業者探しで迷わない。一括見積もりならアイミツ

お急ぎの方は
電話で即日相談

フリーダイアル

0120-917-819

通話無料 営業時間 10:00~19:00 土・日・祝休

中国に対応の優良業者

海外調査・コンサル

おすすめ業者を一覧比較

海外市場調査・コンサルティングとは、自社に代わって海外市場のマーケティングリサーチやコンサルティングのサービスを担当し、海外進出の手助けを行ってくれるサービスです。まずは、対象となる国やエリアが調査対象に含まれているかどうかを確認します。また、コンサルティングのみを行っている会社と、マーケティングリサーチなどの実務を代行してくれる会社があるので、目的によって調査会社を選ぶようにします。後者の場合は、豊富な調査メニューが用意されているかが、データの精度を分けます。自社拠点を持ち、人材確保が比較的スムーズな調査会社なら、ネイティブによるグループインタビューなども容易に行えるでしょう。特に中国の海外市場調査は、企業の進出度合や経済成長の観点から、とても重要です。また、国土が広いので、各都市にそれぞれ独自のルートやネットワークを持っている業者を選ぶようにしましょう。また、調査データの取得だけではなく、調査結果分析やデータマイニングにも留意したいところです。専門家によるアドバイスが受けられるかどうかも、重要な選定ポイントになります。また、調査会社の得意国、業界やジャンルも確認しておくと良いでしょう。

初めての方はこちら!

完全無料

業者を一覧で比較する

中国に対応の優良業者 海外市場調査・コンサルティング業者一覧

72件中110件の業者を比較中

対応している対象国
中国 韓国 シンガポール インド インドネシア ベトナム タイ フランス イタリア イギリス
会社サイト
http://www.macromill.com/
会社所在地
東京都港区港南2-16-1 品川イーストワンタワー 11F
会社電話番号
03-6716-0700
公式

株式会社 YCP Japan

対応している対象国
中国 シンガポール インド インドネシア ベトナム タイ フィリピン アメリカ マレーシア メキシコ ブラジル 台湾 ロシア ミャンマー
会社サイト
http://www.sdigrp.com/
会社所在地
東京都港区南青山一丁目1番1号 新青山ビル東館10階
会社電話番号
03-5577-3280
  • 2次データの活用では取得困難な現地情報を幅広いネットワークと多様なアプローチで取得・ご提供いたします
  • 圧倒的な数量に裏付けられた実績による品質に定評がございます。
対応している対象国
中国 韓国 シンガポール インド インドネシア ベトナム タイ フィリピン フランス イタリア イギリス
会社サイト
http://www.jmar.biz/
会社所在地
東京都港区芝公園3-1-22 日本能率協会ビル7F
会社電話番号
03-3434-6282
対応している対象国
中国 韓国 シンガポール インド インドネシア ベトナム タイ フィリピン フランス イタリア イギリス
会社サイト
http://www.yano.co.jp/
会社所在地
東京都中野区本町2-46-2 中野坂上セントラルビル
会社電話番号
03-5371-6900
  • 実力と実績のトータルファームとして、調査分析からソリューション提供までトータルで行います。
  • リサーチプロジェクトの共有でリーズナブルでも付加価値の高いマーケットインテリジェンスを提供します。
  • 課題の発見からコンサルティングまでトータルでのサポートが可能です。
対応している対象国
中国
会社サイト
http://www.kfs-web.jp/
会社所在地
東京都中央区佃2-2-10 リバーシティ21 36階 3612
会社電話番号
03-5548-7926

発注は時間も手間もかかりますよね?

コンシェルジュが解決します!

コンシェルジュに相談、あなたにあった業者を提案、発注の手間を削減!

完全無料

まずはお気軽にご相談ください

人気のキーワード

関連するカテゴリ

中国に対応の海外市場調査・コンサルティング会社の選び方ガイド・比較のポイント

  • POINT 1 中国進出コンサルティングの流れを把握する

    最初に全体像を確認しておくことが重要!
    中国進出の目的を明確にする 経済発展のスピードに陰りの見え始めた中国ではありますが、国内の消費市場はなお拡大傾向にあります。販路開拓のために中国進出を考える日本企業は、最初にどんな目… 続きを見る

  • POINT 2 中国市場の産業調査可能領域を確認する

    調査会社によって得意分野とそうでない分野があります!
    グローバルな海外市場の調査であっても、ライバルとなるのは中国現地企業ですので、そのリサーチの精度は日本国内の環境における産業調査の精度と同等のものが求められます。最低限、下記の産業調査を現… 続きを見る

  • POINT 3 中国での競合調査はどこまで可能か確認する

    産業調査の中で特に重要なのが提携候補・競合調査です!
    近年、日本から中国への投資金額は減少傾向にありますが、投資主体としてはこれまで主体だった国有企業ばかりでなく民営企業も存在感を増してきており、新規市場の獲得ノウハウや、技術・ブランドなどの… 続きを見る

  • POINT 4 中国 国民の消費者調査はどこまで可能かチェックする

    現地の実情に合わせた調査がどこまで出来るか。
    中国人の最近の消費の傾向としては、海外メーカーのブランドブームも落ち着きを見せ始め、金額に見合った価値の高い商品を選別していこうという傾向が見られます。その意味で、ブランド品や単なる低価格… 続きを見る

  • POINT 5 プライバシーや情報漏えいに配慮できているか確認する

    調査内容の一部を外部へ公開することがあるかどうかを事前にしっかりと確認しておくこと。
    報告書に類するドキュメントが外部に流出することは論外としても、事前調査のヒアリングの内容やアンケート内容なども外部に漏れてしまえば、非常に重要な情報が漏洩したことでライバル企業側の好都合に… 続きを見る