あなたの発注コンシェルジュ

フリーダイアル

0120-917-819

営業時間 平日 10:00~19:00

お電話でのご相談
フリーダイアル 0120-917-819
営業時間 平日 10:00~19:00
仕事を受けたい方

公開日: 更新日:

ブックカバー製作に強いノベルティグッズ制作会社9選

ブックカバー製作におすすめのノベルティグッズ製作会社

10万件以上の利用実績をもつ発注業者比較サービスアイミツが、「価格」と「実績」「フルカスタム対応」を基準にブックカバー製作におすすめのノベルティグッズ製作会社を厳選!

・ブックカバー製作に強い格安ノベルティグッズ製作会社
・ブックカバー製作の実績が豊富なノベルティグッズ製作会社
・ブックカバー製作に強いフルカスタムが可能なノベルティグッズ製作会社

の3つに分けて9社紹介します。
ブックカバー製作で失敗しないためのポイントも解説。ノベルティグッズ製作でお悩みの方はぜひ参考にしてください!

アイミツ
ノベルティグッズ製作会社の見積もりが
最短翌日までにそろう
一括見積もりをする(無料)
目次
このページについて

1.格安でブックカバー製作ができるノベルティグッズ製作会社3選

まずは、格安でブックカバー製作が依頼できるノベルティグッズ製作会社を紹介します。

1-1. 株式会社緑陽社

株式会社緑陽社
出典:株式会社緑陽社 http://www.ryokuyou.co.jp/goods/

緑陽社は、印刷・製本業務を軸に、同人誌やノベルティグッズ製作などの事業を行っている会社です。グッズ部門専用のwebサイトも運営しており、多彩なオリジナルアイテムを手がけています。
ステーショナリー類も数多く展開しており、もちろんブックカバーにも対応。なかでも不織布のブックカバーは、本体代・版代・印刷代を含んで50個2万1,450円(税込)から製作が可能です。シルク印刷による1色刷りのオリジナルデザインとなるので、企業のロゴが入ったシンプルなノベルティグッズを作りたい方におすすめ。イラストプリントを得意としているため、マスコットを入れたい方も安心して依頼できるでしょう。
料金は別途必要ですが、文字入れにも対応が可能。そのほか、キャンバス生地や紙製のブックカバー製作も依頼することができます。

こんな人におすすめ
・コスパ重視でノベルティグッズ製作をお考えの方
・シンプルなデザインのブックカバーを作りたい方
・イラストがプリントされたブックカバー製作をご希望の方

予算感
不織布ブックカバー:2万1,450円(税込)/50個
設立年
1980年
会社所在地
東京都府中市分梅町3-58-1
電話番号
042-351-1900

1-2. 株式会社イディアス

株式会社イディアス
出典:株式会社イディアス https://ideas-s.jp

イディアスは、「ほしい!ノベルティ」の運営を手がけるノベルティグッズ製作会社です。幅広い製品の名入れや記念品を取り扱っています。
ブックカバーについては、キャンバス生地・文庫本サイズのオリジナルアイテム製作に対応。本の厚みにあわせて調整できる仕様になっています。1色刷りのシルク印刷・フルカラーの転写印刷に対応しているので、簡単な文字入れだけでなく画像プリントにも対応が可能。1色刷りのシルク印刷であれば、本体代・版代・印刷代・送料などを含んで、30個で2万2,600円(税別)から注文することができます。
さらに、デザインについてはオリジナルデータの入稿にくわえて、既存のパターンから選ぶことも可能。企業ロゴをプリントしたいという方も、簡単に社名だけ記載したい方も安心して依頼ができるでしょう。

こんな人におすすめ
・手頃にノベルティグッズ製作がしたい方
・キャンバス生地のブックカバー製作をお考えの方
・企業や商品・サービスロゴを印刷したブックカバー製作をご希望の方

予算感
キャンバスブックカバー:2万2,600円〜(税別)/30個・シルク印刷1色
設立年
2010年
会社所在地
東京都武蔵野市吉祥寺南町1-8-1 三井吉祥寺ビル4F
電話番号
0422-29-9911

1-3. 佐川印刷株式会社 アイミツパートナー

佐川印刷株式会社
出典:佐川印刷株式会社 https://www.sakawa.co.jp/

佐川印刷は、印刷事業を中心にデジタルプリンティング事業、広告事業、動画事業、web・IT事業など幅広いサービスを展開する会社です。「かんばん工房」というオリジナルアイテム製作サービスを運営しており、さまざまな布製品のノベルティグッズ製作などを行っています。
オリジナルのブックカバー製作にも対応しており、フルカラーでのプリント加工が可能。写真やイラストのデザインをお考えの方におすすめです。素材は布・合皮から選択ができ、大きさも文庫サイズを標準としていますが変型のオーダーも対応することができます。
布製・文庫サイズのブックカバーは、データ入稿の場合1個あたり1,800円(税別)。製作数が増えるほど単価は下がり、50個になれば1個あたり850円(税別)で注文が可能です。小ロットでの依頼ができるので、必要数だけ製作したい場合にもうってつけでしょう。

