業者探しで迷わない。一括見積もりならアイミツ

お急ぎの方は
電話で即日相談

フリーダイアル

0120-917-819

通話無料 営業時間 10:00~19:00 土・日・祝休

モバイル対応の優良業者

eラーニングシステム

おすすめ業者を一覧比較

eラーニングシステムとは、インターネットを活用した学習形態のことで、教室のような場所に固定されないのが最大の特徴となっています。モバイル対応のシステムであれば、外出先や移動の合間などにシステムを簡単に利用することが可能になります。カスタマイズも柔軟に可能で、手厚いサポート体制があれば、更によいでしょう。部門ごとに異なった教材を使うケースもありますし、全従業員の情報共有としても有効です。導入時には、どのようなタイミングで、誰を対象として、何を目的とするのかなどを明確にしておきましょう。その内容により、システム構築から運用まですべての範囲を委託するのか、既存サービスを活用して知識の取得だけを行うのか、選択肢が分かれます。導入形態としては、インストールするパッケージ型のものと、ASP型(クラウド型)のように既存のシステムを利用するタイプがあります。初期費用や月額コストなども異なってきますので、自社の環境に合わせたサービスを選ぶようにしましょう。

初めての方はこちら!

完全無料

業者を一覧で比較する

モバイル対応の優良業者 eラーニングシステム業者一覧

54件中110件の業者を比較中

対応機能
スマホ対応
会社サイト
http://wark.chu.jp/
会社所在地
東京都渋谷区代々木1-58-11 中沢ビル4F
会社電話番号
03-3378-5567
対応機能
学習・受講管理 スマホ対応 テスト機能
会社サイト
http://www.pro-seeds.com/
会社所在地
東京都港区三田3丁目1-17 アクシオール三田7F
会社電話番号
03-6400-0507
  • eラーニング動画配信、学習管理、成績管理、連絡・スケジュール管理、テスト作成機能など豊富な機能を搭載
  • 大規模運用から小規模まで、数多くの導入実績があり、今までに70万人以上のユーザーに利用されています
  • スマホやタブレットなどマルチデバイスに対応しています
対応機能
学習・受講管理 テスト機能 スマホ対応
会社サイト
http://www.digital-knowledge.co.jp...
会社所在地
東京都台東区上野5-3-4 eラーニング・ラボ秋葉原
会社電話番号
03-5846-2131
  • 教材作成・学習・管理機能など、eラーニングの基本機能をすべて搭載。
  • 数多くの企業や学校法人等の導入実績を持つ国内有数のプラットフォームです。
  • マルチブラウザ対応となっており、スマホやタブレットなどあらゆる環境からの受講が可能。
公式

TIS株式会社

対応機能
動画対応 成績管理 学習・受講管理 オリジナル教材作成 スマホ対応 テスト機能
会社サイト
https://www.tis.jp/branding/testku...
会社所在地
東京都港区海岸1-14-5
会社電話番号
03-5402-2111

発注は時間も手間もかかりますよね?

コンシェルジュが解決します!

コンシェルジュに相談、あなたにあった業者を提案、発注の手間を削減!

完全無料

まずはお気軽にご相談ください

人気のキーワード

関連するカテゴリ

モバイル対応のeラーニングシステム会社の選び方ガイド・比較のポイント

  • POINT 1 目的や受講対象者の人数によって選ぶ

    目的を明確にして最適なサービスを選ぶこと!
    eラーニングシステムとは、インターネットなどの環境を利用して、受講者のスキルアップや情報共有を図る学習ツールのことです。システムの導入に際しては、目的を明確にしてから、それに対応したサービス… 続きを見る

  • POINT 2 委託したい業務内容や機能によって選ぶ

    業務内容やシステムの機能をしっかりと把握した業者選びを。
    eラーニングシステムの範囲は、必ずしも知識の取得だけとは限りません。長期にわたる研修計画の立案、システムの構築、コンテンツの開発、運用と人事評価との連動など多岐に及びます。 パソコン学習が… 続きを見る

  • POINT 3 システムの提供形態と費用で選ぶ

    パッケージ型とASP型、自社のニーズに最適なシステム選びが重要。
    ラーニングシステムの提供形態は、自社サーバーなどへインストールする「パッケージ型」と、既存のサービスを利用するASP型(クラウド型)に分けられます。 パッケージ型は、自社環境に応じたカスタマ… 続きを見る

  • POINT 4 スマートフォンなどのモバイルに対応しているか

    もはや必須、スマホなどのモバイル対応の有無を確認。
    会社の中で使うパソコン以外にも、Android、iPhone、iPadなどのモバイルに対応していれば、それだけ学習機会が増えることになります。特に日頃外出する部門が多い場合は、スマートフォンやタブレットなど… 続きを見る

  • POINT 5 導入実績が豊富か、継続性のあるサービスか

    安定したサービスのためにも、実績などを重視することも非常に大切。
    多くの企業が導入しているようであれば、それだけ信用が置けると判断していいでしょう。各種機能もニーズに合わせて改善されているはずです。 初期費用が無料のシステムもありますが、信用性や継続性… 続きを見る

モバイル対応のeラーニングシステム会社への発注にあたっての基礎用語

  • eラーニングシステム基礎知識・基礎用語

    eラーニングの世界標準として採用されているのが、「SCORM(Sharable Content Object Reference Model)」と呼ばれる規格です。その目的には、以下の4点が挙げられます。

    コンテンツの再利用 何度でも繰り返して学べる、改良・改善が行える
    アクセシビリティ さまざまな環境で使用できる
    耐用度 使いやすさや継続性が望める
    相互互換性 システムの種類を選ばずテキストが利用できる

    「SCORM」に対応しているシステムであれば、固有のサービスへの依存度を下げることが可能なので、比較軸に加えてみてはいかがでしょうか。