業者探しで迷わない。一括見積もりならアイミツ

お急ぎの方は
電話で即日相談

フリーダイアル

0120-917-819

通話無料 営業時間 10:00~19:00 土・日・祝休

ABテスト機能搭載の優良業者

ランディングページ制作

最適業者がスグに見つかる

LPOとはランディングページ最適化(LandingPageOptimization)の略で、Webサイトにおいてサイト訪問者が最初に訪れるページ(ランディングページ)を工夫し、訪問者が会員登録や商品購入などの収益につながる何らかの取引を行う割合(コンバージョン)を高めることを指します。コンバージョンをより高めるために、様々なテストもあり、これらを使うことも有効です。ABテスト機能があれば、HPなどの各ページに複数のバージョンのページを設定し、どのタイプが一番効果が表れたのかを調べることができます。また、近年では簡単に条件を設定するだけでLPOを実現できるLPOツールが多数提供されています。LPOツールを選択する際は「必要な機能は揃っているか」、「導入方法はパッケージ型かクラウド型か」、「サポートは充実しているか」などの点に注意し、費用対効果の良いものを選ぶようにしましょう。

お急ぎの方はこちら!

完全無料

優良企業で一括見積もり

ABテスト機能搭載のランディングページ制作・最適化(LPO)の業者選び方ガイド・比較のポイント

ABテスト機能搭載のランディングページ制作・最適化(LPO)の委託先、外注先を探すにあたってのポイントや選び方など、様々な情報をまとめました。アイミツが保有するほんの一部のノウハウのみの公開ですが、参考にしてください。アイミツでは相場情報、見積もり事例など多数保有しております。

ABテスト機能搭載のランディングページ制作・最適化(LPO)の選定ポイント

POINT
01

なぜランディングページにABテストが効果的なのか知っておく

ABテストとランディングページの相性の良さを理解しよう!

ランディングページの目的は、商品購入や資料請求などのコンバージョンです。したがって、Aパターン、Bパターンどちらの方がよりターゲットのコンバージョンが上がるのかを検証すればよいので、比較的単純なテストで精度の高い結果が得られます。

ランディングページ以外のホームページ内のサイトでは、集客、ブランディング、顧客囲い込み、広告との連動やコンテンツ、情報発信・提供のなどの多様な側面からサイトの効果を測定しますので、ABテストのような単純な白黒をつけにくいのが実情です。

逆に言えば、ランディングページにABテストを実施する場合は目的がはっきりしていますので、以下の点で明確な提案をしてくれる業者を選定することがポイントです。

  • 実際のテスト対象サイトを見た上でのABテスト実施項目提案
  • 数値データのアウトプット例と競合相手の分析例の提示
POINT
02

ABテストの項目例を知っておく

分かりやすく的を得た検証になっているかチェック!

ABテストの実施項目はサイトごとに違いますが、その精度などは下記を参考にしてください。あまりにも細かすぎる、また、大雑把過ぎると、実際のサイト改善につなげることが難しくなってしまいますので注意しましょう。

  • 商品のニーズに応えるコピーとイメージを訴えるコピー
  • 女性的な柔らかいイメージか男性的な力強いイメージか
  • グラフィックデザインや写真を使った場合とイラストを使った場合
  • 写真にコピーを付ける場合と、付けない場合
  • 写真人物の違い(男性/女性、壮年/若者、フォーマル/カジュアルなど)
  • アクションを促すボタンのアクセントの色、形を変えた場合
  • 要素はそのままでランディングページの構成やレイアウトを変えた場合
  • 割引率の強調か割引額の強調か
  • 申し込みフォームをランディングページの最後に配置した場合と途中にも配置した場合

など

POINT
03

差がでなかった時の改善提案は充分で適切かチェックする

業界の評判や過去の実績のチェックがポイントです!

ランディングページでABテストを行う場合、テスト結果が発揮できるようなA案B案を作ることがポイントです。調査側の印象でデザインやコピー、ターゲットを変えてみても、実際にユーザーテストを行った場合にはそれほど差が出ず、調査や設計、コーディングを何回もやり直す失敗は実はありがちなパターンです。

実績と経験のある業者ならば、これまでの調査パターンを参考に徹底的に解析し、どういうA案B案を作成すれば違いが浮き彫りになるかが分かっています。ここは業者間に差が出る部分ですので、過去の業績や評判をしっかりチェックしてください。

POINT
04

導入方法(契約形態)を選択、確認する!

パッケージ型とクラウド型のそれぞれのメリットを把握する。

ABテスト機能ありのLPOツールの導入方法としては、パッケージ型(オンプレミス型)とクラウド型(ASP型)の2種類があります。パッケージ型の場合は導入・設置料金がかかりますが、ツール動作回数の制限や動作回数に応じた課金がされないので、ランニングコストがかかりません。一方クラウド型は初期料金が安く、短期間で導入可能ですが、ツール動作回数等に応じた月額料金が発生します。

気軽にツールを試してみたい場合はクラウド型、利用が長期に及ぶ場合や、ユーザー数の多い人気サイトやポータルサイトを運営している場合はパッケージ型の方がコストを安く抑えられます。自社の規模や状況に応じて導入方法を選択しましょう。

POINT
05

制作やコンサルにも対応できるか確認する

ABテストはテストを改善につなげることが目的!

ABテストではテストを実施するときに、すでにコピーや画像の制作が入りますので、テストを行ってくれる業者も基本的には制作には対応できるはずです。問題は、テスト結果をもとに大規模にサイト改善に反映させたい時や、その後のキャンペーン時などにも継続して対応してくれるかなどです。テスト結果を元に制作部分は別の制作会社に発注するようでは手間がかかりますし、何よりも制作の意図がうまく伝わらない恐れもあります。

また、ABテストの依頼がとても満足の行くものであった時に、〈5つの選定ポイント〉①で指摘したABテスト以外の、集客、ブランディング、顧客囲い込み、情報発信・提供など他にも頼みたい場合もあるでしょう。こうした分野でもサイト改善のコンサルティングが可能かどうかも事前にチェックしましょう。

ABテスト機能搭載のランディングページ制作・最適化(LPO)の外注時よくある質問

人イメージ

ABテスト機能搭載のランディングページ制作・最適化(LPO)についてのよくある質問を集めてみました。業者を決定するまでには、自社の業態や依頼内容に応じたさまざまな疑問点が浮かぶものです。発注後のお客様へのヒアリングを行っているぜひアイミツでは、細かな疑問点もしっかり把握しています。

アイミツのサービス

業者選び
にお困りですか?

簡単3ステップ

優良業者からの見積もりが集まります

提案表・見積もり書
  1. ヒアリング

    ヒアリング

    ご要望がまとまっていない、相場がわからない場合でも、業界のプロが適切にリードいたします。

  2. 優良業者を提案

    優良業者を提案

    基本的な比較情報はもちろん、推薦の理由、どんな評価を受けているかもご説明します。

    提案表
  3. 見積もり

    見積もり

    各社の見積もりが簡単に集まり、スムーズに業者選定を進めることが可能です。

    見積もり書

完全無料!一括見積もりはこちらから

サポートブックイメージ
お問い合わせで無料進呈中、完全保存版、見積もり・発注サポートブック