業者探しで迷わない。一括見積もりならアイミツ

お急ぎの方は
電話で即日相談

フリーダイアル

0120-917-819

通話無料 営業時間 10:00~19:00 土・日・祝休

多言語サイト対応の優良業者

多言語サイト対応のWEBデザイン・ホームページ制作

コスパが最大化する

一括見積もり

利用料 0円

失敗しない!今ならお問い合わせで無料進呈中 発注サポートブック

カンタン!30秒でお問い合わせ完了

優良企業のみで一括見積もり

コンサルティング イメージ

多言語サイト対応のWEBデザイン・ホームページ制作の会社比較ガイド・比較のポイント

多言語サイト対応のWEBデザイン・ホームページ制作の委託先、外注先を探すにあたってのポイントや選び方など、様々な情報をまとめました。当社が保有するほんの一部のノウハウのみの公開ですが、参考にしてください。当社は、相場情報、見積もり事例など多数保有しております。

多言語サイト対応のWEBデザイン・ホームページ制作の選定ポイント

POINT
01

ネイティブが読んでも違和感のない翻訳が可能か

ターゲットにとって違和感のないクオリティーの翻訳レベルかどうか。

グローバル化が進む昨今、Webサイトを多言語化する重要性がますます高まってきています。自社のコーポレートサイトや自社商品のプロモ―ションサイトを多言語化することにより、市場を開拓することが可能となります。さらに、2020年の東京オリンピックの開催決定により、外国人観光客が今後ますます増加する可能性が高く、多言語サイトに対応することで集客率アップが期待できます。

このような状況を踏まえ、自社のWebサイトを多言語化しようと検討している企業様は多いのですが、制作会社に外注する際に注意しなければいけないことがいくつかあります。海外市場からの集客率・コンバーション率を高めるために、まずは以下の点を考慮してみましょう。

まずは、「ネイティブが読んでも違和感のない翻訳が可能か」という点です。Webサイトに記載されている文章を「翻訳」することと、Webサイトを「多言語化」することは似て非なるものです。Webサイトの多言語化は翻訳に加えて、その現地ならではの言い回し・表現を考慮しなければなりません。

例えば、日本語に対応している外国のWebサイトを閲覧したとき、意味は十分に通じても、辞書で調べた単語を並べたような機械的な文章では少し堅い印象を抱くはずです。グーグル翻訳をはじめとする外部のプラグインなどを利用し、機械的に翻訳した場合等はなおさらです。こうした点に「翻訳」と「多言語化」の違いがあります。

 

そのため、アクセス数を増やしたり、ユーザーがアクションをしてくれたりするWebサイトを作るためには、国内向けのWebサイトと同等の文章内容が多言語サイトでも重要な要素となるのです。

そこで多言語サイト制作の外注を検討中の場合、現地の表現を熟知している翻訳者が在籍している、もしくは現地ライターが在籍している業者に発注しましょう。

POINT
02

現地の文化に精通しているか

国によって異なる独自の文化や考え方も理解しているのかどうか。

日本人に対して「黄色はどのようなイメージですか?」と質問すると、多くの方が「希望」や「幸福」といったポジティブなイメージを答えるかと思います。しかし、同じ質問をイギリス人に質問したらどうでしょうか?おそらく大半が「不安」や「異常」といったネガティブなイメージを答えるはずです。

このように、各国によって色に対するイメージは大きく異なります。仮に、あなたの会社が食品や健康などといった安心・安全のイメージが不可欠な商品を扱っていると想定しましょう。そして、メインカラーを黄色にした英語版サイトをイギリス向けに作成したら、その商品の安全性をイギリス人に訴えることができずおそらくそのサイト運営は失敗に終わる可能性が高いのです。

 

もちろん、各国の文化的に異なるポイントは色だけではありません。トップページに使用する写真・画像や日付・時間・電話番号の表記方法など、それぞれの国で好まれる考え方や形がある程度決まっているのです。ただし、それらを自分たちで調査し、戦略を練ってデザインに反映させることはなかなか困難な作業です。

 

そこで、制作会社の中でもその国に精通している、ノウハウのある業者に外注することで、その国の文化を考慮したデザインを実現することが可能になります。これは多言語サイトを構築する上で大変重要なポイントとなりますので、委託する際は十分注意しましょう。

POINT
03

国際的なSEO対策を行っているか

多言語サイトは現地に合ったSEO対策をする必要がることに注意を!

