あなたの発注コンシェルジュ

フリーダイアル

0120-917-819

営業時間 平日 10:00~19:00

7万社以上を徹底比較

コスパが最大化する

海外調査
一括見積もり

クオリティUPでより高いクオリティを、コストダウンで適正な価格で発注

  • 利用実績

    9万社

  • 利用満足度

    98%

簡単30秒

失敗しない業者選びのために!最適業者をご紹介

相見積もりで失敗しない
5つの鉄則

お電話でのお問い合わせはこちら

営業時間 平日 10:00~19:00

フリーダイヤル 0120-917-819

■ 海外調査業者を探す際のワンポイントアドバイス

海外市場調査・コンサルティングとは、自社に代わって海外市場のマーケティングリサーチやコンサルティングのサービスを担当し、海外進出の手助けを行ってくれるサービスです。まずは、対象となる国やエリアが調査対象に含まれているかどうかを確認します。また、コンサルティングのみを行っている会社と、マーケティングリサーチなどの実務を代行してくれる会社があるので、目的によって調査会社を選ぶようにします。後者の場合は、豊富な調査メニューが用意されているかが、データの精度を分けます。自社拠点を持ち、人材確保が比較的スムーズな調査会社なら、ネイティブによるグループインタビューなども容易に行えるでしょう。また、調査データの取得だけではなく、調査結果分析やデータマイニングにも留意したいところです。専門家によるアドバイスが受けられるかどうかも、重要な選定ポイントになります。また、調査会社の得意国、業界やジャンルも確認しておくと良いでしょう。

ところで

海外調査の業者探しで、こんなお悩みありませんか?

  • 電話が鳴り止まない

    一括見積もりサイトだと電話が…

    一括見積もりをすると多数の会社から
    営業電話が鳴り続けて業務に支障をきたしそう

  • 見積もりを取っても不安

    業界事情や相場を知らない…

    適正な価格がわからないから
    見積もりを取っても不安

  • 情報だけを信じるのは不安

    どの企業が優れているのか…

    ホームページには良いことが書かれて
    いるけれども、実際の評判はどうなの?

そのお悩みをアイミツが解決
発注先選定を無料でお手伝い!

  • point.1

    相場情報をご提供!

    9万件以上の利用実績から
    相場情報や適正価格をご案内
    見積もりのポイントも教えます。

  • point.2

    コンシェルジュ

    専門コンシェルジュによる
    徹底見積もりサポート!

    御社の要望をコンシェルジュが
    ヒアリング、全国7万社以上の業者比較
    ・調査から
    要望に適した会社をご紹介。

  • point.3

    評判の良い会社に厳選!

    100万以上のクチコミから
    評判の良い業者
    に絞ってご紹介
    営業電話に困ることはありません。

業者探しは手間も費用もかからない3ステップ

  • 確認

    確認のイメージ

    希望条件、ご要望を
    お聞かせください!

    ご要望がまとまっていない場合でも、業界のプロが適切にリードいたします。

  • 提案

    確認のイメージ

    業者選びのコンシェルジュが
    無料で業者をご紹介!

    基本的な情報はもちろん、推薦の理由、どんな評価を受けているかもご説明します。

  • 見積もり

    確認のイメージ

    直接商談も可能!スピーディ
    に見積もりが集まります

    各社の見積もりが簡単に集まり、スムーズに業者選定を進めることが可能です。

相談してみてわかる!アイミツが選ばれる理由とは?

大手から中小企業まで、話題の企業が続々利用中!

規模を問わず、数多くの有名企業様に
ご利用いただいているのには理由があります!

  • 利用料
    0

    ご相談は無料ですイメージ

    ご相談は無料です

    業者比較・紹介のための総合サイトとして広告収益を中心に運営。完全無料でのサービス提供を実現しました。

  • 満足度
    98%

    安心の満足度98%イメージ

    安心の満足度98%

    最新事情、業界慣習、企業の評判から相場まで、各業界を徹底的に理解した専門スタッフが対応。

  • 調査社数
    7万社

    プロによる徹底調査イメージ

    プロによる徹底調査

    最新事情、業界慣習、企業の評判から相場まで、各業界を徹底的に理解した専門スタッフが対応。

  • 会員登録
    不要

    スピード即日対応イメージ

    スピード即日対応

    原則、電話もしくはメールにて、即日対応いたします。手厚いサポートで発注の不安を解消します。

海外調査業者を探す

全国157社から、あなたにピッタリの海外調査業者が見つかります。

“業者探し”のことなら
コンシェルジュに無料でお任せ!

