業者探しで迷わない。一括見積もりならアイミツ

お急ぎの方は
電話で即日相談

フリーダイアル

0120-917-819

通話無料 営業時間 10:00~19:00 土・日・祝休

愛媛の優良業者

愛媛の通販物流倉庫・発送代行

コスパが最大化する

一括見積もり

利用料 0円

失敗しない!今ならお問い合わせで無料進呈中 発注サポートブック

カンタン!30秒でお問い合わせ完了

優良企業のみで一括見積もり

コンサルティング イメージ

通販物流倉庫・発送代行とはサードパーティロジスティクス(3PL)とも呼ばれ、ネットショップやカタログ通販、卸売り行う事業者のかわりに、入庫、保管、出荷、返品対応などの一連のフルフィルメント業務を代行するサービスになります。最適な業者を選ぶためには、倉庫の立地や保管方法、作業オペレーション、対応システムなど確認する項目が多くありますが、物流、倉庫の専門業者に依頼することでノウハウを活かし、人件費の削減、保管の最適化を実現、経営効率を高めることが期待できます。近年は中小規模の通販事業者の拡大に合わせ、導入目安である最低出荷量300件を下回る、数件~十数件からの小ロット出荷量に対応する通販物流代行業者も出てきています。

通販物流倉庫・発送代行業者一覧

通販物流倉庫・発送代行 28件中110件の業者を比較中

提供会社

注目このサービス(金生運輸)の詳細

愛媛県四国中央市に本社を置き、広島県三次市・福岡県古賀市に営業所を開設して、常に情報交換をしております。各方面・空車情報・荷物情報・その他ご相談ください。

実績数
300~1,000
対応できる倉庫機能
常温保管
対応業務
海外への発送 返品対応 受注処理代行 梱包代行 検品 検針 タグ付け 採寸 商品撮影(ささげ業務)
  • 保管方法・倉庫レイアウト・作業方法・入出庫指示データ等、最適な物流アウトソーシンをご提供します
  • 物流アウトソーシング稼動後も、更なる改善で物流の作業効率ならびに品質向上を目指します
  • 少ない物量でも在庫管理から梱包、発送代行までお受け出来、定期的ではない、スポット的な作業も可能です
実績数
300~1,000
対応できる倉庫機能
常温保管 その他
対応業務
自社トラックでの配送 返品対応 梱包代行 検品 検針
  • お客様と打合せを最重要しお客様にあったプラン・サービスっを低価格でご提供いたします。
  • 急な、ご依頼もお客様のご要望にできる限りお応えいたします。
  • 各分野でのお取引、お付合いで培ったノウハウでお客様に様々なご提案をご提供いたします。
実績数
30~100
対応できる倉庫機能
常温保管
対応業務
返品対応 受注処理代行 梱包代行 検品 検針 タグ付け
  • 独自管理システムによる発送ミスが、限りなくゼロに近づける。
  • 12時までのオーダーは、必ず当日の出荷。時間外でも臨機応変に緊急対応。
  • FAX受注入力代行による、エンドユーザー様への欠品連絡と納期回答。または類似商品のご案内。
実績数
100~300
対応できる倉庫機能
常温保管
対応業務
自社トラックでの配送 海外への発送 返品対応 受注処理代行 梱包代行 検品 タグ付け
  • オプティマイゼーションしたロジスティクスを万全な体制でご提供
  • お客様が望むサービスを最小コストのカスタムパッケージをでご提案
  • 小ロットのご依頼も歓迎
実績数
~30
対応できる倉庫機能
常温保管
対応業務
返品対応 受注処理代行 梱包代行 検品
  • 注文受託、検品、受入れ、在庫管理~出荷までお客様のニーズに適った物流・通販代行をきめ細かくサポート
  • お客様のスタイルに合わせたE・コマース事業、WEB制作の企画、構築、運営を最先端技術でバックアップ
  • 長年の実績から得たノウハウを基にサイト運営・WEBコミュニティ監視などを支援、事業を強力バックアップ
実績数
30~100
対応できる倉庫機能
常温保管 定温保管
対応業務
自社トラックでの配送 海外への発送 返品対応 受注処理代行 梱包代行 検品
  • 一定の温度管理ができる保管場所「定温倉庫」を保有しております。
  • 創業1977年からの経営実績。母体のある、グループ企業です。
  • 受注管理ソフトと連携できる、物流管理ソフト「ロジザードゼロ」の仕組みをご提供いたします。
実績数
~30
対応できる倉庫機能
常温保管
対応業務
自社トラックでの配送 海外への発送 返品対応 受注処理代行 梱包代行 検品 タグ付け 商品撮影(ささげ業務)
  • ローコストにこだわり、かつ自社の付加価値を高める、という相反することにこだわり、実現させます。
  • 物流のプロとして「もの」が動くすべてのシチュエーションに関わっていきます。
  • 大手企業では決してまねのできないフットワークとスピード感で仕事を行います。

アイミツのコンシェルジュサービス

業者選び
にお困りですか?

