業者探しで迷わない。一括見積もりならアイミツ

お急ぎの方は
電話で即日相談

フリーダイアル

0120-917-819

通話無料 営業時間 10:00~19:00 土・日・祝休

通販物流倉庫・発送代行

コスパが最大化する

一括見積もり

利用料 0円

失敗しない!今ならお問い合わせで無料進呈中 発注サポートブック

カンタン!30秒でお問い合わせ完了

優良企業のみで一括見積もり

コンサルティング イメージ

通販物流倉庫・発送代行の業者選び方ガイド・比較のポイント

通販物流倉庫・発送代行の委託先、外注先を探すにあたってのポイントや選び方など、様々な情報をまとめました。当社が保有するほんの一部のノウハウのみの公開ですが、参考にしてください。当社は、相場情報、見積もり事例など多数保有しております。

通販物流倉庫・発送代行の選定ポイント

POINT
01

立地は最適か

坪単価だけなく出荷や入庫時間などの立地条件などをしっかりと把握しておくこと!

物流代行(アウトソーシング)業者の比較選定において、重要なポイントは立地です。

立地は坪単価(土地代、保管料)だけでなく、

・荷物の出荷時間や入庫時間

・保管環境(気温、湿度)

・庫内スタッフの採用単価や採用難易度

これらが関わってきます。 物流拠点数が多くなればなるほど物流ネットワークは複雑になるので、効率的な物流には簡素化(集約)が必須ですが、コスト削減だけを視野に、自社の商材に向いていない地域にある倉庫を選ばないように、坪単価以外では下記の3点に関して確認するようにしましょう。

 

  •  流通の利便性

高速道路など主要道路からのアクセスは確認しましょう。立地によっては配達・配送業者の集荷時間が早くになってしまうケースがあります。また、入庫に海運を使われる場合や航空便を使う場合は港と近い立地を選ぶことで運送リードタイムの短縮が期待できます。

  •  庫内スタッフの確保

物流倉庫では庫内スタッフが必ず必要になってきます。繁忙期と閑散期に差がある商材の場合、庫内スタッフの確保がスムーズにできる地域(求職人材が多い)の方が急遽の出荷対応にも対応しやすくなる傾向があります。

  •  地域気候

商品によって、温度や湿度の影響が出やすいものがあります。

・庫内の温度管理と合わせて倉庫立地の梅雨、真夏、真冬の状況を考える。

(倉庫内は特に、夏は暑く、冬は寒くとなりやすいため)

・地震や豪雪などが懸念されるのであれば別途調査を。

経営を左右しかねない自然の状態は常に確認が必須です。

POINT
02

保管方法の確認

温度管理、在庫管理などどのように保管しているかの現場を判断の材料に。

商品の品質を長期にわたって良質に保つためには、適切なノウハウに基づいて保管を行う必要があります。また、在庫管理や棚卸に対応できるようにタグやバーコード、保管棚の管理によって商品の在庫管理を徹底する必要もあります。下記の3点に関しては、実際に契約前に一度は倉庫を訪れて、確認することをオススメします。

 

  •  温度管理

物流倉庫の温度管理は

・常温

⇒多くの倉庫で対応している

・定温

⇒多くの倉庫で対応している

・冷蔵

⇒専用の設備が必要

・冷凍

⇒専用の設備が必要

この4つに分けられます。冷蔵、冷凍倉庫も温度によってC3級(10℃以下)からF4級(-50℃以下)まで保管温度によって7段階に分かれます。設備に合わせて、保管料は高くなりますので、自社の商材に合わせた最適な温度管理方法を業者と相談するようにしましょう。

 

  •  在庫管理

在庫管理対応方法は物流倉庫のノウハウが凝縮されています。タグやバーコード、保管場所の管理方法は倉庫・物流業者単位で徹底度を含めて、異なります。入庫後にどのような流れで棚に入るのか、商品がどのように積まれて整頓されているのか、商品管理はどのような手法で行われているのか、ピッキング作業はどのよ うに行っているかなど、商品が入庫されて出庫・配送されるまでどのようなオペレーショ ンがなされているのかは必ず確認しましょう。倉庫における棚卸差異率(在庫差異率)を確認するのも、倉庫の在庫管理能力を測る良い指標になるでしょう。

 

  •  商品管理

自社の商品が倉庫内のどこで保管されるかも外注前には確認するようにしましょう。近接する商品から臭いが移ってしまう、湿気でカビが出てしまう、作業スペー スで商品が傷ついたり、汚れてしまうといったことがない商品管理が必要になります。 保管場所だけでなく、梱包(パッキング)やタグ付けを行う作業スペースの整理整頓も確認すると良いでしょう。

POINT
03

取り扱い商品との相性

どんな商品を扱っているのか、経験や相性なども選定のポイントに!

