業者探しで迷わない。一括見積もりならアイミツ

お急ぎの方は
電話で即日相談

フリーダイアル

0120-917-819

通話無料 営業時間 10:00~19:00 土・日・祝休

設計・デザイン対応の優良業者

店舗内装・施工

おすすめ業者を一覧比較

店舗内装・工事・解体業者とは、オフィスや個人店舗の設計、リフォーム、各種機材の設営、撤去時の解体などを手がける会社です。店舗によっては、専門的な器具をそろえたり利用客の導線を考えた店舗設計を行ったりする必要があり、デザイン面でも同業者内でのトレンドがありますので、自社と同じ業種を得意(専門)としている業者を選ぶようにしましょう。設計・デザイン対応の業者であれば、店舗の様々な要望に細かく対応してくれ、それに合わせて様々な設計やデザインを提案してくれる業者を選ぶのがポイントです。また、店舗内装と、店舗解体を両方対応できる業者もありますが、どちらか一方を専門に行っている業者もいます。見積もりや工程表は、後々トラブルにならないよう、細分化したものを求めると共に、納得がいくまで説明してもらうようにしましょう。解体を依頼するときは、解体工事業の届け出や産廃物処理の認可を忘れずにチェックします。また、近隣からのクレームにつながらないよう、施工中の配慮が行き届いた会社を選ぶと、安心して任せることができるでしょう。

初めての方はこちら!

完全無料

業者を一覧で比較する

設計・デザイン対応の優良業者 店舗内装・工事・解体業者一覧

53件中110件の業者を比較中

発注は時間も手間もかかりますよね?

コンシェルジュが解決します!

コンシェルジュに相談、あなたにあった業者を提案、発注の手間を削減!

完全無料

まずはお気軽にご相談ください

人気のキーワード

関連するカテゴリ

設計・デザイン対応の店舗内装・工事・解体会社の選び方ガイド・比較のポイント

  • POINT 1 自分の店の業種・業態に強みを持つデザイン設計業者を選ぶ

    業種や業態に特化した店舗デザイン会社を選ぶことが重要です!
    一口に店舗内装と言っても、飲食店、美容サロン、物販店などの内装工事では各業種で必要とされる機能が全く違います。工事業者の得意な業種・不得意な業種を見極めてから発注すると良いでしょう。不慣れ… 続きを見る

  • POINT 2 委託範囲を検討する

    一括発注と別々の発注、どちらもメリット・デメリットを見て判断する。
    設計と施工を一括発注するか、別々に発注するかという点は大きな分かれ道となります。 どちらにするかで大きくコストが変わりますので、双方のメリット・デメリットを把握した上で、選択してください… 続きを見る

  • POINT 3 店舗内装設計・施工に関するノウハウや実績を確認する

    業者は実績や実例ページに力を入れている、欠かさずチェックしましょう!
    これまでどのような業種、規模、デザイン、工法・構造(木造・鉄筋コンクリート造・鉄骨造)をメインに手掛けてきたのかと強みを知ることは業者を選定する上で非常に重要です。設計・施工実績がホームペ… 続きを見る

設計・デザイン対応の店舗内装・工事・解体会社への発注にあたっての基礎用語

  • コンペ

    コンペとは、「コンペティション=競争、」の略です。デザインコンペとは一定の条件を提示して複数のデザイナーからプランを募り、その中から優秀なプランを選ぶ方式のことですが、コンペを開催する際に、デザイナーに対してコンペ費用を払うこともあるようです。

  • パース図

    建物の外観や室内を立体的な絵に起こしたものです。平面的な図面などでは捉えきれない全体のイメージを表現できます。図面を元にしているので、正確に完成物件の全体像が把握できます。最近ではCGで様々な加工をした、よりリアリティをもったパース図も登場しています。

  • ゴールデンゾーン

    ゴンドラ(陳列棚)の陳列で、買い物客が最も見やすい高さ(60センチ~150センチ)の部分をゴールデンゾーンといいます。高い売上を期待できる部分です。

  • 有効陳列範囲

    商品を見やすく手に取りやすい、床面から60センチ~210センチの部分です。

  • VMD(ヴィジュアルマーチャンダイジング)

    簡潔に説明すると、商品の良さをわかりやすく、綺麗に見せることをいいます。買い物客は、売り場に陳列されている商品やPOPを通じて、売り場やその店のイメージ、コンセプトを知覚します。商品の特性をVMDによって補足し、より多くの商品を買ってもらうための販促活動です。