あなたの発注コンシェルジュ

公開日: 更新日:

海外出張に対応する経費精算システム9選

経費精算システム

海外出張の際に困るのは、山ほど残るレシートや領収書。すべて会社に持ち帰ってレート換算と清算を行わなければいけない方も多いはずです。小さなペーパー類は紛失リスクも高く、帰国後の精算作業の負担は重いと言わざるを得ないでしょう。

そこでおすすめなのが海外出張に対応した経費精算システムです。現地で簡単に経費申請ができるだけでなく、外貨レートの自動計算も可能です。

本記事では、10万件以上の利用実績をもつ発注業者比較サービス「アイミツ」が、海外出張に対応したおすすめの経費精算システムを9つ厳選し、それぞれの製品の特徴をご紹介していきます!ぜひ参考にしてみてください。

経費精算システムの見積もりが
最短翌日までにそろう

一括見積もりをする(無料)

目次
このページについて

1.経費精算システムとは

経費精算システムとは、社員が業務で使った経費の申請・承認をするためのシステムです。一人ひとりにアカウントが割り当てられ、使用した経費の領収書やレシートを端末にアップロードします。

スマートフォン対応のサービスなら、海外出張の際にも便利です。データは自動読み込み、またはオペレーターが目視で入力します。申請後は精算まで自動で処理することが可能。導入すれば大幅に作業負担を軽減できるでしょう。もちろん交通費精算にも活用できます。

入力および精算業務を自動化すれば人為的なミスは発生しません。また社内のペーパレス化も実現できます。業務効率化という点では大変おすすめです。

経費精算システムの導入を検討中の方は、まずは無料の見積もりからはじめてはいかがでしょうか。 「アイミツ」をご利用いただくと、海外出張に対応した経費精算システムの一括見積もりも可能です。経費精算システム選びでお困りの方はお気軽にお問い合わせください。

2.海外出張に対応する人気の経費精算システム3選

2- 1. マネーフォワード クラウド経費

株式会社マネーフォワード
出典:株式会社マネーフォワード https://biz.moneyforward.com/expense

マネーフォワード クラウド経費は、東京都港区に本社を構えるマネーフォワードが提供する人気の経費精算システムです。経費精算に関する悩みをワンストップで解決できる製品として、数多くの企業に導入されています。
OCR機能を搭載しているため、領収書の管理はスマートフォンのカメラで撮影するだけ。申請から承認まで片手で完結します。英語/日本語の切り替えは自由で、もちろん外貨にも対応しており、海外出張に便利です。
利用者が1~30名までの場合は、基本料金+1名あたり500円(6名以上で利用する場合)+各種オプション料金が必要となります。オプション料金は規模に沿ったプランが用意されているため、お得に利用することも可能。大手金融機関レベルのセキュリティを保障しており、セキュアな環境をご希望の方にもおすすめです。

設立年
2012年
会社所在地
東京都港区芝浦3-1-21 msb Tamachi 田町ステーションタワーS 21F
電話番号
03-6453-9160

2- 2. 楽楽精算

株式会社ラクス
出典:株式会社ラクス https://www.rakurakuseisan.jp/

楽楽清算は東京都渋谷区に本社を構えるラクスが提供するクラウド型経費計算システムです。現在までに導入社数6,000社以上、利用者数100万人以上という豊富な利用実績を誇っています。また、CSV形式のデータを一括読み込みできるため、出張簿等をExcelで管理している企業にもおすすめです。
AI機能搭載の領収書読み取り機能(OCR機能)で申請はとっても簡単。旅費・出張費精算機能も充実しており、海外出張精算にも対応しています。外貨レートをマスタ登録しておけば、面倒なレート計算が不要で清算もスムーズです。また、煩雑な日当・手当の計算も必要ありません。規定違反チェック機能もあるため、不正をなくして内部統制を強化したい方にもおすすめです。
初期費用10万円+月額費用3万円からという導入しやすい料金設定も魅力的でしょう。

