業者探しで迷わない。一括見積もりならアイミツ

お急ぎの方は
電話で即日相談

フリーダイアル

0120-917-819

通話無料 営業時間 10:00~19:00 土・日・祝休

産業医

最適な企業が30秒で、らくらく見つかる

利用実績

2万件

見積もり利用料

無料

利用満足度

98.4

※2015年12月に利用した企業様に「アイミツの満足度を教えてください。」という質問を行い「満足、普通、不満」の中から「満足」と答えた企業様の割合です。

カンタン30秒

100万件のクチコミと
5万社比較から

優良企業のみで
一括見積もり

産業医は、会社の従業員が50人以上になった場合に選定する義務があると、労働安全衛生法で定められています。産業医の選び方としては、まず、自社で対応してもらいたい内容は何かということを調査し、明確にします。その中で、真摯に対応してくれる産業医を探します。従業員と上手くコミュニケーションを取ってくれるか、連絡をとったらすぐに対応してくれるか、自社の労働環境を理解して、的確なアドバイスをしてくれるかなどを確認します。そして、過去の実績をチェックし、自社の産業医として、長く契約してもらえるかを確認します。医師によって、報酬は様々ですが、月1回の勤務を行う嘱託産業医ならば、3万円以上が相場です。中には、契約書に月1回の職場巡視と明示しているにもかかわらず、一度も実施されていない場合など、不誠実な対応をとる産業医もいるので注意したいところです。会社として、「メンタルヘルスケア」や「衛生環境についてのアドバイス」など、要望を具体的に伝えておくことで、有意義な産業医活動を行ってもらうことができます。

人イメージ

産業医の発注や業者探しの際、こんなお悩みありませんか?


  • 予算

    予算を抑えたいけれど
    どこに相談すればよい?

  • 評判

    いろんな会社が検索でヒット!
    本当に評判がよいのはどこ?

  • 相場

    相場が分からないけれど
    いくら位が妥当な金額?

  • 営業

    一括見積もりに依頼すると
    営業電話が多そうで不安・・・

人イメージ

そのお悩みをアイミツが解決します

発注先選定を無料でお手伝い!

  • POINT1

    相場情報をご提供!

    2万件以上の利用実績から
    相場情報や適正価格をご案内!
    見積もりのポイントも教えます。

  • POINT2

    専門コンシェルジュによる
    徹底見積もりサポート

    専任のコンシェルジュが、
    ご要望を丁寧にヒアリングいたします。
    5万社の調査から最適な会社をご紹介。

  • POINT3

    評判の良い会社に厳選

    100万以上のクチコミから
    評判の良い会社に絞ってご紹介!
    営業電話に困ることはありません。

業者探しは手間も費用もかからない

3
STEP

  1. 確認

    希望条件、ご要望をお聞かせください!

    ご要望がまとまっていない場合でも、
    業界のプロが適切にリードいたします。

  2. 提案

    専門知識のあるコンシェルジュが
    無料で業者をご紹介いたします!

    基本的な情報はもちろん、推薦の理由、
    どんな評価を受けているかもご説明します。

    提案表
  3. 見積り

    直接商談も可能!即、見積もりが集まります

    各社の見積もりが簡単に集まり、
    スムーズに業者選定を進めることが可能です。

    見積もり

無料即日対応優良企業を厳選してご紹介!

カンタン!30秒でお問い合わせ完了

お問い合わせで無料進呈中。完全保存版見積もり・発注サポートブック

お急ぎの方はお電話でも受付しています

フリーダイアル

0120-917-819

通話無料 営業時間 10:00~19:00 土・日・祝休

  • 問い合わせ後の流れは?
  • 無料でサービスが受けれられる理由とは?

REVIEWS

20,000件の相談実績

2014年から既に2万件を超える相談をいただいたおり、
利用されたお客様からもご好評いただいております

イメージ

無料即日対応優良企業を厳選してご紹介!

カンタン!30秒でお問い合わせ完了

お問い合わせで無料進呈中。完全保存版見積もり・発注サポートブック

お急ぎの方はお電話でも受付しています

フリーダイアル

0120-917-819

通話無料 営業時間 10:00~19:00 土・日・祝休

  • 問い合わせ後の流れは?
  • 無料でサービスが受けれられる理由とは?

