あなたの発注コンシェルジュ

フリーダイアル

0120-917-819

営業時間 平日 10:00~19:00

7万社以上を徹底比較

コスパが最大化する

ERPパッケージ
一括見積もり

クオリティUPでより高いクオリティを、コストダウンで適正な価格で発注

  • 利用実績

    9万社

  • 利用満足度

    98%

簡単30秒

失敗しない業者選びのために!最適業者をご紹介

相見積もりで失敗しない
5つの鉄則

お電話でのお問い合わせはこちら

営業時間 平日 10:00~19:00

フリーダイヤル 0120-917-819

■ ERPパッケージ業者を探す際のワンポイントアドバイス

ERPパッケージでは、企業経営に必要なすべての業務をシステム上で行うことができます。「基幹業務システム」「統合システム」とも呼ばれており、導入費用は、最低でも1,000万円以上となります。そのため、導入の際には慎重な検討が必要です。機能においては、資産管理から、販売管理、在庫管理、人事労務管理などがあり、自社の業務と合うかを確認します。過去には多額の費用をかけてERPパッケージを導入したにもかかわらず、すぐに社内で使われなくなってしまったという失敗例もあります。そのようなことを避けるためにも「自社の業務に合わせて使うことができるか」「自社において得られる効果は何か」「費用をかけても導入する価値があるか」などを慎重に検討しましょう。また、社員がシステムを十分に使えるまでしっかりとしたサポートが受けられるのかも重要なポイントになります。

ところで

ERPパッケージの業者探しで、こんなお悩みありませんか?

  • 電話が鳴り止まない

    一括見積もりサイトだと電話が…

    一括見積もりをすると多数の会社から
    営業電話が鳴り続けて業務に支障をきたしそう

  • 見積もりを取っても不安

    業界事情や相場を知らない…

    適正な価格がわからないから
    見積もりを取っても不安

  • 情報だけを信じるのは不安

    どの企業が優れているのか…

    ホームページには良いことが書かれて
    いるけれども、実際の評判はどうなの?

そのお悩みをアイミツが解決
発注先選定を無料でお手伝い!

  • point.1

    相場情報をご提供!

    9万件以上の利用実績から
    相場情報や適正価格をご案内
    見積もりのポイントも教えます。

  • point.2

    コンシェルジュ

    専門コンシェルジュによる
    徹底見積もりサポート!

    御社の要望をコンシェルジュが
    ヒアリング、全国7万社以上の業者比較
    ・調査から
    要望に適した会社をご紹介。

  • point.3

    評判の良い会社に厳選!

    100万以上のクチコミから
    評判の良い業者
    に絞ってご紹介
    営業電話に困ることはありません。

業者探しは手間も費用もかからない3ステップ

  • 確認

    確認のイメージ

    希望条件、ご要望を
    お聞かせください!

    ご要望がまとまっていない場合でも、業界のプロが適切にリードいたします。

  • 提案

    確認のイメージ

    業者選びのコンシェルジュが
    無料で業者をご紹介!

    基本的な情報はもちろん、推薦の理由、どんな評価を受けているかもご説明します。

  • 見積もり

    確認のイメージ

    直接商談も可能!スピーディ
    に見積もりが集まります

    各社の見積もりが簡単に集まり、スムーズに業者選定を進めることが可能です。

相談してみてわかる!アイミツが選ばれる理由とは?

大手から中小企業まで、話題の企業が続々利用中!

規模を問わず、数多くの有名企業様に
ご利用いただいているのには理由があります!

  • 利用料
    0

    ご相談は無料ですイメージ

    ご相談は無料です

    業者比較・紹介のための総合サイトとして広告収益を中心に運営。完全無料でのサービス提供を実現しました。

  • 満足度
    98%

    安心の満足度98%イメージ

    安心の満足度98%

    紹介企業数は業界No.1。2014年の満足度は、なんと98%。

  • 調査社数
    7万社

    プロによる徹底調査イメージ

    プロによる徹底調査

    最新事情、業界慣習、企業の評判から相場まで、各業界を徹底的に理解した専門スタッフが対応。

  • 会員登録
    不要

    スピード即日対応イメージ

    スピード即日対応

    原則、電話もしくはメールにて、即日対応いたします。手厚いサポートで発注の不安を解消します。

ERPパッケージ業者を探す

全国61社から、あなたにピッタリのERPパッケージ業者が見つかります。

“業者探し”のことなら
コンシェルジュに無料でお任せ!