お急ぎの方はこちら

0120-917-819

営業時間 平日 10:00~19:00

Kadono

業者選びのポイントをカンタンにご紹介

業者選びの具体的な進め方は、アイミツが誇る業界のプロにご相談ください

海外調査の選び方ガイド

海外調査の委託先、外注先を探すにあたってのポイントや選び方など、様々な情報をまとめました。当社が保有するほんの一部のノウハウのみの公開ですが、参考にしてください。当社は、相場情報、見積もり事例など多数保有しております。


海外調査の選定ポイント

point.1希望対象国が調査エリアに含まれているか

希望する国・エリアの市場調査を手がけているかどうかをまずは確認!

海外への進出を検討する際、自社でマーケティングリサーチを行うより、「海外市場調査・コンサルティング」会社へ依頼した方が、より高度で正確な情報を得ることができるでしょう。

最初に確認したいのは、希望する国・エリアの市場調査を手がけているかどうかです。また、該当する国に拠点を持っていれば、情報精度はもちろん、人材手配なども比較的スムーズに行えるでしょう。各業者のホームページなどを参考に、対象エリアを確認してみます。

対象国・エリアの種類>

  •  ヨーロッパ :イギリス、イタリア、フランス、ドイツ、スペイン、ポルトガル、ロシアなど
  •  アフリカ :南アフリカ、エジプト、カメルーン、ナイジェリアなど
  •  中近東 :アラブ首長国連邦、アフガニスタン、サウジアラビア、トルコなど
  •  オセアニア :オーストラリア、ニュージーランド、フィジーなど
  •  アジア :中国、韓国、インド、インドネシア、ベトナム、シンガポール、タイなど
  •  北米 :アメリカ合衆国、カナダ
  •  中南米 :ブラジル、アルゼンチン、メキシコ、ペルー、チリなど

 

point.2成果物の内容と実績で選ぶ

リサーチを行うタイプか過去のノウハウをベースに行うタイプか、自社に合った選択を。

海外進出支援を手がける会社には、依頼を受けてから実際にリサーチするタイプと、過去に蓄積してきたノウハウを元にコンサルティングを行うタイプがあります。どちらが良いということではなく、自社の状況や目的に合った委託先を選ぶようにしましょう。

市場調査に特化した会社であれば、最終成果物(アウトプット)の種類も確認しておくようにします。データ集計を代行してくれるサービスなのか、分析結果を元にしたレポーティングまで行ってくれるのかにより、料金も変わってくるでしょう。

過去実績などを参考すれば、成果物の内容や得意分野なども、ある程度把握できます。海外市場の特性を理解するには、その土地の歴史や慣習なども理解する上で、長い年月をかけて調査に取り組んでいるコンサルティングファームなどだと安心できます。業者の実績などの確認は必ず行っておくべきでしょう。

 

point.3豊富なメニューと実行力で選ぶ

コンサルティングや調査目的など豊富なメニューから最善の選択を!

対象エリアと成果物が確認できたら、次は調査方法の検討になります。代表的なメニューには、以下のようなものがあります。

コンサルティング>

  •  経営戦略のアドバイス
  •  市場調査のプランニング
  •  課題・問題点の抽出など

調査目的>

  •  市場実態の把握 : 人口、性別、年齢比といったマクロ統計
  •  競合の動向 : 展開商品、流通網、陳列場所
  •  消費者意識 : ブランド認知、購買基準、商品名のイメージ、生活トレンド
  •  その他 : 有効なメディアの選定、親日度調査、国ごとの特色など

調査方法>

  •  インターネットリサーチ : WEBを利用したアンケートの実施と回収
  •  フォーカスグループインタビュー : インタビューやディスカッションなどから得られた意見集約など
  •  不動産調査 : 人の導線、交通の利便性、価格、その国の各種規制など
  •  モニター調査 : サンプル提供した商品やサービスの感想、意見収集など
  •  その他 : インターネット上のキーワード調査、街頭インタビュー、一般的な所有率など

尚、「ネットリサーチ・アンケート・モニター調査業者の比較」もご参考にしてください。

 

point.4価格体系に透明性や基準があるか

価格を中心に、成果物や納期、サポート体制などトータルで比較すること!