商品によって適した管理方法、倉庫オペレーションは変わるので、自社の商品に必要な倉庫オペレーションを把握したうえで、同様の商材を過去に扱った経験をもつ業者利用をオススメします。繊細、かつ量の多い商品は外部委託する際に、商品価値を保てるようひときわ慎重な対応が必要です。業者ランキングなどでそれぞれの長所短所を加味し、その上で業者を選定し、具体的なトラブル事例とその対処を業者への質問で確認するといいでしょう。

<アパレル・ファッション商材>

ファッション商材は種類やサイズ、カラーによって細かくSKUが分かれるため、在庫管理能力が問われる商材です。倉庫内の温度管理にこだわる必要性は少ないですが、日当たり(日焼けは衣服にとって命とりです。)や臭い移り(素材によっては染みこんでしまいクレームの対象になります。)は確認しましょう。また、以下のオプションに関して利用を検討する場合は細かい見積もりが必要です。

  •  検針や検品(手動か機械を使うか)
  •  タグの付け替え
  •  撮影代行
  •  採寸

<家具・インテリア商材>

インテリア商材はサイズがバラバラであり、わずかな傷でも商品価値を大幅に下げてしまうため、商品管理能力が問われる商材です。サイズの異なる商材を的確に組み合わせ、正確な管理を行いつつ保管スペースを最小化するノウハウが必要になります。

<食品・飲料>

衛生面、鮮度管理ということで温度管理は必須能力として求められます。自社の商品に合わせた温度管理能力が提供できるかと共に、賞味期限管理の方法も業者に よって異なるため、確認が必要です。また、ワインや焼酎などお酒には倉庫側に「酒類 蔵置所設置・廃止報告書」を行政に提出している必要があるとともに、販売者も「蔵置所の設置届け出書」を提出する必要があります。

<化粧品・サプリメント・医薬品>

商品品質を保つため、温度管理と消費期限管理が重要になります。また、あまり知られていませんが薬事法の観点から、輸入化粧品や医薬品を一時保管したり、梱包作業を行う場合には、物流代行業者は「化粧品製造許可」が必要になりますので、確認をするようにしましょう。

<書籍・雑誌・出版物>

返品などがあった場合、カバーの取り換えや研磨などに対応できる柔軟性を持っている業者であれば心強いでしょう。返品はネットショップを運営する上では一定量出てしまうことですが、物流業者を活用すれば返品による評判低下、ほか、さまざまな悪影響を抑えられます。

POINT
04

料金体系

初期費用やシステム利用料など、料金体系はしっかりとチェック!

物流代行の料金は保管料、作業費用、配送費用に大別されます。その他、クライアントに合わせた物流オペレーションを構築するための初期費用がかかったり、物流業者のシステムを利用する場合はシステム利用料などが別途かかる場合もあります。業者によって価格差が出るため、相見積もりを行い、価格の妥当性を検証すると良いでしょう。

  •  保管料

保管料は坪単価と保管設備によって決まります。坪単価は地方であればあるほど下がる傾向にあり、保管設備は冷凍倉庫>冷蔵倉庫>定温倉庫>常温倉庫の順に安くなります。保管料は倉庫によって課金単位が違いますが、1坪か1パレット(1100×1100)で計算することが多いようです。

  •  作業費用

作業費用の内訳は物流業者ごとに細かく設定されており、見積もり時に確認を行うことが重要です。内訳を細かく出してもらうことで、必要な業務が漏れていないか、逆に不要なオペレーションが含まれ余計な課金につながっていないかが確認できます。作業費用に含まれる代表的な項目は以下に記載します。

 

入庫作業

入荷作業費用の他に、バーコードスキャンや検品作業が含まれます。検針や特殊指定の検品業務を行う場合はオプションとして単価が上がります。

出荷作業

商品ピッキング、袋入れ、タグ付け、パッキング(梱包)、伝票や納品書の印刷・封入業務、出荷作業が含まれます。その他、ラッピングや追加のパンフレット導入などがオプション範囲になります。

返品作業

返品が発生した場合の入庫、仕分け、再販売に向けての復元作業が含まれます。

その他作業

商品撮影や採寸などオプションで依頼する場合は作業料として工賃が発生します。

 

