業者探しで迷わない。一括見積もりならアイミツ

お急ぎの方は
電話で即日相談

フリーダイアル

0120-917-819

通話無料 営業時間 10:00~19:00 土・日・祝休

多変量テスト搭載の優良業者

ランディングページ制作

おすすめ業者を一覧比較

LPOとはランディングページ最適化(LandingPageOptimization)の略で、Webサイトにおいてサイト訪問者が最初に訪れるページ(ランディングページ)を工夫し、訪問者が会員登録や商品購入などの収益につながる何らかの取引を行う割合(コンバージョン)を高めることを指します。近年では簡単に条件を設定するだけでLPOを実現できるLPOツールが多数提供されています。LPOツールを選択する際は「必要な機能は揃っているか」、「導入方法はパッケージ型かクラウド型か」、「サポートは充実しているか」などの点に注意し、費用対効果の良いものを選ぶようにしましょう。HPの画像やテキスト、色や数など複数の要素のバージョンを変更し、テストを行う多変量テストを行えば、更にコンバージョン率を改善する手段の一つになるので、併せて考えるとよいでしょう。

初めての方はこちら!

完全無料

業者を一覧で比較する

多変量テスト搭載の優良業者 ランディングページ制作・最適化(LPO)業者一覧

5件中15件の業者を比較中

公式

データアーティスト株式会社

対応機能
AB(スプリットラン)テスト機能 多変量テスト 自動出しわけ
会社サイト
http://www.landingpage.jp/
会社所在地
東京都渋谷区恵比寿3-46-3
会社電話番号
03-6408-2874
  • コンバージョン改善案の発見から実行までの仮説・検証をサポートするトータルソリューションです
  • 「DLPO Act」は300サイト以上、コンサルティングは100サイト以上に導入頂き成功しています
  • 膨大な組合せの中から最適なクリエイティブをユーザー毎の興味に合わせ発見し劇的なCVR向上を実現可能
公式

株式会社アッション

対応機能
AB(スプリットラン)テスト機能 多変量テスト ヒートマップ 自動出しわけ
会社サイト
http://www.assion.co.jp/lp/04/
会社所在地
東京都品川区上大崎2-18-16ヴェリテ目黒ビル4F
会社電話番号
03-6420-0612
公式

株式会社シンタックス

対応機能
AB(スプリットラン)テスト機能 多変量テスト 自動出しわけ
会社サイト
http://www.syntax.co.jp/
会社所在地
東京都新宿区西新宿8丁目8−15
会社電話番号
03-3366-7790
  • 1996年当時から業界最長の営業継続で、豊富な実績と総合力が特長です。
  • あらゆる業種、B to BからB toCまで、特殊なケースでもお気軽にご相談下さい。
  • お客様の満足のいく高い品質を心がけて個別に見積対応しています。
公式

株式会社SPC

対応機能
AB(スプリットラン)テスト機能 多変量テスト ヒートマップ 自動出しわけ
会社サイト
http://spc-jpn.co.jp/
会社所在地
東京都新宿区西新宿7-16-11 FORECAST西新宿6F
会社電話番号
03-6279-3013
公式

KMIオフィス

対応機能
AB(スプリットラン)テスト機能 多変量テスト ヒートマップ 自動出しわけ
会社サイト
http://kmioffice.com/
会社所在地
福岡県北九州市八幡西区美原町21-10
会社電話番号
080-1742-0844
  • 1

アイミツのコンシェルジュサービス

業者選び
にお困りですか?

簡単3ステップ

優良業者からの見積もりが集まります

提案表・見積もり書
  1. ヒアリング

    ヒアリング

    ご要望がまとまっていない、相場がわからない場合でも、業界のプロが適切にリードいたします。

  2. 優良業者を提案

    優良業者を提案

    基本的な比較情報はもちろん、推薦の理由、どんな評価を受けているかもご説明します。

    提案表
  3. 見積もり

    見積もり

    各社の見積もりが簡単に集まり、スムーズに業者選定を進めることが可能です。

    見積もり書

完全無料!一括見積もりはこちらから

サポートブックイメージ
お問い合わせで無料進呈中、完全保存版、見積もり・発注サポートブック

人気のキーワード

関連するカテゴリ

多変量テスト搭載のランディングページ制作・最適化(LPO)会社の選び方ガイド・比較のポイント

  • POINT 1 多変量テストの特徴を知っておく

    本質をおさえておかないと、無駄なテストになってしまう可能性あり!
    A/Bテストについてはイメージがわいても、多変量テストがどんなテストなのか、今ひとつピンとこない人もいるかもしれません。A/Bテストと多変量テストの違いは下記の二つです。 1.試したい変数がA,B二… 続きを見る

  • POINT 2 多変量テストの流れを知っておく

    流れをおさえてミスのない発注を!
    テスト設計 テスト対象のページを、キャッチコピー、画像などの要素ごとに分割し、それぞれの要素について複数のバリエーションを設計します。 テストデータ作成 テスト設計に従って… 続きを見る

  • POINT 3 多変量テストのテスト設計力は充分で適切かチェックする

    効果のあるテストは設計力がカギ!
    多変量テストでは、テストを設計する段階で業者の提案センスが試されます。A/Bテストよりも変数の要素が多いので、設計のミスは意味のないテスト結果ばかりで検索キーワードの分析結果やマーケティングに… 続きを見る

  • POINT 4 導入方法(契約形態)を確認する!

    パッケージ型とクラウド型のそれぞれのメリットを確認する。
    LPOツールの導入にあたっては、2種類の方法から選ぶことが基本です。ひとつはオンプレミスのパッケージ型で、もう一つはクラウド型です。パッケージ型は買いきりになりますので、一度設置してしまえば何… 続きを見る

  • POINT 5 制作やコンサルにも対応できるか確認する

    制作は自社で手配するのか、オールインワンで任せるのか決める!
    多変量テストやLPOサービスを提供する業者は、ホームページ上のコンテンツなどの制作部分まで対応していない場合があります。そのような場合には、自社で制作部分を行うか外注するかが必要ですが、LPOサ… 続きを見る