業者探しで迷わない。一括見積もりならアイミツ

お急ぎの方は
電話で即日相談

フリーダイアル

0120-917-819

通話無料 営業時間 10:00~19:00 土・日・祝休

事業売却対応の優良業者

事業売却対応のM&A仲介・M&Aアドバイザー

コスパが最大化する

一括見積もり

利用料 0円

失敗しない!今ならお問い合わせで無料進呈中 発注サポートブック

カンタン!30秒でお問い合わせ完了

優良企業のみで一括見積もり

コンサルティング イメージ

事業売却対応のM&A仲介・M&Aアドバイザーの会社選び方ガイド・比較のポイント

事業売却対応のM&A仲介・M&Aアドバイザーの委託先、外注先を探すにあたってのポイントや選び方など、様々な情報をまとめました。当社が保有するほんの一部のノウハウのみの公開ですが、参考にしてください。当社は、相場情報、見積もり事例など多数保有しております。

事業売却対応のM&A仲介・M&Aアドバイザーの選定ポイント

POINT
01

事業売却のメリット・デメリットを整理する

打ち合わせの前に共通理解を持っておこう!

【事業売却のメリット】

  • 手元に残したい資産、従業員や契約を選別して社内に残すことが出来ます。
  • 法律上、自社の債権者に対する個別通知や公告等をせずに迅速に手続きが出来ます。

【事業売却のデメリット】

  • 最終的に譲渡対象とならなかった資産負債の取扱いについては別途検討しなければなりません。
  • 事業譲渡益への課税や不動産等の移転コストがM&Aコンサル以外の実費として発生します。
  • 譲渡対価は会社に支払われるため、株主が事業譲渡による対価を取得するためには別途株主に対する支払額や方法を検討する必要があります。
POINT
02

事業売却の方法を検討する

様々な方法を理解して自社に最適な売却方法を選定します。

  • トレードセール

事業の一部または全部を相手先との相対取引によって売却する方法で、売却先は、事業会社、ファンド、ベンチャーキャピタルなどになります。

  • ジョイント・ベンチャー

事業の一部または全部を同業の企業などと統合し、新会社を設立してしまう方法です。必ずしも事業会社をパートナーにしなくても、ベンチャーキャピタルとの共同出資というケースもあります。

  • IPO(新規株式公開)

子会社または事業の全株式を株式市場にIPOして、新たな株主に売却してしまう手法です。

  • スピンオフ

子会社または事業の全株式を親会社の既存株主に分配する手法となります。売却後の支配権は当初は親会社が握ったままとなりますが、徐々に第三者へと移行していくのが一般的です。

  • トラッキングストック

子会社または事業の業績に連動する株式を既存株主に対して分配する手法です。売却後の支配権は親会社が握ったままとなります。

  • カーブアウト

子会社または事業の株式の一部を新たな株主に売却する手法です。

POINT
03

事業売却のプロを選別する

3つの視点からプロを選ぼう!

  • 実績と信頼性があるか

事前に何らかの情報が漏洩したときは、M&Aによる事業承継が不可能になる場合や事業の存続が危ぶまれる場合があります。また、当たり前の話なのですが事業売却相場やケースごとの適正価格、企業価値の評価と算出方法、税金対策の方法などに精通しているかどうかも重要です。豊富な実績からストラテジックに支援してくれる会社を選びましょう。

  • 専門的能力・得意分野があるか

M&A仲介会社やM&Aアドバイザーは、会計士や金融機関など専門能力に特化した専門性が高い会社と買受企業などに幅広いネットワークを持ち営業力が強い会社に大きく分類されます。

  • 情報ネットワークがあるか

M&A仲介会社やアドバイザーが、顧客が企業買収を希望する相手先の事業エリア(海外、国内)や業種に関して適切な情報を持っているかどうかはとても重要なポイントになります。

また、シナジーの期待できるベストなM&Aの買収希望企業を探してくる営業力やネットワークが必要になる場合もあります。

POINT
04

事業売却の手続きを押さえておき、不明点を質問する

ケースに即して業務の流れを明確に説明できる専門家なら安心です!

まず、事業譲渡や譲受は会社の重要な財産の処分を前提とするため、事業譲渡を実行するには、取締役会の決議が必要です。

次に、事業の全部の譲渡、事業の重要な一部を譲渡するためには、議決権を行使できる株主の議決権の過半数を有する株主が出席し、かつ出席した当該株主の議決権の3分の2以上の多数をもってなされる株主総会の特別決議が必須となります。

しかしケースによってはこの限りではなく、当該譲渡により譲り渡す資産の帳簿価額が譲渡会社の総資産の5分の1を超えない場合には、株主総会そのものが不要となる場合もあります。5分の1を超えない場合には譲渡会社に与える影響が少ないことから、契約の相手方が譲渡会社の特別支配会社(ある株式会社の総株主の議決権の10分の9以上を他の会社が有している場合における当該他の会社等)である場合には、仮に株主総会を開催したとしても承認決議がなされることが明らかなので不要となります。

ケースに従って分かりやすく説明できる専門家を選びましょう。

事業売却対応のM&A仲介・M&Aアドバイザーの発注時よくある質問

人イメージ

事業売却対応のM&A仲介・M&Aアドバイザーについてのよくある質問を集めてみました。業者を決定するまでには、自社の業態や依頼内容に応じたさまざまな疑問点が浮かぶものです。発注後のお客様へのヒアリングを行っているぜひアイミツでは、細かな疑問点もしっかり把握しています。

アイミツのサービス

アイミツ オススメ

一括見積もりサービス

面倒な会社比較や相見積もり業務を、専門のコンシェルジュがサポート。
完全無料で会社比較からサポートいたします。

利用実績2万件、すべて完全無料、利用満足度98.4%

メリット

  • 相場情報、選び方もレクチャー
  • 専門のコンシェルジュがご要望を徹底ヒアリング
  • 100万以上のクチコミから、評判の良い優良業者をご紹介

※2015年12月に利用した企業様に「アイミツの満足度を教えてください。」という質問を行い「満足、普通、不満」の中から「満足」と答えた企業様の割合です。

利用実績

一括見積もりサービスの流れ

  • STEP1
    お問い合わせ

    ご要望がまとまっていない、相場がわからない場合でも、業界のプロが適切にリードいたします。

  • STEP2
    要望の確認、ご提案

    基本的な比較情報はもちろん、推薦の理由、どんな評価を受けているかもご説明します。

  • STEP3
    見積もり

    各社の見積もりが簡単に集まり、スムーズに業者選定を進めることが可能です。

    見積もり

お問い合わせいただくだけで、お客様にマッチした
優良業者へ完全無料
で一括見積もりできます。