業者探しで迷わない。一括見積もりならアイミツ

お急ぎの方は
電話で即日相談

フリーダイアル

0120-917-819

通話無料 営業時間 10:00~19:00 土・日・祝休

設計・デザイン対応の優良業者

店舗内装・施工

最適業者がスグに見つかる

店舗内装・工事・解体業者とは、オフィスや個人店舗の設計、リフォーム、各種機材の設営、撤去時の解体などを手がける会社です。店舗によっては、専門的な器具をそろえたり利用客の導線を考えた店舗設計を行ったりする必要があり、デザイン面でも同業者内でのトレンドがありますので、自社と同じ業種を得意(専門)としている業者を選ぶようにしましょう。設計・デザイン対応の業者であれば、店舗の様々な要望に細かく対応してくれ、それに合わせて様々な設計やデザインを提案してくれる業者を選ぶのがポイントです。また、店舗内装と、店舗解体を両方対応できる業者もありますが、どちらか一方を専門に行っている業者もいます。見積もりや工程表は、後々トラブルにならないよう、細分化したものを求めると共に、納得がいくまで説明してもらうようにしましょう。解体を依頼するときは、解体工事業の届け出や産廃物処理の認可を忘れずにチェックします。また、近隣からのクレームにつながらないよう、施工中の配慮が行き届いた会社を選ぶと、安心して任せることができるでしょう。

お急ぎの方はこちら!

完全無料

優良企業で一括見積もり

設計・デザイン対応の店舗内装・工事・解体の業者選び方ガイド・比較のポイント

設計・デザイン対応の店舗内装・工事・解体の委託先、外注先を探すにあたってのポイントや選び方など、様々な情報をまとめました。アイミツが保有するほんの一部のノウハウのみの公開ですが、参考にしてください。アイミツでは相場情報、見積もり事例など多数保有しております。

設計・デザイン対応の店舗内装・工事・解体の選定ポイント

POINT
01

自分の店の業種・業態に強みを持つデザイン設計業者を選ぶ

業種や業態に特化した店舗デザイン会社を選ぶことが重要です!

一口に店舗内装と言っても、飲食店、美容サロン、物販店などの内装工事では各業種で必要とされる機能が全く違います。工事業者の得意な業種・不得意な業種を見極めてから発注すると良いでしょう。不慣れなジャンルでの施工は、例えば見た目は良くても、スタッフの立ち回りがしにくく客の動線も煩雑になる事態が起こることも考えられます。失敗しない店舗デザインを作り上げるために、自分の店の業種・業態に特化した店舗デザイン会社を選ぶことが重要です。

  • 飲食店の店舗内装において気を付けること

いくらデザインが優れていても、キッチンや水周りが使いにくい、客席のレイアウトが悪いなどと後から様々な問題が発生することがあります。また厨房内の動線や厨房と客席をつなぐ動線は売り上げに直結します。
さらに飲食店でも規模やブランディングによってデザインや設計は変わります。ファミリーレストランなど、大衆をターゲットとする飲食店では、店頭にサンプルケースを設置し、メニューを打ち出します。そして混雑時の待合スペースを用意します。客席のレイアウトはサービスを提供しやすいように、シンプルにデザインします。高級料理店では、サンプルケースなどは設置せず、あえて入りにくくします。客の想像を掻き立てたり、着席するまでの気分を盛り上げたりするための仕掛けをデザインします。

  • 美容サロンの店舗内装において気を付けること

まず注意を払わなければならないのはランニングコストの確保でしょう。美容サロンの場合は、内装のデザインにお金がかかるケースが多く、予想外の出費になることがあります。最初に運転資金を確保した上で、内装デザインにかけられるコストの上限を決めるようにしましょう。その他にも、美容室では例えばシャンプー台を適切な間隔で配置しなければいけません。この間隔が狭すぎると、スタイリスト同士が動きにくいなどの不都合が生じてしまいます。逆に間隔を広くとりすぎて台数が少ないと稼働率は下がります。また、美容サロンは他の業種以上に店内を清潔に保つ必要があります。そのため、掃除が楽にできるデザインを目指すと良いでしょう。

