あなたの発注コンシェルジュ

7万社以上を徹底比較

コスパが最大化する

産業医
一括見積もり

クオリティUPでより高いクオリティを、コストダウンで適正な価格で発注

  • 利用実績

    9万社

  • 利用満足度

    98%

ところで

産業医の業者探しで、こんなお悩みありませんか?

  • 電話が鳴り止まない

    一括見積もりサイトだと電話が…

    一括見積もりをすると多数の会社から
    営業電話が鳴り続けて業務に支障をきたしそう

  • 見積もりを取っても不安

    業界事情や相場を知らない…

    適正な価格がわからないから
    見積もりを取っても不安

  • 情報だけを信じるのは不安

    どの企業が優れているのか…

    ホームページには良いことが書かれて
    いるけれども、実際の評判はどうなの?

そのお悩みをアイミツが解決
発注先選定を無料でお手伝い!

  • point.1

    相場情報をご提供!

    9万件以上の利用実績から
    相場情報や適正価格をご案内
    見積もりのポイントも教えます。

  • point.2

    コンシェルジュ

    専門コンシェルジュによる
    徹底見積もりサポート!

    御社の要望をコンシェルジュが
    ヒアリング、全国7万社以上の業者比較
    ・調査から
    要望に適した会社をご紹介。

  • point.3

    評判の良い会社に厳選!

    100万以上のクチコミから
    評判の良い業者
    に絞ってご紹介
    営業電話に困ることはありません。

業者探しは手間も費用もかからない3ステップ

  • 確認

    確認のイメージ

    希望条件、ご要望を
    お聞かせください!

    ご要望がまとまっていない場合でも、業界のプロが適切にリードいたします。

  • 提案

    確認のイメージ

    業者選びのコンシェルジュが
    無料で業者をご紹介!

    基本的な情報はもちろん、推薦の理由、どんな評価を受けているかもご説明します。

  • 見積もり

    確認のイメージ

    直接商談も可能!スピーディ
    に見積もりが集まります

    各社の見積もりが簡単に集まり、スムーズに業者選定を進めることが可能です。

相談してみてわかる!アイミツが選ばれる理由とは?

大手から中小企業まで、話題の企業が続々利用中!

規模を問わず、数多くの有名企業様に
ご利用いただいているのには理由があります!

  • 利用料
    0

    ご相談は無料ですイメージ

    ご相談は無料です

    業者比較・紹介のための総合サイトとして広告収益を中心に運営。完全無料でのサービス提供を実現しました。

  • 満足度
    98%

    安心の満足度98%イメージ

    安心の満足度98%

    最新事情、業界慣習、企業の評判から相場まで、各業界を徹底的に理解した専門スタッフが対応。

  • 調査社数
    7万社

    プロによる徹底調査イメージ

    プロによる徹底調査

    最新事情、業界慣習、企業の評判から相場まで、各業界を徹底的に理解した専門スタッフが対応。

  • 会員登録
    不要

    スピード即日対応イメージ

    スピード即日対応

    原則、電話もしくはメールにて、即日対応いたします。手厚いサポートで発注の不安を解消します。

産業医業者を探す

全国870社から、あなたにピッタリの産業医業者が見つかります。

業者選びのポイントをカンタンにご紹介

業者選びの具体的な進め方は、アイミツが誇る業界のプロにご相談ください

産業医の選び方ガイド

産業医の委託先、外注先を探すにあたってのポイントや選び方など、様々な情報をまとめました。当社が保有するほんの一部のノウハウのみの公開ですが、参考にしてください。当社は、相場情報、見積もり事例など多数保有しております。


産業医の選定ポイント

point.1自社のニーズに合わせて対応してくれるか

信頼できる産業医になってもらうためには、事前の見極めが重要。

産業医を探す際には、地元の医師会や病院、健康保険組合、親会社、関連会社に紹介を依頼するのが、一般的ですが、最近ではホームページ上で産業医のサービスについて記載する医者も多くなっており、インターネット上で探すことも多くなりました。医師会に依頼すると、ほぼ確実に産業医を紹介してくれるというメリットがありますが、報酬金額が協定料金のため割高になったり、必ずしも希望するタイプの医師を紹介してくれるとは限らないのがデメリットと言えます。