こんな人におすすめ
・フルカラーのブックカバー製作をご希望の方
・小ロットでのノベルティグッズ製作をお考えの方
・変型ブックカバーの注文ができるノベルティグッズ製作会社をお探しの方

予算感
布製・文庫サイズブックカバー:1,800円(税別)/1個・フルカラー印刷
設立年
1952年
従業員数
30-99人
会社所在地
愛媛県松山市問屋町6-21
電話番号
080-6373-8776

ここまで、ブックカバー製作に対応している低価格が魅力のノベルティグッズ製作会社を紹介しました。

いずれも比較的小ロットからの注文ができ、手軽にオリジナルのブックカバーが作れるのがメリットです。ノベルティグッズとして、シンプルなブックカバーの製作をご希望の方におすすめといえるでしょう。

布地のブックカバーの取り扱いによって本体価格を抑えていることも共通点の1つ。できるだけ費用を抑えたいとお考えの方は、素材に着目して依頼先を選ぶのも1つの手段です。

なお、料金は素材だけでなく印刷方法などによっても大きく変動するため、加工内容も細かくチェックしておくとよいでしょう。

2.ブックカバー製作の実績が豊富なノベルティグッズ製作会社3選

続いて、ブックカバー製作の実績が豊富なノベルティグッズ製作会社を紹介します。

2-1. 株式会社スズキネ

株式会社スズキネ
出典:株式会社スズキネ http://www.suzukine.co.jp/

スズキネは、オリジナル手ぬぐいを中心とした幅広い布製品の製造・販売を行っている会社です。1907年の創業以来、100年以上にわたって繊維製品に携わっており、確かな実績を積み重ねています。
ブックカバーの製作も手がけており、全面フルカラープリントによる加工が可能。文庫サイズやB5サイズを含む5種類のサイズを取り扱っているほか、手書きのラフ原稿を提出するだけでデザインデータ作成の代行が依頼できるのも魅力的なポイントです。
高い技術を用いて完全国内生産を行っているのも大きな魅力。長い歴史のなかで培った知見やノウハウにもとづいた柔軟な対応が可能なので、「ノベルティグッズ製作がはじめてなので不安」という方でも安心して依頼することができるでしょう。

こんな人におすすめ
・実績が豊富なノベルティグッズ製作会社をお探しの方
・データ作成の段階からブックカバー製作を任せたい方
・フルカラープリントのブックカバー製作をご希望の方

予算感
要問い合わせ
会社所在地
東京都墨田区吾妻橋3-10-1
電話番号
03-3625-3381

2-2. 三和綜合印刷株式会社

三和綜合印刷株式会社
出典:三和綜合印刷株式会社 http://www.sanwasp.com/

三和綜合印刷は、UVオフセット印刷や一般オフセット印刷、オリジナルグッズの企画、デザインなどを手がけている会社です。
1974年の設立から、40年以上にわたって確かなノウハウを培っているのが最大の特徴。ノベルティグッズ製作については企画・開発の段階からお客様をサポートしており、社内のデザイナーによるデザイン作成も行っています。
オリジナルのブックカバー製作にも対応しており、フルカラープリントによるデザインが可能。文庫サイズをはじめ、週刊コミックサイズ、B6サイズの3サイズに対応しているほか、ポケットの内側にしおりをつけたユニークなブックカバー製作ができるのも特徴といえます。歴史ある会社にブックカバー製作を任せたいという方におすすめの1社です。

こんな人におすすめ
・ユニークなブックカバー製作をご希望の方
・ノベルティグッズ製作の企画からサポートしてほしい方
・実績が豊富なノベルティグッズ製作会社をお探しの方

予算感
文庫サイズ・PVCブックカバー:13万6,400円(税別)/100個
設立年
1974年
会社所在地
広島県福山市曙町六丁目1番11号
電話番号
084-953-1969

2-3. 有限会社河上商店

有限会社河上商店
出典:有限会社河上商店 https://www.kawakami-web.co.jp/

河上商店は、塩化ビニール素材を使用したオリジナル製品の製造を手がけている会社です。柔らかいビニール素材への印刷・箔押し・高周波加工を得意としており、ブックカバーをはじめ、手帳カバー、ノートカバー、バインダーなどの製作を行っています。
1960年の創業から、約60年にわたってお客様に寄り添ってサービスを提供してきた実績が最大の特徴。ブックカバー製作では、ペン差しやカード差し、コーナーポケットなどがついた利便性の高い商品の製作が可能です。さまざまなサイズでのブックカバー製作に対応しているのはもちろん、変型でのオーダーにも対応するなど幅広いニーズに応えられるのも大きな魅力といえます。
さらに、素材もカラーや透明、半透明から選ぶことができるので、よりオリジナリティの高いノベルティグッズ製作を希望する方にもうってつけです。