  • アパレルなど小売・物販店の店舗内装において気を付けること

店頭にショーウインドウを設置して、シーズン商品や売りたい商品のVMD(ヴィジュアル・マーチャンダイジング)によるディスプレイが多いです。そして入口近くには、客の立ち寄りやすい商品を陳列します。例えばブティックであれば、アクセサリー、ニット・カットソーなどの単品商品をレイアウトします。そして、店奧にはスーツ・ワンピースなどの重衣料をレイアウトし、訪れた客をスムーズにフィッティングルームに誘引するのがポイントです。

  • 百貨店・大型専門店の店舗内装において気を付けること

店頭のショーウインドウに直接商品を陳列するのではなくて、無形のストアイメージで訴求するVMDが多いようです。店内には、回遊性を重視したレイアウトを施します。具体的には、通路の突き当たりのマグネット(買い物客を引き付ける場所)に、キャラクター性の強いインショップ(大型の売り場の中に独立した小店舗)を配置するなどです。客の動線を考えるだけでも、店づくりの仕方は全く変わってきます。

POINT
02

委託範囲を検討する

一括発注と別々の発注、どちらもメリット・デメリットを見て判断する。

設計と施工を一括発注するか、別々に発注するかという点は大きな分かれ道となります。

どちらにするかで大きくコストが変わりますので、双方のメリット・デメリットを把握した上で、選択してください。設計と施工を別々の業者に発注する場合は、施工業者と依頼者が直接コンタクトを取れて中間マージンが発生しないため、比較的予算を抑えられるといったメリットがあります。一方で対応コストが膨らみますので自分でディレクションできる方におすすめです。設計と施工を一括して一つの業者に発注する場合は、まず時間と手間を節約できるメリットがあります。また設計段階で施工の見積もりも可能なため工期が短縮でき、さらに業者内で密なコミュニケーションを取りやすいのも強みです。お任せしてしまいたい場合はこちらの方法がおすすめです。自店の発注経験や発注担当者の管理工数なども十分の考慮の上、最適な方を選択してください。

POINT
03

店舗内装設計・施工に関するノウハウや実績を確認する

業者は実績や実例ページに力を入れている、欠かさずチェックしましょう!

これまでどのような業種、規模、デザイン、工法・構造(木造・鉄筋コンクリート造・鉄骨造)をメインに手掛けてきたのかと強みを知ることは業者を選定する上で非常に重要です。設計・施工実績がホームページに載っている業者であれば必ずチェックすべきでしょう。そこから得手・不得手が導き出されるので、条件に合う業者を絞り込むことも可能です。たとえば数ある飲食店の中にも様々なデザインの特徴があります。落ち着いたウッド調で照明のトーンが赤みがかった和風デザインもあれば、モノトーンを基調としたモード感・高級感のあるデザインもあり、各業者で得意とするデザインは異なります。また、デザインにおいては業態を横断する形で総合的に幅広く請け負っている業者もあります。いずれの業者もホームページの実績・事例ページには最も力を入れていることが多いので、欠かさずチェックしましょう。

設計・デザイン対応の店舗内装・工事・解体の発注トラブル事例

人イメージ

請求額がドンドンあがっていく、近隣とのトラブルが発生している、などの特有の問題は頭の痛い悩みでもあるようです。店舗内装・工事・解体にかかわるトラブルの一部をご紹介いたします。思わぬトラブルを避けスムーズな発注・納品となるよう、ぜひimitsu(アイミツ)にご相談下さい。

設計・デザイン対応の店舗内装・工事・解体の発注時よくある質問

人イメージ

設計・デザイン対応の店舗内装・工事・解体についてのよくある質問を集めてみました。業者を決定するまでには、自社の業態や依頼内容に応じたさまざまな疑問点が浮かぶものです。発注後のお客様へのヒアリングを行っているぜひアイミツでは、細かな疑問点もしっかり把握しています。

アイミツのサービス

業者選び
にお困りですか?

簡単3ステップ

優良業者からの見積もりが集まります

提案表・見積もり書
  1. ヒアリング

    ヒアリング

    ご要望がまとまっていない、相場がわからない場合でも、業界のプロが適切にリードいたします。

  2. 優良業者を提案

    優良業者を提案

    基本的な比較情報はもちろん、推薦の理由、どんな評価を受けているかもご説明します。

    提案表
  3. 見積もり

    見積もり

    各社の見積もりが簡単に集まり、スムーズに業者選定を進めることが可能です。

    見積もり書

完全無料!一括見積もりはこちらから

サポートブックイメージ
お問い合わせで無料進呈中、完全保存版、見積もり・発注サポートブック