あなたの発注コンシェルジュ

フリーダイアル

0120-917-819

営業時間 平日 10:00~19:00

7万社以上を徹底比較

コスパが最大化する

健康管理システム
一括見積もり

クオリティUPでより高いクオリティを、コストダウンで適正な価格で発注

  • 利用実績

    9万社

  • 利用満足度

    98%

簡単30秒

失敗しない業者選びのために!最適業者をご紹介

相見積もりで失敗しない
5つの鉄則

お電話でのお問い合わせはこちら

営業時間 平日 10:00~19:00

フリーダイヤル 0120-917-819

■ 健康管理システム業者を探す際のワンポイントアドバイス

健康管理システムとは、社員の健康状態を一括して管理する事ができるシステムです。導入形態はパッケージ型(オンプレミス型)とクラウド型(ASP型)があります。クラウド型は比較的短期間で利用を開始できる場合があります。機能については、各社それぞれ異なりますが、今現在、自社が抱えている課題を解決できる機能(スケジュール管理機能、データ取り込み、帳票作成機能、ストレスチェック機能など)が備わっているかを確認しておきましょう。また、極めて重要な個人情報を扱うため、信頼性の高いシステムを選ぶことは必須になります。データの流出は絶対にあってはならないことなので、セキュリティ対策、ログイン管理などをチェックし、自社に最適なシステムを導入しましょう。また、サポート体制がどのようになっているかも重要なポイントとなります。

ところで

健康管理システムの業者探しで、こんなお悩みありませんか?

  • 電話が鳴り止まない

    一括見積もりサイトだと電話が…

    一括見積もりをすると多数の会社から
    営業電話が鳴り続けて業務に支障をきたしそう

  • 見積もりを取っても不安

    業界事情や相場を知らない…

    適正な価格がわからないから
    見積もりを取っても不安

  • 情報だけを信じるのは不安

    どの企業が優れているのか…

    ホームページには良いことが書かれて
    いるけれども、実際の評判はどうなの?

そのお悩みをアイミツが解決
発注先選定を無料でお手伝い!

  • point.1

    相場情報をご提供!

    9万件以上の利用実績から
    相場情報や適正価格をご案内
    見積もりのポイントも教えます。

  • point.2

    コンシェルジュ

    専門コンシェルジュによる
    徹底見積もりサポート!

    御社の要望をコンシェルジュが
    ヒアリング、全国7万社以上の業者比較
    ・調査から
    要望に適した会社をご紹介。

  • point.3

    評判の良い会社に厳選!

    100万以上のクチコミから
    評判の良い業者
    に絞ってご紹介
    営業電話に困ることはありません。

業者探しは手間も費用もかからない3ステップ

  • 確認

    確認のイメージ

    希望条件、ご要望を
    お聞かせください!

    ご要望がまとまっていない場合でも、業界のプロが適切にリードいたします。

  • 提案

    確認のイメージ

    業者選びのコンシェルジュが
    無料で業者をご紹介!

    基本的な情報はもちろん、推薦の理由、どんな評価を受けているかもご説明します。

  • 見積もり

    確認のイメージ

    直接商談も可能!スピーディ
    に見積もりが集まります

    各社の見積もりが簡単に集まり、スムーズに業者選定を進めることが可能です。

相談してみてわかる!アイミツが選ばれる理由とは?

大手から中小企業まで、話題の企業が続々利用中!

規模を問わず、数多くの有名企業様に
ご利用いただいているのには理由があります!

