業者探しで迷わない。一括見積もりならアイミツ

お急ぎの方は
電話で即日相談

フリーダイアル

0120-917-819

通話無料 営業時間 10:00~19:00 土・日・祝休

クラウド型対応の優良業者

ランディングページ制作

最適業者がスグに見つかる

LPOとはランディングページ最適化(LandingPageOptimization)の略で、Webサイトにおいてサイト訪問者が最初に訪れるページ(ランディングページ)を工夫し、訪問者が会員登録や商品購入などの収益につながる何らかの取引を行う割合(コンバージョン)を高めることを指します。近年では簡単に条件を設定するだけでLPOを実現できるLPOツールが多数提供されています。LPOツールを選択する際は「必要な機能は揃っているか」、「導入方法はパッケージ型かクラウド型か」、「サポートは充実しているか」などの点に注意し、費用対効果の良いものを選ぶようにしましょう。クラウドサービスを利用すれば、システムを一から作る必要がなく、大幅なコスト削減が見込めるので、大切なポイントの一つです。

お急ぎの方はこちら!

完全無料

優良企業で一括見積もり

クラウド型対応の優良業者 ランディングページ制作・最適化(LPO)業者一覧

15件中110件の業者を比較中

会社名
株式会社CIN GROUP
会社サイト
http://www.cin-group.com/
実績数
50~100
提供形態
クラウド型 パッケージ型 自社構築型
詳細を見る
会社名
株式会社スターラボ
会社サイト
http://star-labo.co.jp/
実績数
50~100
提供形態
クラウド型 パッケージ型
詳細を見る
会社名
株式会社ユビキャスト
会社サイト
http://lpo.ubicast.com/

注目このサービス(Gyro-n LPO)の詳細

行動ターゲティング型LPO(ランディングページ最適化)ツール。行動履歴からニーズを把握する行動ターゲティング機能など、様々な訴求がリアルタイムで実現出来るLPO対策機能でCVR向上を実現いたします!

会社名
株式会社ロックオン
会社サイト
http://www.ebis.ne.jp/lpo/

注目このサービス(アドエビス)の詳細

AD EBiS(アドエビス)は、国内シェアNo.1の広告効果測定システム。今まで見えなかった広告効果を正しく評価する事で、成功するWebマーケティング戦略を見出す事ができます。まずは豊富な成功事例をご覧ください。LPOエビス

ココマッチLPO  

会社名
株式会社ココマッチー
会社サイト
http://www.cocomatch.jp/

注目このサービス(ココマッチLPO)の詳細

ココマッチLPOは、初期費用0円、月額5,250円で始められる、業界ダントツ最安値のLPOツールです。3つのターゲティングでコンバージョン率アップ!

会社名
株式会社ショーケース・ティービー
会社サイト
http://www.showcase-tv.com/

注目このサービス(ショーケース・ティービー)の詳細

LPO(ランディングページ最適化)サービス「ナビキャスト」。低コストで、コンバージョンを大幅アップ。ユーザ属性に合わせた誘導ツールでSEO、SEM(ネット広告)、Webマーケティングを最適化し、費用対効果(ROI)を最大化します。

会社名
株式会社アピリッツ
会社サイト
http://lpo.appirits.com/

注目このサービス(LPO レコメンダー)の詳細

Web2.0,Webマーケティング,LPO レコメンダー,対策,SEO,SEM,直帰率削減,ASPサービス, " name="keywords

人気のキーワード

関連するカテゴリ

アイミツのコンシェルジュサービス

業者選び
にお困りですか?

簡単3ステップ

優良業者からの見積もりが集まります

提案表・見積もり書
  1. ヒアリング

    ヒアリング

    ご要望がまとまっていない、相場がわからない場合でも、業界のプロが適切にリードいたします。

  2. 優良業者を提案

    優良業者を提案

    基本的な比較情報はもちろん、推薦の理由、どんな評価を受けているかもご説明します。

    提案表
  3. 見積もり

    見積もり

    各社の見積もりが簡単に集まり、スムーズに業者選定を進めることが可能です。

    見積もり書

完全無料!一括見積もりはこちらから

サポートブックイメージ
お問い合わせで無料進呈中、完全保存版、見積もり・発注サポートブック

クラウド型対応のランディングページ制作・最適化(LPO)会社の選び方ガイド・比較のポイント

  • POINT 1 クラウド型ランディングページ最適化のメリットを確認しておく

    クラウド型とパッケージ型とのそれぞれのメリットを把握する。
    LPOツールの導入方法としては、パッケージ型(オンプレミス型)とクラウド型(ASP型)の2種類があります。パッケージ型の場合は導入・設置料金がかかりますが、ツール動作回数の制限や動作回数に応じた課… 続きを見る

  • POINT 2 ABテストによる改善に対応しているか確認する

    適切な改善提案メニューを持っているかチェック!
    ランディングページは一度作ったらおしまいではなく、運用後もターゲットであるユーザーのニーズの変化を的確に読み取り、常に集客のための改善を続けていく必要がります。 ABテストでは複数のデザイ… 続きを見る

  • POINT 3 多変量テストによる改善に対応しているか確認する

    規模の大きいサイトのLP最適化では多変量解析も有効!
    多変量テストと A/B テストの主な仕組みは同じですが、多変量テストの方が比較する変数の数が多く、これらの変数の相互作用について、より多くの情報が明らかになります。A/B テストと同様、ページに対す… 続きを見る

  • POINT 4 自動最適化機能はあるかチェックする

    LPの効果を最大化するために自動最適化は有効!
    自動最適化機能ありのランディングページとは、どんなの広告媒体や自然検索結果からユーザーが流入してきたかによって、配信するコンテンツを最適なものに自動的に差し替える機能です。検索した結果や広… 続きを見る

  • POINT 5 レポートや改善提案は十分かチェックする

    業者間で差がでるところなのでしっかり比較検討しましょう!
    運用しているランディングページが予期した通りのパフォーマンスを上げているかどうかに関する定期的なレポートは、業者によってかなり違いがあります。 格安クラウドサービスの場合には、こうしたレ… 続きを見る