産業医として、誠意をもって対応してくれるか、次のポイントを確認してみましょう。

  •  契約書の内容通りに活動してくれるか

実際に産業医に業務を依頼する前に、産業医契約書を企業と医師の間で交わす事になります。その際に、担当事業所名、活動内容、訪問回数、時間などを記載し、確実に活動してもらうことを医師に確認します。

  •  コミュニケーション能力

従業員の健康状態を十分に理解し、誠実な対応をしてくれるかを確認します。医師が従業員とコミュニケーションをとる際は、医療の専用語を多用せず、わかりやすい言葉で説明してくれるか、傲慢な態度で接することがないかをチェックしておきたいものです。

  •  連絡のとりやすさ

緊急で連絡したい時、電話でもしっかりとアドバイスをしてくれるかを確認しましょう。場合によっては、定期訪問とは別に訪問してくれるかも確認しましょう。緊急の対応や万が一の対応を想定して、その内容を契約書に明示することも大切です。

  •  医師の年齢

多くの企業では、自社のための産業医として、長く活動してくれる医師を探すことになるでしょう。そのため、10年、20年と長く産業医をしてもらうには、ある程度、医師の年齢を考慮する必要があります。また、多くの従業員と年齢が近ければ、コミュニケーションが取りやすいことも考えられます。

  •  医師の異動や転勤はないか

せっかく企業の業務を理解し、社員の健康状態を詳しく把握して、信頼を築いてきても、突然、異動してしまっては、従業員が困惑してしまうことも考えられます。一般的には、地元の開業医であれば、異動する可能性は低いといえます。

中には、実質的には、産業医の業務を何も行っておらず、名義貸しのようになっている場合があるようですので注意が必要です。とりあえずいるだけの産業医ではなく、経営者や、人事担当者、従業員にとって「信頼できる産業医」になってもらうためには、事前の見極めが重要になります。

 

尚、従業員の健康管理についてお考えの場合は、「健康管理システムの比較」もご参考にしてください。

 

point.2医師として豊富な経験や実績があるか

産業医の経験が浅くても、専門医としての経験があれば実績として問題なし。

過去にどのような実績や産業医の活動をしていたかを確認します。

しっかりと産業医としての活動をしてきた医師は、過去に従業員向けに喫煙、飲酒などに関する健康セミナーを開催したり、インフルエンザに関する予防方法の指導や最新情報の提供を行ってきた実績がある場合があります。他にも、精神的不調を訴える社員に対するケア、マニュアルやフローチャートの作成の監修等を行っている事もあります。

また、定期的に職場巡視を行い、製造工場では、溶剤や毒物の取り扱いの指導、サービス業務を行っている会社では、コミュニケーション方法や従業員のストレスについて、事業所の管理者へ助言を行ったりしています。しかしながら、産業医の経験が浅くても、専門医としての経験があれば、医師の実績としては、問題ないでしょう。

産業医に特に対応してほしい事がある場合で、たとえばメタボ対策や生活習慣病については、内科、外科の医師を選定します。メンタルヘルスについては、精神科、心療内科の医師を選定することが考えられます。

▼信頼できる産業医とは

  •  身体状況や、メンタル面など、幅広い医学知識と豊富な実績を持ち合わせている
  •  従業員に何か問題が発生した際に、一緒に考えて解決策を提案してくれる
  •  担当企業の業務内容を理解した上で、リスクヘッジ策を提案してくれるなどのコンサルティング力がある

 

point.3報酬額を明確にする

金額ではなく、サービスの品質で選ぶべき!

従業員が50人以上の場合は、産業医を選定する必要があると労働安全衛生法で定められています。クライアントの企業に常駐せず、月1、2回の勤務を行う嘱託産業医の平均報酬は、3万円~6万円です。また、従業員が500人以上の場合には、専属産業医を選定する義務があります。企業に常駐して、企業の業務時間に合わせて毎日勤務する専属産業医の報酬は、1ヶ月で120万円~150万円が目安と言われています。報酬の金額自体はそれほど差額は大きくないので、金額ではなくサービスの品質で選ぶべきでしょう。

その他、健康に関する講話やセミナー、インフルエンザや季節ごとに流行する感染症に関しての特別対応など、定期的な産業医の業務以外に依頼することがあれば、別途報酬費用が発生することもあります。

 


産業医のよくある質問

産業医についてのよくある質問を集めてみました。業者を決定するまでには、自社の業態や依頼内容に応じたさまざまな疑問点が浮かぶものです。発注後のお客様へのヒアリングを行っているぜひアイミツでは、細かな疑問点もしっかり把握しています。

コンシェルジュ

Q産業医とは何ですか?

