業者探しで迷わない。一括見積もりならアイミツ

お急ぎの方は
電話で即日相談

フリーダイアル

0120-917-819

通話無料 営業時間 10:00~19:00 土・日・祝休

完全無料

あなたにピッタリの会社がきっと見つかる

発注先選びのコンシェルジュサービス

  1. step1

    コンシェルジュに
    無料相談

  2. step2

    あなたにピッタリの
    会社を提案

  3. step3

    発注先が簡単に
    決定!

格安の優良業者 オフショア開発業者一覧

13件中110件の業者を比較中

株式会社TRUST MEDIATION
日本の30%未満のコストでチーム編成。シンプルな料金体系で低価格の開発が可能

日本の30%未満のコストでチーム編成。シンプルな料金体系で低価格の開発が可能のサイト
会社サイト
http://vietnam-labo.com/
会社所在地
東京都新宿区新宿2-13-10 エルハイム新宿 902
会社電話番号
050-5885-3472

コンシェルジュのおすすめポイント

  • ベトナムのダナンに拠点を置いてモバイルやwebのアプリを中心にオフショア開発サービスを提供。
  • 開発費用は初期費用52,500円+アサインする技術者の月額相当分のデポジットでシンプルに算出。
  • 東京都内に窓口を設置。エンジニアやプランナーと直接打ち合わせをしながら相談・依頼することも可能。

株式会社リマープロ
中間SEを省いてランニングコストを削減。諸々の必要経費を全て込みの料金を提案

中間SEを省いてランニングコストを削減。諸々の必要経費を全て込みの料金を提案のサイト
会社サイト
http://overseas.remar.co.jp/
会社所在地
沖縄県那覇市天久1131-11 5F
会社電話番号
098-918-2008

コンシェルジュのおすすめポイント

  • ベトナムを拠点としたラボ型のオフショア開発。現地エンジニアを最低1人単位からアサインすることも可能。
  • 現地で日本語堪能なベトナム人エンジニアがブリッジを担当。仲介を設けないことでランニングコストを削減。
  • エンジニアへの報酬のほか、各種福利厚生やラボの家賃など細かい必要経費を全て込みで料金を設定。

オルグロー株式会社
人事総務や通訳も全て込みのラボ型オフショア開発。現地スタッフ1人から運用が可能

人事総務や通訳も全て込みのラボ型オフショア開発。現地スタッフ1人から運用が可能のサイト
会社サイト
http://allgrow-labo.jp/
会社所在地
東京都渋谷区渋谷1丁目12番2号 クロスオフィス渋谷 8階
会社電話番号
03-5467-7856

コンシェルジュのおすすめポイント

  • ベトナムの拠点と人員を提供して行うラボ型オフショア開発がメイン。ラボ型だから自社で直接管理が可能。
  • 人事総務や通訳の担当者は全て用意。設備投資や拠点維持費用込みの明確な料金体系も特徴。
  • 現地スタッフは最低1人から運用可能。必要な人数だけでチームを編成するため無理なくコスト削減が可能。

株式会社アイブイピー
内訳が明確な料金体系が特徴。フィリピンで行う独自手法の格安オフショア開発サービス

内訳が明確な料金体系が特徴。フィリピンで行う独自手法の格安オフショア開発サービスのサイト
会社サイト
http://www.ivp.co.jp/
会社所在地
東京都渋谷区渋谷2-12-19 東建インターナショナルビル別館8F
会社電話番号
03-5469-8601

コンシェルジュのおすすめポイント

  • フィリピンのマニラでオフショア開発サービスを提供。web系システムやECサイトなどに強い開発会社。
  • 設計と最終的な品質チェックは日本側が担当し、作業工程をオフショア化することで低コスト・高品質を実現。
  • 通訳とエンジニアによるラボ型オフショア開発が基本。顧客の納得感を重視し明確な料金体系を用意。

株式会社ベスピィ
インド人エンジニアの技術力を低価格で提供。開発終了後も特定のエンジニアと契約可能

インド人エンジニアの技術力を低価格で提供。開発終了後も特定のエンジニアと契約可能のサイト
会社サイト
http://www.bestppp.com/
会社所在地
東京都文京区目白台3-12-2 バウムライエ大西401
会社電話番号
03-6912-2266

コンシェルジュのおすすめポイント

  • インドの現地エンジニアを活用したオフショア開発。インドの高い技術力を最大限に活かしたサービスを提供。
  • 月額契約のラボ型開発、プロジェクト単位で契約する開発の2パターンから目的に合わせて選択可能。
  • エンジニアは1名からアサインし、開発終了でチームが解散しても特定エンジニアと直接契約することが可能。

株式会社ケイズコーポレーション
開発実績は年間100件以上。徹底した品質管理とコストパフォーマンスの高さが特徴

開発実績は年間100件以上。徹底した品質管理とコストパフォーマンスの高さが特徴のサイト
会社サイト
https://www.keizu.co.jp/
会社所在地
東京都港区西新橋1丁目6-15 NS虎ノ門ビル7F
会社電話番号
03-5510-3451