設立年
2000年
従業員数
1000人以上
会社所在地
東京都渋谷区千駄ヶ谷5丁目27-11 アグリスクエア新宿2階
電話番号
03-6675-3623

2- 3. Concur Expense

株式会社コンカー
出典:株式会社コンカー https://www.concur.co.jp/

Concur Expenseは、東京都中央区にあるコンカーが提供する経費計算システムです。経費申請時間を83%削減、顧客満足度95%という高い数字を記録しており、国内のみでなく世界中に利用者がいます。
アプリを起動してスマートフォンで撮影するだけで、提出から承認まで完結させることが可能です。交通系ICカードとの連携はもちろん、タクシーの手配など各種外部サービスとの連携もできます。また21ヵ国以上の多言語対応で、海外出張が多い方にはぴったりでしょう。旅費規程の自動チェック、監査証跡の自動記録、電子帳簿保存法にも対応しているため、コンプライアンス重視の方にも適しています。これまでにTOYOTA、RICHOなど多数の大企業にも導入されているため、実績重視の方にもおすすめです。
料金プランは中小企業向けの「スタンダード」と中・大規模企業向けの「プロフェッショナル」の2種類が用意されています。

予算感
 
設立年
2010年
会社所在地
東京都中央区銀座6丁目10-1 GINZA SIX 8F
電話番号
03-4570-4666

海外出張に対応する人気の経費精算システムについて紹介をしました。

ここで紹介したサービスはどれも大手企業に導入されており、リピーターも多数獲得しています。多くの支持を集めている=使い勝手が良いとも考えられるため、実績重視で製品選びをするのは理に適っていると言えるでしょう。

ただし、評判の良い製品が必ずしも自社に合うとは限りません。製品選びの決め手に欠けている、迷っている方はぜひアイミツまでお問い合わせください貴社のニーズを丁寧にヒアリングし、無料で条件の合うサービスをご紹介させていただきます。

3.海外出張に対応する格安の経費精算システム3選

3- 1. Dr.経費精算

株式会社BearTail
出典:株式会社BearTail https://www.keihi.com/

Dr.経費精算は、東京都千代田区にあるBearTailが提供する経費精算システムです。料金体系はユーザー数無制限で、月額料金3万円から。初期費用は10万円となっています。従業員数の多い企業で導入すれば費用対効果は抜群です。
領収書のデータ化はオペレーターによる代行入力を採用。入力精度はOCRを凌ぐ99.9%超えで、二重チェックによる品質管理も行われています。圧倒的な正確さで、経費精算に関わる作業時間を90%削減することが可能です。
もちろん、海外出張向けの機能も充実しています。英語表記のレシートや手書きの領収書読み取りも可能で、国内感覚で使いこなせるでしょう。操作画面は英語表記にも対応しているため、外国人社員の多い会社にも適しています。

設立年
2012年
会社所在地
東京都千代田区神田駿河台2‒2 御茶ノ水杏雲ビル5F
電話番号
050-3628-2077

3- 2. らくらく旅費経費.net

株式会社無限
出典:株式会社無限 https://rk2.mugen-corp.jp/ryohi/

COSMOWF 無限易審通は、東京都新宿区に本社を置く無限が提供する業務管理サービス「らくらくBOSS」に含まれている経費計算システムです。多言語対応のトータルワークフローソリューションとして、中国語と英語に対応しており、海外出張でも便利に利用できます。
料金は1ライセンスあたり300円とリーズナブルで、導入・教育費用は10万円からです。シリーズ製品と併用すれば更にお得に利用できます。
海外出張向けの機能は充実しており、自動でのレート計算にも対応。通常の経費精算システムとしても秀逸で、出張申請や仮払い機能も搭載しています。企業のマスタに沿った設定をしておけば諸手当も自動加算されるため、申請者が手当額を意識する必要はありません。
システムはオンプレミスとクラウドに対応。海外出張には、インターネット環境があればどこからでも利用できるクラウド型がおすすめです。

