェルジュが選ぶ
中国に対応で実力のある海外調査業者10選

1. 株式会社マクロミル

株式会社マクロミル
対応している対象国
中国 、韓国 、シンガポール 、インド 、インドネシア 、ベトナム 、タイ 、フランス 、イタリア 、イギリス
電話番号
03-6716-0700
会社サイト
http://www.macromill.com/

2. 株式会社 YCP Japan

株式会社 YCP Japan
  • 2次データの活用では取得困難な現地情報を幅広いネットワークと多様なアプローチで取得・ご提供いたします
  • 圧倒的な数量に裏付けられた実績による品質に定評がございます。
対応している対象国
中国 、シンガポール 、インド 、インドネシア 、ベトナム 、タイ 、フィリピン 、アメリカ 、マレーシア 、メキシコ 、ブラジル 、台湾 、ロシア 、ミャンマー
調査実績
500~1,000
電話番号
03-5577-3280
会社サイト
http://www.sdigrp.com/

3. 株式会社日本能率協会総合研究所

株式会社日本能率協会総合研究所
対応している対象国
中国 、韓国 、シンガポール 、インド 、インドネシア 、ベトナム 、タイ 、フィリピン 、フランス 、イタリア 、イギリス
電話番号
03-3434-6282
会社サイト
http://www.jmar.biz/

アイミツを疑問や不安の解消にお役立てください

  • 相談だけでもOK

    いくらかかるの?ちょっと質問が・・・

    ご利用者の約50%はご相談です。どんな小さなご質問でも、お気軽にお問い合わせください。

  • 優良会社のご紹介も

    優良会社

    選び抜かれた優良会社を、アイミツで探される方が増えています。

全て無料でご利用いただけます

0120-917-819

通話無料 営業時間 10:00〜19:00 土・日・祝

コンシェルジュ

6. 株式会社矢野経済研究所

株式会社矢野経済研究所
  • 実力と実績のトータルファームとして、調査分析からソリューション提供までトータルで行います。
  • リサーチプロジェクトの共有でリーズナブルでも付加価値の高いマーケットインテリジェンスを提供します。
  • 課題の発見からコンサルティングまでトータルでのサポートが可能です。
対応している対象国
中国 、韓国 、シンガポール 、インド 、インドネシア 、ベトナム 、タイ 、フィリピン 、フランス 、イタリア 、イギリス
電話番号
03-5371-6900
会社サイト
http://www.yano.co.jp/

7. 株式会社日本リサーチセンター

株式会社日本リサーチセンター
対応している対象国
中国 、シンガポール 、インドネシア 、タイ 、アメリカ
調査実績
500~1,000
電話番号
050-3785-0691
会社サイト
http://www.nrc.co.jp/

最後に、海外調査で”失敗しない”ために

「アイミツ」コンシェルジュが選んだ中国に対応で実力がある海外調査業者はいかがでしたでしょうか?

「自分で選ぶだけでは不安を感じる」「予算内の会社が見つからない」「費用を知りたい」などお悩みもあると思います。
実際に毎月300件以上の見積もり取得や、業者選びを代行しているコンシェルジュだからこそ海外調査業者の本当の実態がわかり、良い業者がわかります。

自分で“納得のいく”業者を見つけ出すまでに、平均4時間以上の時間をかけているという調査結果もあります。
アイミツではコンシェルジュがあなたに代わって“1/10の手間”で、あなたに本当に合った良い会社を見つけさせていただきます。
無料でご利用いただけますので、是非お気軽にアイミツにお問い合わせください

優良企業5,000社以上!

”1/10”の手間で優良会社が見つかります

あなたに合った会社をお探しします!

0120-917-819

利用料0円

掲載中の企業所在地マップ

中国に対応の海外調査業者のページを見た人はこんなランキングも見ています

中国に対応で海外調査会社をお探しの方向け | ワンポイントアドバイス

海外市場調査・コンサルティングとは、自社に代わって海外市場のマーケティングリサーチやコンサルティングのサービスを担当し、海外進出の手助けを行ってくれるサービスです。まずは、対象となる国やエリアが調査対象に含まれているかどうかを確認します。また、コンサルティングのみを行っている会社と、マーケティングリサーチなどの実務を代行してくれる会社があるので、目的によって調査会社を選ぶようにします。後者の場合は、豊富な調査メニューが用意されているかが、データの精度を分けます。自社拠点を持ち、人材確保が比較的スムーズな調査会社なら、ネイティブによるグループインタビューなども容易に行えるでしょう。また、調査データの取得だけではなく、調査結果分析やデータマイニングにも留意したいところです。専門家によるアドバイスが受けられるかどうかも、重要な選定ポイントになります。また、調査会社の得意国、業界やジャンルも確認しておくと良いでしょう。