あなたの発注コンシェルジュ

7万社以上を徹底比較

コスパが最大化する

粗大ごみ回収
一括見積もり

クオリティUPでより高いクオリティを、コストダウンで適正な価格で発注

  • 利用実績

    9万社

  • 利用満足度

    98%

ところで

粗大ごみ回収の業者探しで、こんなお悩みありませんか?

  • 電話が鳴り止まない

    一括見積もりサイトだと電話が…

    一括見積もりをすると多数の会社から
    営業電話が鳴り続けて業務に支障をきたしそう

  • 見積もりを取っても不安

    業界事情や相場を知らない…

    適正な価格がわからないから
    見積もりを取っても不安

  • 情報だけを信じるのは不安

    どの企業が優れているのか…

    ホームページには良いことが書かれて
    いるけれども、実際の評判はどうなの?

そのお悩みをアイミツが解決
発注先選定を無料でお手伝い!

  • point.1

    相場情報をご提供!

    9万件以上の利用実績から
    相場情報や適正価格をご案内
    見積もりのポイントも教えます。

  • point.2

    コンシェルジュ

    専門コンシェルジュによる
    徹底見積もりサポート!

    御社の要望をコンシェルジュが
    ヒアリング、全国7万社以上の業者比較
    ・調査から
    要望に適した会社をご紹介。

  • point.3

    評判の良い会社に厳選!

    100万以上のクチコミから
    評判の良い業者
    に絞ってご紹介
    営業電話に困ることはありません。

業者探しは手間も費用もかからない3ステップ

  • 確認

    確認のイメージ

    希望条件、ご要望を
    お聞かせください!

    ご要望がまとまっていない場合でも、業界のプロが適切にリードいたします。

  • 提案

    確認のイメージ

    業者選びのコンシェルジュが
    無料で業者をご紹介!

    基本的な情報はもちろん、推薦の理由、どんな評価を受けているかもご説明します。

  • 見積もり

    確認のイメージ

    直接商談も可能!スピーディ
    に見積もりが集まります

    各社の見積もりが簡単に集まり、スムーズに業者選定を進めることが可能です。

相談してみてわかる!アイミツが選ばれる理由とは?

大手から中小企業まで、話題の企業が続々利用中!

規模を問わず、数多くの有名企業様に
ご利用いただいているのには理由があります!

  • 利用料
    0

    ご相談は無料ですイメージ

    ご相談は無料です

    業者比較・紹介のための総合サイトとして広告収益を中心に運営。完全無料でのサービス提供を実現しました。

  • 満足度
    98%

    安心の満足度98%イメージ

    安心の満足度98%

    最新事情、業界慣習、企業の評判から相場まで、各業界を徹底的に理解した専門スタッフが対応。

  • 調査社数
    7万社

    プロによる徹底調査イメージ

    プロによる徹底調査

    最新事情、業界慣習、企業の評判から相場まで、各業界を徹底的に理解した専門スタッフが対応。

  • 会員登録
    不要

    スピード即日対応イメージ

    スピード即日対応

    原則、電話もしくはメールにて、即日対応いたします。手厚いサポートで発注の不安を解消します。

粗大ごみ回収業者を探す

全国186社から、あなたにピッタリの粗大ごみ回収業者が見つかります。

業者選びのポイントをカンタンにご紹介

業者選びの具体的な進め方は、アイミツが誇る業界のプロにご相談ください

粗大ごみ回収の選び方ガイド

粗大ごみ回収の委託先、外注先を探すにあたってのポイントや選び方など、様々な情報をまとめました。当社が保有するほんの一部のノウハウのみの公開ですが、参考にしてください。当社は、相場情報、見積もり事例など多数保有しております。


粗大ごみ回収の選定ポイント

point.1行政(役所)、民間業者のどちらを利用するか

双方のメリット・デメリットを把握して、賢い業者選びを!