設立年
1991年
会社所在地
東京都新宿区西新宿2-7-1 小田急第一生命ビル14階
電話番号
03-3343-2250

3- 3. eKeihi

イージーソフト株式会社
出典:イージーソフト株式会社 https://www.ezsoft.co.jp/ekeihi/

eKeihiは、神奈川県相模原市にあるイージーソフトが提供する経費精算システムです。経費に特化したツールで、経理担当者・申請者・承認者など実際に使う人の目線に立って開発されました。20年の実績・ノウハウを持ち、顧客満足度は98%を達成しています。
料金プランはクラウド型とオンプレミス型の2種類が用意されており、クラウド型は初期費用¥0円、月額費用は2万9,000からとリーズナブルです。オンプレミス型は初期費用65万円、月額費用7万2,000円からとなっています。
領収書やレシートを自動で読み取れるAI-OCR機能、英語対応、スマホアプリなどは海外出張向けの機能としても便利です。国外でも手持ちの端末から楽々操作でき、自動入力機能で精算書作成の手間を省けます。さまざまなクレジットカードと連携できる点も、人気の理由でしょう。

設立年
2000年
会社所在地
神奈川県相模原市中央区鹿沼台1-9-15 プロミティふちのべビル6F
電話番号
042-750-2704

海外出張に対応する格安の経費精算システムについて紹介をしました。

経費精算システムの料金体系は、ユーザー数に比例して月額課金されるものと、ユーザー数に関わらず一律の月額課金をとるものに分かれます。ユーザー数に比例した課金制は、従業員数の少ない会社なら無駄なく利用できるでしょう。反対に従業員数が多い会社の場合は、ユーザー数に制限のない月額制が有利です。

コストパフォーマンスの良し悪しは従業員数や利用方法によって異なるため、料金体系が自社に合うかどうかよく確認することをおすすめします。

4.海外出張に対応する外部連携で定評のある経費精算システム3選

4- 1. ジョブカン経費精算

株式会社Donuts
出典:株式会社Donuts http://ex.jobcan.ne.jp/

ジョブカン経費精算は、東京都渋谷区に本社を構えるDonutsが提供する経費精算システムです。シリーズ製品を豊富にリリースしており、経費精算のほか勤怠管理、給与計算、ワークフロー、労務管理などと連携することもできます。
経費精算のデザインはシンプルで使いやすく、機能も豊富です。また、経費精算業務を大幅に削減できるだけでなく、サポート体制が充実している点も見逃せません。さらに英語表記と外貨に対応しているため、海外出張で利用することも可能です。
料金は、中小規模の企業の場合初期費用は0円。1ユーザーあたりの月額利用料は400円です。500名以上の大企業については問い合わせが必要となります。また、ジョブカンシリーズでは起業支援プログラムを実施しているため、立ち上げ間もない会社にもぴったりでしょう。

設立年
2007年
従業員数
100-499人
会社所在地
東京都渋谷区代々木2丁目2-1 小田急サザンタワー8階

4- 2. 皆伝!ワークフロー

スミセイ情報システム株式会社
出典:スミセイ情報システム株式会社 https://www.slcs.co.jp/products/kaiden_workflow/

皆伝!ワークフローは、東京と大阪に本社を構えるスミセイ情報システムが提供する製品です。ワークフローシステムでありながらも、経費精算にも強いのが特徴。経費・旅費入力のサポート機能を完備するほか、領収書の画像読み取り、電子帳簿保存法にも対応しています。
また、会計システム、交通系ICカード、出張手配サービス等の外部との連携も秀逸。多言語(日・英・中)、外貨やマルチテナントにも対応しているため、海外出張などグローバルでの活用にも適したサービスだと言えるでしょう。
また、経費精算のほかに「勤務管理」「マイナンバー」「ERPソリューション」などを提供しており、相互連携が可能。バックオフィス業務を一元化したい方にもおすすめです。プランにはパッケージ型とクラウド型があり、料金の詳細については問い合わせが必要です。