お急ぎの方はこちら

0120-917-819

営業時間 平日 10:00~19:00

コンシェルジュ
Kadono

業者選びのポイントをカンタンにご紹介

業者選びの具体的な進め方は、アイミツが誇る業界のプロにご相談ください

ERPパッケージの選び方ガイド

ERPパッケージの委託先、外注先を探すにあたってのポイントや選び方など、様々な情報をまとめました。当社が保有するほんの一部のノウハウのみの公開ですが、参考にしてください。当社は、相場情報、見積もり事例など多数保有しております。


ERPパッケージの選定ポイント

point.1自社の業務に合った機能があるか

企業経営状態、財務情報、業務状況をリアルタイムに把握できる

ERPパッケージ・ERPシステムは、企業経営に必要なあらゆる業務をシステム上で管理するためのソフトウェアサービス(パッケージ)で、Enterprise Resource Planningの略称です。ERPパッケージ導入で得られるメリットは、企業経営状態、財務情報、業務状況をリアルタイムに把握できることです。企業の売上、利益、営業、生産コスト、債権などの業務を把握することで、企業の利益を最大限に拡大させることができます。また、一定の情報を共有することで企業内部の情報を統制し、システムを通して業務を行うことで、企業全体の業務の効率化が期待できます。

<ERPの主な機能一覧>

  •  資産管理:企業が保有する資産を効率的に管理・運用するための業務です。

例)年次予算、定形資産、手形期日情報、資金繰予測、予算実績管理

  •  会計管理:経営意思決定の元となる重要な会計情報を一元管理します。

例)財務会計(一般会計、買掛金管理、売掛金管理、財務管理)、手形管理、管理会計(間接費管理、製品製造原価会計、収益性分析・管理)。尚、「財務会計システム業者の比較」もご参考にしてください。

  •  販売管理:受注、その後の商品出荷、納品、代金の請求、回収までを管理します。

例)受注管理、出荷・売上げ、請求、売掛管理。尚、「セールスフォース(SFA)・CRM業者の比較」もご参考にしてください。

  •  在庫管理:自社に保管されている在庫物の品質維持、出入庫数量の把握をします。

例)受払管理、在庫数管理、棚卸資産評価

  •  購買管理:材料や部品を取引先から購入し、購買物の品質のチェックをし、指定期日までの調達状況を確認します。

例)発注管理、入荷、仕入れ、買掛管理

  •  生産管理:指定期日までに、要求されたレベルに達した品質と数量の製造物を、生産、管理します。

例)製番管理、所要量計算(MRP)、外注管理、製造工程、作業実績、原価計算

  •  設備管理:生産設備の定期点検や性能把握、社内設備の機能維持業務を管理します。

例)生産機器管理、ネットワーク通信機器管理、電気設備、空調設備管理

  •  人事労務管理:社員や従業員に関する人事業務を管理します。

例)人事管理、雇用管理、給与、賃金管理、安全衛生管理。尚、「人事システム業者の比較」もご参考にしてください。

  •  固定資産管理:土地や建物、車両や生産機械、あるいはリース資産を管理します。

例)資産登録、リース資産管理、法人税申告

  •  債権債務管理:取引先への請求、支払いの状況を管理します。

例)売上債権処理、請求書発行、支払明細書発行、入出金消込

  •  ワークフロー:稟議書提出、申請など、社内での書類手続きなどをシステム上で行います。

尚、「グループウェア・イントラネット構築業者の比較」もご参考にしてください。

その他、データのバックアップ機能やセキュリティ機能についても、忘れずに確認しておきましょう。また、「文書(契約書)管理システム業者の比較」もご参考にしてください。

 

point.2システムの操作性は問題ないか

システムを使いこなせなければ宝の持ち腐れにも‥‥‥。

ERP導入で気をつけたい事は、一言でいえば、「システムを使いこなせるか」ということに尽きるでしょう。どれだけ良いERPパッケージを導入しても、業務画面が複雑だったり操作性が悪いと、社内全体に浸透せず、最悪の場合には、誰も使わなくなるということが起きてしまいます。