こんな人におすすめ
・ビニール素材のブックカバーを作りたい方
・実績が豊富なノベルティグッズ製作会社をお探しの方
・ユニークなブックカバーを製作したい方

予算感
要問い合わせ
会社所在地
岡山県岡山市北区高柳西町2-27
電話番号
086-253-8337

ここまで、ブックカバー製作の実績が豊富なノベルティグッズ製作会社を紹介しました。

紹介した3社は、いずれも長年にわたって確かな実績を積み重ねている、高い技術力と柔軟な対応力をもつ企業です。細かな要望にまで応えられるノウハウがあるので、こだわりのブックカバーを作りたい方も安心して依頼できるでしょう。

もし依頼先の選択にお悩みであれば、「アイミツ」のコンシェルジュサービスがおすすめです。あなたの要望をうかがった上で複数のノベルティグッズ製作会社を提案しますので、ぜひ一度お問い合わせください

アイミツ
ノベルティグッズ製作会社の見積もりが
最短翌日までにそろう
一括見積もりをする(無料)

3.ブックカバーのフルカスタムに対応のノベルティグッズ製作会社3選

続いて、フルカスタムでのブックカバー製作が可能なノベルティグッズ製作会社を紹介します。

3-1. 株式会社GSK

株式会社GSK
出典:株式会社GSK http://gskbag-oem.com/

GSKは、販促品・オリジナルグッズの製造・販売を中心とした事業を手がけている会社です。中国に自社直営の縫製工場をもち、OEM・ノベルティグッズ製作を幅広くカバー。さまざまなパーツや素材を使った生産を行っています。
フルオーダーメイドによるノベルティグッズ製作を提供しているのが特徴で、ブックカバーにも対応。ツイードや起毛、フェルト、麻、デニムなどから素材が選べるほか、ボタンやファイリング金具、ファスナーといった部材をつけることもできるので、利便性の高いブックカバーの製作が可能です。
また、刺繍や型押しにくわえて、シルクプリントやフルカラー印刷による装飾に対応しているのも魅力的なポイント。より独自性の高いブックカバー製作をご希望の方におすすめです。

こんな人におすすめ
・独自性の高いブックカバーを製作したい方
・フルカスタムでのブックカバー製作を希望する方
・自社直営の工場をもつノベルティグッズ製作会社をお探しの方

予算感
要問い合わせ
設立年
2006年
会社所在地
東京都台東区元浅草 1-8-1 GSKビル
電話番号
03-6803-0931

3-2. 株式会社三共

株式会社三共
出典:株式会社三共 http://www.sankyo-co.com/

三共は、おもにビニール素材のオリジナル製品の生産を手がけている会社です。ビニールカバーやビニールケース、ファイリング用品を中心としたアイテムを取り扱っています。
さまざまなブックカバーの製作に対応しているのが特徴。素材はすべてビニールではあるものの、エピガラやワニ柄、ウッド調などさまざまなテイストから選択することができます。布とビニールのハイブリッド型や取手型、ステッチ入りのブックカバーも作ることができ、さらにファスナーやボタン、マグネットといったパーツの使用も可能です。
生産はすべて自社工場で行うことで、短納期・小ロットなど柔軟な対応を実現しているのも大きな魅力。ノベルティグッズの仕様だけでなく、納期などにも重要視する方におすすめの1社です。

こんな人におすすめ
・ユニークなノベルティグッズ製作がしたい方
・柔軟な対応力のあるノベルティグッズ製作会社に依頼したい方
・細部にまでこだわったブックカバーを製作したい方

予算感
要問い合わせ
設立年
1960年
会社所在地
岐阜県岐阜市水海道4丁目14-6
電話番号
058-245-5311

3-3. 有限会社東屋

有限会社東屋
出典:有限会社東屋 https://azumaya.bz/

東屋は、皮小物のOEM製造や皮小物ノベルティの企画・製造などの事業を手がけている会社です。ブックカバーをはじめ、ステーショナリーやビジネスアイテム、雑貨など、幅広い商品に対応しています。もちろん、名入れやロゴ刻印によるノベルティグッズ製作もできます。
ブックカバー製作では、使用する革はもちろん裏地の布や金具、糸などまで自由にカスタマイズが可能。シンプルな文庫サイズのブックカバーやハードカバーサイズのブックカバーなど、さまざまなオリジナルブックカバーの製作を行ってきました。革の色染めにも対応しているので、コーポレートカラーを再現することもできます。製品はすべて職人による手作りなので、特別なノベルティグッズとしてブックカバー製作を検討している方にもうってつけでしょう。

