業者探しで迷わない。一括見積もりならアイミツ

お急ぎの方は
電話で即日相談

フリーダイアル

0120-917-819

通話無料 営業時間 10:00~19:00 土・日・祝休

医薬・医療通訳対応の優良業者

通訳

最適業者がスグに見つかる

多くの通訳会社の中から通訳を依頼する会社を選ぶ際に最も重要なことは、通訳の特性に合致したカテゴリーを得意とし、実績のある通訳会社から選ぶことです。通訳会社はどんな内容のものでも高いクオリティで通訳できるわけではなく、通訳者には各々専門分野があります。これを見極めることが最も重要ですし、また、求めているレベルの通訳者がその通訳会社にいるかどうかが重要になります。同時通訳が必要であるにも関わらず、逐次通訳のレベルの通訳者しかいないのでは業務に支障が生じてしまいます。特に医薬・医療翻訳のような高度な専門知識が必要な通訳の場合は、過去の実績を十分に確認するようにしましょう。特性が合致する通訳会社を選び出し、その中から少しでも高いクオリティを確保でき、かつ信頼性や費用効率が高い通訳会社を見極めていくことが、求める理想的な通訳に繋がっていくでしょう。

お急ぎの方はこちら!

完全無料

優良企業で一括見積もり

医薬・医療通訳対応の通訳の会社選び方ガイド・比較のポイント

医薬・医療通訳対応の通訳の委託先、外注先を探すにあたってのポイントや選び方など、様々な情報をまとめました。アイミツが保有するほんの一部のノウハウのみの公開ですが、参考にしてください。アイミツでは相場情報、見積もり事例など多数保有しております。

医薬・医療通訳対応の通訳の選定ポイント

POINT
01

専門分野や実績が依頼内容に適しているか

依頼内容にマッチした通訳サービス会社を選定する!

通訳サービス会社にも得意分野があります。個人向けにサービスを紹介するホームページやエンタメ分野の通訳など柔らかい内容のものを得意とする会社や、契約書や講演会の通訳などのビジネス関連を得意とする会社など様々です。また、内容が専門性を帯びたものであれば、通訳者が専門知識を持っていなければ的確な表現はできませんので、依頼内容の専門性を認識したうえで通訳会社を選択する必要があります。依頼する分野を得意(専門)とし、実績が豊富な会社に外注することが、精度の高い通訳に繋がります

通訳会社の専門分野や実績は、WEBサイト上でも明示されている場合も多いですが、はっきりと判断できない場合は、直接確認するのが良いでしょう。
 

POINT
02

通訳者の人数は充分揃っているか

通訳者の人数は、クオリティー確保に繋がる!

通訳会社といっても、多くの通訳者が常に社内に待機しているわけではありません。通訳者は、仕事が発生した際にのみ通訳をおこなう、パートのような存在です。専門性が高くなってくるほど、対応できる通訳者は少なくなる可能性がありますので、専門性の高い通訳の場合には、多くの通訳者を抱えている方がクオリティを確保しやすいと言えます。

通訳者の人数は、WEBサイトで明らかにしている場合もありますが、WEBサイトで常に通訳者を募集していたり、直接聞いてもはっきりと教えてくれない場合は、あまり多くないと言えるでしょう。
 

POINT
03

同時通訳や海外出張などに対応できるか

同時通訳が必要かどうか見極めた上で、対応確認を行う。

通訳には「逐次通訳」と「同時通訳」、そして「ウィスパリング通訳」があります。「逐次(ちくじ)通訳」は、発言が一区切りしたところまでを訳して伝える通訳の基礎です。「同時通訳」は、発言を聞きながら同時に通訳機材を通して訳していくもので、「ウィスパリング通訳」は、聞き手の側に待機し、通訳機材を通さずにささやくように同時通訳をおこなっていくものです。「同時通訳」や「ウィスパリング通訳」は、「逐次通訳」よりも高度な技術が要求されるものです。「逐次通訳」はできても、「同時通訳」や「ウィスパリング通訳」はできない通訳者もいますので、全くの別物と考えなければいけません。