<導入前に社内で確認しておきたいこと>

  •  実際の業務に合致したERPか

実際の業務をERPパッケージの項目や仕様に合わせるのでは、社内で混乱が起きてしまいます。自社の業務にERPパッケージが合わせられるかを事前によく確認しましょう。

  •  カスタマイズ性について

システムのカスタマイズに多額の費用がかかったり、時間がかかったりしないかを確認します。自社の業務に合わせてカスタマイズする際には、予算オーバーにならないように注意が必要です。

  •  システム導入に理解が得られるか

システム導入の目的や機能、時期を社内の従業員へしっかりと説明し理解を得ることで、導入後、従業員がスムーズにシステムを使うことができます。

  •  取引先の要求に答えられるか

顧客、取引先の要求や交渉内容、あるいは経済状況によって、業務は常に変化します。現場の状況の変化に対して、柔軟に対応できるシステムであるかを確認しましょう。

  •  システムについて充分に理解できる担当者が社内にいるか

いつまでも外注や業者のスタッフを頼っていては、社内業務の効率化は難しいでしょう。自社の担当社員がシステムを充分に把握でき、導入促進を図ることが大切です。

 

point.3費用を確認する

低く抑えたとしても費用は1,000万円以上。費用対効果があるかよく検討を。

ERPパッケージを導入費用には、サーバー費用、ソフトのライセンス費用、導入サポート費用に加えて、アドオン(追加ソフト開発)などの費用もあり、低く抑えたとしても1,000万円以上はかかり、場合によっては、1億円以上の費用がかかることもあります。これだけの費用をかける必要があるか十分に検討して、導入を決めたいところです。自社の課題や問題を洗い出し、ERPパッケージの機能や能力に照らし合わせ、導入すれば解決できる見込みがあると判断した場合には、導入の費用と自社の予算を検討するようにしましょう。

 

point.4信頼できるサポートが整っているか

ERPパッケージ導入は長期戦。サポート体制が充実している業者を選ぶ。

ERPパッケージは非常に大規模なシステムになりますので、社内に浸透し、使いこなすまでにある程度の時間がかかることを想定しておきましょう。そのため、サポート体制が充実しているERPパッケージの業者を選びたいものです。メールや電話での相談は当然のことながら、場合によっては、業者の担当者が訪問してくれるかも確認しておきましょう。自社の業務内容をよく把握しているサポートスタッフが対応してくれるのがベストです。

また、ERPパッケージの業者からある一定期間は、インストラクターを派遣してもらったり、システムの使用、稼働に関するセミナーなどの有無を確認しておきます。多くの経営陣や社員がシステムに慣れるようにサポート体制を上手く活用したいものです。

 


ERPパッケージのよくある質問

ERPパッケージについてのよくある質問を集めてみました。業者を決定するまでには、自社の業態や依頼内容に応じたさまざまな疑問点が浮かぶものです。発注後のお客様へのヒアリングを行っているぜひアイミツでは、細かな疑問点もしっかり把握しています。

コンシェルジュ

QERPパッケージとは何ですか?

A社員や設備や資金などの経営資源を活用して 、経営の効率化を図るシステムを。

ERPとは「Enterprise Resource Planning」の略称で、日本語では 「事業者資源計画」となります。社員や設備や資金などの経営資源を活用して 経営の効率化を図る手法の一つで、これを実現するためのシステムが ERPパッケージです。詳しくはERPパッケージ業者にご確認ください。

QERPパッケージ選定のポイントは何ですか?

Aパッケージの機能だけに目を向けず業務フローや予算にあうERPベンダーを探すこと。

ERPベンダーの見積もりは、システム要件やソリューションに対する総コストが最大2倍の開きがあることはめずらしいことではありません。一般的に安全率の読み方(リスク)、カスタマイズ、コンサルティング能力によって差が出てきます。ERFパッケージの機能だけに目を向けず、自社の業務フローや予算にあうERPベンダーを探すことがポイントです。

Q自社の業務に合致するように「カスタマイズ」はできますか?

AもちろんOK!カスタマイズは積極的にコンサルタントに相談すべき。

もちろん、可能です。ERPパッケージというよりも、コンサルティング能力によって導入に成功するか決まるとも言われています。ERPシステムが自社の業務フローを助け、ユーザーにとって使いやすいものである必要があります。カスタマイズは積極的にコンサルタントに相談すべきポイントです。

Q導入に際して、どのような業種・業態の企業に向いていますか?