A事業場において労働者が健康で仕事が行えるよう、指導・助言を行う医師のこと。

産業医とは、事業場において労働者が健康で快適な作業環境のもとで仕事が行えるよう、専門的立場から指導・助言を行う医師のことです。産業医学の実践者として産業保健の理念や労働衛生に関する専門的知識に精通し労働者の健康障害を予防するのみならず、心身の健康を保持増進することを目指した活動を遂行する任務があります。

Q産業医の選任は義務ですか?

A労働安全衛生法により、一定規模の事業場では義務。

50名以上の労働者を雇用している事業場や、月80~100時間超の残業をした労働者がいる事業場は、労働安全衛生法により、一定規模の事業場には産業医の選任が義務付けられています。毎月1回以上、事業場を訪問してもらい、労働者の健康管理指導の実施してもらうこと、また、労働者の疲労蓄積の程度を把握し、本人の申し出により医師の面談を実施し、その結果の記録を5年間保管する義務が課せられていま

Q産業医としての業務とはどのようなものがありますか?

A労働者の健康管理、指導や助言。メンタルヘルス対策の実施も。

産業医の業務は、事業場において労働者が健康で快適な作業環境のもとで仕事が行えるよう、専門的立場から指導・助言し、さらにメンタルヘルス対策の実施も求められる場合があります。精神科顧問医契約ではメンタルヘルス上での課題に関して産業医を補佐することになりますが、休職・復職のなどの社員に対しての措置を決定する権限は産業医にあるため、精神科顧問医からの意見を参考にして決めていただくこととなります。

Q産業医の報酬について教えてください。

A従業員数に応じた「顧問料」としての料金設定。

産業医の報酬については、訪問回数、会社の規模、事業内容によって変わります。国内の標準報酬は、従業員数に応じた「顧問料」としての料金設定になっています。 このため、月1回の訪問を実施した場合、別途6万円を加算する地域が多くなっています。 地元の開業医(産業医)に依頼する場合、原則、「健康診断の実施」が必要です。

Q産業医に関する経費を節約したいです。

A近所の会社と共同で産業医を選任して、経費を折半するというやりかたも。

訪問回数を減らして契約すれば経費は安くなりますが、名前だけの産業医になってしまうのも困ります。割り切って健康診断実施機関に依頼すれば安くすむことが多いようです。親会社や関連会社、近所の会社と共同で産業医を選任して経費を折半するというやりかたもあります。産業医の報酬は事業規模、事業内容、所在地、従業員数、職務内容によって微妙に変わりますので、事前に業者にご確認ください。

Q産業医の選任を急いでいるのですが。

A何が必要なのかアドバイスしてくれる業者もあるので、事前に相談を。

産業保健に精通した営業担当者が、まず何をしなければならないのか、そのために何が必要なのかを、他社での対応などの例も含めてアドバイスしてくれる業者もありますので、事前にご相談ください。産業医など人材の紹介、産業保健で使用するフォーマットや法的知識、労基署OB からのアドバイスなど、要望に応じてサポートしてくれるあるようです。

Q契約している産業医が既にいるのですが、精神科医の産業医を探しています。契約できますか?

A複数の産業医と契約することは全く問題ナシ。精神科医の産業医とは役割分担を。

複数の産業医と契約することは全く問題ありません。ただし、精神科医の産業医はメンタルヘルス領域の課題を扱うというように役割を切り分けておく必要があるようです。また、2名の産業医と契約を結ぶ必要性はない場合には、どちらの医師と契約を結ぶのが良いのか、業者に確認すると良いでしょう。

Q精神科顧問医契約ではどのようなサービスが提供されますか?

Aメンタルヘルス上の課題に、専門的見地からのアドバイス。

従業員50名未満で産業医が現在のところ必要ない企業、あるいは産業医が既に選任されている企業において精神科顧問医契約では、精神科顧問医がメンタルヘルス上の課題に対し専門的なアドバイスをするサービスです。社員の面談ばかりでなく人事担当者や上司の方々からの相談もお受けします。産業医が既に選任されていれば、産業医としての業務はその医師によって行われれば良いことになります。

Q精神科産業医に身体の健康についても相談できますか?

