業者探しで迷わない。一括見積もりならアイミツ

お急ぎの方は
電話で即日相談

フリーダイアル

0120-917-819

通話無料 営業時間 10:00~19:00 土・日・祝休

ポータルサイト構築対応の優良業者

ポータルサイト構築対応のWEBデザイン・ホームページ制作

コスパが最大化する

一括見積もり

利用料 0円

失敗しない!今ならお問い合わせで無料進呈中 発注サポートブック

カンタン!30秒でお問い合わせ完了

優良企業のみで一括見積もり

コンサルティング イメージ

ポータルサイト構築対応のWEBデザイン・ホームページ制作の会社比較ガイド・比較のポイント

ポータルサイト構築対応のWEBデザイン・ホームページ制作の委託先、外注先を探すにあたってのポイントや選び方など、様々な情報をまとめました。アイミツが保有するほんの一部のノウハウのみの公開ですが、参考にしてください。アイミツでは相場情報、見積もり事例など多数保有しております。

ポータルサイト構築対応のWEBデザイン・ホームページ制作の選定ポイント

POINT
01

構築を検討中のポータルサイトの種類と制作会社の得意分野が一致しているか

目的を明確にしたサイトの制作を行うこと!

ポータルサイトを構築する目的には、

  • 広告収入
  • 情報発信・サービス提供
  • 顧客獲得
  • 企業内での情報発信・共有
  • 地域の観光・イベント情報などの発信・共有

などがあります。このような目的を的確かつ明確にすることはポータルサイトに限らず、サイト制作全体において重要なことです。仮にあやふやな目的設定にすると、ありきたりなサイトしか制作することができず、広告収入や顧客獲得の期待はできないでしょう。

 

ポータルサイトの目的は種類によって異なります。ポータルサイトの種類には、

  • 検索エンジンを提供する企業が運営するポータルサイト

Yahoo! Japanやgoogle、goo、MSN Japanなど大手企業が運営し、検索エンジンやニュース、メールサービスなどを提供している大規模なポータルサイト

  • 地域ポータルサイト

観光情報やイベント情報など、ある地域に特化した情報を発信して、利用者の利便性を図るポータルサイト

  • 企業ポータルサイト(社内ポータルサイト)

社内向けに情報を発信し、共有するポータルサイト

  • 専門情報ポータルサイト

医療や不動産、美容など特定の専門分野に関するコンテンツ提供を行うポータルサイト

 

などが挙げられ、この他にも、@niftyやSo-net、BIGLOBEなどのプロバイダが運営するポータルサイトやブログ情報に特化したポータルサイトなど、数多くの種類が存在します。

検索エンジンなどを提供する大型ポータルサイトや、地域ポータルサイトは広告収入や情報発信を目的とし、企業ポータルサイトは社内での情報の整理・共有、業務の効率化を目的としています。

また、ポータルサイトの機能には、

  • 会員登録機能
  • 検索機能
  • メールマガジン機能
  • ログイン機能
  • トピックス機能(新着表示)
  • カテゴリー機能
  • ポイント機能
  • クーポン機能
  • 懸賞機能
  • 一括メール送信機能
  • 掲示板機能

 

など多々の種類があります。しかし、何でもかんでも機能を詰め込むことはおすすめできません。なぜなら、サイトに訪れたユーザーが目的の情報にたどり着けずに迷ってしまう可能性があるからです。そのため、サイト構築の検討段階で、自社のポータルサイトには基本機能の他に、どのような機能が必要かを見極めることが重要となります。

しかし、実際はポータルサイトの構築を初めて行う・発注する企業や担当者が、数多くの選択肢の中から必要な機能を正確に選定することはなかなか困難なことです。こうした場合でも、構築を検討しているポータルサイトについての実績がある制作会社であれば、サイトや機能の特徴、その必要性も熟知していますので、的確な選定や提案などが期待できます。

そのため、ポータルサイト構築を外注する場合は、大型ポータルサイトの構築実績があるのか、地域に特化したポータルサイトを得意としているのかなど、構築したいポータルサイトに実績があるのかをしっかりと確認しましょう。

 

POINT
02

公開後に不可欠な営業・販促活動支援を行っているか

認知度アップや利用してもらうための営業活動の重要性について知っておくこと!

