業者探しで迷わない。一括見積もりならアイミツ

お急ぎの方は
電話で即日相談

フリーダイアル

0120-917-819

通話無料 営業時間 10:00~19:00 土・日・祝休

デューデリジェンス対応の優良業者

デューデリジェンス対応のM&A仲介・M&Aアドバイザー

コスパが最大化する

一括見積もり

利用料 0円

失敗しない!今ならお問い合わせで無料進呈中 発注サポートブック

カンタン!30秒でお問い合わせ完了

優良企業のみで一括見積もり

コンサルティング イメージ

M&A仲介・アドバイザーを選ぶ際に重要なのは、実績があり信頼できる会社かどうかがポイントになります。また該当する業種や事業規模に見合う相手先企業とマッチングできるかも重要になります。当然、財務や法務に関する専門能力は必要になりますが、仲介・アドバイザーには業務としては必須と考えたほうが良いです。報酬については料率の相場はありますが、希望を伝えながら交渉すれば良いでしょう。着手金を支払う場合には返金特約をつけるなどして出来るだけリスクを減らす工夫も必要です。M&Aを進めるにあたってはさまざまなトラブルが考えられますので取り決めは覚書や契約書などの書面に細かく残すことをおすすめします。また、M&Aの基本合意の際は、デューデリジェンスを行う事も忘れてはいけません。公認会計士などの専門家が、一定期間買収先となる会社の事業などの実態を把握し、問題点の有無を調査します。これにより、失敗せずにM&Aを行う事ができるでしょう。

M&A仲介・M&Aアドバイザー業者一覧

M&A仲介・M&Aアドバイザー 6件中16件の業者を比較中

実績数
10~50
得意とする案件規模
小規模(~10億円)
法人種別
M&A仲介専業
  • 丁寧にお話を伺い、経営者の側に立って一緒に考え抜きます。
  • 原則として業務委託契約後、6ヶ月以内に案件成就をさせるよう全取り組んでいます。
  • 案件発掘から最終契約締結まで、ひとりの担当者が責任をもって成し遂げます。
実績数
10~50
得意とする案件規模
小規模(~10億円) 中規模(10~100億円)
法人種別
コンサルティングファーム
  • 58ヶ国に渡る豊富な海外ネットワーク。
  • 業種・業態・事業規模に囚われないご支援実績
  • 経験豊富なシニアと、フットワークの軽い若手のチーム編成による、低コストと高品質の両立を実現
実績数
100~500
得意とする案件規模
小規模(~10億円) 中規模(10~100億円) 大規模(100億円~)
法人種別
M&A仲介専業
  • 着手金なし、株価算定無料。オーナー様にとって納得性の高い独自の手数料体系で、最適なマッチングを実現。
  • 各業界の専門コンサルタントが支援。調剤薬局、介護、物流、アパレル、IT、食品卸など幅広い業種に対応。
  • 東証一部上場。中堅・中小企業に特化した、完全独立系のM&A仲介専門会社。圧倒的な情報力でM&A支援。
実績数
~10
得意とする案件規模
小規模(~10億円) 中規模(10~100億円)
法人種別
コンサルティングファーム
実績数
500~1,000
得意とする案件規模
小規模(~10億円) 中規模(10~100億円) 大規模(100億円~)
法人種別
コンサルティングファーム
  • 様々な案件を成約させてきた経験豊かなM&A実務のプロが強力サポート
  • M&A成約後の事業計画策定やIRも支援
  • ニーズが高まる欧米・アジア地域とのクロスボーダーM&Aにも対応
実績数
100~500
得意とする案件規模
小規模(~10億円) 中規模(10~100億円)
法人種別
コンサルティングファーム
  • 1

アイミツのコンシェルジュサービス

業者選び
にお困りですか?

簡単3ステップ

優良業者からの見積もりが集まります

提案表・見積もり書
  1. ヒアリング

    ヒアリング

    ご要望がまとまっていない、相場がわからない場合でも、業界のプロが適切にリードいたします。

  2. 優良業者を提案

    優良業者を提案

    基本的な比較情報はもちろん、推薦の理由、どんな評価を受けているかもご説明します。

    提案表
  3. 見積もり

    見積もり

    各社の見積もりが簡単に集まり、スムーズに業者選定を進めることが可能です。

    見積もり書

完全無料!一括見積もりはこちらから

サポートブックイメージ
お問い合わせで無料進呈中、完全保存版、見積もり・発注サポートブック

デューデリジェンス対応のM&A仲介・M&Aアドバイザー会社の選び方ガイド・比較のポイント

  • POINT 1 デューデリジェンスの目的を確認する

    何を洗い出すのか依頼項目をリストアップしよう!
    M&A(合併・買収(売却))においては、その方法(事業譲渡、吸収合併、会社分割、株式交換など)を検討するとともに、事業承継を希望している企業を精査するデューデリジェンスが重要です。デューデ… 続きを見る

  • POINT 2 デューデリジェンスに関わる専門家を確認する

    デューデリジェンスを実施する専門家は「ビジネス」「財務」「法務」の3点からピックアップ!
    まず、企業買収が有望なビジネスであるかどうかの判定では、 「ビジネスの将来性」 「内部経営資源の質」 「将来損益予測」 などを調査します。担当するのはコンサルタントとなります。 … 続きを見る

  • POINT 3 「ビジネス」「財務」「法務」のデューデリジェンスのプロを選別する

    3つの視点で最高のプロを選ぼう!
    実績と信頼性があるか 事前に何らかの情報が漏洩したときはM&Aが不可能になる場合や事業の存続が危ぶまれる場合があります。また、当たり前の話なのですが当該企業のデューデリジェンスを「… 続きを見る

  • POINT 4 「ビジネス」「財務」「法務」それぞれの専門家に依頼する内容を整理する

    詳細調査のたたき台づくりはこれを参考に!
    ビジネス面でのデューデリジェンスの依頼内容の整理 ・売上、粗利データ、マーケティングデータ、事業所データの洗い出し ・SWOT分析による企業価値評価 ・保有している技術評価 ・知的… 続きを見る