業者探しで迷わない。一括見積もりならアイミツ

お急ぎの方は
電話で即日相談

フリーダイアル

0120-917-819

通話無料 営業時間 10:00~19:00 土・日・祝休

プロモーションサイト対応の優良業者

プロモーションサイト対応のWEBデザイン・ホームページ制作

コスパが最大化する

一括見積もり

利用料 0円

失敗しない!今ならお問い合わせで無料進呈中 発注サポートブック

カンタン!30秒でお問い合わせ完了

優良企業のみで一括見積もり

コンサルティング イメージ

プロモーションサイト対応のWEBデザイン・ホームページ制作の会社比較ガイド・比較のポイント

プロモーションサイト対応のWEBデザイン・ホームページ制作の委託先、外注先を探すにあたってのポイントや選び方など、様々な情報をまとめました。アイミツが保有するほんの一部のノウハウのみの公開ですが、参考にしてください。アイミツでは相場情報、見積もり事例など多数保有しております。

プロモーションサイト対応のWEBデザイン・ホームページ制作の選定ポイント

POINT
01

訪れたユーザーを離さないサイトを制作しているか

ユーザーを一目で惹き付けるデザイン性は重要!

特定の商品・サービスについて「知ってもらいたい」「興味を持ってもらいたい」「買ってもらいたい」といった宣伝活動や、顧客獲得を目的としたWebサイトをプロモーションサイトといいます。

 

プロモーションサイトを制作するメリットとして、以下の点が挙げられます。

  • 特定の商品・サービスについて、短期間で訴求力の高いプロモーションが可能
  • 特定の商品・サービスの潜在・見込顧客の発掘
  • 特定のターゲットに限定できる・他のサイトでは盛り込めなかった情報・キーワードを扱ったWebサイト制作が可能
  • コーポレーションサイトに比べ、アップデートリリースを含むこまめな更新が容易

 

もちろん、ただ単にプロモーションサイトを制作するだけでは上記のメリットを得られません。実は、サイトを訪れたユーザーの半数以上が、アクセス後ほんの数秒でウェブサイトから離脱する傾向にあります。それでは、訪れたユーザーを離さないサイトとは、具体的にはどういったサイトなのでしょうか。

例えば、BtoB向けのプロモーションサイトを制作する場合を想定してみましょう。訪れるユーザーはどのような人が考えられますか?

「この商品ってどんな商品なんだろう」

「もしかしたら自社で使えるサービスかもしれない」

など、商品やサービスの情報収集を目的にサイトを訪れるユーザーが多くなっています。それにも関わらず、デザイン重視の分かりにくいサイト構成であったり、何を伝えたいのかが不明確な文章内容だったりすると、情報収集を目的としたユーザーがすぐに離脱してしまうのは当然のことです。

「それでは、かっこいいデザインはしない方が良いのか?」というと、そういうわけでもありません。

例えば、BtoC向けのプロモーションサイトでかっこいい車を見ようとしたユーザーが、文章中心のわかりやすさを求めたサイト内に車の写真がこぢんまりと表示されているのを見てどう思うでしょうか?少なくとも、その車を購入しようか迷っているユーザーの背中を押すことはできないでしょう。

 

このようにプロモーションサイトは直感的に分かりやすい構成も重要ですが、それと同時に、ユーザーを一目で惹き付けるデザイン性が求められるケースも多くあるのです。そして、上記のBtoB向けのサイトと、BtoC向けのかっこいい車を見たい若者向けサイトのように、サイトの目的とターゲットの分類によってサイト構成の比重が変わります。

また、かっこいいデザインの中でも、よりかっこよく見せたい、印象的なデザインにしたいという場合は、Flashなどのリッチコンテンツを使用すると効果的です。例えば、もし自分がクリックしたページに動きがあり展開が気になるサイトと、静止画で文字がひたすら並んでいるサイト、あなたはどちらのサイトで離脱しようと感じるでしょうか。

ユーザー目線になってデザインや構成を考えてみたら、おのずと作るべきサイトが見えてくるでしょう。

 

このように、プロモーションサイトの制作をする際は、企画段階から特に離脱率を意識し、公開後もLPO(ランディングページ最適化)などを実施することが大切です。そのため、制作会社に発注をご検討する場合は、ユーザーが目的にたどり着けるサイト制作を実現できるかを重視して業者を選びましょう。また選ぶ際のポイントは、扱う商品・サービス、想定ターゲットについて丁寧なヒアリング・分析を行っているか、実際に制作したプロモーションサイトは高品質かどうかなどを確認することが重要です。

POINT
02

コンバーション率の向上に繋がる集客力があるか

商品やターゲットの特徴を正確に把握した上での適切な施策なのかどうか

プロモーションサイトを持つ企業の中には、「思うように集客数が上がらない」「アクセス数は増えたが、資料請求数やお問い合わせ数が増えない」「競合他社のサイトよりも質が高いはずなのに、成約率で負けてしまう」などの問題を抱えている場合も少なくありません。このような問題を解決するため、多くの企業ではデザインのリニューアルや特設ページの作成など、サイト内の改善に注力しています。もちろん、多少の効果はあるかと思いますが、実は多くのケースではコンバーション率(CVR)の向上に繋がる最適な解決策ではないのです。

 

プロモーションサイトのコンバーション率向上において、「集客」は非常に重要な要素です。なぜなら集客がうまく行われていなければ、商品を思うように売ることはできないからです。また、サイトの目的が不明確でインターネット上の膨大な情報に埋もれてしまっては、ユーザーは訪れることすらできない場合もあります。