海外市場調査・コンサルティングの内容は、発注する側の事情や目的により、大きく異なるのが一般的です。しかし、それをいいことに不当な料金を請求する会社もあるので、注意するようにしましょう。

代表的なメニューや組み合わせ例などの価格体系を、ホームページ上で公開している調査会社なら、価格の比較も行いやすいでしょう。成果物や納期、サポート体制も検討した上で、価格に見合った海外調査会社を選ぶのが、後のトラブルを防ぐコツとなります。

 

point.5プライバシーや情報漏えいに配慮できているか

調査内容の一部を外部へ公開するところなのかどうかを事前にしっかりと確認しておくこと。

アンケートなどの結果を第三者が閲覧できてしまうと、内容によっては、対象者へのプライバシー保護が問われ兼ねません。また、依頼者の意図や戦略が、競合会社へ筒抜けになってしまいます。海外市場調査・コンサルティングの中には、調査内容の一部を外部へ公開するところもあるので、事前にその範囲や諸条件を確認するようにしましょう。

 


海外調査のよくある質問

海外調査についてのよくある質問を集めてみました。業者を決定するまでには、自社の業態や依頼内容に応じたさまざまな疑問点が浮かぶものです。発注後のお客様へのヒアリングを行っているぜひアイミツでは、細かな疑問点もしっかり把握しています。

コンシェルジュ

Q依頼するメリットは?

A日本からでは知り得ない情報を知ることができる!

海外進出を検討するにあたり、現地情報に詳しい事業者に、海外市場調査・コンサルティングを頼むことで日本からでは知り得ない情報を知ることができるのがメリットの1つです。また、実際に市場調査を行う場合の被験者リクルーティングなど事務作業も依頼することができます。このように、日本で準備しきれないことを現地に詳しい業者に一任することで時間短縮になる場合もあります。

Qサービスの品質は?

A進出を検討する国や地域に精通している業者なら質の高いサービスの提供も。

品質の評価は発注側が行うものになりますので、一概には言えませんが、進出を予定している国や地域をしっかりと確認し、その上で何をサポートしてもらうべきかを充分に検討する必要があります。特に進出を検討する国や地域により様々な商慣習がありますので、その点を理解している業者にお任せすることが必要になります。実際に近しい業種の発注事例を確認することもいいでしょう。

Qサービスの見積りを依頼したいのですが、どのようにすればいいですか?

Aどんな事業を予定しているのか、事業の将来性は、など何を依頼するのかを明確にすること。

まずは何を依頼するかをはっきりとすることが重要です。海外市場調査・コンサルティングと言っても、国内で新規事業をコンサルティングしてもらう時と確認すべき事項は大差ありません。どんな事業をやるつもりなのか、その事業は拡大する可能性があるのかなど、市場調査を行う前に自社内で事業のスコープや可能性を見極め、どんな市場調査をしていくのかをまとめましょう。

Qサービス費用と期間はどのぐらいかかりますか?

A依頼内容によって費用は異なる、まずは何を行うかを明確に!

各業者により対応できるメニューは様々です。その費用と期間も、具体的に詳しくは海外市場調査・コンサルティング事業者に直接確認することをおすすめします。依頼することが決まれば、費用はおのずと提示されますので、まずは行いたいことを優先順位を含めて決めること、調査やコンサルティングにかけられる予算も社内で打ち合わせしておくといいでしょう。

Q相談段階又は検討段階において費用は発生しますか?

Aプランによって異なる、稼働時間での支払いか、成果物での支払いかを明確に!

各業者の契約形態により、様々なプランがあります。特に、相談・検討段階での報酬発生については、コンサルティング範囲がどこになるかにより、大きく異なります。コンサルティングの報酬体系としては、稼働時間によるものと、具体的な成果物に対して支払うパターンがあります。実際の海外市場調査段階においては、市場調査の結果をドキュメントとして提出してもらうことが一般的のようです。

Qサービス料金は後払いですか?前払いですか?

A成果物を納品した後の後払いであることが一般的。

各業者との契約形態により、様々なプランがあります。一般的なのは、成果物納品後の後払いです。サービスの内容により、支払い条件は様々です。また、現地法人への海外市場調査・コンサルティング依頼の場合には、支払い通貨にも注意が必要です。できる限り、日本円やUSドル支払いを希望しないと、為替交換レートによっては、報酬額が増えてしまう場合もあります。

Qサービスを依頼する前に秘密保持契約を結ぶことは可能ですか?

A可能なケースが多く、どのような相談も行えるようになる点で非常に優位。

サービスを提供する事業者によりますが、一般的に秘密保持契約を締結することが可能です。海外市場調査・コンサルティング事業者は、得意とする国やエリアがあることにより、様々な事例を知り得ていることがメリットでもありますが、同業他社のコンサルティングをしているケースもあるためです。秘密保持契約が守られている限りは、どのような相談も行えますので、非常に優位だと思います。

Q調査レポートのサンプル(見本)を見ることは可能ですか?

