あなたの発注コンシェルジュ

7万社以上を徹底比較

コスパが最大化する

ロゴ作成
一括見積もり

クオリティUPでより高いクオリティを、コストダウンで適正な価格で発注

  • 利用実績

    9万社

  • 利用満足度

    98%

ところで

ロゴ作成の会社探しで、こんなお悩みありませんか?

  • 電話が鳴り止まない

    一括見積もりサイトだと電話が…

    一括見積もりをすると多数の会社から
    営業電話が鳴り続けて業務に支障をきたしそう

  • 見積もりを取っても不安

    業界事情や相場を知らない…

    適正な価格がわからないから
    見積もりを取っても不安

  • 情報だけを信じるのは不安

    どの企業が優れているのか…

    ホームページには良いことが書かれて
    いるけれども、実際の評判はどうなの?

そのお悩みをアイミツが解決
発注先選定を無料でお手伝い!

  • point.1

    相場情報をご提供!

    9万件以上の利用実績から
    相場情報や適正価格をご案内
    見積もりのポイントも教えます。

  • point.2

    コンシェルジュ

    専門コンシェルジュによる
    徹底見積もりサポート!

    御社の要望をコンシェルジュが
    ヒアリング、全国7万社以上の業者比較
    ・調査から
    要望に適した会社をご紹介。

  • point.3

    評判の良い会社に厳選!

    100万以上のクチコミから
    評判の良い業者
    に絞ってご紹介
    営業電話に困ることはありません。

業者探しは手間も費用もかからない3ステップ

  • 確認

    確認のイメージ

    希望条件、ご要望を
    お聞かせください!

    ご要望がまとまっていない場合でも、業界のプロが適切にリードいたします。

  • 提案

    確認のイメージ

    業者選びのコンシェルジュが
    無料で業者をご紹介!

    基本的な情報はもちろん、推薦の理由、どんな評価を受けているかもご説明します。

  • 見積もり

    確認のイメージ

    直接商談も可能!スピーディ
    に見積もりが集まります

    各社の見積もりが簡単に集まり、スムーズに業者選定を進めることが可能です。

相談してみてわかる!アイミツが選ばれる理由とは?

大手から中小企業まで、話題の企業が続々利用中!

規模を問わず、数多くの有名企業様に
ご利用いただいているのには理由があります!

  • 利用料
    0

    ご相談は無料ですイメージ

    ご相談は無料です

    業者比較・紹介のための総合サイトとして広告収益を中心に運営。完全無料でのサービス提供を実現しました。

  • 満足度
    98%

    安心の満足度98%イメージ

    安心の満足度98%

    最新事情、業界慣習、企業の評判から相場まで、各業界を徹底的に理解した専門スタッフが対応。

  • 調査社数
    7万社

    プロによる徹底調査イメージ

    プロによる徹底調査

    最新事情、業界慣習、企業の評判から相場まで、各業界を徹底的に理解した専門スタッフが対応。

  • 会員登録
    不要

    スピード即日対応イメージ

    スピード即日対応

    原則、電話もしくはメールにて、即日対応いたします。手厚いサポートで発注の不安を解消します。

ロゴ作成会社を探す

全国94社から、あなたにピッタリのロゴ作成会社が見つかります。

業者選びのポイントをカンタンにご紹介

業者選びの具体的な進め方は、アイミツが誇る業界のプロにご相談ください

ロゴ作成の選び方ガイド

ロゴ作成の委託先、外注先を探すにあたってのポイントや選び方など、様々な情報をまとめました。当社が保有するほんの一部のノウハウのみの公開ですが、参考にしてください。当社は、相場情報、見積もり事例など多数保有しております。


ロゴ作成の選定ポイント

point.1デザイン制作会社の形態

依頼内容によって、法人・個人などの使い分けを

このカテゴリーではロゴ制作に特化したデザイン制作会社をまとめていますが、WEBデザイン・制作会社であればほとんど会社でロゴ制作は可能ですので、依頼したい内容によって発注する業者を使い分けると良いでしょう。ロゴに限らずデザイン制作の品質はデザイナー本人の技術(クリエイティビティ)によるので、法人に限らず、個人(フリーランスデザイナーなど)の活用も検討すると良いと思います。尚、WEBデザイン・制作会社業者の比較 もご参考にしてください。