そのため、通訳を依頼する場合でも、「逐次通訳」なのか、それとも「同時通訳」、「ウィスパリング通訳」が必要なのかを自身で見極めたうえで、それに対応できるかどうかを確認しておかなくてはいけません。また、通訳者は、一案件の通訳作業を重ねるうちに、その案件の状況や背景をより深く理解できるようになります。可能であれば、同じ通訳者に連続して通訳してもらう方が理解度も上がり、クオリティの高い通訳に繋がります。そのためにも、同じ案件で何度も通訳を依頼する機会がある場合は、同じ通訳者に担当してもらうことができるかどうか、同案件で海外に出張する場合も同行してもらえるかを確認しておきましょう。
 

POINT
04

必要な機材が揃っているか

同時通訳には機材が必要、トラブル回避のため事前に確認。

同時通訳を行う場合は、通訳ブース、マイクロフォン、ヘッドフォン、受信機などの機材が必要になります。これらを別会社に手配するのは大変な手間になりますし、トラブルが生じる要因にもなってしまいますので、同時通訳を依頼する場合は、必要な機材を揃えている会社を利用することをおすすめします。
 

POINT
05

担当者の対応は明確で信頼できるか

通訳のクオリティーは担当者次第、信頼できる担当者を探す。

通訳会社の担当者は、通訳者の特性を理解して、依頼のあった通訳にマッチした人をコーディネートし、ニーズに合ったクオリティの高い通訳をしていくことが仕事です。そのため、担当者すなわちコーディネーターの動き方次第でクオリティが変わってきます。また、同じ案件を長く担当するほど理解が深まっていきますので、より効率的、効果的に動けるようになり、その結果、通訳のクオリティも高まっていきます。案件に対する担当者が決まっておらず、次々と担当者が変わるようでは、クオリティはそれほど期待できないと言えます。担当者が約束を守らない、毎回言うことが変わるなど、ビジネスマンとして当然のことをできない場合もクオリティは期待できません。
 

POINT
06

機密保持対策は十分か

機密保持対策を事前に確認、必要に応じて機密保持関連契約を!

通訳の場合は会議に参加してもらったり、商談に同行してもらうこともあるでしょう。これらの内容が漏洩してしまうと重大な問題となってしまいます。そのため、通訳を依頼した場合や、外注には至らなくても資料を見せて打診した場合など、その情報が漏洩しないことが最も重要になります。

多くの場合、通訳会社のWEBサイトには機密保持方針は記載されていますが、事前にしっかりと確認し、必要に応じて機密保持に関する契約を結んでおきましょう。
 

医薬・医療通訳対応の通訳の発注トラブル事例

人イメージ

口コミなどを事前に見ておかないと実は信頼できる人物ではなかったりなどの特有の問題は頭の痛い悩みでもあるようです。通訳会社・サービスにかかわるトラブルの一部をご紹介いたします。思わぬトラブルを避けスムーズな発注・納品となるよう、ぜひアイミツにご相談下さい。

医薬・医療通訳対応の通訳の発注時よくある質問

人イメージ

医薬・医療通訳対応の通訳についてのよくある質問を集めてみました。業者を決定するまでには、自社の業態や依頼内容に応じたさまざまな疑問点が浮かぶものです。発注後のお客様へのヒアリングを行っているぜひアイミツでは、細かな疑問点もしっかり把握しています。

アイミツのサービス

業者選び
にお困りですか?

簡単3ステップ

優良業者からの見積もりが集まります

提案表・見積もり書
  1. ヒアリング

    ヒアリング

    ご要望がまとまっていない、相場がわからない場合でも、業界のプロが適切にリードいたします。

  2. 優良業者を提案

    優良業者を提案

    基本的な比較情報はもちろん、推薦の理由、どんな評価を受けているかもご説明します。

    提案表
  3. 見積もり

    見積もり

    各社の見積もりが簡単に集まり、スムーズに業者選定を進めることが可能です。

    見積もり書

完全無料!一括見積もりはこちらから

サポートブックイメージ
お問い合わせで無料進呈中、完全保存版、見積もり・発注サポートブック