業者探しで迷わない。一括見積もりならアイミツ

お急ぎの方は
電話で即日相談

フリーダイアル

0120-917-819

通話無料 営業時間 10:00~19:00 土・日・祝休

連結会計対応の優良業者

連結会計対応のERPパッケージ・ERPシステム

コスパが最大化する

一括見積もり

利用料 0円

失敗しない!今ならお問い合わせで無料進呈中 発注サポートブック

カンタン!30秒でお問い合わせ完了

優良企業のみで一括見積もり

コンサルティング イメージ

ERPパッケージでは、企業経営に必要なすべての業務をシステム上で行うことができます。「基幹業務システム」「統合システム」とも呼ばれており、導入費用は、最低でも1,000万円以上となります。そのため、導入の際には慎重な検討が必要です。機能においては、資産管理から、販売管理、在庫管理、人事労務管理などがあり、自社の業務と合うかを確認します。決算業務のシステム化であれば、連結会計システムなども挙げられます。データ収集・連結処理・レポーティングの機能がシステム化され、また、データも一元化されるので、業務変更に対する柔軟な対応が可能になります。過去には多額の費用をかけてERPパッケージを導入したにもかかわらず、すぐに社内で使われなくなってしまったという失敗例もあります。そのようなことを避けるためにも「自社の業務に合わせて使うことができるか」「自社において得られる効果は何か」「費用をかけても導入する価値があるか」などを慎重に検討しましょう。また、社員がシステムを十分に使えるまでしっかりとしたサポートが受けられるのかも重要なポイントになります。

人イメージ

連結会計対応のERPパッケージの発注や業者探しの際、こんなお悩みありませんか?


  • 予算

    予算を抑えたいけれど
    どこに相談すればよい?

  • 評判

    いろんな会社が検索でヒット!
    本当に評判がよいのはどこ?

  • 相場

    相場が分からないけれど
    いくら位が妥当な金額?

  • 営業

    一括見積もりに依頼すると
    営業電話が多そうで不安・・・

人イメージ

そのお悩みをアイミツが解決します

発注先選定を無料でお手伝い!

  • POINT1

    相場情報をご提供!

    2万件以上の利用実績から
    相場情報や適正価格をご案内!
    見積もりのポイントも教えます。

  • POINT2

    専門コンシェルジュによる
    徹底見積もりサポート

    専任のコンシェルジュが、
    ご要望を丁寧にヒアリングいたします。
    5万社の調査から最適な会社をご紹介。

  • POINT3

    評判の良い会社に厳選

    100万以上のクチコミから
    評判の良い会社に絞ってご紹介!
    営業電話に困ることはありません。

業者探しは手間も費用もかからない

3
STEP

  1. 確認

    希望条件、ご要望をお聞かせください!

    ご要望がまとまっていない場合でも、
    業界のプロが適切にリードいたします。

  2. 提案

    専門知識のあるコンシェルジュが
    無料で業者をご紹介いたします!

    基本的な情報はもちろん、推薦の理由、
    どんな評価を受けているかもご説明します。

    提案表
  3. 見積り

    直接商談も可能!即、見積もりが集まります

    各社の見積もりが簡単に集まり、
    スムーズに業者選定を進めることが可能です。

    見積もり

無料即日対応優良企業を厳選してご紹介!

カンタン!30秒でお問い合わせ完了

お問い合わせで無料進呈中。完全保存版見積もり・発注サポートブック

お急ぎの方はお電話でも受付しています

フリーダイアル

0120-917-819

通話無料 営業時間 10:00~19:00 土・日・祝休

  • 問い合わせ後の流れは?
  • 無料でサービスが受けれられる理由とは?

REVIEWS

20,000件の相談実績

2014年から既に2万件を超える相談をいただいたおり、
利用されたお客様からもご好評いただいております

イメージ

無料即日対応優良企業を厳選してご紹介!

カンタン!30秒でお問い合わせ完了

お問い合わせで無料進呈中。完全保存版見積もり・発注サポートブック

お急ぎの方はお電話でも受付しています

フリーダイアル

0120-917-819

通話無料 営業時間 10:00~19:00 土・日・祝休

  • 問い合わせ後の流れは?
  • 無料でサービスが受けれられる理由とは?

連結会計対応のERPパッケージ・ERPシステムの

選び方ガイド

連結会計対応のERPパッケージ・ERPシステムの選び方ガイド

連結会計対応のERPパッケージ・ERPシステムの委託先、外注先を探すにあたってのポイントや選び方など、様々な情報をまとめました。当社が保有するほんの一部のノウハウのみの公開ですが、参考にしてください。当社は、相場情報、見積もり事例など多数保有しております。

連結会計対応のERPパッケージ・ERPシステムの選定ポイント

POINT
01

連結会計システムの導入目的を確認する

会計書類の突き合わせ作業なしでも全体像が把握できる!