そこで、効果的な集客を行うためには、商品やターゲットの特徴を正確に把握し、適切な広告手段を用いる必要があります。

 

代表的な広告手段や効果的な集客方法には、以下が挙げられます。

  • メールマガジン
  • リスティング広告
  • キーワード広告
  • アフィリエイト広告
  • モバイルサイト
  • 口コミ
  • 懸賞
  • 印刷物やSNSなど、別媒体との連携
  • SEO対策

 

例えば、ある商品について、ターゲットを若年層に絞ったプロモーションを行う場合を想定します。この場合、若年層であるターゲットに最もたどり着きやすい告知方法として、「モバイルサイトを活用した告知」が挙げられます。また、FacebookやtwitterなどのSNSやスマートフォンアプリと連動したプロモーションも、口コミなどにより認知度を上げられるので効果的でしょう。さらに、ターゲットだけでなくプロモーションの期間が短期間の場合はメールマガジンやキーワード広告が最適であり、長期間の場合はSEO対策が重要な要素となります。

 

このように、ターゲットを絞り、プロモーション期間などの諸条件に合った告知方法を選定することで、コンバーション率を高められます。しかし、それは前提として「サイトの目的が明確化されている」場合に限られます。

このプロモーションサイトの目的である、資料請求数やスペシャルキャンペーン・メルマガの登録数、お問い合わせ数などについて、具体的な数値目標を定めましょう。こうした目的を明確化すれば、プロモーションの効果を測定することが出来るようになります。そのため、外注する際には、すぐに制作に取りかかる業者ではなく、商品やサービスに関するヒアリングや分析を行い、コーポレートサイト構築の目的を明確にしてくれる業者を選定しましょう。

POINT
03

購入を後押しできるような構成力があるか

効果的なコンテンツを作成するポイントもしっかりと把握しておくこと!

集客方法を改善した結果、アクセス数が増加したとしても、これでゴールではありません。なぜなら、最終的なゴールは、ユーザーのアクション(購買行動や資料請求など)に繋げる必要があるからです。

以下では、プロモーションサイトの基本的な構成(上部・中部・下部)と効果的なコンテンツを作成するポイントを挙げています。

 

1.上部:ビジュアル

  • キャッチコピー

プロモーションサイトで非常に重要な部分です。このキャッチコピーがユーザーの目的と一致していないコピーの場合、サイトから離脱させてしまう可能性が高くなります。そのため、検索ワードなどを考慮したキャッチコピーや、そのコピー付近に利用者数や業界内でのランキングなどを記載するとより効果的となります。

  • メインビジュアル

サイトの第一印象を決定づける部分です。キャッチコピーとの関連性が重要となり、また、画像よりも写真を使用する方が効果的です。デザイナーと綿密に打ち合わせをして進めましょう。

 

2.中部:説明・メリット

ユーザーの最終的なアクションへと繋げる部分です。そのため、商品のスペックやメリットを挙げたり、他の商品との差別化を図ったりなどを行う必要があります。また、期間限定でのプレゼントや割引などの記載も効果的なので取り入れるといいでしょう。

 

3.下部:アクション導線(その他)

お客様の声などを記載することで信頼性を高くする部分です。その際、お客様の写真や名前、年齢、さらに印象的な口コミなどを記載するとより効果的です。

 

以上を考慮してサイトの離脱率を抑えるべく、プロモーションサイトを制作・改善することをLPO(ランディングページ最適化)といいます。このランディングページとは、インターネット広告や検索エンジンからユーザーがたどり着く最初のページを指します。また、LPOを行う際には、以下の点に注意しましょう。

 

  • ユーザーが求めている情報をわかりやすく表示する
  • ユーザーの興味を引くコンテンツの作成
  • 最終ページに適切な誘導が可能な構成

また、効果的なLPOを実施する方法として、ABテストがあります。このABテストに従い、ライティングやコンテンツ配置の変更などウェブデザインの最適化を繰り返した結果、コンバーション率が10%向上したというケースもあります。そのため、制作後の効果測定において、ABテストは重要な作業となります。

 

このようにプロモーションサイトの制作には、ユーザーが迷わずに最終的なゴールまでたどり着ける道筋を作ることが重要です。そのため、実際にプロモーションサイトを発注する際は制作実績を見て、的確な動線が設計されているかを注意して見てみましょう。

プロモーションサイト対応のWEBデザイン・ホームページ制作の外注時よくある質問

人イメージ

プロモーションサイト対応のWEBデザイン・ホームページ制作についてのよくある質問を集めてみました。業者を決定するまでには、自社の業態や依頼内容に応じたさまざまな疑問点が浮かぶものです。発注後のお客様へのヒアリングを行っているぜひアイミツでは、細かな疑問点もしっかり把握しています。

アイミツのサービス

業者選び
にお困りですか?

簡単3ステップ

優良業者からの見積もりが集まります

提案表・見積もり書
  1. ヒアリング

    ヒアリング

    ご要望がまとまっていない、相場がわからない場合でも、業界のプロが適切にリードいたします。

  2. 優良業者を提案

    優良業者を提案

    基本的な比較情報はもちろん、推薦の理由、どんな評価を受けているかもご説明します。

    提案表
  3. 見積もり

    見積もり

    各社の見積もりが簡単に集まり、スムーズに業者選定を進めることが可能です。

    見積もり書

完全無料!一括見積もりはこちらから

サポートブックイメージ
お問い合わせで無料進呈中、完全保存版、見積もり・発注サポートブック