粗大ごみを処理する場合、各自治体によって行われる行政回収と民間の粗大ごみ回収業者のどちらかを利用することになります。料金や回収手数料、利便性、回収・処分の可否(物品によって異なる)が行政と民間では異なるため、両者のメリット・デメリットを理解して、自社に合った粗大ごみ回収を行うようにしたいものです。 両者のメリット・デメリットは条件ごとに後述しています。

 

point.2対象物が粗大ごみ回収可能かどうか

回収可能なもの不可能なものを見極め、最適な業者を選ぶようにすること。

市・区役所など行政に処分を依頼する場合、〝家電リサイクル法“に定められている「エアコン」「テレビ」「冷蔵庫」「洗濯機」などの4品目、および〝パソコンリサイクル法”に定められている「ノートパソコン」「パソコン本体」「ディスプレイ」「ディスプレイ一体型パソコン」は回収可能な対象物に含まれていないため、注意が必要です。その他、事業に伴い発生した大型のごみ・オフィス家具なども回収対象外になるため、依頼時には事前に回収可能な対象物の確認をするようにしましょう。

一方で、民間の業者では有害物品や引火性物品、汚物・異臭のある物品を除いて大半が回収可能な対象物になります。ただし、許認可の免許によって回収可能な対象物が業者ごとに異なるため、サービス利用時には事前に対応の可否を確認するようにしましょう。特に産業廃棄物に分類される物品に対しては扱える区分が変わりますため、注意が必要です。

 

point.3料金体系

粗大ごみの回収、不用品の回収は大きく分けて2つの料金体系に分けられる!

粗大ごみ回収、不用品回収の料金体系は一般的に下記の2パターンに分類されます。

  •  基本料金+処分品ごとの料金+オプション

 多くの粗大ごみ回収業者がこの料金体系をとっています。基本料金には出張料金などが含まれるケースが多く相場は3,000~5,000円です。処分品ごとの料金は物品単位で細かく分かれています。オプションとは解体作業料金や階段料金(マンションなどで製品のサイズによって一部発生)などが含まれます。この料金体系のメリットは回収料金が明確である点です。

  •  処分品ごとの料金+オプション

基本料金を設けていない業者も一部存在しております。この場合、HPに料金を提示していないケースも多く、随時見積もりをしてもらう必要があります。基本料金がない分、若干処分品ごとの料金などが高めに設定されていたりします。

 

point.4保障制度や時間指定などサービスの利便性

物によっては保障の導入を検討することも、臨機応変な対応が可能かどうかを。

粗大ごみ回収業者によっては、家具などの搬出中に建物の損壊や器物の破損を招いてしまった場合に備えて損害賠償保障を設けている会社もあります。処分する物品によっては、保障の導入を検討してもよいでしょう。また、回収日の日時指定ができたり、即日対応ができる業者もあるので必要に応じて利用すると良いでしょう。

 

point.5各種認可の免許を持っているか

許可番号を確認し適正業者を利用することが何よりも大切。

粗大ごみ回収業者の中には、ゴミを山奥へ不法投棄する業者や認可を受けてない廃棄物を無免許で扱う業者などもあります。粗大ごみ、産業廃棄物の廃棄・処分は行政からの認定が必要になりますので、許可番号を確認し適正業者を利用するようにしましょう。また、パソコンの処分などを任せるからこそ、個人情報対策や情報漏えいへの対策は必須になります。プライバシーマークの取得に関しても確認するようにいたしましょう。

また、廃棄物処理法で産業廃棄物の処理を委託された場合は、産業廃棄物管理票(マニフェスト)を交付する義務があります。きちんと業者が交付してくれるかを事前に確認することをおすすめします。

 


粗大ごみ回収の費用・料金相場情報

アイミツでは独自調査やお客様の声から不用品・粗大ごみ回収業者における料金相場情報を集めています。回収物や量などの違いなどによっても大きく料金体系も変わる中で、何が必要なのか、どのようなサービス形態なのかを考慮し、自社に合った業者を見極めることが大切になります。

コンシェルジュ

粗大ごみ回収の相場情報

3,000~5,000円程度が基本品目の相場!

基本料金の相場は3,000~5,000円程度になります。中には基本料金がかからない業者も一部あります。その他は処分品目によって料金はまちまちです。参考までに下記に4品目の相場を記載します。

ノートパソコン 1,900~2,900円
液晶・プラズマテレビ 2,000~3,800円
冷蔵庫(大型) 4,000~6,000円
エアコン 2,500~3,500円

 


粗大ごみ回収のよくある質問

粗大ごみ回収についてのよくある質問を集めてみました。業者を決定するまでには、自社の業態や依頼内容に応じたさまざまな疑問点が浮かぶものです。発注後のお客様へのヒアリングを行っているぜひアイミツでは、細かな疑問点もしっかり把握しています。

コンシェルジュ

Qどのようなものが回収対象ですか?