  • 利用料
    0

    ご相談は無料ですイメージ

    ご相談は無料です

    業者比較・紹介のための総合サイトとして広告収益を中心に運営。完全無料でのサービス提供を実現しました。

  • 満足度
    98%

    安心の満足度98%イメージ

    安心の満足度98%

    紹介企業数は業界No.1。2014年の満足度は、なんと98%。

  • 調査社数
    7万社

    プロによる徹底調査イメージ

    プロによる徹底調査

    最新事情、業界慣習、企業の評判から相場まで、各業界を徹底的に理解した専門スタッフが対応。

  • 会員登録
    不要

    スピード即日対応イメージ

    スピード即日対応

    原則、電話もしくはメールにて、即日対応いたします。手厚いサポートで発注の不安を解消します。

健康管理システム業者を探す

全国35社から、あなたにピッタリの健康管理システム業者が見つかります。

“業者探し”のことなら
コンシェルジュに無料でお任せ!

お急ぎの方はこちら

0120-917-819

営業時間 平日 10:00~19:00

コンシェルジュ
Kadono

業者選びのポイントをカンタンにご紹介

業者選びの具体的な進め方は、アイミツが誇る業界のプロにご相談ください

健康管理システムの選び方ガイド

健康管理システムの委託先、外注先を探すにあたってのポイントや選び方など、様々な情報をまとめました。当社が保有するほんの一部のノウハウのみの公開ですが、参考にしてください。当社は、相場情報、見積もり事例など多数保有しております。


健康管理システムの選定ポイント

point.1目的に見合った料金か

パッケージ型とクラウド型、目的に合ったプランと料金を!

健康管理システムを導入することで、社員の健康管理を一元化することができます。これによって人事総務担当などの該当部署の業務効率化を図り、管理業務を大幅に軽減することができます。本店、支店に分かれているような大企業では、健康診断結果を管理するだけでも膨大な業務となりえるため、一般的に企業規模が大きくなるにつれて導入されることが多いです。

導入をする際には、パッケージ型(オンプレミス型:自社のサーバーにシステムを導入する組み込み型)と、サービス提供業者のサーバーにあるシステムにアクセスするクラウド型(ASP型)があり、料金の相場は次の通りです。

  •  パッケージ(オンプレミス)型

提供する業者やソフトウェアによって大きく異なりますが、あるソフトウェアでは、最初の導入の料金では約100万円がかかり、2年目から保守費用として、毎年20万円前後かかるようです。

  •  クラウド(ASP)型

管理する社員数によって料金が異なります。ある大手IT企業が提供するシステムは月額105,000円でさらに、一人あたり52円の従量月額費用がかかります。また導入時には、別途、費用がかかります。

 

point.2機能は充実しているか

自社の課題を解決する機能はどの機能か、機能性にも注目すること。

便利な機能を使いこなすことによって業務の効率化を図ることができます。「健康に関する情報を一元管理したい」「健康診断の日程調整が煩雑なので事務処理工数を減らしたい」「もっと面談に時間を使いたい」など、現在、自社でどのような課題があるのかを調査し、その課題を解決できる機能が備わっているかを確認しましょう。

健康管理システムの主な機能>

  •  日程(スケジュール)管理

定期健診や成人病健診、予防接種、人間ドックなどの検診日や面談の日程管理を行うことができます。また対象者に自動的にメールを配信して、通知できる機能もあります。

  •  データ取り込みや抽出

各健診機関からのデータを取り込み、保存ができます。また、検索をすれば、すぐに内容を確認できます。また、数値を設定し、その値に該当する人を抽出する機能です。問診結果が芳しくない対象者を抽出し、保健指導をすることができます。

  •  帳票作成

各種帳票や統計データを印刷することができます。グラフ化する機能もあり、視覚的に理解しやすくなります。

  •  メンタルヘルスチェック機能

長時間労働や仕事のストレスからくるメンタルヘルスの不調を発見し、従業員が自主的に異常に気づくことができるストレスチェック機能(問診システム)などを搭載することができます。MMS=メンタルヘルスマネジメントシステムとも呼ばれており、自社の職場環境に応じた設問を設計できるなどのカスタマイズ性があるサービスも増えています。

 

point.3システムの信頼性は高いか

個人情報を扱うシステムとしての信頼性は重視すべきポイントに!

