業者探しで迷わない。一括見積もりならアイミツ

お急ぎの方は
電話で即日相談

フリーダイアル

0120-917-819

通話無料 営業時間 10:00~19:00 土・日・祝休

解体対応の優良業者

解体対応の店舗内装・工事・解体

コスパが最大化する

一括見積もり

利用料 0円

失敗しない!今ならお問い合わせで無料進呈中 発注サポートブック

カンタン!30秒でお問い合わせ完了

優良企業のみで一括見積もり

コンサルティング イメージ

店舗内装・工事・解体業者とは、オフィスや個人店舗の設計、リフォーム、各種機材の設営、撤去時の解体などを手がける会社です。店舗によっては、専門的な器具をそろえたり利用客の導線を考えた店舗設計を行ったりする必要があり、デザイン面でも同業者内でのトレンドがありますので、自社と同じ業種を得意(専門)としている業者を選ぶようにしましょう。また、店舗内装と、店舗解体を両方対応できる業者もありますが、どちらか一方を専門に行っている業者もいます。見積もりや工程表は、後々トラブルにならないよう、細分化したものを求めると共に、納得がいくまで説明してもらうようにしましょう。解体対応の業者を選ぶときは、解体工事業の届け出や産廃物処理の認可を忘れずにチェックします。解体の際に発生した廃材を再利用し、ごみを減らしている業者も増えてきています。また、近隣からのクレームにつながらないよう、施工中の配慮が行き届いた会社を選ぶと、安心して任せることができるでしょう。

店舗内装・工事・解体業者一覧

店舗内装・工事・解体 19件中110件の業者を比較中

案件規模
中規模(300~3,000万円) 大規模(3,000万円~)
実績数
50~100
対応業務
設計・デザイン 設置・施工 解体 レイアウト変更 原状回復工事 パーテーション工事施工 厨房設計 空調設備工事
提供会社
もっと見る
案件規模
小規模(~300万円)
実績数
50~100
対応業務
解体
提供会社
もっと見る
案件規模
小規模(~300万円) 中規模(300~3,000万円) 大規模(3,000万円~)
実績数
100~1,000
対応業務
設計・デザイン 設置・施工 解体 配線工事 レイアウト変更 原状回復工事 パーテーション工事施工 厨房設計 空調設備工事 塗装工事サービス クロス張替
提供会社
もっと見る
案件規模
中規模(300~3,000万円)
実績数
100~1,000
対応業務
設計・デザイン 設置・施工 解体 配線工事 レイアウト変更 原状回復工事 パーテーション工事施工 厨房設計 空調設備工事 塗装工事サービス クロス張替
提供会社
もっと見る
案件規模
中規模(300~3,000万円)
実績数
100~1,000
対応業務
設計・デザイン 設置・施工 解体 配線工事 レイアウト変更 原状回復工事 パーテーション工事施工 空調設備工事 塗装工事サービス クロス張替
提供会社
もっと見る
案件規模
中規模(300~3,000万円)
実績数
100~1,000
対応業務
設計・デザイン 設置・施工 解体 配線工事 レイアウト変更 原状回復工事 パーテーション工事施工 厨房設計 空調設備工事 塗装工事サービス クロス張替
提供会社
もっと見る
案件規模
小規模(~300万円) 中規模(300~3,000万円) 大規模(3,000万円~)
実績数
50~100
対応業務
設計・デザイン 設置・施工 解体 配線工事 レイアウト変更 原状回復工事 パーテーション工事施工 空調設備工事 塗装工事サービス クロス張替
提供会社
もっと見る
案件規模
中規模(300~3,000万円)
実績数
10,000~
対応業務
設計・デザイン 設置・施工 解体 配線工事 レイアウト変更 原状回復工事 パーテーション工事施工 厨房設計 空調設備工事 塗装工事サービス クロス張替
提供会社
もっと見る

es

案件規模
中規模(300~3,000万円) 大規模(3,000万円~)
実績数
100~1,000
対応業務
設計・デザイン 設置・施工 解体 配線工事 レイアウト変更 原状回復工事
提供会社
もっと見る