簡単3ステップ

優良業者からの見積もりが集まります

提案表・見積もり書
  1. ヒアリング

    ヒアリング

    ご要望がまとまっていない、相場がわからない場合でも、業界のプロが適切にリードいたします。

  2. 優良業者を提案

    優良業者を提案

    基本的な比較情報はもちろん、推薦の理由、どんな評価を受けているかもご説明します。

    提案表
  3. 見積もり

    見積もり

    各社の見積もりが簡単に集まり、スムーズに業者選定を進めることが可能です。

    見積もり書

完全無料!一括見積もりはこちらから

サポートブックイメージ
お問い合わせで無料進呈中、完全保存版、見積もり・発注サポートブック

愛媛の通販物流倉庫・発送代行会社の選び方ガイド・比較のポイント

  • POINT 1 立地は最適か

    坪単価だけなく出荷や入庫時間などの立地条件などをしっかりと把握しておくこと!
    物流代行(アウトソーシング)業者の比較選定において、重要なポイントは立地です。 立地は坪単価(土地代、保管料)だけでなく、 ・荷物の出荷時間や入庫時間 ・保管環境(気温、湿度) ・… 続きを見る

  • POINT 2 保管方法の確認

    温度管理、在庫管理などどのように保管しているかの現場を判断の材料に。
    商品の品質を長期にわたって良質に保つためには、適切なノウハウに基づいて保管を行う必要があります。また、在庫管理や棚卸に対応できるようにタグやバーコード、保管棚の管理によって商品の在庫管理を… 続きを見る

  • POINT 3 取り扱い商品との相性

    どんな商品を扱っているのか、経験や相性なども選定のポイントに!
    商品によって適した管理方法、倉庫オペレーションは変わるので、自社の商品に必要な倉庫オペレーションを把握したうえで、同様の商材を過去に扱った経験をもつ業者利用をオススメします。繊細、かつ量の… 続きを見る

  • POINT 4 料金体系

    初期費用やシステム利用料など、料金体系はしっかりとチェック!
    物流代行の料金は保管料、作業費用、配送費用に大別されます。その他、クライアントに合わせた物流オペレーションを構築するための初期費用がかかったり、物流業者のシステムを利用する場合はシステム利… 続きを見る

  • POINT 5 サービス品質

    柔軟性やオプションの有無など、サービスの品質には十分な注意が必要。
    物流代行業者はコスト削減を目的として導入される事例も多いため、価格が注視されがちですが、より高品質な顧客サービスを実現するためには、物流代行業者のサービス内容や品質を確認することは重要です… 続きを見る

愛媛の通販物流倉庫・発送代行会社への発注にあたっての基礎用語

  • 物流代行基礎知識

    物流代行業者を利用する一つの基準としては、月間300件の出荷量が目安になります。出荷件数が多くなればなるほど、作業オペレーションが最適化されボリュームディスカウントが期待されるため、契約も企業の成長に合わせて、定期的に見直していくことが重要です。その他、月商1,000万円も導入における一つの基準と言われています。

    近年は交通網の発達によって、首都圏でも都心から離れた栃木県や茨城県でも地域によっては埼玉県や千葉県、神奈川県などと大差のないサービスを提供できるケースも増えてきています。
     

  • 3PL

    3rd Party Logisticsの略で、コスト削減や顧客サービスの向上を目的として、物流業務を外部に委託することを指します。単に作業を請け負うだけでなく、ロジスティクス戦略全般に関わり、機能する点でアウトソーシングと異なります。
     

  • ピッキング

    出荷指示に対して在庫から必要な数量だけ商品を取り出すことです。効率よくピッキング作業を行うためのデジタルピッキングシステムを導入している業者もあります。デジタルピッキングシステムとは例えば品を保管している棚や場所に専用端末を設置して、ピッキングが必要な個所だけを光で指示するといったようなもので、経験が少ない作業者でも簡単にピッキングを行うことができます。
     

  • SKU

    Stock Keeping Unitの略で、在庫管理に使われる単位です。同じ種類の商品であってもサイズや色が異なる場合は別々のSKUとカウントします。
     

  • 3温度帯

    冷凍・冷蔵・常温の3種類の温度の総称です。主に食品においては3温度帯配送が必要とされており、それに合わせて温度管理できる倉庫や車両が必要になるため、すべての物流倉庫が3温度帯に対応しているとは限りません。