  •  配送費用

配送業者に支払う費用になるため、物流代行事業者が設定する料金ではありません。ただし、物流代行業者によっては発送量を一定担保することで、配送業者にたいして価格交渉をしてくれている業者もあります。この場合、自社で個別に契約するよりも特定の配送業者と安い配送料で契約できる可能性があります。そのように配送業者と良好な関係を築けている物流業者は集荷時間に融通が利くこともありますので、柔軟な対応ができる可能性があるのでオススメできます。また、料金体系には各項目で分けて請求するのではなく、サイズごとに1出荷あたりいくらという料金体系を採用している業者も近年出てきています。細かな価格設定や一括見積もりなど状況ごとに一般的な費用・相場を下調べしておいて外注先を決めていきましょう

 

POINT
05

サービス品質

柔軟性やオプションの有無など、サービスの品質には十分な注意が必要。

物流代行業者はコスト削減を目的として導入される事例も多いため、価格が注視されがちですが、より高品質な顧客サービスを実現するためには、物流代行業者のサービス内容や品質を確認することは重要です。近年の通販業界では配送スピード(翌日配送等)が重要視されており、物流業者の選定が事業成功の鍵となるケースもあります。下記の点に関しては注意して確認を行いたいものです。

  •  柔軟性(対応システム)

自社に合わせた最適なオペレーションを組んでくれる、自社が導入している在庫管理・受注管理ソフトに適用できるという柔軟性は非常に重要です。この点が漏れてしまうと、見た目上の経費削減はできても、人的工数が増えてしまい結果としてコスト削減につながらないという事態になりかねません。

  •  オプションの有無

近年ネットショップが拡大するにあたり、商品写真の撮影や商品採寸などの作業に関心が集まっています。リードタイムやコスト抑制のため、倉庫内に撮影スタジオや採寸場を設ける業者も出てきておりますので、自社のニーズに合わせて利用すると良いでしょう。

  •  導入最小ロット

取扱商材によって大きく変わりますが、月間出荷量300件が物流外注(3PL)を導入する一つの目安になっています。中にはさらに月間の出荷量が少ない小ロットへ対応し始めた業者も出てきています。小ロット向けパッケージサービス(例:システム使用料やアウトソーシング料、および、請求書用紙・ダンボールBOX・全国一律の宅配料金の諸経費の支払い全て一括で実行)を提供している業者もおり、求めている条件と合うのであれば、このようなパッケージサービスを利用してもいいでしょう。

 

通販物流倉庫・発送代行の発注トラブル事例

人イメージ

保管状態の悪さからくる破損やにおいの問題などのクレーム類は特に心配で多く聞かれる悩みでもあるようです。通販物流倉庫・発送代行にかかわるトラブルの一部をご紹介いたします。思わぬトラブルを避けスムーズな発注・納品となるよう、ぜひimitsu(アイミツ)にご相談下さい。

通販物流倉庫・発送代行の発注時よくある質問

人イメージ

通販物流倉庫・発送代行についてのよくある質問を集めてみました。業者を決定するまでには、自社の業態や依頼内容に応じたさまざまな疑問点が浮かぶものです。発注後のお客様へのヒアリングを行っているぜひアイミツでは、細かな疑問点もしっかり把握しています。

アイミツのサービス

アイミツ オススメ

一括見積もりサービス

面倒な業者比較や相見積もり業務を、専門のコンシェルジュがサポート。
完全無料で業者比較からサポートいたします。

利用実績2万件、すべて完全無料、利用満足度98.4%

メリット

  • 相場情報、選び方もレクチャー
  • 専門のコンシェルジュがご要望を徹底ヒアリング
  • 100万以上のクチコミから、評判の良い優良業者をご紹介

※2015年12月に利用した企業様に「アイミツの満足度を教えてください。」という質問を行い「満足、普通、不満」の中から「満足」と答えた企業様の割合です。

利用実績

一括見積もりサービスの流れ

  • STEP1
    お問い合わせ

    ご要望がまとまっていない、相場がわからない場合でも、業界のプロが適切にリードいたします。

  • STEP2
    要望の確認、ご提案

    基本的な比較情報はもちろん、推薦の理由、どんな評価を受けているかもご説明します。

  • STEP3
    見積もり

    各社の見積もりが簡単に集まり、スムーズに業者選定を進めることが可能です。

    見積もり

お問い合わせいただくだけで、お客様にマッチした
優良業者へ完全無料
で一括見積もりできます。