 

point.2デザイナーの品質

クライアントの意向を汲み取ることのできるデザイナーかどうかを重視

ロゴは、WEBサイトや商品・サービスの「顔」となるものなので、製品、サービス、企業のアイデンティティを込めなければならず、一目見てその企業(商品・サービス)であることが分かることが重要ですので、クオリティには十分拘るべきでしょう。

良いデザイナーの定義は難しい所ですが、クライアントの意向を汲み取る(叶える)能力があることが大切です。一口にロゴと言ってもターゲット(性別、年齢、職種など)、エリア(日本なのか、グローバルなのか)、商品・サービスのジャンル、競合のロゴの状況などによってクライアントの要望は千差万別です。目的を共有し、方針に沿った提案ができるデザイナーを選びましょう。有名な芸術大学出身だからとか、大手のクリエイティブエージェンシーだからとか、ではなく実際に会って提案内容を聞いてから選びましょう。

 

point.3制作条件(契約形態)

ロゴの種類や修正回数など、トラブルにならないよう制作条件の確認を

ロゴ制作を依頼する際、下記のような細かい契約条件については後からトラブルになりやすいことですので事前に確認すると良いでしょう。

  •  ロゴ種類

ワードロゴ、頭文字ロゴ、抽象ロゴ、エンブレムロゴ、ピクチャーロゴ、キャラクターロゴなど、ロゴにも幾つか種類があります。サービス・商品内容に応じてターゲット顧客も変わるので、使用すべきロゴ種類は使い分けていくべきでしょう。

  •  提案数や修正回数

一定の料金内で何パターンのロゴが提案されるか、無料で行ってくれる修正回数、お急ぎの場合は納期なども確認してください。修正対応を無制限に行ってくれる場合もあるようです。

  •  VIマニュアル(使用規定)

Visual Identity Manualの略で、作成したロゴの使用マニュアルのことです。色指定(フルカラー、モノクロ表示など)や、縦横レイアウト、使用シーン毎(名刺、リーフレット、封筒、WEBサイトなど)の使い方について記載されています。

  •  著作権に対する方針

制作したデザイナーに残すのか、依頼者が買い取る形態(商標登録する場合などに多い)なのか事前に確認してください。

  •  商標権の確認

商標の調査を行わないで制作すると、商標に抵触してしまう可能性もありますので、必要に応じて事前に確認してください。

  •  納品データ形式

JPEGデータ、PNGデータ、PDFデータ、Adobe Illustrator形式(AIデータ)、Photoshop形式など様々です。メールで納品されるのか、CD-Rなどで納品されるのかも確認しましょう。

 


ロゴ作成の費用・料金相場情報

アイミツでは独自調査やお客様の声からロゴデザイン・ロゴ作成における料金相場情報を集めています。パターンや種類の数などによって大きく変わる中、何が必要か、どのようなサービス形態なのかを考慮し、自社に合った業者を見極めることが大切になります。

コンシェルジュ

ロゴデザイン・ロゴ作成業者の相場

フリーランスデザイナーか制作会社かによってその差は大きく変わる!

制作するロゴの種類やパターン数、VIマニュアルの有無など契約条件によって異なりますが、近年は個人のフリーランスデザイナーも多く、クラウドソーシングのようなサービスも登場しているため、料金相場は下落傾向にあります。

4~5万円で2~3案を制作し、その中から選ぶ形が一般的な料金の相場になります。とにかく安く済ませたい場合は、個人デザイナーや、中小のWEB制作会社に委託すれば、1つ5,000円~などの激安制作会社もあるようです。低価格を訴求している制作会社は修正回数が少ないなど融通が効きにくい場合もありますので注意が必要です。

一方で、コーポレートアイデンティティを意識して100年続くロゴを作りたいなどの場合は、大手のクリエイティブエージェンシーか、その道のプロであるクリエイターに委託するのが良いと思います。その場合は、1つ数十万円~数百万円をかけてコンペをするケースなどもあります。

 


ロゴ作成のよくある質問

ロゴ作成についてのよくある質問を集めてみました。業者を決定するまでには、自社の業態や依頼内容に応じたさまざまな疑問点が浮かぶものです。発注後のお客様へのヒアリングを行っているぜひアイミツでは、細かな疑問点もしっかり把握しています。

コンシェルジュ

Qロゴのイメージがはっきりとしない場合でも依頼できますか?

