業者探しで迷わない。一括見積もりならアイミツ

お急ぎの方は
電話で即日相談

フリーダイアル

0120-917-819

通話無料 営業時間 10:00~19:00 土・日・祝休

店舗内装・工事・解体

コスパが最大化する

一括見積もり

利用料 0円

失敗しない!今ならお問い合わせで無料進呈中 発注サポートブック

カンタン!30秒でお問い合わせ完了

優良企業のみで一括見積もり

コンサルティング イメージ

店舗内装・工事・解体の業者選び方ガイド・比較のポイント

店舗内装・工事・解体の委託先、外注先を探すにあたってのポイントや選び方など、様々な情報をまとめました。当社が保有するほんの一部のノウハウのみの公開ですが、参考にしてください。当社は、相場情報、見積もり事例など多数保有しております。

店舗内装・工事・解体の選定ポイント

POINT
01

得意分野や過去実績の豊富さで選ぶ

デザインだけでなく使いやすさなどの機能面も考えた選び方を!

店舗に求められる要素は、必ずしもデザインだけではありません。店舗内装・外装設計、どれをとっても大事ですが、「従業員や来店するお客様がいかに使いやすいか」考えられた『機能』も、非常に重要なポイントです。特定の業種・業態に特化した店舗内装・店舗リフォーム・店舗解体業者であれば、機能面のノウハウを蓄積しているはずです。

 

  • 飲食店の場合

⇒座席やインテリアの配置

(ウェイターの盲点に入らないような位置ではお客様は満足できないでしょう。)

  • 美容室・理髪店の場合

⇒必要最低限のユニット間隔

(作業中のスタッフがぶつかるほどでは万が一の事故につながる可能性を否定できません。)

  • アパレルの場合

⇒実店舗ならではの価値を見いだせるデザイン・什器でつくる見やすい配置

(ネットショップに人が流れないよう個性とおしゃれを現実に。)

 

したがって、内装業者を選ぶ場合は、ホームページなどの参考例が掲載されている媒体を利用して、その会社が過去に手がけた店舗内装・リフォームの施工例、壁紙(クロス)の種類などを確認しましょう。その業界での豊富な実績(経験)が何よりも重要なポイントになります。飲 食店や接骨院、美容院などに特化していたり、飲食店でも和洋中などの提供ジャンルや、居酒屋、バーなどの店舗ジャンルによってもデザインテイストは変わる ため、その道の専門業者を見つけると良いでしょう。また、「このようなお店にしたい」との希望を申請すれば、理想に近い業者をマッチング、紹介してくれるサービス利用も方法としてはとても有効です。登録するだけで情報が届くサービスもあり、複数のエントリーが届いた際には価格、業界ランキング、専門分野、口コミなどをしっかり比較、検討して選んでいきましょう。

建築士が在籍し、内装デザインも同時に行ってくれるようであれば、費用も抑えられ、発注の手間もかからずに済みます。

POINT
02

見積もりや工事手順を丁寧に説明してくれるか

現場を視察してから見積もりを作成する会社を選ぶように!

初めての店作り、リフォームでは工事予算・費用が予想のつかない項目になりがちですし、店舗内装の工事耐用年数により減価償却資産は左右されますから経営面を考えてもとても大切です。店舗内装・解体業者の中には、初期見積もりを低く抑えておきながら、作業開始後にオプション代として諸経費をいくつも上乗せしてくる会社があります作っているうちに「見積もり段階で見えていなかった部分(下の状況など)」、「持っていた機材が入らなかった」など、予想外の事態は必ずと言っていいほど出てくるものですが、最初から「大手だから大丈夫」と短絡的に安心するのは少し待ちましょう。そのようなトラブルを避けるためにも、現場を視察してから見積もりを作成する会社を選ぶようにしましょう。見積もり項目が細分化され、どの範囲まで施工するのか、材料は何を使用するのかまで明らかになっていれば、ボタンの掛け違いを防ぐことができます。高すぎたり、内装リースでもないのにあまりにも格安すぎたりする価格は判断がつきにくいですよね。坪単価の一般的な相場を事前に調査しておきましょう。また、視察時の想定と異なる事態が発生したときは再見積もりを出すよう、あらかじめ決めておいた方が無難です。

 

工期に関しても、しっかりとした説明を行ってもらうようにします。特に注意したいのが、雨天時など作業が行えない場合の予備日をどのくらい確保しているかです。万が一遅延が生じた場合の対応も、事前に確認しておきましょう。