多言語サイトを制作した企業の中には、「現地に馴染んだライティングやデザインにしたのにアクセス数が上がらない……」という悩みを抱えている企業もあるのではないでしょうか?

その原因の一つにSEO対策をしていないことが挙げられます。これは日本国内では検索結果の上位に表示されていても、多言語サイトは現地に合ったSEO対策をする必要があるからです。そのため、ネイティブが読んでも違和感がない翻訳を行った上で、現地でよく使用される言葉に訳す必要があります。

 

そして、実際にSEOを考慮したコンテンツを作成するには、機械による自動翻訳ではなく、人手による翻訳が効果的です。特に、現地でよく使われる言葉や検索エンジンの特性などに詳しいライターによるコンテンツ作成、コンテンツマーケティングが、多言語サイトのSEO対策として効果的となります。

 

また、上位に表示される多言語サイトの条件として、「更新頻度」が重要要素として挙げられます。

そこで、多言語サイトを構築するならCMSを使用することで、自分たちが簡単にサイトの更新を行えるようになります。こうしたCMSには、ブログや記事の更新に特化したWordPress(ワードプレス)がある他、多言語対応機能が標準装備されているJoomla!(ジュームラ)などもあります。そのため、トータルコストを削減するためにも制作するサイトに合ったCMSを選定しましょう。

 

このように多言語サイトにおいては、従来のWebサイトで行うSEO対策だけでは最適なサイト運営は実現できません。そのため、多言語サイトについて国際的なSEO対策など、マーケティングコンサルティングも行っている業者に委託しましょう。

POINT
04

自社・商品の目的や特徴を考慮した提案が可能か

状況や環境に適したものであるかどうかを十分に判断して導入すること!

上記以外にも、Webサイトを多言語化する際に注意しなければいけない点がいくつかあります。

  • 言語ごとにURL(ウェブサイトのアドレス)を設定する
  • ドメインを不必要に分けない
  • 同じ内容のコンテンツは処理する
  • すべてのページを多言語化する必要はない
  • メルマガなど定期的に発生する翻訳コンテンツのフォロー

 

言語ごとにURLを設定することやドメインを不必要に分けないこと、同じ内容のコンテンツを処理することは、SEO対策の観点から基本的に重要な要素となります。しかし、地域性の強いサイトのドメインは分けた方が良いなど、状況により最適な手段が変わります。この他にも、スマートフォンに対応させるべきか、SNSと連携させるべきかなど、最適なサイト運営には多様な選択を的確に行わなければなりません。また、言語化するサイトの分野によっては、高度な専門知識が必要となることもあります。そのため、外注の際は、自社のサイトに適した提案ができることや、サイト構築のための専門的な知識を有しているのかを確認しましょう。

多言語サイト対応のWEBデザイン・ホームページ制作の外注時よくある質問

人イメージ

多言語サイト対応のWEBデザイン・ホームページ制作についてのよくある質問を集めてみました。業者を決定するまでには、自社の業態や依頼内容に応じたさまざまな疑問点が浮かぶものです。発注後のお客様へのヒアリングを行っているぜひアイミツでは、細かな疑問点もしっかり把握しています。

アイミツのサービス

アイミツ オススメ

一括見積もりサービス

面倒な会社比較や相見積もり業務を、専門のコンシェルジュがサポート。
完全無料で会社比較からサポートいたします。

利用実績2万件、すべて完全無料、利用満足度98.4%

メリット

  • 相場情報、選び方もレクチャー
  • 専門のコンシェルジュがご要望を徹底ヒアリング
  • 100万以上のクチコミから、評判の良い優良業者をご紹介

※2015年12月に利用した企業様に「アイミツの満足度を教えてください。」という質問を行い「満足、普通、不満」の中から「満足」と答えた企業様の割合です。

利用実績

一括見積もりサービスの流れ

  • STEP1
    お問い合わせ

    ご要望がまとまっていない、相場がわからない場合でも、業界のプロが適切にリードいたします。

  • STEP2
    要望の確認、ご提案

    基本的な比較情報はもちろん、推薦の理由、どんな評価を受けているかもご説明します。

  • STEP3
    見積もり

    各社の見積もりが簡単に集まり、スムーズに業者選定を進めることが可能です。

    見積もり

お問い合わせいただくだけで、お客様にマッチした
優良業者へ完全無料
で一括見積もりできます。