業者探しで迷わない。一括見積もりならアイミツ

お急ぎの方は
電話で即日相談

フリーダイアル

0120-917-819

通話無料 営業時間 10:00~19:00 土・日・祝休

内部統制(jsox)

最適業者がスグに見つかる

内部統制(J-SOX)とは、株主の利益を守るために、上場会社の企業価値を損ねることのないよう、不正や不利益行為を自ら監視していく手法のひとつです。その範囲は親会社のみならず、連結子会社まで及ぶので、場合によっては業務設計や人材配置を見直す必要があります。内部統制の構築はどこの企業も未経験であることが多いため、経験豊富なコンサルタント(企業)を活用する事例が多いです。委託先によって得意分野も違うので、自社の環境に合った会社を選ぶようにします。また、マニュアル作成やITシステムの導入といった支援サービスを手がける会社と、トータル的なコンサルティング業務を行う会社の2通りに分けられます。自社対応できる範囲によっても、選び方は違ってきます。気をつけたいのは、実際に運用する従業員の理解と協力です。対応の丁寧な担当者がいれば、安心して任せることができるでしょう。

お急ぎの方はこちら!

完全無料

優良企業で一括見積もり

内部統制(jsox)業者一覧

201件中110件の業者を比較中

提供会社

注目このサービス(エイアイエムコンサルティング)の詳細

AIMCは、IFRS(国際財務報告基準)対応として教育と導入、業務とシステムの改善などをご支援します。また関連するセミナーも定期的に開催しています。その他にも内部統制評価、リスクマネジメントの構築や決算早期化なども承ります。

提供会社

注目このサービス(TOMA監査法人)の詳細

TOMAコンサルタンツグループの公式ホームページ。「税務・会計」「経営・再生」「人事・労務」「相続・事業承継」「経理支援」などのサービス紹介および、セミナー情報、出版・メディア情報などを掲載しています。

提供会社

注目このサービス(あらた監査法人)の詳細

あらた監査法人は、財務諸表監査、内部統制監査などの各種証明業務のほか、日本企業のグローバル化を支援するIFRS対応、また、金融機関に対する国内外の規制対応など、企業が直目する多様な課題の解決を通じて、クライアント企業の価値創造を支援するトータルサービスを提供します。

提供会社

注目このサービス(コーポレート・アドバイザーズM&A)の詳細

コーポレート・アドバイザーズはベンチャー企業、成長企業のベストアドバイザーを目指し、IFRS、デューデリジェンス、IPO、M&A、会計・ 税務、内部統制構築(J-SOX対策)・内部監査支援等を行っています。

提供会社

注目このサービス(ハピネックス)の詳細

当講座ではJ-SOXで求められている本来の内部監査人としての役割を確実に認識していただき、重点的に何を実施すべきか、実用的で実践的な内部監査人のスキルを確保するにはどのように育成すべきか等を解決します。

提供会社

注目このサービス(グローウィン・パートナーズ > 会計・税務サービス)の詳細

M&Aコンサルティングならグローウィン・パートナーズ。グローウィン・パートナーズは、M&Aの初期的検討段階からPMI(Post Merger Integration 買収後の統合作業)に至るまで、会計・税務に関する実務サポートをワンストップで提供いたします。

アイミツのコンシェルジュサービス

業者選び
にお困りですか?

簡単3ステップ

優良業者からの見積もりが集まります

提案表・見積もり書
  1. ヒアリング

    ヒアリング

    ご要望がまとまっていない、相場がわからない場合でも、業界のプロが適切にリードいたします。

  2. 優良業者を提案

    優良業者を提案

    基本的な比較情報はもちろん、推薦の理由、どんな評価を受けているかもご説明します。

    提案表
  3. 見積もり

    見積もり

    各社の見積もりが簡単に集まり、スムーズに業者選定を進めることが可能です。

    見積もり書

完全無料!一括見積もりはこちらから

サポートブックイメージ
お問い合わせで無料進呈中、完全保存版、見積もり・発注サポートブック

内部統制(jsox)会社の選び方ガイド・比較のポイント

  • POINT 1 事業規模や連結子会社への適用を想定する

    一定のルールや手続きを定め将来にわたって監査・運用していくことが大切!
    「内部統制」とは、不正や不利益な行為が行われていないかを自社で管理・監督するための手法で、一定のルールや手続きを定めることと、それを将来にわたって監査・運用していくことが重要なポイントにな… 続きを見る

  • POINT 2 自社のレベルによってサービス内容を決める

    構築だけ、自社に常駐して改善・運用のコンサルまで、ニーズに合った選択を。
    内部統制(J-SOX)の導入には、一般に「構築」「改善」「運用」の3段階があります。「構築」は評価体制が確立するまでのマニュアルやガイドライン作成などで、不具合や徹底ができていない場合は「改善」… 続きを見る

  • POINT 3 契約に「サービス品質保証制度」を盛り込めるか

    不備や不具合があった場合、依頼先が責任を持って改善する義務を負うのかどうか。
    せっかく統一したルールやシステムを導入しても、従業員が対応しきれないほど難解であったり、実行上の不備があったりしては意味がありません。実効性を確保するためにも、契約内容にクオリティを担保す… 続きを見る

  • POINT 4 導入実績や会社の信頼性で選ぶ

    コンサルティング力や企画力などもしっかりとチェックを!
    内部統制(J-SOX)は、実際に運用できるかどうかがカギとなります。多くの上場企業で導入実績を持ち、監査法人からの指摘などを吸収してきた会社なら、各種ノウハウが蓄積されているでしょう。 また、… 続きを見る

  • POINT 5 担当者の説明がわかりやすいか

    意思の疎通がスムーズに出来るかなども重要なポイントになる。
    専門用語をなるべく使わず、相手の立場になって説明をする担当者なら、意思の疎通がスムーズに行えるでしょう。報告書などが的確にまとめられていることも重要です。 また、社員研修では、全従業員に導… 続きを見る

内部統制(jsox)会社への発注にあたっての基礎用語

  • 内部統制(J-SOX)基礎知識・基礎用語

    「内部統制報告制度」とは、2008年4月より、上場企業に対して財務報告の信頼性を確保するために義務付けられた制度です。しかし、その受け取り方が各社によってまちまちであったため、企業活動の弾力性を奪うほどの厳しい統制を課したケースが見受けられました。このため2011年に、内部統制報告制度に関する基準が改訂され、一定条件下での簡素化などが認められるようになってきています。