健康管理システムは、膨大な個人情報を扱いますので、信頼性の高いシステムを選ぶことが重要なポイントになります。

  •  ログイン管理

パスワードによるログイン制限はもちろんのこと、いつ誰がログインしたかを日付と時間を記録する機能があるとさらに良いでしょう。

  •  アクセスコントロール

たとえ、社員であったとしてもすべての機能にアクセスが可能であることはセキュリティ上、望ましいことではありません。利用者ごとにアクセスできるシステムやデータを制限することができるか確認しましょう。

  •  SSL暗号化

外部からの不正なアクセスからシステムを守り、盗み読みができないようにシステムや送信するデータがすべて暗号化されていることが望ましいです。

  •  サポート

使い方がわからない時には、どこに連絡すればいいのかを確認しておきます。万が一、システムトラブルが起こった際には、どのような対応が受けられるかを確認しておきましょう。すぐにサービス提供業者の担当者に連絡がとれる体制があるのが望ましいでしょう。

 

point.4導入実績は十分にあるか

信頼性の高いシステム選びには実績も大きなポイントになる。

どのような企業に導入されているのかを確認しておきましょう。自社と同じぐらいの規模の企業に長年導入されていれば、改善も繰り返されていることから、機能的な問題は少ないといえます。また、知名度の高い大企業に導入されていれば、それだけで信頼性の高いシステムであるという一つの目安になります。

 


健康管理システムのよくある質問

健康管理システムについてのよくある質問を集めてみました。業者を決定するまでには、自社の業態や依頼内容に応じたさまざまな疑問点が浮かぶものです。発注後のお客様へのヒアリングを行っているぜひアイミツでは、細かな疑問点もしっかり把握しています。

コンシェルジュ

Qシステム導入にはどれくらいの費用が必要ですか?

Aパッケージ型とクラウド型で導入費も低めた費用は大きく変わる。

社員の健康状態を一括して管理する事ができるシステムになりますので、対象となる社員数によって価格も変動していきます。パッケージ型(オンプレミス型:自社のサーバーにシステムを導入する組み込み型)と、サービス提供業者のサーバーにあるシステムにアクセスするクラウド型(ASP型)があり、価格の相場としてはパッケージ型が100万円前後、クラウド型は月額費用に利用人数従量課金制をとっているケースがほとんどです。

Qシステムの納期はどれくらいになりますか?

Aパッケージ型なら数ヶ月、クラウド型は設定すればすぐにでも利用可能に。

健康管理システムの提供形態によって、導入までの納期は異なります。パッケージ型の場合は、導入までにサーバーの準備や動作テストなどが必要となるため数ヶ月かかるケースが多いです。クラウド型は設定さえしてしまえば、導入・稼働することができます。どちらにしても、必要な機能を見極めることで導入スケジュールをつくることができます。

Qパッケージにない機能にはどのように対応するのですか?

A機能の追加開発も可能、運用の中から開発課題を見つけることも可能。

健康管理システムを使って、何をしたいのかをまずは決めましょう。その目的に合わせた製品を選ぶ際に、パッケージの中に機能がない場合には、追加開発をしてもらうことも業者によっては可能です。もちろん、導入時点で開発内容を決められなくても、運用をして行く中でツール開発をしたほうが良いことが見つかったタイミングで開発を行うこともできます。

Qシステムの操作を覚えるためにどれくらいの期間が必要でしょうか?

A頻繁に使うものではないからこそ操作性の高いものを選択すること。

健康管理システムは日常的に頻度高く使うものではなく、社員ひとりひとりの状況にあわせて使うものです。健診データの一元管理や経年管理など定期的に利用する機能もあれば、ほとんど使わない機能もあるはずです。導入するタイミングでは、できることとできないことをしっかりと覚えることが必要です。

Q自動判定ロジックを医師が変更したいのですが、可能ですか?

