業者探しで迷わない。一括見積もりならアイミツ

お急ぎの方は
電話で即日相談

フリーダイアル

0120-917-819

通話無料 営業時間 10:00~19:00 土・日・祝休

株式交換・譲渡対応の優良業者

株式交換・譲渡対応のM&A仲介・M&Aアドバイザー

コスパが最大化する

一括見積もり

利用料 0円

失敗しない!今ならお問い合わせで無料進呈中 発注サポートブック

カンタン!30秒でお問い合わせ完了

優良企業のみで一括見積もり

コンサルティング イメージ

株式交換・譲渡対応のM&A仲介・M&Aアドバイザーの会社選び方ガイド・比較のポイント

株式交換・譲渡対応のM&A仲介・M&Aアドバイザーの委託先、外注先を探すにあたってのポイントや選び方など、様々な情報をまとめました。アイミツが保有するほんの一部のノウハウのみの公開ですが、参考にしてください。アイミツでは相場情報、見積もり事例など多数保有しております。

株式交換・譲渡対応のM&A仲介・M&Aアドバイザーの選定ポイント

POINT
01

株式交換・株式譲渡のメリット・デメリットを確認する

まずはメリット・デメリットをおさえて打ち合わせの前に共通理解を持っておこう!

【メリット】

  • 株式交換の場合、買い手企業は新株を発行すればよいので、手持ち資金を使わなくて済みます。
  • 株式譲渡の場合、営業権財産権を含めて会社のすべての経営権を引き継ぐことがスムーズにできます。

【デメリット】

  • 企業価値を精査するデューデリジェンスの結果によっては1株当たり利益が減少して株価が下がる可能性があります。
  • 株主構成が変化するため、これまでのパワーバランスを再編成する必要があります。
POINT
02

株式交換・株式譲渡に専門家のアドバイスが必要な理由を確認する

何をポイントに依頼するのか焦点を絞ろう!

株式の交換には、それぞれの会社の株主総会での特別決議による承認が必要です。一旦株式交換がされたら、子会社となる方の全株主は例外なく株式の交換に応じなければいけません。その手続きに瑕疵があると交換が実行できません。

一方株式の譲渡は商法上の手続きを完了すればよいので、極端な例では個人ですべての手続きをやってしまうこともできます。株式を譲渡・交換しても株主が変わるだけであって、会社の機関構成や株式数が変わることはありません。したがって、法務局への変更登記の申請などの役所等への手続きは必要ありません。

しかし、役員の株式譲渡などは一般的には定款で制限されているケースがほとんどです。その場合には下記のような手続きが必要になるので、専門家に相談しましょう。

  • 株式譲渡人(株主)から会社に対して株式譲渡承認の請求
  • 取締役による臨時株主総会の開催決定
  • 各株主へ臨時株主総会の招集通知
  • 臨時株主総会で株式譲渡を承認
  • 株式譲渡人に対して株式譲渡を承認した旨を通知
  • 株式譲渡人と譲受人の間で株式譲渡契約の締結
  • 会社に対して株主名簿書き換え請求
  • 会社が株主名簿を書き換え
  • 株式譲受人から会社に株主名簿記載事項証明書の交付請求
  • 会社から株式譲受人に株主名簿記載事項証明書を交付

また、経営者同士の信頼関係で売買の実行が決定されているとしても、実際の企業評価などは他の株主の方への説明責任を果たす上でも最低限のことはしておくべきでしょう。その場合には、専門家のアドバイスにより交換比率や譲渡金額の妥当性を算出する必要があります。

いずれの場合にも専門家のアドバイスや実務上の手続きが必要になってきます。

POINT
03

株式交換比率、譲渡金額の妥当性を検討する専門家を選ぶ

3つの視点でプロを選ぼう!

  • 実績と信頼性があるか

第三者への事業承継、会社の売却や事業譲渡は秘密保持の徹底が重要です。万一事前に何らかの情報が漏洩したときはM&Aが不可能になる場合や事業の存続が危ぶまれる場合があります。信頼のおける仲介業者やアドバイザーを見つけ出しましょう。また、当たり前の話なのですが、譲渡所得、譲渡損益の計算を正確にできるかどうかも重要です。さらに、例えば事業分離のために会社分割による分社後に株式を譲渡する、など多様な成功事例・実績をもっているかも調べましょう。

  • 専門的能力・得意分野があるか

M&A仲介会社やM&Aアドバイザーは、会計士や金融機関など専門能力に特化した専門性が高い会社と、買受企業などに幅広いネットワークを持ち営業力が強い会社に大きく分類されます。

  • 情報ネットワークがあるか

株式交換・譲渡などによる業務提携は企業間のシナジーをより高めるために行われますが、これには最適なマッチングが不可欠です。そのためM&A仲介会社やアドバイザーが、希望する合併・買収(売却)先の事業エリア(海外、国内)や業種に関して適切な情報を持っているかどうかはとても重要なポイントになります。

POINT
04

株式交換の流れを押さえておき、不明点を質問する

必要な手続きを明確に説明してくれる専門家がベスト!

株式の譲渡に関しては通常の売買契約と同じですが、株式の交換については基本的な流れを抑えておき、不安のある点を専門家に相談しましょう。その時点で曖昧な回答しか返ってこない、今ひとつ信頼関係が築けないなど、専門家を選別するためのきっかけがつかめます。

  • 株式交換契約の締結(会社法767条)
  • 株式交換契約書・所定の書類を本店に一定期間据え置き・開示(会社法782条・794条)
  • 株式交換について株主総会の特別決議による承認(会社法783条・795条)
  • 株式交換に反対する株主・新株予約権者に対する買取り(会社法785条・787条797条)
  • 債権者保護手続き(会社法789条・799条)

株式交換・譲渡対応のM&A仲介・M&Aアドバイザーの発注時よくある質問

人イメージ

株式交換・譲渡対応のM&A仲介・M&Aアドバイザーについてのよくある質問を集めてみました。業者を決定するまでには、自社の業態や依頼内容に応じたさまざまな疑問点が浮かぶものです。発注後のお客様へのヒアリングを行っているぜひアイミツでは、細かな疑問点もしっかり把握しています。

アイミツのサービス

業者選び
にお困りですか?

簡単3ステップ

優良業者からの見積もりが集まります

提案表・見積もり書
  1. ヒアリング

    ヒアリング

    ご要望がまとまっていない、相場がわからない場合でも、業界のプロが適切にリードいたします。

  2. 優良業者を提案

    優良業者を提案

    基本的な比較情報はもちろん、推薦の理由、どんな評価を受けているかもご説明します。

    提案表
  3. 見積もり

    見積もり

    各社の見積もりが簡単に集まり、スムーズに業者選定を進めることが可能です。

    見積もり書

完全無料!一括見積もりはこちらから

サポートブックイメージ
お問い合わせで無料進呈中、完全保存版、見積もり・発注サポートブック