企業の本社がグループ全体の状況を把握しようとした場合、各グループ企業の個別の決算書を突き合わせて全体像をつかむ方法がこれまでは一般的でした。しかしERPによって連結会計を実施することで多くの作業についてワークフローの効率化を実現できるばかりか、全体状況を素早く把握していち早く生産管理や基幹業務に反映し、経営戦略に落としこむことができます。

【連結会計を手作業でやることのデメリット】

  • グループ会社からの財務諸表データ集約に時間がかかり、連結決算書作成が遅くなる
  • グループ間の内部取引の相殺や棚卸/固定資産未実現利益の消去など書類作成のノウハウが必要
  • 定型的な管理帳票を表計算ソフトで行うケースでは連結決算書類が出来上がるまでに多くのプロセスでミスが生じる
POINT
02

連結決算をERPで実施するメリットを確認しておく

手間が軽減し迅速な標準化対応可能になる!

  • メンテナンス作業の効率化と入力ミス削減が図れる

通常の会計処理で必要なデータから連結決算処理を自動処理で行うため、決算業務に関する作業の重複をなくし、ミスを軽減します。

  • 連結決算業務の標準化が図れる

手作業により連結決算業務を行う場合には、各グループ企業内で経験豊富な担当者が作業を行う傾向にあるので業務が属人化される傾向にありますが、ERPを導入することでそれらの業務プロセスを共有し、標準化が可能となります。

  • 法定監査に対応し、内部統制に効果がある

法定監査および内部統制に対応しているため監査対応が効率化され、内部統制やマネジメントの質も向上します。

  • 会計基準の変更にも対応できる

システムのバージョンアップにより会計基準の変更に対応が可能となります。

POINT
03

連結会計システム対応型ERP導入前にやっておくことを確認する

ERP導入の成功ポイントは事前の根回しにあり!

  • カスタマイズ性をチェックする

システムのカスタマイズやソフトウェア設計に多額の費用や膨大な時間を要さないか確認します。自社の業務に合わせてカスタマイズする際には、コストを把握し、予算オーバーにならないように注意が必要です。

  • システム導入に社内の理解が得られるかコンセンサスを得る

システム導入の目的や機能、時期を社内のスタッフへしっかりと説明し理解を得ることで、導入後、スタッフがスムーズにシステムを利用できます。

  • 取引先の要求に答えられるか

顧客・取引先の要求や交渉内容、あるいは経済状況によって、業務は常に変化します。現場の状況の変化やコンセプトに対して、柔軟に対応できるシステムかを確認しましょう。

  • システムについて充分に理解できる担当者が社内にいるか

いつまでも外注や業者のスタッフを頼っていては、社内業務の効率化は難しいでしょう。自社の担当スタッフがシステムを充分に把握した上で、導入促進を図ることが大切です。

POINT
04

連結会計システム対応型ERPに必要な機能を確認する

自社の課題を整理して対応できる製品を探す。

一般的な連結会計システム対応型ERPの機能は下記のとおりです。自社でやりたいことが実現できるかどうか導入候補の製品を個別にチェックしましょう。

  • 連結財務諸表作成機能

国内、米国、国際会計基準などに準拠したバランスシート、損益計算書などを作成します

  • レポート・分析機能

財務データや、非財務データを基に報告用、分析用のレポートを作成します

  • データチェック機能

グループ企業の財務諸表間の残高整合性や前年度期末残高と当期首残高の整合性などをチェックします

  • 連結予算作成機能

単体予算から連結予算を作成し、クラウドでの連携により、各グループ企業へ指示できます

  • セグメント階層化機能

ニーズをもとにセグメントごとに管理会計を統合・実施、報告書にまとめることが可能です

POINT
05

信頼できるサポートが整っているか

ERPパッケージ導入は長期戦。サポート体制が充実している業者を選ぶ。

ERPパッケージは非常に大規模なシステムになりますので、社内に浸透し、スタッフがシステムやモジュールなどの機能を使いこなすまでにある程度の時間がかかることを想定しましょう。そのため、サポート体制が充実しているERPパッケージの業者を選びたいものです。メールや電話でのサポートは当然のことながら、場合によっては、業者の担当者が自社を訪問してくれるかも確認するポイントです。サポートスタッフは自社の業務内容をよく把握しており、且つ、対応してもらえることがベストでしょう。

また、導入後の一定期間、ERPパッケージの業者からインストラクターを派遣してもらえるかどうか、セキュリティ教育や、システムの運用・稼働に関するセミナーなどの有無を確認しておきます。多くの経営陣やスタッフがシステムに慣れるよう、業者が提供しているサポート体制を上手く活用できると安心です。

早い段階で会計担当の責任者をプロジェクトチームの一員として加えておき、適宜意見を聞くことや、フィードバックすることが重要です。

連結会計対応のERPパッケージ・ERPシステムのよくある質問

人イメージ

連結会計対応のERPパッケージ・ERPシステムについてのよくある質問を集めてみました。業者を決定するまでには、自社の業態や依頼内容に応じたさまざまな疑問点が浮かぶものです。発注後のお客様へのヒアリングを行っているぜひアイミツでは、細かな疑問点もしっかり把握しています。