A利用者の権限を分けることで、効率的な運用が可能に。

ほとんどのシステムで可能です。健康管理システムには、利用者の権限を分ける機能が搭載されていますので、産業医にも権限を付与することができます。しかし、健康管理システムで管理するデータのほとんどは社員個人個人のセンシティブな情報でもありますので、社外の方に操作させるべきかどうかはじっくりと検討すべき事項です。

Qシステム導入後に健保協会等の仕様が変更された場合どうなりますか?

A仕様変更にも追って対応するシステム会社が多いのが一般的。

健康管理システムはクラウド型の場合、仕様変更にも追って対応してくれる場合がありますが、パッケージ型の場合は自社で追加開発を行う必要があります。健康管理システムにはデータの取り込み機能がついていますので、実際の仕様変更が起きたとしても運用でカバーできる可能性もあります。まずは導入時に、これまでの実績を健康管理システム業者に確認することをおすすめします。

Q社員に健康指導を行うような機能はありますか?

Aシステムの性能や機能によりけり、システム会社に事前に確認を。

健康管理システムの仕組みにもよりますが、社員ひとりひとりにシステムを通して、健康指導を行うものであれば、出典や監修者が明確に記載されているはずです。システム画面内にそのような記述が無い場合には、健康管理システム業者に確認することをおすすめします。

Q電子カルテや、レセコンとの連携は可能でしょうか?

A可能ではあるが、機密情報ともなるため扱いには細心の注意を。

健康管理システムによっては可能です。とはいえ、電子カルテやレセコンに記載されている情報は主に機密情報として扱うべきものが多いため、社員がアクセスできる健康管理システムに全てを紐づけるべきかどうかの判断が必要だと言えます。システムは厳重に管理されてはいますが、万が一の流出時のことも想定して判断することをおすすめします。

Q自動判定の基準値として、独自の基準値を用いたいと考えておりますが、可能でしょうか?

A独自基準の設定も可能、自社の状況に合わせたシステムの使い方が出来る。

健康管理システムによっては、独自基準を設定することも可能だと思います。自動判定は健康診断データの一元管理や経年管理はもちろんのこと、毎月の勤務時間と産業伊面談結果などを総合的に判断するときに使う、健康管理システムにおいては重要な機能です。この基準値変更ができることで、自社の状況にあわせたシステムの使い方ができます。導入前に確認しておきましょう。

Q社員の誰もがアクセスできるのですか?

A閲覧できる権限を分けて運用することがセキュリティ管理にも繋がる。

健康管理システムは、社員ひとりひとりが使える状態にすることで、日々の状況やその状況にあわせた指導を行いやすくなるメリットがあります。もちろん、健康診断データなど会社が把握しておくべきことだけを一元管理することもできるのですが、社員それぞれが勤務状況の見直しとあわせて健康にも気を配るためのサポート機能も充実しています。閲覧できる権限をわけておくなど、情報セキュリティにも配慮しましょう。


健康管理システムの用語・基礎知識

内臓脂肪型肥満に着目した健診(メタボ健診)

健康管理システムを導入することによって、紙で管理する場合より、管理にかかる時間を大幅に削減できます。それによって、社内の担当部署が行っている社員への健診、保健指導、健康管理業務の負担を軽減することができます。また、どの社員が健康的に問題あるかを調査し、指導することもできます。2008年の健康保険法の改正により、40歳~74歳までの公的医療保険加入者全員に対し、内臓脂肪型肥満に着目した健診(メタボ健診)と保険指導の実施を義務づけました。厚生労働省の発表によると、メタボ該当者数約960万人、メタボ予備軍約980万人いるとされています。そういった社会背景のもと、健康管理サービス市場は2011年では、150億円でしたが、2016年には610億円に成長するといわれています。今後、さらにIT企業が医療関連業界に進出すれば、健康管理システムの機能やユーザビリティの向上が期待できるでしょう。

 

失敗できない“業者探し”
コンシェルジュに無料でお任せ!

お急ぎの方はこちら

0120-917-819

営業時間 平日 10:00~19:00

コンシェルジュ
Kadono