業者探しで迷わない。一括見積もりならアイミツ

お急ぎの方は
電話で即日相談

フリーダイアル

0120-917-819

通話無料 営業時間 10:00~19:00 土・日・祝休

広島の優良業者

広島のOA機器

コスパが最大化する

一括見積もり

利用料 0円

失敗しない!今ならお問い合わせで無料進呈中 発注サポートブック

カンタン!30秒でお問い合わせ完了

優良企業のみで一括見積もり

コンサルティング イメージ

OA機器とは、オフィスオートメーションに必要とされる事務機器の総称です。導入する際には、新品にするか、中古にするか、あるいはリースなのかレンタルなのかを決めてから業者や機種を選びましょう。リースは月々の安い支払で新品を利用できますが、長期契約になり中途解約ができません。また、メンテナンス等の管理義務は発注者側にあるので、別途保守契約を結ぶ必要があります。(リース料に含まれている場合もあります。)レンタルは月々の支払額が高いため長期間の利用では割高になります。この他、必要な機能、業者のサポート体制、購入時の送料や月額料金等の費用を勘案して、機器の機種と業者を選びましょう。

OA機器業者一覧

OA機器 647件中110件の業者を比較中

アイミツのコンシェルジュサービス

アイミツ オススメ

一括見積もりサービス

面倒な業者比較や相見積もり業務を、専門のコンシェルジュがサポート。
完全無料で業者比較からサポートいたします。

利用実績2万件、すべて完全無料、利用満足度98.4%

メリット

  • 相場情報、選び方もレクチャー
  • 専門のコンシェルジュがご要望を徹底ヒアリング
  • 100万以上のクチコミから、評判の良い優良業者をご紹介

※2015年12月に利用した企業様に「アイミツの満足度を教えてください。」という質問を行い「満足、普通、不満」の中から「満足」と答えた企業様の割合です。

利用実績

一括見積もりサービスの流れ

  • STEP1
    お問い合わせ

    ご要望がまとまっていない、相場がわからない場合でも、業界のプロが適切にリードいたします。

  • STEP2
    要望の確認、ご提案

    基本的な比較情報はもちろん、推薦の理由、どんな評価を受けているかもご説明します。

    提案表
  • STEP3
    見積もり

    各社の見積もりが簡単に集まり、スムーズに業者選定を進めることが可能です。

    見積もり

お問い合わせいただくだけで、お客様にマッチした
優良業者へ完全無料
で一括見積もりできます。

広島のOA機器会社の選び方ガイド・比較のポイント

  • POINT 1 最適な導入形態を選択する

    新品購入・中古購入・リース・レンタル、最適な導入形式を選択。
    OA機器を導入する場合は、機器を購入するのか、レンタルするか、リースにするのかを決めましょう。  新品購入 新品購入の場合は、一度に大きな費用がかかる、固定資産税が発生するなどの… 続きを見る

  • POINT 2 必要な機能で選ぶ

    導入するOA機器は必要な機能だけを選択する。
    <主なOA機器の必要機能>  コピー機・複合機  カラーかモノクロか、FAX機能やプリンター機能、スキャナー機能は必要か、主に利用する用紙サイズは何か、利用する人数なども事前に検討… 続きを見る

  • POINT 3 サポート・保証内容は十分か

    サポート対応が早い業者を選び、保証内容は契約前に確認!
    ビジネスフォンでは通話の音質が不良であったりすると商談に影響を及ぼすことがあります。コピー機や複合機ではトナー切れや本体機器の故障で、今すぐ必要な書類の印刷が出来なくて困ることがあります。… 続きを見る

  • POINT 4 OA機器に関する最適化提案(ソリューション)を提示してくれるか

    コストを最適化するのために、分析を依頼する!
    OA機器を販売する業者の営業担当の名刺などを見ると、ソリューション営業部などの部課名が多いですが、これはOA機器を販売するだけでなく、顧客が抱えるOA上の問題を分析し、最適化提案をした上で、機器… 続きを見る

広島のOA機器会社への発注にあたっての基礎用語

  • リース

    リースとは「機械や設備を長期間賃貸すること」で、借主を特定の相手に限定する点でレンタルと区別されます。通常2~10年の長期契約で、所有権はリース会社、保守や保全責任はユーザー側にあります。経営面では資金の固定化を免れる、固定資産税が不要といったメリットがありますが、いったん契約してしまうと中途解約はできないので、契約には十分に注意が必要です。契約終了後はリース会社に返却かもしくは再リース契約を結ぶことになります。所有権移転リースの場合はユーザーの資産となりますが、それ以外の場合所有権はリース会社のままなので注意しましょう。
     

  • レンタル

    レンタルとはリースと違い、「機械や設備を短期間賃貸すること」で、借主は不特定多数となります。月・週単位の短期間が一般的で、所有権も保守責任もレンタル会社にあります。月々の費用はリースよりも割高ですが、中途解約が可能なのでリスクが少ないとも言えます。
     

  • ルーメン

    明るさを示す単位で、プロジェクターの最大輝度などに使われます。大きい数値ほど、画像や映像を明るく表示できます。家庭用プロジェクターで有れば1,000~2,000ルーメン、業務用プロジェクターであれば2,500ルーメン以上が目安となります。