POINT
03

契約を急がせるトークに乗らない

営業トークに迷わされないよう、慎重な業者選びを。

見積もりは必ず複数の会社から取り寄せ、比較し、納得してから発注するようにしましょう「今決めてもらえれば、10パーセント割引します」といった営業トークには注意が必要です。他社との比較を阻もうとしている可能性もあるので、いったん案件を預かる方が賢明です。社内に持ち帰ってから、業界内評判(業者ランキング)、口コミ、常識的な条件・料金設定なのかを下調べしておくと万全ですね

POINT
04

アフターケアや施工後の対応も行ってくれるか

店舗オープン後もしっかりとフォローしてくれるかどうかは重要。

内装工事の手抜き・欠陥は論外ですが、消耗品のメンテナンスや故障した部品の交換など、店舗オープン後の相談、依頼に乗ってくれるかどうかも、会社を選定する上での大きなポイントです。パーツ類の耐用年数や交換費用などがあらかじめわかっていれば、中長期の経営計画に反映させられるのでメリットです。アフターサービスが整った業者の選び方を忘れずに、無駄なく事業を推進させていきましょう。

POINT
05

解体工事業などの登録をしているか

念の為にも資格や認可などの有無を確認しておくことは大切。

解体工事を行う会社は、元請か下請かにかかわらず、都道府県知事の登録を受けている必要があります また、トラックなどには「産業廃棄物収集運搬車」である明確な表示が義務づけられており、産廃物を直接廃棄する場合は「産業廃棄物処理業」の許可を得てい なくてはなりません。後者は、単に運搬や一時保管をする場合には不要ですが、念のため、自社から出たゴミがどのように処理されるのかを確認しておいた方が いいでしょう。撤去・引越しを考えているのであれば、先のことも忘れてはいけませんね。

POINT
06

破棄する書面や、電子データなどの処理が万全か

契約書などの重要な書類の破棄やデータの消去には細心の注意を!

契約書などの重要な書類は、面倒でも、自分でシュレッダーにかけるようにしましょう。大量にある場合は、解体業者に「溶解扱い」してもらうことも可能です。OA機器のデータ消去には、記録メディアを物理的に破壊する方法と強い磁気をかけて理論的に処理する方法の2種類があります。効果にほとんど差はありませんが、確実に消去してくれるかどうかを確認するようにしましょう。

POINT
07

周辺への気配りができているか

クレームに繋がらないよう、周囲への配慮も重要!

吹きつけによる塗装工事では、ペンキや具材が飛散することが考えられます。解体工事の場合でも、騒音はもちろん、チリやゴミの拡散は避けて通れない問題です。近隣住民への告知や交通整理など、クレームにつながらないような対応をしてくれる会社を選ぶようにしましょう。

 

店舗内装・工事・解体の発注トラブル事例

人イメージ

費用や入居前・後などに関わるトラブルなどの悩みは多く聞かれる悩みでもあるようです。ここでは当社が把握済みの店舗内装・工事・解体にかかわるトラブルの一部をご紹介いたします。思わぬトラブルを避けスムーズな発注・納品となるよう、ぜひimitsu(アイミツ)にご相談下さい。

店舗内装・工事・解体の発注時よくある質問

人イメージ

店舗内装・工事・解体についてのよくある質問を集めてみました。業者を決定するまでには、自社の業態や依頼内容に応じたさまざまな疑問点が浮かぶものです。発注後のお客様へのヒアリングを行っているぜひアイミツでは、細かな疑問点もしっかり把握しています。

アイミツのサービス

アイミツ オススメ

一括見積もりサービス

面倒な業者比較や相見積もり業務を、専門のコンシェルジュがサポート。
完全無料で業者比較からサポートいたします。

利用実績2万件、すべて完全無料、利用満足度98.4%

メリット

  • 相場情報、選び方もレクチャー
  • 専門のコンシェルジュがご要望を徹底ヒアリング
  • 100万以上のクチコミから、評判の良い優良業者をご紹介

※2015年12月に利用した企業様に「アイミツの満足度を教えてください。」という質問を行い「満足、普通、不満」の中から「満足」と答えた企業様の割合です。

利用実績

一括見積もりサービスの流れ

  • STEP1
    お問い合わせ

    ご要望がまとまっていない、相場がわからない場合でも、業界のプロが適切にリードいたします。

  • STEP2
    要望の確認、ご提案

    基本的な比較情報はもちろん、推薦の理由、どんな評価を受けているかもご説明します。

  • STEP3
    見積もり

    各社の見積もりが簡単に集まり、スムーズに業者選定を進めることが可能です。

    見積もり

お問い合わせいただくだけで、お客様にマッチした
優良業者へ完全無料
で一括見積もりできます。