Aヒアリングなどを元にデザイナーに制作を依頼することは可能!

ロゴの具体的なイメージが無い場合でも、ロゴを使用する企業の事業内容や社風などをヒアリングし、その内容からデザイナーがイメージを膨らませてデザインを提案することが可能です。
ただし、ロゴデザイン会社によっては提案数や修正回数が決まっているので、追加の提案・修正費用を抑えるため、気に入っている他社のロゴや、企業のイメージカラーを提示し、可能な限り前もって好みを伝えることをおすすめします。

Q手書きのロゴ案を清書してもらうだけでも発注できますか?

A多くの場合可能、費用は安価なところが多いが確認を取ることが重要。

多くのロゴデザイン会社で受け付けてもらえます。
紙などに書いた図案をイラストレータデータにトレースするだけであれば、一からのデザイン発注に比べて費用は格段に下がります。
なお、手書きのロゴをもとに要素を付け加えるなどのアレンジを依頼する場合は、デザイン費がかかることがあります。
見積もり請求時にどの程度からデザイン費がかかるのかをご確認ください。

Qロゴマークの著作権は譲渡可能ですか?

Aロゴデザイン会社により対応が異なる点に注意!

納品とともに無料で著作権をお客様に譲渡する会社や有料で譲渡をおこなう会社、著作権は基本的に譲渡しない会社など、ロゴデザイン会社により対応が異なります。
見積もり請求時に著作権は譲渡可能か、加えて譲渡の条件を確認のうえ、契約書や見積もりにその内容を明記してもらいましょう。

Qロゴの商標登録は代行してもらえますか?

A一部のロゴデザイン会社では可能、出来ない場合も多く確認が必要。

一部のロゴデザイン会社で商標登録申請の代行、または、特許事務所の紹介が可能です。
なお、申請してもデザインによっては他社の商標権を侵害するなどの理由で登録できない可能性があります。
その場合はデザインを変更し再度申請する必要があるので、商標登録をおこなう予定がある場合は、あらかじめデザイン会社へ伝えておき、納品後も修正に応じられるようなプランの提案を求めることをおすすめします。

Qデザインしたロゴを使った名刺やWEBサイトの制作も依頼できますか?

Aロゴ以外の制作も可能なケースは多いが、企画力や実績などには十分注意を。

一部のロゴデザイン会社でロゴ以外の制作も可能です。
ただ、ロゴについては費用も低くクオリティも問題ない場合でも、WEBサイトについても同様とは限りません。
WEBサイト制作の実績や価格、企画力などを充分にご確認ください。
逆に、WEB制作会社にロゴデザインから依頼できる場合もありますので、両方に見積もりを請求し検討しましょう。

Qどのようなものが納品されますか?

AJPEG・PINGデータ、閲覧用のPDFデータなどが一般的。

イラストレータ(AI)形式の編集可能データと、WEBサイトでで使用できるJPEG・PINGデータ、閲覧用のPDFデータが納品されるケースが一般的です。
デザインデータ以外では、色指定や表示最小サイズなどの記載されたロゴ使用規定が納品される場合があります。
なお、納品はCD-Rやメールなど、デザイン会社により異なりますので、納品物の内容とあわせて見積もり請求時にご確認ください。

Q発注から納品までの期間はどれくらいかかりますか?

A納品までは2週間程度が一般的、確認が遅れると進捗も遅れることを頭に入れておくこと!

ロゴデザイン会社によりばらつきはありますが、発注後初回のデザイン提出まで1週間、確認・修正で1週間の2週間程度で納品されるケースが多いようです。
ただ、お客様側で確認に時間がかかるとその分納期が伸びることになります。
なお、初回のデザイン提出までの期間が短い場合は、提案数が少なくなる傾向がありますので、ロゴのイメージをはっきりと伝えられない場合は提案数が多めのデザイン会社がおすすめです。

Qデザインの修正回数に制限はありますか?

A2~5回程度の制限が一般的、制限がない制作会社は料金が高額な傾向にある!

