業者探しで迷わない。一括見積もりならアイミツ

お急ぎの方は
電話で即日相談

フリーダイアル

0120-917-819

通話無料 営業時間 10:00~19:00 土・日・祝休

中国語対応の優良業者

通訳

最適業者がスグに見つかる

数多く存在する通訳会社から適した会社を選ぶには、まず、求めるレベルの通訳者が所属しているかどうかが重要です。専門知識が必要な同時通訳を依頼したいのに、逐次通訳ができる程度の通訳者しかいないのでは話になりません。自社と似た分野・規模での通訳実績があるかなどを確認し、通訳会社のレベルを見極めるようにしましょう。特に中国語は北京語、広東語、台湾語など地域によって言語が異なりますので、必要な言語に対応できるかどうかが重要なポイントになります。その他、担当者コーディネーターの経験や実力は十分か、機密保持性に問題はないかなどをチェックすると良いでしょう。

お急ぎの方はこちら!

完全無料

優良企業で一括見積もり

中国語対応の通訳の会社選び方ガイド・比較のポイント

中国語対応の通訳の委託先、外注先を探すにあたってのポイントや選び方など、様々な情報をまとめました。アイミツが保有するほんの一部のノウハウのみの公開ですが、参考にしてください。アイミツでは相場情報、見積もり事例など多数保有しております。

中国語対応の通訳の選定ポイント

POINT
01

必要な中国語通訳のシーンに実績のある会社を選ぶ

通訳者の実力は経験に大きく左右されます!

日本と経済的にも地理的にも関係の深い中国。中国語通訳が求められる場面は幅広く、講演会、セミナー、展示会などの一対多数の通訳や、日本国内や中国のビジネス現場での商談通訳、海外出張時の同行通訳、現地での観光の時の中国語同行通訳、など様々です。

単に中国語の語学力だけでなく、仕事としての通訳実績・翻訳実績が豊富な会社を選びましょう。

中国語は中国本土以外に、台湾、シンガポール、香港、マレーシア、マカオ、フィリピン、アメリカ合衆国、オーストラリア、インドネシア、モーリシャス、ペルーなどでも幅広く使われています。また中国語は方言差が非常に大きく、北京語、上海語、江西語、湖南語、福建語、客家語、広東語の代表的な各方言間では通訳がないと話が通じないという事態もありえます。依頼したい地域の中国語の通訳に支障がないか、しっかり確認しましょう。

POINT
02

依頼したい内容に見合った中国語スキルを持っているかどうかをチェックする

業務内容によって通訳の形態を選びましょう。

中国語通訳にも他の外国語同様、「逐次(ちくじ)通訳」と「同時通訳」、そして「ウィスパリング通訳」があります。「逐次通訳」は、発言が一区切りしたところまでを訳して伝える通訳の基礎です。「同時通訳」は、発言を聞きながら同時に通訳機材を通して訳していくもので、「ウィスパリング通訳」は、聞き手の側に待機し、通訳機材を通さずにささやくように同時通訳を行うものです。このほかに、移動先で逐次通訳やウィスパリング通訳を行う「随行通訳」があります。

中国語と日本語のように、文法構造が全く違う言語同士の通訳の場合、いずれの通訳にも充分なスキルが求められます。依頼したい通訳形態によって通訳者に得意不得意がありますので、事前に得意分野を調べておくか、「中国語の同時通訳」「中国語の逐次通訳」「中国語のウィスパリング通訳」を指定してその通訳形態の過去の実績を提示してもらい、最適な通訳者を選ぶようにしましょう。

POINT
03

担当者の技術や自社との相性をチェックする

通訳の成果は相性によっても変わってくる!

同時通訳では通訳者の負担軽減のためにチームを組むことが一般的です。中国語通訳チームの人員のチームワークが通訳のクオリティにも影響してきますので、しっかり社内研修をしている会社を選びましょう。また逐次通訳では逐次通訳者がメモと記憶で訳すことができる時間は30秒が目安と言われています。初めて通訳者と仕事をする場合には、実際にスムーズに仕事ができるかどうか事前にしっかり判断するようにしましょう。通訳・翻訳会社のなかには、通訳コーディネーターがサポートに入って、現場やその内容・分野に適した通訳環境になるよう調整してくれるところもあります。

在中国の通訳者を現地で使う場合や、中国人ネイティブの通訳者、中国人ネイティブと日本人がチームを組む場合には、相性や事前準備がスムーズかどうかが非常に大切になってきます。

POINT
04

長期契約も対応可能かどうか確認する

毎回違う通訳者より同じ通訳者がベター。

通訳業務では同じ案件を長く担当するほど理解が深まりますので、同じ通訳者に業務を依頼すれば、より効率的、効果的に動けるようになり、その結果、通訳のクオリティも高まっていきます。過去に業務を依頼したことがある会社に頼む場合には、通訳者も指名することでよりスムーズな通訳が可能になります。

中国語を対応言語とするエージェントは近年増加傾向にありますが、英語通訳に比べると中国語通訳者の人口はまだそれほど多くはなく、エージェントも限られてきます。単発の案件を頼む場合でも、将来的に継続して依頼ができるかどうかを確認し、条件がほぼ同じならば、長期的にも頼れるエージェントとして関係を深めていくことも選択肢に入れておきましょう。

中国語対応の通訳の発注時よくある質問

人イメージ

中国語対応の通訳についてのよくある質問を集めてみました。業者を決定するまでには、自社の業態や依頼内容に応じたさまざまな疑問点が浮かぶものです。発注後のお客様へのヒアリングを行っているぜひアイミツでは、細かな疑問点もしっかり把握しています。

アイミツのサービス

業者選び
にお困りですか?

簡単3ステップ

優良業者からの見積もりが集まります

提案表・見積もり書
  1. ヒアリング

    ヒアリング

    ご要望がまとまっていない、相場がわからない場合でも、業界のプロが適切にリードいたします。

  2. 優良業者を提案

    優良業者を提案

    基本的な比較情報はもちろん、推薦の理由、どんな評価を受けているかもご説明します。

    提案表
  3. 見積もり

    見積もり

    各社の見積もりが簡単に集まり、スムーズに業者選定を進めることが可能です。

    見積もり書

完全無料!一括見積もりはこちらから

サポートブックイメージ
お問い合わせで無料進呈中、完全保存版、見積もり・発注サポートブック