ポータルサイトを運営していくためには、掲載料や広告料などによる収入が必要となります。特に、地域ポータルサイトにおいては、運営開始後しばらくの間は数百万円ほどの赤字となるケースもあるため、長期的に収入がなければサイトを閉鎖せざるを得ない状況となってしまいます。

 

そのため、ポータルサイト構築後は販促活動などの営業が非常に重要となります。比較サイトや求人サイトなど、あらゆるポータルサイトの種類においても、営業活動をしなければ「認知度が上がらない」「使ってもらえない」などの問題が生じ、収入源となる広告主や出店者を集めることができません。

 

また、多くのユーザーにサイトを認知・利用してもらうためには、チラシなどの紙媒体による販促活動以外に、サイト自体のSEO対策も欠かすことができません。なぜなら、SEO対策をしておかないと検索エンジンに引っかからなかったり、上位に表示させることができなかったりと、認知度の向上や利用者の増加は見込めないからです。

そのため、ユーザーに検索されやすいコンテンツの作成やアクセス解析、動線設計などのSEO対策を行うことで、より多くのユーザーがサイトを訪れ、認知度を上げることができ、さらにはリピーターの獲得ができる可能性が高くなります。

 

また、ポータルサイトのSEO対策は、他のWebサイトと比較すると、より成果が出やすい傾向があります。これは、ポータルサイトには情報量が多いことや、固有名詞が多いことが理由として挙げられます。

さらに上記の販促活動支援やSEO対策に加えて、オープンソースCMSの導入もサイト運営の成功にとって非常に重要な要因です。CMSを導入することにより、自分のコンピュータでも簡単にサイトの編集やリニューアル、情報発信を行えるようになります。例えば、代表的なCMSとして、記事やブログなどの情報発信・更新に適しているWordPress(ワードプレス)がありますが、他にも、会員機能が元から搭載されていることから会員制や情報・社内ポータルサイトに適しているXOOPS(ズープス)などもあります。

 

このように、そもそもとして閲覧者がいなければポータルサイトを構築する意味がありません。また、公開後の変更・改善を行うことができなければ、ユーザーに最適な情報を提供することができず、健全な運営を行うことができなくなってしまいます。そのため、ポータルサイト構築の外注をご検討の場合は、チラシ制作などの販促活動支援に加えて、SEO対策やCMS導入を行っている制作会社に発注することをおすすめします。

POINT
03

独自性のあるサイト構築を可能とする制作力または提案力があるか

成功のカギを握る、独自性と専門性に秀でたサイト制作を!

ポータルサイトの成功には、「独自性」や「専門性」がキーワードとなります。他のポータルサイトと似たり寄ったりでは、ユーザーの獲得はおろか既存市場で生き残ることも困難となるでしょう。

ポータルサイトの構築方法には、パッケージ開発とスクラッチ開発があり、以下に各開発のメリット・デメリットを記載しています。

 

  • パッケージ開発(既存システムを使用した構築)のメリット

・低価格

・短納期

 

  • パッケージ開発のデメリット

・大幅なカスタマイズを行う場合は、それなりの工数・工期がかかってしまう

・カスタマイズを行うことで、結果的に多くの費用がかかる

・デザインや機能面でオリジナリティを出しにくい

 

  • スクラッチ開発(新規システムの構築)のメリット

・独自のデザイン・システムが可能

・他のポータルサイトと差別化できる

 

  • スクラッチ開発のデメリット

・高価格

 

スクラッチ開発の費用はパッケージ開発のそれと比較すると、既存システムを使用せず新規のシステムを構築するため、十倍以上となるケースもあります。そのため、独自性を追求するあまり、予算を大幅にオーバーして運営を行うことが困難に陥る事態を避ける必要があります

それでは、独自性のあるサイトを制作する際にはパッケージを使用しない方が良いのか、と疑問に感じる方も多いはずです。確かに上記でも挙げたように、パッケージ開発にはデザインや機能面で独自性を出しにくいというデメリットがあります。しかし、取り扱うテーマや特集、コンテンツ、戦略、ビジネスモデル次第ではポータルサイトの独自性を十分に出すことが可能となります。そのため、パッケージ開発ではコストを抑えて、ポータルサイトを構築することもできるのです。

ポータルサイト構築対応のWEBデザイン・ホームページ制作の外注時よくある質問

人イメージ

ポータルサイト構築対応のWEBデザイン・ホームページ制作についてのよくある質問を集めてみました。業者を決定するまでには、自社の業態や依頼内容に応じたさまざまな疑問点が浮かぶものです。発注後のお客様へのヒアリングを行っているぜひアイミツでは、細かな疑問点もしっかり把握しています。

アイミツのサービス

業者選び
にお困りですか?

簡単3ステップ

優良業者からの見積もりが集まります

提案表・見積もり書
  1. ヒアリング

    ヒアリング

    ご要望がまとまっていない、相場がわからない場合でも、業界のプロが適切にリードいたします。

  2. 優良業者を提案

    優良業者を提案

    基本的な比較情報はもちろん、推薦の理由、どんな評価を受けているかもご説明します。

    提案表
  3. 見積もり

    見積もり

    各社の見積もりが簡単に集まり、スムーズに業者選定を進めることが可能です。

    見積もり書

完全無料!一括見積もりはこちらから

サポートブックイメージ
お問い合わせで無料進呈中、完全保存版、見積もり・発注サポートブック