業者探しで迷わない。一括見積もりならアイミツ

お急ぎの方は
電話で即日相談

フリーダイアル

0120-917-819

通話無料 営業時間 10:00~19:00 土・日・祝休

コンサルティングファーム型の優良業者

コンサルティングファーム型のM&A仲介・M&Aアドバイザー

コスパが最大化する

一括見積もり

利用料 0円

失敗しない!今ならお問い合わせで無料進呈中 発注サポートブック

カンタン!30秒でお問い合わせ完了

優良企業のみで一括見積もり

コンサルティング イメージ

M&A仲介・アドバイザーを選ぶ際に重要なのは、実績があり信頼できる会社かどうかがポイントになります。また該当する業種や事業規模に見合う相手先企業とマッチングできるかも重要になります。M&Aまでの戦略や戦術はもちろんの事、M&A後の支援やフォローまで、一貫して担当してくれるコンサルティングファームであれば、問題ないでしょう。当然、財務や法務に関する専門能力は必要になりますが、仲介・アドバイザーには業務としては必須と考えたほうが良いです。報酬については料率の相場はありますが、希望を伝えながら交渉すれば良いでしょう。着手金を支払う場合には返金特約をつけるなどして出来るだけリスクを減らす工夫も必要です。M&Aを進めるにあたってはさまざまなトラブルが考えられますので取り決めは覚書や契約書などの書面に細かく残すことをおすすめします。

M&A仲介・M&Aアドバイザー業者一覧

M&A仲介・M&Aアドバイザー 23件中110件の業者を比較中

実績数
10~50
得意とする案件規模
小規模(~10億円) 中規模(10~100億円)
法人種別
コンサルティングファーム
  • 58ヶ国に渡る豊富な海外ネットワーク。
  • 業種・業態・事業規模に囚われないご支援実績
  • 経験豊富なシニアと、フットワークの軽い若手のチーム編成による、低コストと高品質の両立を実現
実績数
~10
得意とする案件規模
小規模(~10億円)
法人種別
コンサルティングファーム
  • 日々入ってくる会社の経営課題、企業の売り買いのニーズに素早くこたえます。
  • 素早くアップロードできる多言語対応のバーチャルデータルームを取り扱っています。
  • 中小企業の売却、上場企業の買収が最も多い案件です。
実績数
~10
得意とする案件規模
小規模(~10億円) 中規模(10~100億円)
法人種別
コンサルティングファーム
実績数
500~1,000
得意とする案件規模
小規模(~10億円) 中規模(10~100億円) 大規模(100億円~)
法人種別
コンサルティングファーム
  • 様々な案件を成約させてきた経験豊かなM&A実務のプロが強力サポート
  • M&A成約後の事業計画策定やIRも支援
  • ニーズが高まる欧米・アジア地域とのクロスボーダーM&Aにも対応
実績数
100~500
得意とする案件規模
小規模(~10億円) 中規模(10~100億円)
法人種別
コンサルティングファーム
提供会社

注目このサービス(プライスウォーターハウスクーパース)の詳細

M&Aにおいてクライアントが抱える課題の解決に向け、経験豊富なM&A支援専門チームがグローバルで培った数多くの経験を基にした知見と方法論を活用し、プレディールからポストディールにわたり、M&Aによる価値最大化を支援

提供会社

注目このサービス(IBS)の詳細

IBS山一証券は国内で数少ないM&A専門の『ブティック型グローバル投資銀行』。クロスボーダーM&Aを推進することで日本企業の真の国際化に貢献。大手金融機関の系列に属さず、独立系投資銀行として常に顧客視点でサービスを提供

アイミツのコンシェルジュサービス

業者選び
にお困りですか?

簡単3ステップ

優良業者からの見積もりが集まります

提案表・見積もり書
  1. ヒアリング

    ヒアリング

    ご要望がまとまっていない、相場がわからない場合でも、業界のプロが適切にリードいたします。

  2. 優良業者を提案

    優良業者を提案

    基本的な比較情報はもちろん、推薦の理由、どんな評価を受けているかもご説明します。

    提案表
  3. 見積もり

    見積もり

    各社の見積もりが簡単に集まり、スムーズに業者選定を進めることが可能です。

    見積もり書

完全無料!一括見積もりはこちらから

サポートブックイメージ
お問い合わせで無料進呈中、完全保存版、見積もり・発注サポートブック

コンサルティングファーム型のM&A仲介・M&Aアドバイザー会社の選び方ガイド・比較のポイント

  • POINT 1 実績と信頼性があるか

    これまでの実績とその企業や代表者の信頼性をまずは重視すること!
    会社や事業、店舗やサイトなどを売却、譲渡したい、あるいは買収したい場合には会社や事業経営、会計、税務、法律などさまざまな知識や経験が必要になります。当然、これらの知識や経験がなければM&A… 続きを見る

  • POINT 2 専門的能力・得意分野があるか

    専門知識はとにかく不可欠、問題ないかをしっかりと確認すること。
    実際のM&Aの業務には、デューデリジェンスなど企業価値を算定するために必要な財務や会計の知識、譲渡の際に負担する可能性のある税金に対応するための税務知識、M&Aに際して該当する企業内で既… 続きを見る

  • POINT 3 情報ネットワークがあるか

    事業エリアや希望する業種に対して適切な情報を持ち合わせているかどうか。
    M&Aの場合、事業の譲渡先である買受企業の所在地や現在の事業内容は、譲渡企業のその後の事業展開にとって重要です。現在の事業とシナジーがあるのか、まったくの新規事業として展開するのか、現在の… 続きを見る

  • POINT 4 報酬体系は妥当か

    2つに分かれる取引金額の算出方法についてしっかりと把握しておくこと!
    M&A仲介・アドバイザーの報酬体系は各社同じような体系で算出されているように見えますが、実際には相当異なっていて、会社により最終的に支払わなければならない報酬総額に大きな違いが出てきます。… 続きを見る

  • POINT 5 担当者のフットワークや相性は良いか

    人間性なども加味しながらフットワークの軽さも重視した選び方を!
    M&A仲介・アドバイザー会社に信頼が置けても実務を行う担当者との相性やフットワークの良し悪しでM&Aの成約は大きく左右されます。実務的には非常に細かい業務の積み重ねとなりますし、時間的に… 続きを見る