コンシェルジュのおすすめポイント

  • ベトナムのホーチミンを拠点として、低コスト・高品質をモットーにオフショア開発サービスを提供する会社。
  • 年間100件以上の開発を手掛けるなどオフショア開発の実績が豊富。コストパフォーマンスに定評あり。
  • 日本側で進捗管理することでクオリティを担保。要件定義・詳細設計以降の工程は低コストで対応可能。

株式会社エボラブル アジア
自分の目で見てチームメンバーを選定可能。ベトナムでのラボ型オフショア開発サービス

自分の目で見てチームメンバーを選定可能。ベトナムでのラボ型オフショア開発サービスのサイト
会社サイト
http://www.evolableasia.com/
会社所在地
東京都港区芝3-5-5 芝公園ビル6F
会社電話番号
03-3455-0836

コンシェルジュのおすすめポイント

  • ベトナムの現地子会社でラボ型オフショア開発を中心にサービスを提供。専任の日本人マネージャーが常駐。
  • 顧客満足度を重視。クライアントの判断で現地スタッフを選び開発チームを編成することが可能。
  • 開発に必要な設備、スタッフへの給与支払い・保険などの労務は全て対応。チーム管理に専念できるサービス。

株式会社シスプロ
開発コストは日本国内の半分以下。実績豊富な中国内陸部でのオフショア開発サービス

開発コストは日本国内の半分以下。実績豊富な中国内陸部でのオフショア開発サービスのサイト
会社サイト
http://www.systec-syspro.com/index...
会社所在地
大阪府大阪市北区梅田2丁目4番13号 阪神産経桜橋ビル6F
会社電話番号
06-4796-4180

コンシェルジュのおすすめポイント

  • 中国でも比較的人件費の安い内陸部に拠点を置き、豊富な人材を低コストで運用できるオフショア体制を確立。
  • 設計から開発まで工程の大半をオフショア化することで、国内に比べ50~70%のコストカットに成功。
  • 豊富なオフショア開発経験・ノウハウを活用し、オフショアのリスクを回避しつつ低コスト・高品質で開発。

株式会社アプキー(PT APPKEY)
アプリやwebサイトを圧倒的な低価格で制作。バリ島拠点のオフショア開発サービス

アプリやwebサイトを圧倒的な低価格で制作。バリ島拠点のオフショア開発サービスのサイト
会社サイト
http://appkey.jp/
会社所在地
Jl. Batu Sari 3 No.3 Renon, Denpasar, Bali
会社電話番号
0361-23-8091

コンシェルジュのおすすめポイント

  • 日本法人から独立したインドネシア法人が提供する格安のオフショア開発。スマホアプリ・web制作に対応。
  • IT集積地として発展するインドネシア・バリ島を拠点に高い技術力を破格のコストで提供。
  • 現地の人月単価は18万円から。案件によっては日本国内に比べて3割以下のコストで開発が可能。

株式会社ケネス
リソースや工数を最適化して無理なくコストを低減。万全の品質管理体制も強み

リソースや工数を最適化して無理なくコストを低減。万全の品質管理体制も強みのサイト
会社サイト
http://www.kenes.co.jp/kenes_offsh...
会社所在地
東京都台東区東上野1丁目11番1号 GOSHO春日通りビル7階
会社電話番号
03-6803-2955
実績例
日本電気株式会社
日本電信電話株式会社
三菱化学株式会社

コンシェルジュのおすすめポイント

  • 中国でのオフショア開発で豊富な経験と実績を持つ会社。技術力だけでなく組織づくりを通じて品質を担保。
  • 案件ごとに最適なリソース配分でチームを編成。手戻りを防いで工数を管理することで低価格を実現。
  • クライアント側の開発基準にもとづく品質保証を実施。自社内でも独自プロセスで厳格な品質管理体制を確立。

発注は時間も手間もかかりますよね?

コンシェルジュが解決します!

コンシェルジュに相談、あなたにあった業者を提案、発注の手間を削減!

完全無料

まずはお気軽にご相談ください

格安でオフショア開発会社をお探しの方向け | ワンポイントアドバイス

オフショア開発とはシステム開発を人件費の安い海外企業にアウトソーシングすることで、開発コストを抑えられるというのが最大のメリットです。しかしコストだけに目を向け、相性の悪い開発会社に依頼してしまうと、開発が失敗に終わる、あるいはかえって余計な時間やコストがかかってしまうというリスクもあります。オフショア開発会社の「得意分野や実績」、「一括請負か、ラボ契約かの選択」、「ブリッジSEの能力」、「品質チェック体制」、「セキュリティ対策」などをしっかり確認し、費用対効果の良い開発会社を選ぶようにしましょう。

都道府県からオフショア開発を探す