設立年
1971年
従業員数
1000人以上
会社所在地
大阪府大阪市淀川区宮原4-1-14 住友生命新大阪北ビル
電話番号
06-6396-3939

4- 3. 経費BankⅡ

SBIビジネス・ソリューションズ株式会社
出典:SBIビジネス・ソリューションズ株式会社 https://kb2.sbi-bs.co.jp/

経費BankⅡは、東京都港区に本社を構えるSBIビジネス・ソリューションズが提供する経費精算システムです。高機能でありながらも使いやすいのが特徴で、簡単に操作できる直感的なインターフェースは、誰でもすぐに使いこなせるでしょう。
また、駅すぱあとやICカード、コーポレートカードとも連携できるため、外部サービスとの連携を重視する方にも適しています。
搭載機能は交通費精算、出張費・交際費の計算、承認ルート設定、支払・支訳データ出力、申請書カスタマイズなど。英語対応、外貨換算にも対応しています。クラウド型でマルチデバイスに対応しているため、海外出張でも活用できるでしょう。
料金プランは初期費用が18万円、月額利用料(1〜50ユーザー)が3万円。月額追加ID利用料(50ユーザー単位)は1万円です。

設立年
1989年
会社所在地
東京都港区六本木一丁目6番1号 泉ガーデンタワー
電話番号
03-6229-0809

経費精算システムの見積もりが
最短翌日までにそろう

一括見積もりをする(無料)

5.経費精算システムの選び方のポイント

自社のニーズに合うものを選ぶ

経費精算システムを選ぶ際は、まずは自社のニーズを明らかにすることが大事。そこから必要な機能を搭載した製品をピックアップし、比較検討していきます。

汎用性が高いものは一見良く見えますが、何でもできそうに見えて、実際に使ってみると機能面が条件に合わないケースも少なくありません。とくに海外出張で使うとなると、外貨レート換算や多言語対応は必須です。

評判の高い製品でも必要な機能が搭載されていないものもあるため、よく内容を見比べて選ぶことをおすすめします。

無料トライアルサービスのあるものを選ぶ

経費精算システムを導入する際は、無料トライアルのある製品を選ぶと間違いがありません。

どんなに良いシステムでもすべての会社に合うというわけではないのです。それぞれの会社のニーズやサービスとの相性があります。核心の部分は実際に使ってみないとわからないため、見て、触って使用感を確かめることが大事です。

一度導入したあとでの変更はとても大変ですので、事前のリサーチは念入りに行いましょう。

6.【まとめ】経費精算システム選びで迷ったら

以上、海外出張に対応した経費精算システムのご紹介と、選び方のポイントでした。今回ご紹介したサービスはいずれも高評価を得ているものばかりです。ぜひ製品選びの際は参考にしてみてください。

しかし、経費精算システムと一口に言っても、その特徴はさまざまです。選定をはじめる前に、希望の条件を社内できちんと整理し、よりスムーズに選べるように準備しておきましょう。

経費精算システムについてもっと詳しく知りたい方、予算感が掴めずに困っている方にはアイミツの無料相談もおすすめです。ぜひお気軽にお問い合わせください

経費精算システム探しで、こんなお悩みありませんか?

電話が鳴り止まない

1社ずつ調べていくには
時間がかかりすぎる

見積もりを取っても不安

相場がわからないから
不安…

情報だけを信じるのは不安

どの企業が優れているのか
判断できない…

アイミツなら
  • point. 1 今人気のサービスをまとめて比較できる!
  • point. 2 10万件の利用実績から業界・相場情報をご提供!
  • point. 3 業界内で実績豊富なサービスのみ掲載!
アイミツ

著者

imitsu編集部

運営に関するお問い合わせ、取材依頼などはお問い合わせページからお願い致します。

海外出張 経費精算の経費精算システムサービスのページを見た人はこんなランキングも見ています

経費精算システムの見積もりが
最短翌日までにそろう

一括見積もりをする(無料)

経費精算システムの見積もりが最短翌日までにそろう