業者探しで迷わない。一括見積もりならアイミツ

お急ぎの方は
電話で即日相談

フリーダイアル

0120-917-819

通話無料 営業時間 10:00~19:00 土・日・祝休

多変量テスト搭載の優良業者

多変量テスト搭載のランディングページ制作・最適化(LPO)

コスパが最大化する

一括見積もり

利用料 0円

失敗しない!今ならお問い合わせで無料進呈中 発注サポートブック

カンタン!30秒でお問い合わせ完了

優良企業のみで一括見積もり

コンサルティング イメージ

多変量テスト搭載のランディングページ制作・最適化(LPO)の業者選び方ガイド・比較のポイント

多変量テスト搭載のランディングページ制作・最適化(LPO)の委託先、外注先を探すにあたってのポイントや選び方など、様々な情報をまとめました。アイミツが保有するほんの一部のノウハウのみの公開ですが、参考にしてください。アイミツでは相場情報、見積もり事例など多数保有しております。

多変量テスト搭載のランディングページ制作・最適化(LPO)の選定ポイント

POINT
01

多変量テストの特徴を知っておく

本質をおさえておかないと、無駄なテストになってしまう可能性あり!

A/Bテストについてはイメージがわいても、多変量テストがどんなテストなのか、今ひとつピンとこない人もいるかもしれません。A/Bテストと多変量テストの違いは下記の二つです。

1.試したい変数がA,B二つよりもっとたくさんある

2.変数同士が相互に影響しあっている状態も考察する

1の場合のみで多変量テストを理解してしまうと、A/Bテストを複数行う場合と変わらないように思えてしまいます。実際、多変量解析をそのように理解している人も多いので注意しましょう。多変量テストが力を発揮するのは、2の場合です。例えば、ランディングページ構築における「キャッチコピー」「画像」「色彩感」「ボタン配置」など、一つの対象の中でさまざまな変数がコンバージョンの結果に影響する場合に適しています。

例えば、キャッチコピーのA/Bテストで反応が良くなかった場合につけられる「今買わないと損ですよ!」のような煽りコピーでは、全体の色彩が落ちついている茶系デザインだと浮いてしまって印象が悪かったのに、全体を赤系統のデザインにした場合にはピッタリだったケースがあります。

多変量解析ならば1回で済むためカンタンであると一概には言い切れず、むしろ本質的なところをまったく捉えていませんので注意しましょう。多変量テストはある程度のトラフィックがないと変数相互の明確な影響関係が解析できないので、小規模サイト運用でA/Bテストの手間を掛けないため多変量テストにしてみよう、という発想では失敗します。

POINT
02

多変量テストの流れを知っておく

流れをおさえてミスのない発注を!

  • テスト設計

テスト対象のページを、キャッチコピー、画像などの要素ごとに分割し、それぞれの要素について複数のバリエーションを設計します。

  • テストデータ作成

テスト設計に従って、各要素の制作データを作成しテストに備えます。

  • テスト実施

期間を決めて実際にユーザーに使ってもらいます。テスト運用期間中にキャンペーンなど成果にバイアスが入らないように注意して期間を選定します。

  • 多変量テスト解析

アルゴリズムに従って要素間の影響度などを解析します。

  • レポート提出

改善点の提案を含めてレポートを提出します。

  • 再テスト(1に戻る)

レポートから明らかになった改善点を再度点検して、離脱率や競合分析などで戦略設計やブラッシュアップを図ります。

POINT
03

多変量テストのテスト設計力は充分で適切かチェックする

効果のあるテストは設計力がカギ!

多変量テストでは、テストを設計する段階で業者の提案センスが試されます。A/Bテストよりも変数の要素が多いので、設計のミスは意味のないテスト結果ばかりで検索キーワードの分析結果やマーケティングにおける改善点が見えてこない、などの結果が生じやすい危険性があります。

A/Bテストに実績があるからといって、そのまま多変量テストでも優れた設計、改善提案ができるとは限らないことに注意しましょう。業者の中にはA/Bテストと多変量テストの違いをきちんと理解できていないのではないか?と思われるような業者も少なからず存在します。成果や実績から判断する場合には、A/Bテストだけでなく、多変量テストの実績があるかどうかをしっかりチェックしてください。

POINT
04

導入方法(契約形態)を確認する!

パッケージ型とクラウド型のそれぞれのメリットを確認する。

LPOツールの導入にあたっては、2種類の方法から選ぶことが基本です。ひとつはオンプレミスのパッケージ型で、もう一つはクラウド型です。パッケージ型は買いきりになりますので、一度設置してしまえば何度使っても課金されずに自由に使うことができます。社内で実験を繰り返したい場合などは、導入にあたっての初期費用がかかったとしても、パッケージ型がお得になるケースが多いです。一方クラウド型の場合は、定期的にランディングページの効果を把握しておきたいなど、頻度は高くないけれど定期的にチェックしたい時に便利です。初期費用が安く都度課金で、短期間の使用にも向いています。

同じ製品で両タイプが用意されている場合がありますが、自社の用途に応じて最適な導入形態を選択してください。

POINT
05

制作やコンサルにも対応できるか確認する

制作は自社で手配するのか、オールインワンで任せるのか決める!

多変量テストやLPOサービスを提供する業者は、ホームページ上のコンテンツなどの制作部分まで対応していない場合があります。そのような場合には、自社で制作部分を行うか外注するかが必要ですが、LPOサービス会社とのやり取りの間に入るなど、外注管理の手間が増えてしまいます。そうしたコンテンツ制作の時間が取れない場合には、LPOサービス提供会社で制作も行ってくれるところを探す必要があります。必ずしもLPOサービス提供会社が自社内で行う必要もありませんので、サービス会社から外注しても構わないでしょう。

制作を自社で行うのか、LPOサービス業者に任せられるのかだけしっかり確認しておきましょう。

多変量テスト搭載のランディングページ制作・最適化(LPO)の外注時よくある質問

人イメージ

多変量テスト搭載のランディングページ制作・最適化(LPO)についてのよくある質問を集めてみました。業者を決定するまでには、自社の業態や依頼内容に応じたさまざまな疑問点が浮かぶものです。発注後のお客様へのヒアリングを行っているぜひアイミツでは、細かな疑問点もしっかり把握しています。

アイミツのサービス

業者選び
にお困りですか?

簡単3ステップ

優良業者からの見積もりが集まります

提案表・見積もり書
  1. ヒアリング

    ヒアリング

    ご要望がまとまっていない、相場がわからない場合でも、業界のプロが適切にリードいたします。

  2. 優良業者を提案

    優良業者を提案

    基本的な比較情報はもちろん、推薦の理由、どんな評価を受けているかもご説明します。

    提案表
  3. 見積もり

    見積もり

    各社の見積もりが簡単に集まり、スムーズに業者選定を進めることが可能です。

    見積もり書

完全無料!一括見積もりはこちらから

サポートブックイメージ
お問い合わせで無料進呈中、完全保存版、見積もり・発注サポートブック