業者探しで迷わない。一括見積もりならアイミツ

お急ぎの方は
電話で即日相談

フリーダイアル

0120-917-819

通話無料 営業時間 10:00~19:00 土・日・祝休

山形の優良業者

ERPパッケージ・ERPシステム

最適業者がスグに見つかる

ERPパッケージでは、企業経営に必要なすべての業務をシステム上で行うことができます。「基幹業務システム」「統合システム」とも呼ばれており、導入費用は、最低でも1,000万円以上となります。そのため、導入の際には慎重な検討が必要です。機能においては、資産管理から、販売管理、在庫管理、人事労務管理などがあり、自社の業務と合うかを確認します。過去には多額の費用をかけてERPパッケージを導入したにもかかわらず、すぐに社内で使われなくなってしまったという失敗例もあります。そのようなことを避けるためにも「自社の業務に合わせて使うことができるか」「自社において得られる効果は何か」「費用をかけても導入する価値があるか」などを慎重に検討しましょう。また、社員がシステムを十分に使えるまでしっかりとしたサポートが受けられるのかも重要なポイントになります。

お急ぎの方はこちら!

完全無料

優良企業で一括見積もり

山形の優良業者 ERPパッケージ・ERPシステム業者一覧

71件中110件の業者を比較中

実績数
100~1,000
主な顧客規模(従業員数)
50~100
提供形態
クラウド型 パッケージ型
  • 中堅・中小企業向けに開発したERP・基幹会計システムです
  • ワンシステム・複合業態対応が強みとなります
  • サービス導入後のサポートも継続的に行います
実績数
100~1,000
主な顧客規模(従業員数)
50~100 100~500
提供形態
クラウド型 パッケージ型 自社構築型
  • 320社以上の企業に導入されています
  • 製造販売の全ての業務をこのソフト1本で管理できます
  • デモ機のレンタルも行っております
提供会社

注目このサービス(EXPLANNER/Ai )の詳細

25,000本以上の導入実績と35年の歴史あるERPシステムEXPLANNER/Aiは、企業規模や業種問わず、販売、債権、債務、会計、人事、給与をご提供するWEB対応型基幹業務パッケージです。

提供会社

注目このサービス(EXPLANNER for SaaS)の詳細

クラウド型ERPソリューション「EXPLANNER(エクスプランナー) for SaaS」は、会計・人事・給与・ワークフロー・生産管理・販売管理といった企業の基幹業務をサポートするNECのクラウド型ERPソリューションです。

提供会社

注目このサービス(COMPANYシリーズ)の詳細

シェアNo.1 ERP「COMPANY」を提供するワークスアプリケーションズの公式サイトです。会計(財務会計・管理会計・債権債務・資金・資産管理)、人事給与(人事給与管理・就労管理・ワークフロー)、SCMなど大手企業を中心に1000社以上の実績をもつERPパッケージです。

アイミツのコンシェルジュサービス

業者選び
にお困りですか?

簡単3ステップ

優良業者からの見積もりが集まります

提案表・見積もり書
  1. ヒアリング

    ヒアリング

    ご要望がまとまっていない、相場がわからない場合でも、業界のプロが適切にリードいたします。

  2. 優良業者を提案

    優良業者を提案

    基本的な比較情報はもちろん、推薦の理由、どんな評価を受けているかもご説明します。

    提案表
  3. 見積もり

    見積もり

    各社の見積もりが簡単に集まり、スムーズに業者選定を進めることが可能です。

    見積もり書

完全無料!一括見積もりはこちらから

サポートブックイメージ
お問い合わせで無料進呈中、完全保存版、見積もり・発注サポートブック

山形のERPパッケージ・ERPシステム会社の選び方ガイド・比較のポイント

  • POINT 1 自社の業務に合った機能があるか

    企業経営状態、財務情報、業務状況をリアルタイムに把握できる
    ERPパッケージ・ERPシステムは、企業経営に必要なあらゆる業務をシステム上で管理するためのソフトウェアサービス(パッケージ)で、Enterprise Resource Planningの略称です。ERPパッケージ導入で得られ… 続きを見る

  • POINT 2 システムの操作性は問題ないか

    システムを使いこなせなければ宝の持ち腐れにも‥‥‥。
    ERP導入で気をつけたい事は、一言でいえば、「システムを使いこなせるか」ということに尽きるでしょう。どれだけ良いERPパッケージを導入しても、業務画面が複雑だったり操作性が悪いと、社内全体に浸透… 続きを見る

  • POINT 3 費用を確認する

    低く抑えたとしても費用は1,000万円以上。費用対効果があるかよく検討を。
    ERPパッケージを導入費用には、サーバー費用、ソフトのライセンス費用、導入サポート費用に加えて、アドオン(追加ソフト開発)などの費用もあり、低く抑えたとしても1,000万円以上はかかり、場合によっ… 続きを見る

  • POINT 4 信頼できるサポートが整っているか

    ERPパッケージ導入は長期戦。サポート体制が充実している業者を選ぶ。
    ERPパッケージは非常に大規模なシステムになりますので、社内に浸透し、使いこなすまでにある程度の時間がかかることを想定しておきましょう。そのため、サポート体制が充実しているERPパッケージの業者… 続きを見る

山形のERPパッケージ・ERPシステム会社への発注にあたっての基礎用語

  • ERPパッケージ・ERPシステムの基礎知識・基礎用語

    ERPとは、Enterprise Resource Planning(エンタープライズ リソース プランニング)の略で、販売から、生産、製造、物流、会計、人事管理、経営計画まで、企業経営に関わる業務すべての分野を統合した情報システムです。ERPパッケージを導入する最大のメリットは、企業全体の情報を一元管理できることです。そして、企業の売上、利益、営業、生産コスト、債権をリアルタイムで把握することで、企業の利益を最大限に拡大させることを目的としています。ERPはもともと海外で開発され、日本の企業に導入されましたが、当初は日本の商慣習に合わなかったり、操作が複雑だったため、導入しても社内で使われなかったという失敗例も少なからずあるようです。市場規模は1200億円以上で、企業経営者の間では、ITシステムを経営に活用する意識が高まっており、今後も増加することが予測されています。