産業医の

選び方ガイド

産業医の選び方ガイド

産業医の委託先、外注先を探すにあたってのポイントや選び方など、様々な情報をまとめました。当社が保有するほんの一部のノウハウのみの公開ですが、参考にしてください。当社は、相場情報、見積もり事例など多数保有しております。

産業医の選定ポイント

POINT
01

自社のニーズに合わせて対応してくれるか

信頼できる産業医になってもらうためには、事前の見極めが重要。

産業医を探す際には、地元の医師会や病院、健康保険組合、親会社、関連会社に紹介を依頼するのが、一般的ですが、最近ではホームページ上で産業医のサービスについて記載する医者も多くなっており、インターネット上で探すことも多くなりました。医師会に依頼すると、ほぼ確実に産業医を紹介してくれるというメリットがありますが、報酬金額が協定料金のため割高になったり、必ずしも希望するタイプの医師を紹介してくれるとは限らないのがデメリットと言えます。

産業医として、誠意をもって対応してくれるか、次のポイントを確認してみましょう。

  •  契約書の内容通りに活動してくれるか

実際に産業医に業務を依頼する前に、産業医契約書を企業と医師の間で交わす事になります。その際に、担当事業所名、活動内容、訪問回数、時間などを記載し、確実に活動してもらうことを医師に確認します。

  •  コミュニケーション能力

従業員の健康状態を十分に理解し、誠実な対応をしてくれるかを確認します。医師が従業員とコミュニケーションをとる際は、医療の専用語を多用せず、わかりやすい言葉で説明してくれるか、傲慢な態度で接することがないかをチェックしておきたいものです。

  •  連絡のとりやすさ

緊急で連絡したい時、電話でもしっかりとアドバイスをしてくれるかを確認しましょう。場合によっては、定期訪問とは別に訪問してくれるかも確認しましょう。緊急の対応や万が一の対応を想定して、その内容を契約書に明示することも大切です。

  •  医師の年齢

多くの企業では、自社のための産業医として、長く活動してくれる医師を探すことになるでしょう。そのため、10年、20年と長く産業医をしてもらうには、ある程度、医師の年齢を考慮する必要があります。また、多くの従業員と年齢が近ければ、コミュニケーションが取りやすいことも考えられます。

  •  医師の異動や転勤はないか

せっかく企業の業務を理解し、社員の健康状態を詳しく把握して、信頼を築いてきても、突然、異動してしまっては、従業員が困惑してしまうことも考えられます。一般的には、地元の開業医であれば、異動する可能性は低いといえます。

中には、実質的には、産業医の業務を何も行っておらず、名義貸しのようになっている場合があるようですので注意が必要です。とりあえずいるだけの産業医ではなく、経営者や、人事担当者、従業員にとって「信頼できる産業医」になってもらうためには、事前の見極めが重要になります。

 

尚、従業員の健康管理についてお考えの場合は、「健康管理システムの比較」もご参考にしてください。

 

POINT
02

医師として豊富な経験や実績があるか

産業医の経験が浅くても、専門医としての経験があれば実績として問題なし。

過去にどのような実績や産業医の活動をしていたかを確認します。

しっかりと産業医としての活動をしてきた医師は、過去に従業員向けに喫煙、飲酒などに関する健康セミナーを開催したり、インフルエンザに関する予防方法の指導や最新情報の提供を行ってきた実績がある場合があります。他にも、精神的不調を訴える社員に対するケア、マニュアルやフローチャートの作成の監修等を行っている事もあります。

また、定期的に職場巡視を行い、製造工場では、溶剤や毒物の取り扱いの指導、サービス業務を行っている会社では、コミュニケーション方法や従業員のストレスについて、事業所の管理者へ助言を行ったりしています。しかしながら、産業医の経験が浅くても、専門医としての経験があれば、医師の実績としては、問題ないでしょう。

産業医に特に対応してほしい事がある場合で、たとえばメタボ対策や生活習慣病については、内科、外科の医師を選定します。メンタルヘルスについては、精神科、心療内科の医師を選定することが考えられます。

▼信頼できる産業医とは

  •  身体状況や、メンタル面など、幅広い医学知識と豊富な実績を持ち合わせている
  •  従業員に何か問題が発生した際に、一緒に考えて解決策を提案してくれる
  •  担当企業の業務内容を理解した上で、リスクヘッジ策を提案してくれるなどのコンサルティング力がある

 

POINT
03

報酬額を明確にする

金額ではなく、サービスの品質で選ぶべき!

従業員が50人以上の場合は、産業医を選定する必要があると労働安全衛生法で定められています。クライアントの企業に常駐せず、月1、2回の勤務を行う嘱託産業医の平均報酬は、3万円~6万円です。また、従業員が500人以上の場合には、専属産業医を選定する義務があります。企業に常駐して、企業の業務時間に合わせて毎日勤務する専属産業医の報酬は、1ヶ月で120万円~150万円が目安と言われています。報酬の金額自体はそれほど差額は大きくないので、金額ではなくサービスの品質で選ぶべきでしょう。

その他、健康に関する講話やセミナー、インフルエンザや季節ごとに流行する感染症に関しての特別対応など、定期的な産業医の業務以外に依頼することがあれば、別途報酬費用が発生することもあります。

 

産業医のよくある質問

人イメージ

産業医についてのよくある質問を集めてみました。業者を決定するまでには、自社の業態や依頼内容に応じたさまざまな疑問点が浮かぶものです。発注後のお客様へのヒアリングを行っているぜひアイミツでは、細かな疑問点もしっかり把握しています。