Aその多くは一般ゴミとして回収できない物がメイン。

不用品・粗大ごみ回収業者で回収・処分をおこなっているものは、冷蔵庫・テレビ・洗濯機などの家電、食卓・椅子・ベッドなどの家具、パソコン・周辺機器、ギターやキーボードなどの楽器、ゴルフ道具などの、一般ゴミとして処分できないものになります。
業務用の大きな機械など解体が発生するようなものがある場合は、見積もり請求時に対応可能かご確認ください。

Q不用品・粗大ごみ回収業者で回収できないものを教えてください。

A医療器具、医療廃棄物、動物、薬品類、などの特殊なものをは回収できない。

一般的な回収業者が回収ができないものは、医療器具、臓器や血液等の医療廃棄物、動物、薬品類、他者の権利を侵害するもの、盗品など犯罪に関わる品、銃器などになります。
業者により、スプレー缶やペンキ缶、バッテリー、液体が回収できない場合がありますので、それらの処分を希望する場合は見積もり請求時にご確認のうえ、発注先をご検討ください。

Q不用品処分の際に買い取ってもらうことはできますか?

A一部の業者では買取も可能。

一部の業者で不要品の買取りをおこなっています。
家電、パソコン・周辺機器、家具、ブランド品、楽器、スポーツ用品などが対象となる場合が多いようです。
ただし、家電・パソコンは比較的新しいもの、家具は有名ブランドのものなどの買取り条件があるので、事前に買取り対象となるかをご確認ください。

Q不用品・粗大ごみ回収作業の曜日や時間帯は指定できますか?

A深夜・早朝、土日など、ある程度の要望に応じた対応が可能。

多くの業者で深夜・早朝、土日など、要望に応じて柔軟に対応可能です。
繁忙期には希望の日時に作業ができないこともありますので、回収希望日が決まりしだい早めにご相談ください。
また、深夜や早朝などの作業中、近隣の企業や住宅からクレームが来ないような配慮をおこなっているかどうかもご確認ください。

Q回収・処分の料金はどのように算出されますか?

A出張・運搬料プラス、回収品ごとの処分料金がかかる。

固定の出張・運搬料にプラスして、回収品ごとの処分料金がかかります。
品目ごとの料金は回収業者ごとに異なりますので、見積もり時に明細を確認しましょう。
また、解体しないと運び出せないものや、エアコンなどの取り外し作業が発生する場合、運搬にエレベーターが使えない建物での作業は別途費用がかかります。

Q回収された不用品は正しく処分されていますか?

A「マニフェスト」に正しい日付と捺印がされているかどうかを確認すること。

回収後、通常数週間で最終処分が適切に終了したことを確認するための「マニフェスト(産業廃棄物管理票)」という伝票が回収業者に届きます。
正しく処理されていない場合、お客様側にも責任が及ぶので、「マニフェスト」に正しい日付と捺印がされているかどうかを確認のうえ、コピーを請求しましょう。
見積もり請求時に、「マニフェスト」の提出に応じられるかをご確認ください。

Q大量の書類などの紙類の処分もお願いできますか?

A機密情報などは情報漏えいにも気をつけること!

一部の業者で対応可能です。
機密情報などの書類を処分する場合は、溶解や焼却など、機密が漏れないよう完全に処分されているかどうか、事前に処理方法をご確認ください。
また、処理過程を写真や動画で撮影し、証拠として提出するサービスをおこなっている業者もありますので、必要に応じてご検討ください。

Q回収作業中に物損や事故が起きた場合の補償はありますか?

A損害保険に加入している業者であれば補償は問題なし。

万が一の回収品以外の品物や建物の破損に備え、損害保険に加入している回収業者が一般的です。
しかし、補償の内容は業者により異なるので、見積もり請求時に、その業者が損害保険に加入しているか、また、その保険で補償可能な範囲、認定方法などを確認しておきましょう。
損害保険に加入していない回収業者は、価格が安くてもおすすめできません。

Qオフィスや店舗の移転時に不用品の回収をお願いできますか?