ロゴデザイン費の中に含まれる修正回数に、2?5回程度の制限を設けているデザイン会社が多いでしょう。
修正回数に制限のない会社は、高額であったり、修正依頼期間に制限を設けている場合があります。
なお、修正回数を制限以内におさめるには、お客様からいかに明確なイメージを伝えられるかにも左右されます。
イメージがはっきりしない場合は、修正回数や提案数が多いデザイン会社を利用することをおすすめします。

Qロゴマークとロゴタイプの、色・レイアウトのバリエーション作成は無料ですか?

Aロゴ使用規定の納品の有無など契約内容は事前にしっかりと確認すること!

利用シーンによるロゴマークとロゴタイプの配置や背景色による色のバリエーションは、ロゴ使用規定に含まれている場合が一般的です。
ただし、デザイン費が安い会社に発注すると、ロゴ使用規程が納品されない場合があります。
見積もり請求時にロゴ使用規定の納品の有無と、そこに含まれる内容をご確認ください。

Qイメージにあったデザインがない場合は追加で提案してもらえますか?

A別途料金がかかることが一般的、どれぐらいかかるかは制作会社によって異なる。

一般的に追加提案には別途料金がかかります。
発注時にイメージが固まっていない場合は、修正回数や提案数が多いデザイン会社を利用することをおすすめします。
追加提案にかかる料金は見積もり請求時にご確認ください。
なお、イメージに合わない場合は、次回の提案がスムーズにおこなわれるよう、どこに違和感を感じているのかを明確に伝えましょう。


ロゴ作成のアイミツ利用事例「企業ロゴのリニューアルプロジェクト」

どのようなロゴデザイン・ロゴ作成業者を探していましたか?

企業ロゴのリニューアルに実績や経験豊富な制作会社を探していた。

自社の企業ロゴをリニューアルするにあたり、実績が豊富なロゴデザイン・ロゴ作成業者を探していました。これまでは漢字表記のみだったのですが、海外進出をはじめたことをきっかけに、社名ロゴを英字表記に変更することにしたためです。社内のデザイナーにデザインさせることもできたのですが、ロゴデザインを皮切りに、CIデザインまでをご相談できるロゴデザイン・ロゴ作成業者へ発注したいと考えました。

アイミツを利用したきっかけ

以前にも利用したことがあったので不安は無かった。

社内で製品デザインを担当しているデザイナーがいるため、これまでデザインを外注したことはありませんでした。以前、封筒のコストダウンを目的にインターネット通販業者をアイミツで探したことがあったため、今回もアイミツを利用することに最初から決めていました。クラウドソーシングのWEBサービスでロゴデザイン・ロゴ作成業者を探すこともできたのですが、今回は海外進出にあたっての想いなどもロゴに含めたかったので、実績あるロゴデザイン・ロゴ作成業者をアイミツで探すことにしました。

見積もり時に気をつけたこと、反省点

とにかく実績確認をポイントにした。

なんと言っても実績確認がポイントになりました。ロゴデザイン・ロゴ作成業者はとても多くありますし、自社のイメージをどのように具現化できるかどうかはデザイン業者のスキルにかかっています。アイミツで価格や納期などの情報を確認できていたので、実際にデザインしていただく際の考え方や過去実績などを総合的に判断していくことが、私達がイメージするロゴに近づくことができるのではないかと思ったからです。見積もり時の反省点としては、ロゴデザイン・ロゴ作成に対する費用と、CIデザインのコンサルティング費用の内訳を確認しておかなかったことです。CIデザインは今後の事業活動にも用いていくので、各候補業者に対して、見積もり依頼時に確認しておくべきだったと感じています。

実際に発注してみた感想や気づき

1社1社問い合わせする労力を考えると、非常に便利なサービスだと感じた。

今回発注してみて、やはりアイミツを経由することで、様々なロゴデザイン・ロゴ作成業者と交渉することが簡単にできたと感じています。1社1社問い合わせする労力が省けて大変助かりました。また、一括問い合わせを管理できることで、進捗状況も都度社内共有できました。今後も様々な業者比較を行う時に、アイミツを活用して、間違いのない業者と取引をしていきたいと思っています。