A専門分野以外にも対応できる医師はいるので、あらかじめヒアリングしておく。

業者によっては、精神科医でも体の健康問題はもちろん、一般の産業医業務も含めた安全衛生全般について対応できる医師がいるようです。産業医としての明確な区別や発注に対する専門分野制限は設けられておりません。産業医として契約を行う前に、どのような事例にこれまで対応しているのか、専門分野以外のカウンセリング相談はどう対応しているかを予めヒアリングしておきましょう。

Q精神科医の産業医を紹介してもらえますか?

A精神科医の企業ニーズは高まっており、2名体制も。

産業医仲介業者によっては、産業医資格をもつ精神科医の在籍もあるようです。昨今はメンタルクリニックとしての社員健康管理も盛んになってきており、これまでのように内科医よりも、精神科医に来てもらいたいという企業ニーズが高まっていることをうけ、産業医を2名体制にする措置をとる企業もあります。自社のニーズにあわせて、事前にご確認ください。


産業医のアイミツ利用事例「社員100名程度の産業医契約」

どのような産業医を探していましたか?

以前は医師会から紹介してもらったが、紹介料がかなり掛かってしまった。

社員100名ほどのWEBデザイン制作会社です。残念ながら、今までお世話になっていた産業医の先生が、ご高齢で今年限りの退任が決まりました。弊社は社員の平均年齢が30歳と若いメンバーで構成されているため、年齢層が抱える特有の悩み(メンタル面や生活習慣病)の経験値が多い先生を探していました。以前は地元の医師会からご紹介いただいていましたが、紹介料がかなり掛かってしまうため、今回はインターネットで探すことにしました。

アイミツを利用したきっかけ

産業医を、一括で比較できるサイト発見!

先述の通り、以前は医師会からの紹介でしたが、高額な紹介料のコストカットと、弊社にあった先生を自分たちで選びたいという気持ちから、最近はインターネットでも産業医を探すことが出来ると知り、まずは検索サイトで調べてみました。最初は1つ1つサイトを見ていましたが、一括で比較できるサイトはないかと思って検索しなおしていたところ、アイミツに出会いました。

見積もり時に気をつけたこと

細かくヒアリングしてもらったことで、今まで気づかなかった他の条件まで。

仕事柄、生活が不規則になりがちです。その背景を理解し、リスクヘッジ策を一緒に考え提案してくださるコンサルティング力に期待しています。特にメンタル面や生活習慣病を中心に幅広い知識と豊富な実績があることは譲れませんでした。今回は初めての利用でしたので、アイミツの「業者選びのコンシェルジュ」サービスを利用することにしました。細かくヒアリングしていただくことで、今まで気づかなかった他にも希望する条件が出てきました。

実際に発注してみた感想や気づき

「業者選びのコンシェルジュ」に任せて、スムーズに決定。

「業者選びのコンシェルジュ」にお任せしたことで、スムーズに産業医を決定することができました。インターネット検索だけでは分からない部分を、人力で調査し、評判・実績を比較できた結果、信頼できるご紹介だったと思います。今後、新しく業者を選ぶ際には、アイミツを活用したいと思っています。


産業医の用語・基礎知識

産業医の基礎知識・基礎用語

産業医は、会社の従業員が健康で快適な環境で仕事が行えるように、健康診断の実施、仕事の環境に関する指導、衛生教育、あるいは、相談を受け付けたり、アドバイスをする医師のことです。また、従業員の健康を保持するために必要であれば、企業の衛生管理者に勧告することができます。産業医は、労働衛生コンサルタントの試験に合格した医師、もしくは、日本医師会が認定した研修を修了した医師でないと、産業医を勤めることはできません。全国に約75,000人以上おり、およそ4人に1人の医師が、産業医の資格を持っていることになります。労働安全衛生法により、従業員が50人以上の事業所は、産業医を選任する義務があり、違反した場合には、会社の代表者に罰金が科せられます。また、従業員が500人以上になると、クライアント企業に毎日勤務する専属産業医を選定する義務があります。最近の傾向としては、精神的な問題を抱えた社員のメンタルヘルスケアのニーズが高まっています。