A移転自体をお願いするのか、別で回収だけお願いするのかどちらかのパターン。

一部の不用品・粗大ごみ回収業者で可能です。
引っ越し業務も対応可能な回収業者と、引っ越し時に不用品の回収のみをおこなう業者にわかれます。
不用品の回収のみをおこなう業者に依頼する場合は、引っ越しのタイミングと合わせて不用品回収をおこなえるかどうかを事前にご確認ください。

関連カテゴリー

Q建物の解体から発注することはできますか?

A解体からおこなう場合、解体業者に不用品の回収をお願いするのが一般的。

一部の不用品・粗大ごみ回収業者で可能ですが、解体からおこなう場合は解体業者に不用品の回収をおこなってもらうことが一般的です。
どちらに依頼する場合でも、近隣説明やクレームへの対応、解体廃棄物・不用品が適切に処分されているかなどを充分にご確認ください。
また、トラブル防止のため、見積もり請求時には各作業、処分品に対する明細を求めましょう。

関連カテゴリー


粗大ごみ回収のアイミツ利用事例「大量のパソコン廃棄に伴う業者委託」

どのような不用品・粗大ごみ回収業者を探していましたか?

不用品・粗大ごみ回収業者へ大量のパソコン廃棄の依頼を。

WindowsXPのサポート終了に伴って、社内利用していたパソコン35台を全てリース契約に変えることになり、不用品・粗大ごみ回収業者へパソコン廃棄をお願いすることになりました。パソコン内のデータ消去はもちろんのこと、筐体の引き取りについて、比較的料金の安い業者を探して行きました。

アイミツを利用したきっかけ

業者の所在都道府県が予め確認でき業者選びもスムーズだった。

インターネット検索で見つけたことが、アイミツ利用のきっかけです。パソコンはパソコンリサイクル法により、行政引き取りができないため、リサイクルショップに買い取ってもらうか、民間の不用品・粗大ごみ回収業者に引き取ってもらうかの2択になることもアイミツの選び方ガイドを読んで理解できました。また、35台という台数もあり、なるべく近い地域の業者を選びたいと思っていましたが、アイミツでは業者の所在都道府県が予め確認できましたので、業者選びもスムーズでした。

見積もり時に気をつけたこと、反省点

廃棄するパソコンリストを提示してズムーズな見積もり書取得を。

まずは35台のパソコンは、デスクトップやノートPCなど様々なスペックがありましたので、最初から廃棄するパソコンリストを提示し、見積もり書を取得しました。やはり、引き取り時の送料が所在都道府県により大きく異なっていたため、コストメリットを最大限にいかせる業者を選ぶことにしました。反省すべき点は、パソコン内のデータ完全削除について業者に委託せず、自社で初期化対応いたしましたが、完全削除や保証制度を利用しても良かったのではないかと思っています。

実際に発注してみた感想や気づき

アイミツの業者比較は様々な発注案件に使えると実感。

実際に発注後はスムーズに引き取りを行って頂き、廃棄業者からも廃棄後の報告書も送られてきましたので、社内資産として眠らせるのではなく、廃棄処分をして良かったと思っています。固定資産の減価償却も全て終わっているパソコンではありましたが、仮にこのまま置いておくと、保管場所の確保や所在確認などを毎年行わなくてはいけないからです。今後はリースでのパソコン貸与になりますが、オフィス引っ越しなど粗大ゴミが出るタイミングにおいては、今後も業者委託していきたいと思っています。また、アイミツの業者比較は様々な発注案件に使えると思いましたので、これからも利用して行きたいと思います。


粗大ごみ回収の用語・基礎知識

粗大ごみを処分する方法

粗大ごみを処分する方法は大きく分けて、リサイクルショップに買い取ってもらう方法、行政(市・区役所)に引き取ってもらう方法、民間業者に委託する方法があります。行政は民間業者に比べて安く処分をすることができますが、ノートパソコンや冷蔵庫などはリサイクル法の観点から、行政では回収ができず粗大ごみ業者の利用が必要になります。