こんな人におすすめ
・本革のブックカバーを作りたい方
・高級感のあるノベルティグッズ製作がしたい方
・細部にまでこだわったブックカバー製作を希望する方

予算感
要問い合わせ
会社所在地
東京都墨田区両国1-1-7
電話番号
03-3631-6353

4.ブックカバー製作で失敗しないためのポイント

最後に、ブックカバー製作で失敗しないためのポイントを解説します。

デザインの対応レベルを十分に確認する


ブックカバーに用いられる素材は多岐にわたり、さらに対応している印刷屋加工の方法もノベルティグッズ制作会社によって大きく異なります。対応範囲によってデザインの再現度も変わるので、可能であれば事前にサンプルを確認するのがおすすめです。

また、データの入稿形式も幅広く、場合によってはデザイン専用のソフトが必要になることも。自社でのデータ作成が難しい場合は、デザイン作成の段階から依頼ができるノベルティグッズ製作会社を選ぶのも1つの手段です。

丁寧にヒアリングしてくれる企業を選ぶ


きちんと製作目的を果たすノベルティグッズにするためには、用途・在庫数・予算などの希望条件を十分に伝えることが大切です。自社の要望をしっかりと提示することで、ノベルティグッズ製作会社も明確なイメージが抱きやすくなると考えられます。

また、場合によっては打ち合わせの場で新たなアイデアが生まれることもあるので、丁寧に打ち合わせを重ねられる企業であるかも判断材料にくわえた上で、依頼先を選ぶとよいでしょう。

見積もりの内容をしっかりと理解する


ブックカバーを製作する際に余計な費用をかけないためには、まずどの部分にどれだけのコストをかけるべきかを明確する必要があります。素材やデザイン性、品質など、ノベルティグッズ製作において何を重視するのかを決めておきましょう。

ノベルティグッズ製作会社のなかには、加工はすべて下請けを使用しており、中間料金を請求する会社も存在します。全体の料金だけでなく、内訳をしっかりと把握することで、無駄なコストの発生が避けられるでしょう。

【まとめ】ノベルティグッズ製作会社選びで迷ったらアイミツ


この記事では、ブックカバーに対応しているノベルティグッズ製作会社を紹介するとともに、ブックカバー製作で失敗しないためのポイントを解説しました。

オリジナルブックカバーの製作には、素材・印刷・加工など、各工程で幅広い選択肢があります。また、ノベルティグッズ製作会社によって対応領域も大きく異なるので、依頼先の選定に悩んでしまう方も多いのではないでしょうか。

アイミツ」では、今回取り上げてた9社以外にも、優秀なノベルティグッズ製作会社の情報を保有しています。依頼先の選定で迷っている場合は、お気軽にご相談ください。経験豊富なコンシェルジュが、あなたの希望条件に合った複数のノベルティグッズ製作会社を提案します。

ノベルティグッズ製作会社探しで、こんなお悩みありませんか?

電話が鳴り止まない

一括見積もりサイトだと
多数の会社から電話が・・・

見積もりを取っても不安

相場がわからないから
見積もりを取っても不安・・・

情報だけを信じるのは不安

どの企業が優れているのか
判断できない・・・

アイミツなら
  • point. 1 専門コンシェルジュがあなたの要件をヒアリング!
  • point. 2 10万件の利用実績から業界・相場情報をご提供!
  • point. 3 あなたの要件にマッチした優良企業のみご紹介!
アイミツ

著者

imitsu編集部

運営に関するお問い合わせ、取材依頼などはお問い合わせページからお願い致します。

ノベルティ ブックカバーでノベルティグッズ製作会社をお探しの方向け | ワンポイントアドバイス

ノベルティ・オリジナルグッズは広告宣伝やPR、顧客ロイヤルティの向上を目的として消費者の商品購入時などに贈られる品物のことです。ノベルティグッズは配布する対象、配布シーンに応じて多種多様なものが考案されています。よくある例としてはボールペンやカレンダー、携帯ストラップなどがあります。近年は中小企業もノベルティグッズを製作することが多くなったため、最小ロットが減少傾向にあり、商品によっては10個以下からでも発注することが可能です。自社に合った商品がわからない場合は業者にイメージを伝えて商品やデザインイメージを提案してもらうことも可能です。相場価格がわかりにくいこともありますので必ず相見積もりを取得してください。

ノベルティグッズ製作会社が
最短翌日までにそろう