A業者によって可能・不可能が変わる、事前に確認しておくこと。

具体的なレポートサンプルは、海外市場調査・コンサルティング事業者により提出してくれる業者とくれない業者があります。海外市場調査は、実際に展開しようとする業種や業態によって、調べるべき項目はある程度固まっているはずですので、発注を検討する際には発注主側より具体的な項目を有る程度は指示することをおすすめします。

Q調査結果を当社で発表(プレゼン)してもらうことは可能ですか?

A可能ではあるが、現地法人の場合など交通費・旅費の取り決めが必要にもなる。

調査結果のプレゼンテーションはほとんどの海外市場調査・コンサルティング事業者で可能です。ただし、現地法人の場合など交通費・旅費の取り決めが必要になりますので、詳細は具体的に海外市場調査・コンサルティング事業者に確認することをおすすめします。もちろん、SkypeやオンラインTV会議システムなどを用いて、現地よりプレゼンテーションをしていただく方法もあります。

Q北海道の会社ですが、ヒアリングに来てくれますか?

Aヒアリングに対する報酬については要確認のこと。

各業者との取り決めによりますが、基本的には対応してくれると思います。もちろん、訪問していただく際には訪問しなくてはヒアリングのできない項目があるかどうかをしっかりと説明しましょう。例えば、工場製品などの大型機械の輸出など、写真だけでは説明しきれないような内容であれば、ヒアリングも妥当だと思います。本調査前のヒアリングに報酬が発生するかどうかも予め確認しましょう。


海外調査のアイミツ利用事例「ミャンマーでの製造拠点設立」

どのような海外市場調査・コンサルティング業者を探していましたか?

ミャンマー進出にあたっての海外市場調査・コンサルティング業者の選定。

現在、中国でインターネット通販用のファッション商材(トップスやボトムス、バッグ、シューズなど)をOEM生産し、販売しています。当社は小売りのみならず、卸売としての事業も展開しているため、OEM生産拠点として、東南アジアの工場を探していました。特にミャンマーはファッション商材の生産拠点として、様々な方面より「質が良い」との評判を聞いていましたので、当社も第一候補をミャンマーに据えて、進出にあたっての海外市場調査・コンサルティング業者を探していくことになりました。

アイミツを利用したきっかけ

知りたい情報を一度に見ることができるので利用してみた。

ミャンマー進出に対しての海外市場調査・コンサルティング業者については全く土地勘やコネクションがなかったため、インターネット検索で業者を探すしか手立てがありませんでした。そんな中でアイミツを見つけたと記憶しています。アイミツでは、知りたい情報を一度に見ることができるので、事前に知りたいことを確認したうえで、問い合わせする業者を選びました。

見積もり時に気をつけたこと、反省点

基礎的なところを、海外市場調査・コンサルティング業者から教えてもらった。

まずは、初回問い合わせ時に、当社事業のブリーフィングを行いました。どんな事業をしているか、実際に進出するために検討すべき内容はどんなことか、対象国であるミャンマーの法的リスクは何か?など基礎的なところを、海外市場調査・コンサルティング業者から教えてもらいました。その結果、事前調査・現地視察からコンサルティングしてくださる事業者を選び、まずはその見積もりを取り寄せて行きました。反省点としては、ミャンマー=ヤンゴンと思い込んでいたため、初回の視察時にマンダレーやバガンなどの地方都市視察をいれなかったことです。これは現地に行って、日系企業の方にヒアリングした時にわかったことでした。

実際に発注してみた感想や気づき

もっと自社でも現地に足を運ぶなどして情報収集は必要だった。

海外市場調査・コンサルティング業者の情報ネットワークに頼り切らず、もっと自社でも現地に足を運ぶなどして情報収集をすべきだと感じています。実際にはミャンマー進出にあたって、業務委託候補先を複数見つけられたのですが、稼働させていく際には情報収集の差が製品品質の差にも繋がってしまうようにも感じています。今回の海外市場調査・コンサルティング業者とのご縁をきっかけにして、より多くの情報収集をこれからも継続していきたいと思います。


海外調査の用語・基礎知識

海外市場調査・コンサルティング基礎知識・基礎用語

海外への貿易振興を目的として、多彩な情報をホームページなどで公開しているのが、JETRO(日本貿易振興機構:ジェトロ)です。経済産業省所管の独立行政法人であるため、「独立行政法人等の保有する情報の公開に関する法律」などに基づいて、マーケティングデータなどを開示しています。リサーチの依頼も可能ですが、基本情報であれば自由に閲覧できるので活用してみてはいかがでしょうか。

 

失敗できない“業者探し”
コンシェルジュに無料でお任せ!

お急ぎの方はこちら

0120-917-819

営業時間 平日 10:00~19:00

Kadono