アイミツのコンシェルジュサービス

アイミツ オススメ

一括見積もりサービス

面倒な業者比較や相見積もり業務を、専門のコンシェルジュがサポート。
完全無料で業者比較からサポートいたします。

利用実績2万件、すべて完全無料、利用満足度98.4%

メリット

  • 相場情報、選び方もレクチャー
  • 専門のコンシェルジュがご要望を徹底ヒアリング
  • 100万以上のクチコミから、評判の良い優良業者をご紹介

※2015年12月に利用した企業様に「アイミツの満足度を教えてください。」という質問を行い「満足、普通、不満」の中から「満足」と答えた企業様の割合です。

利用実績

一括見積もりサービスの流れ

  • STEP1
    お問い合わせ

    ご要望がまとまっていない、相場がわからない場合でも、業界のプロが適切にリードいたします。

  • STEP2
    要望の確認、ご提案

    基本的な比較情報はもちろん、推薦の理由、どんな評価を受けているかもご説明します。

    提案表
  • STEP3
    見積もり

    各社の見積もりが簡単に集まり、スムーズに業者選定を進めることが可能です。

    見積もり

お問い合わせいただくだけで、お客様にマッチした
優良業者へ完全無料
で一括見積もりできます。

解体対応の店舗内装・工事・解体会社の選び方ガイド・比較のポイント

  • POINT 1 得意分野・実績の確認

    得意とする業種・形態は多岐にわたります、一点ごとの詳しい見積もりを出す業者が安心です。
    一口に解体といっても、得意とする分野は解体業者により異なります。たとえばショッピングモールなどの大きな店舗の解体の場合は、重機を使った大掛かりの作業になりますので、そういった大規模工事に対… 続きを見る

  • POINT 2 元請けとしての実績の確認

    解体工事は専門の解体業者へ発注、小規模解体業者は知識も豊富なため相談するのがお勧め。
    特定の地域に絞り込まず、全国で解体工事を請け負っている業者が少なからず存在します。こういった業者は、受注後に地元の業者に下請けさせています。その結果、中間マージンが発生してしまうだけでなく… 続きを見る

  • POINT 3 個人情報・重要書類などの管理が万全か

    解体時は重要データの取り扱いに注意、消去証明書を発行してくれる業者もあります。
    解体時に気をつけたいのが、重要データの取り扱いです。万が一正しく処分されず、データが漏れてしまうことなどがあると取り返しがつかないのは、言うまでもありません。契約書等の書類は、面倒でもシュ… 続きを見る

  • POINT 4 解体後のマニフェストを確認できるか

    工事完了後のマニフェストや委託契約書のコピーを発行してもらえるか確認!
    解体工事は、更地になったら終わりというわけではありません。数ある解体業者の中には、格安での施工を謳っている裏で、正規の産廃(産業廃棄物)処理費用をかけずに利益を出している悪徳な業者もいます… 続きを見る

解体対応の店舗内装・工事・解体会社への発注にあたっての基礎用語

  • マニフェスト

    マニフェストとは解体作業によって出た産業廃棄物を、排出事業者がその運搬や処理を他の業者に委託する場合にその最終処理までの過程を記録するシステムです。
    このマニフェストによって廃棄物が中間業者、最終処分業者へと流れていく過程を把握できます。各段階で業者のチェック・押印が入るので、委託したとおりに廃棄物が処理されているかを確認できます。
    また、マニフェストは7枚つづり(A、B1、B2、C1、C2、D、E票)になっています。それぞれが各業者により正しく処理されなければならず、各業者には5年間の保存義務があります。
    施主であるお客様はきちんと処理されたことを確認するために、マニフェストのE票のコピーを請求してください。E票には、収集運搬業者のサイン・中間処分業者の受領と処分の受取印、最終処分業者の処分終了日の押印がされています。万が一押印漏れがあれば不正処分という扱いになるので、きちんとチェックしましょう。

  • 建設業許可

    内装解体に必要な許可は建物解体と同じく「建設業許可」もしくは後述する「解体工事業登録」の最低どちらか1つが必要です。さらに都道府県知事もしくは国土交通省による建設業許可のうち、土木工事業、建築工事業、とび・土工工事業のいずれかを持っていれば工事が可能です。ちなみに、それ以外の業種の許可に関して、解体工事はできません。許可を得ていない業者に依頼すると、依頼主もトラブルに巻き込まれる恐れがあるので、十分気をつけましょう。

  • 解体工事業登録

    都道府県知事による解体工事業の登録を保有している業者も、工事が可能です。内装解体を得意とする業者は、小規模であることが多く、建設業許可よりも解体工事業登録を保有しているケースが多いです。これは、解体工事業登録の方が、建設業許可よりも取得が容易だからです。
    しかしここで注意が必要です。工事費が500万円を超える内装解体の場合、解体工事業登録だけでは施工できません。余程大きな工事でない限りは該当しませんが、念のためご注意ください。

  • スケルトン解体

    建物構造体以外の全てを解体し、入居時の状態に戻すことをスケルトン解体といいます。店舗やマンションの場合、コンクリート打ちっぱなしの状態にすることが多く求められます。床や壁、パーテーションや家具、什器、配管等、スケルトン解体の際に撤去する必要があるものは様々ですが、失敗のないように工事を終えるためには、どのような状態に戻すかオーナーとしっかり打ち合わせをしておくことが大切です。

    店舗・オフィスなどの場合、家具や什器などはリサイクルショップなどに引き取ってもらえる可能性もあります。設備も含め、解体時に残っているものは業者が処分してくれますが、処分にも費用がかかるため、できるだけ事前に撤去しておくと解体費用を抑えられます。原状回復工事とほぼ同じですが、スケルトン解体の場合、内装材(壁・天井ボード)まで撤去することがほとんどで、原状回復工事とスケルトン解体工事は、業者やテナントオーナーにより言葉の解釈が違う場合がほとんどです。どこまでを撤去すべきかはひとつひとつ確認する必要があります。