A業務プロセスごとに分かれており、業種や希望にあったERPパッケージを選択する。

ERPパッケージの対応個所は、様々な業務プロセスごとに分かれています。例えば、生産中心のもの、会計中心のもの、MRPのみのもの、製番管理やMRPができるものなどです。もちろん、これらを組み合わせながら、自社の業種や希望にあったERPパッケージを選択する必要があります。

Q契約前にデモ環境を見ることはできますか?

Aカスタマイズ前に試用版を提供している事業者あり、試用版を見せてくれる場合も。

ERPパッケージ事業者の中には、カスタマイズ前に試用版を提供している事業があります。実際の業務プロセスと照らし合わせながら、試用版を確認することでカスタマイズ要件を決めていくこともできるため、試用版を持つERPパッケージ事業者を選ぶと良いでしょう。仮に試用版がなくとも、ERPパッケージ事業者に相談することで、製品版を見せてくれることもあります。ご相談ください。

Q導入にあたり何から始めたら良いですか?

A業務プロセスの整理と連携する仕組み・システムの要件確認が必須。

導入検討にあたり、ERPパッケージで行う業務プロセスの整理と連携すべき仕組み・システムの要件確認が必須です。ERPパッケージを導入することは、ビジネス・プロセス・リエンジニアリング(業務改革)が必要になりますので、関係各部署のリーダーシップで実行する必要があります。

Q導入にあたり気を付けることは何ですか?

A達成したい目的を関係者で共有しながら、担当者の手間にらないように。

「納期達成率」、「在庫低減」、「リードタイムの短縮」、「経営情報の迅速化」、「売上利益の向上」など、ERPパッケージを導入することで達成したい目的を関係者で共有してください。また、ERPパッケージを導入したとしても、現場の担当者が利用時に手間がかかってしまうことの無いように、導入前のヒアリングはとても重要です。

QERP導入にあたりのメリットとデメリットはありますか?

Aメリットは、これまでの仕組みではできなかったことができるようになること。

ERPパッケージを導入のメリットとしては、これまでの仕組みではできなかったことができるようになったり、業務プロセスが可視化されることでリードタイムが短くなったりすることにあります。デメリットとしては、ERPパッケージの業務プロセスを1度決めてしまうと、なかなかその業務プロセスの変更や改訂は難しいという点です。ERPパッケージシステムの導入時は業務プロセスの棚卸しを行いましょう。

Q導入期間はどれくらいですか?

Aカスタマイズすると、半年~1年くらいかかることも。

ERPパッケージは、導入するパッケージを製品版そのままに使うのか、カスタマイズするかで導入期間は大きく変わります。実際にカスタマイズを行うと、その要件によっては半年以上もシステム開発をするケースもあるようです。また、ERPパッケージは導入に対して既存システムと併走する期間を設けることが一般的ですので、導入後のランディング期間を含めると1年がかりというケースもあります。

Q業務単位(事業部単位)での導入はできますか?

Aむしろ、業務プロセス単位での導入にしたほうが評価もしやすい。

もちろん、可能です。ERPパッケージは業務プロセスごとに個別パッケージになっている事業者が多く、業務プロセスごとに別ERPパッケージを採用している事業主もいます。実際の利用を考えて行くと、ERPパッケージの特長でもある業務プロセス単位での導入にしたほうがERPパッケージの評価もしやすいように思います。


ERPパッケージの用語・基礎知識

ERPパッケージ・ERPシステムの基礎知識・基礎用語

ERPとは、Enterprise Resource Planning(エンタープライズ リソース プランニング)の略で、販売から、生産、製造、物流、会計、人事管理、経営計画まで、企業経営に関わる業務すべての分野を統合した情報システムです。ERPパッケージを導入する最大のメリットは、企業全体の情報を一元管理できることです。そして、企業の売上、利益、営業、生産コスト、債権をリアルタイムで把握することで、企業の利益を最大限に拡大させることを目的としています。ERPはもともと海外で開発され、日本の企業に導入されましたが、当初は日本の商慣習に合わなかったり、操作が複雑だったため、導入しても社内で使われなかったという失敗例も少なからずあるようです。市場規模は1200億円以上で、企業経営者の間では、ITシステムを経営に活用する意識が高まっており、今後も増加することが予測されています。

 

失敗できない“業者探し”
コンシェルジュに無料でお任せ!

お急ぎの方はこちら

0120-917-819

営業時間 平日 10:00~19:00

コンシェルジュ
Kadono