業者探しで迷わない。一括見積もりならアイミツ

お急ぎの方は
電話で即日相談

フリーダイアル

0120-917-819

通話無料 営業時間 10:00~19:00 土・日・祝休

ライセンス型の優良業者

グループウェア

おすすめ業者を一覧比較

まずは、グループウェアを導入することに対して、社員の理解を得ることから始めます。業務上、どのような課題があり、解決することでどの程度のコスト削減や時間短縮につながるか、自社の環境を振り返り棚卸ししてみましょう。こうして抽出されたニーズと、最も合致したグループウェア・イントラネットを選ぶようにします。提供されている各種機能を吟味し、ストレスなく利用できる使いやすいサービスを見極めましょう。ライセンス型であれば、基本的な機能をパッケージにしたものを使用できるライセンスを、料金を支払うことにより買う事で、ライセンス料を支払うことにより、一定の期間使用することができるものです。機能を限定したライセンスパッケージであれば、料金が低額ですみます。契約形態は主に2通りあり、クラウド型か、パッケージ型(オンプレミス型)かを選択します。グループウェアを選ぶ際には、5年先、10年先の将来像を想定することも大切です。使い慣れたサービスを変更する際には、コストだけではなく従業員が慣れていない中でストレスをかけてしまうこともありますので、注意が必要です。

初めての方はこちら!

完全無料

業者を一覧で比較する

ライセンス型の優良業者 グループウェア・イントラネット構築業者一覧

40件中110件の業者を比較中

公式

株式会社ダイレクトクラウド

提供形態
パッケージ型
会社サイト
http://www.coolmessenger.jp/
会社所在地
東京都新宿区新宿6-29-20 マツダビル6F
会社電話番号
03-5287-1866
  • CoolMessenger Gentooは大企業から中小企業様まで幅広くご利用いただいております。
  • はPCのみならず、iOS, Androidのスマートフォン、タブレットデバイスに対応しています。
  • 利用が社内に限られ、リアルタイム性の高い企業向けメッセンジャーが国内外を問わず注目を集めています。
公式

ソフィア総合研究所株式会社

提供形態
クラウド型 パッケージ型
会社サイト
http://sri.jp/
会社所在地
東京都新宿区下宮比町2-26 KDX飯田橋ビル4階
会社電話番号
03-6265-3338

発注は時間も手間もかかりますよね?

コンシェルジュが解決します!

コンシェルジュに相談、あなたにあった業者を提案、発注の手間を削減!

完全無料

まずはお気軽にご相談ください

人気のキーワード

関連するカテゴリ

ライセンス型のグループウェア・イントラネット構築会社の選び方ガイド・比較のポイント

  • POINT 1 ライセンス型グループウェア構築のメリットを知っておく

    ASP型のグループウェアに比較して下記のようなメリットがあります。
    自社の業務内容に合わせたカスタマイズが可能 セールスフォース・ドットコムなどの定番SFAやCRMとの連携など、すでに自社で稼働している基幹システムや大規模な顧客データベースと連動させること… 続きを見る

  • POINT 2 ライセンス型グループウェア構築のデメリットを知っておく

    注意点も認識してそれを上回るメリットがあるか確認!
    初期導入時間と費用がかかる ライセンス型グループウェアを導入するには、ASP型よりも初期費用などのコストと導入のための時間がかかります。使い勝手が柔軟な分だけ、稼働するまでに設定しなけ… 続きを見る

  • POINT 3 ライセンス型グループウェアで自社のニーズが実現できるか確認する

    実際に担当者が触ってみて個々の機能をしっかりチェック!
    <グループウェアの各種機能> ファイルの共有 全社員で共有することも、閲覧権を与えられた人だけに限定することも可能です。 スケジュール、施設予約 個人のスケジュールがわか… 続きを見る

  • POINT 4 SFAやCRMとの連携は可能かチェックする

    将来的な拡張は導入時にシミュレーションしておきましょう!
    顧客管理(CRM)ソフトで対応可能かチェックする ◇顧客との対応履歴などの管理 ◇見込み客に段階的なアプローチをしていくための分類と整理 ◇購入後のフォローによる固定客化を目的としたメ… 続きを見る

  • POINT 5 カスタマイズ、バージョンアップ、サポート体制が充分かをチェックする

    グループウェアは導入するだけでは成功できません!
    グループウェアの導入を成功させるには、中・長期的に各事業所、各部署、各ユーザーの利用率を計測・トラッキングし、状況に応じた適切なフォローやマネジメントを行う必要があります。初期の導入支援だ… 続きを見る