業者探しで迷わない。一括見積もりならアイミツ

お急ぎの方は
電話で即日相談

フリーダイアル

0120-917-819

通話無料 営業時間 10:00~19:00 土・日・祝休

デューデリジェンス対応の優良業者

デューデリジェンス対応のM&A仲介・M&Aアドバイザー

コスパが最大化する

一括見積もり

利用料 0円

失敗しない!今ならお問い合わせで無料進呈中 発注サポートブック

カンタン!30秒でお問い合わせ完了

優良企業のみで一括見積もり

コンサルティング イメージ

デューデリジェンス対応のM&A仲介・M&Aアドバイザーの会社選び方ガイド・比較のポイント

デューデリジェンス対応のM&A仲介・M&Aアドバイザーの委託先、外注先を探すにあたってのポイントや選び方など、様々な情報をまとめました。アイミツが保有するほんの一部のノウハウのみの公開ですが、参考にしてください。アイミツでは相場情報、見積もり事例など多数保有しております。

デューデリジェンス対応のM&A仲介・M&Aアドバイザーの選定ポイント

POINT
01

デューデリジェンスの目的を確認する

何を洗い出すのか依頼項目をリストアップしよう!

M&A(合併・買収(売却))においては、その方法(事業譲渡、吸収合併、会社分割、株式交換など)を検討するとともに、事業承継を希望している企業を精査するデューデリジェンスが重要です。デューデリジェンスの目的をしっかりと確認することは、信頼できる専門家を探す第一歩になります。譲受側企業はそれぞれの項目を自社に当てはめてしっかりと確認し、依頼内容を明確にしましょう。

  • M&Aターゲットに関する詳細情報の入手
  • 既存開示データの信憑性の検討
  • 未公開、または未確認リスクの調査
  • 買収金額決定の基礎情報の整理
  • 買収先企業の各種業務プロセスの理解と評価
  • 買収先企業の経理・財務・人事などの管理能力の見極め
POINT
02

デューデリジェンスに関わる専門家を確認する

デューデリジェンスを実施する専門家は「ビジネス」「財務」「法務」の3点からピックアップ!

まず、企業買収が有望なビジネスであるかどうかの判定では、

  • 「ビジネスの将来性」
  • 「内部経営資源の質」
  • 「将来損益予測」

などを調査します。担当するのはコンサルタントとなります。

次に、財務的な判定では、

  • 「財務諸表項目の分析検討」を通じた収益性や安全性、資産性の調査
  • 「会計監査結果」を通じた税務リスクの洗い出し

を行います。担当するのは公認会計士となります。

最後に法務面の判定では

  • 現在顕在化している「法令違反や訴訟のリスクの洗い出し」
  • M&A実施により顕在化が予想される「訴訟、トラブルのリスクの洗い出し」

を行います。担当するのは弁護士となります。

POINT
03

「ビジネス」「財務」「法務」のデューデリジェンスのプロを選別する

3つの視点で最高のプロを選ぼう!

  • 実績と信頼性があるか

事前に何らかの情報が漏洩したときはM&Aが不可能になる場合や事業の存続が危ぶまれる場合があります。また、当たり前の話なのですが当該企業のデューデリジェンスを「ビジネス」「財務」「法務」の点から正確にできるかどうか、一人でできない場合にはチームを組むことができるかどうかの見極めも重要です。

  • 専門的能力・得意分野があるか

M&A仲介会社やM&Aアドバイザーは、会計士や金融機関など専門能力に特化した専門性が高い会社と、買受企業などに幅広いネットワークを持ち営業力が強い会社に大きく分類されます。

  • 情報ネットワークがあるか

M&A仲介会社やアドバイザーが、希望する相手先の事業エリア(海外、国内)や業種に関して適切な情報を持っているかどうかはとても重要なポイントになります。

POINT
04

「ビジネス」「財務」「法務」それぞれの専門家に依頼する内容を整理する

詳細調査のたたき台づくりはこれを参考に!

  • ビジネス面でのデューデリジェンスの依頼内容の整理

・売上、粗利データ、マーケティングデータ、事業所データの洗い出し

・SWOT分析による企業価値評価

・保有している技術評価

・知的財産権の評価

・人的財産の評価

ほか

  • 財務面でのデューデリジェンスの依頼内容の整理

・対象資産の譲渡価格評価

・現物調査(在庫や固定資産など)

・将来的なパフォーマンス評価

・不動産、投資等の時価評価

・オフバランス項目評価

・滞留負債、不良債権の洗い出しと評価

・遊休資産の評価

ほか

  • 財務面でのデューデリジェンスの依頼内容の整理

・会社存続の合法性、ビジネスそのものの合法性の確認

・商法に照らした組織的運営のコンプライアンス性の確認

・過去の法令違反行為や不正行為の有無の確認

・滞留債券等の法的状況の確認

ほか

 

いずれの項目も、ここだけは必ずおさえておきたいものですので、相談を進めていくうちに当該M&Aの実情にあった内容に深化されていくことが期待できます。逆に言えば、これらの項目を具体的に精査してもらっている実感が持てない場合には、別の専門家を検討した方がよいと言えるでしょう。

デューデリジェンス対応のM&A仲介・M&Aアドバイザーの発注時よくある質問

人イメージ

デューデリジェンス対応のM&A仲介・M&Aアドバイザーについてのよくある質問を集めてみました。業者を決定するまでには、自社の業態や依頼内容に応じたさまざまな疑問点が浮かぶものです。発注後のお客様へのヒアリングを行っているぜひアイミツでは、細かな疑問点もしっかり把握しています。

アイミツのサービス

業者選び
にお困りですか?

簡単3ステップ

優良業者からの見積もりが集まります

提案表・見積もり書
  1. ヒアリング

    ヒアリング

    ご要望がまとまっていない、相場がわからない場合でも、業界のプロが適切にリードいたします。

  2. 優良業者を提案

    優良業者を提案

    基本的な比較情報はもちろん、推薦の理由、どんな評価を受けているかもご説明します。

    提案表
  3. 見積もり

    見積もり

    各社の見積もりが簡単に集まり、スムーズに業者選定を進めることが可能です。

    見積もり書

完全無料!一括見積もりはこちらから

サポートブックイメージ
お問い合わせで無料進呈中、完全保存版、見積もり・発注サポートブック