あなたの発注コンシェルジュ

公開日: 更新日:

Linuxを学べるeラーニングシステム7選

Linuxを学べるeラーニングシステム7選【2020年最新版】

新型コロナウイルスの感染拡大対策として在宅勤務を取り入れる企業が増えるなか、以前にも増してeラーニングシステムに注目が集まっています。場所を選ばず学習できる便利なeラーニングシステムですが、多くのシステムがリリースされており、どれを選べばよいのか迷っている方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、Linuxを学べるeラーニングシステムのなかから、アイミツが特におすすめするものを7つご紹介します。

10万件以上の利用実績をもつ発注業者比較サービス「アイミツ」が、Linuxを学べるeラーニングシステムを厳選!ぜひ参考にしてください。

目次
このページについて

eラーニングシステムの見積もりが
最短翌日までにそろう

一括見積もりをする(無料)

1.eラーニングシステムとは

eラーニングシステムとは、eラーニング(パソコンやタブレット、スマートフォンを使ってインターネット上でおこなう学習)を実施するためのシステムです。

自社独自の研修プログラムを組み立てたり、受講後にレポートの提出やチェックテストを設定できたり、受講者の学習状況を確認できたりと、学習に役立つ便利な機能が搭載されています。

システムによって機能やインターフェースが異なり、料金プランもさまざまなので、複数のシステムを多角的に比較して、自社のニーズを満たせるeラーニングシステムを選ぶことが大切です。

eラーニングシステム導入を検討中の方は、まず無料の見積もりから始めてはいかがでしょうか。
アイミツをご利用いただくと、特に人気のeラーニングシステムの一括見積もりが可能です。
eラーニングシステム選びの時間も大幅に節約できるでしょう。eラーニングシステム選びでお困りの方は、お気軽にお問い合わせください。

2.Linuxを学べる格安のeラーニングシステム2選

2- 1. techhub e-Leaning

株式会社エンライズコーポレーション
出典:株式会社エンライズコーポレーション https://www.techhub.tokyo/biz/

「techhub e-Leaning」は、IT業界に特化したeラーニングサービスです。東京都渋谷区に本社を構える株式会社エンライズコーポレーションが提供しています。

各コースの教材費のみで利用でき、低コストで導入できるのが強みです。Linux技術者の認定資格「LinuC」のレベル1を目指すコースなら、30日につき5,000円で利用できます。短期間での利用も可能なので、スケジュールに合わせて柔軟に活用できるでしょう。

解説動画を交えた章立て構成のカリキュラムと章末テストで着実な理解を目指します。オリジナルキャラクターのイラストと共に学習が進むので、登場人物に共感しながら、知識を定着させていくことが可能です。管理画面からは受講者の受講開始日・進捗率・点数・受講完了日などが確認でき、進捗管理のしやすさも評価されています。

予算感
LinuC Level 1(101試験):1万5,000円/90日
設立年
2012年
会社所在地
東京都渋谷区代々木1-43-7 SKビル

2- 2. Leaf

株式会社インソース
出典:株式会社インソース https://www.insource.co.jp/it-tool/lms-leaf-merits.html

「Leaf」は、人材育成・教育全体を管理するeラーニングシステムです。東京都千代田区に本社を構え、研修や社会人教育に専門的に携わってきた株式会社インソースが提供しています。

初期費用無料、1,000名での利用でも月々の固定料金が9万円というリーズナブルな価格が魅力です。動画容量や接続数・接続時間に制限はなく、導入後のサポートも無料なので、eラーニングシステムの利用コストを抑えたい方におすすめできます。

さらに、講座を受講者自身で申し込める機能が搭載されているのも魅力的なポイント。たとえば「Linux入門研修」では、Linuxを使うための基礎知識を3日間かけて学べます。ほかにも多くの講座が用意されているので、自社オリジナルの教材と併せることでより効率的な社員教育が可能になるでしょう。

予算感
1,000名まで:9万円
設立年
2002年
会社所在地
東京都千代田区神田錦町1-19-1 神田橋パークビル5階
電話番号
03-5259-0070

eラーニングシステムの見積もりが
最短翌日までにそろう

一括見積もりをする(無料)

ここまで、Linuxを学べる格安のeラーニングシステム3選をご紹介しました。

eラーニングシステムにおいて価格の安さは重要なポイントですが、安いからといって使いづらいシステムを選んでしまうと本末転倒です。価格だけにこだわらず、自社の目的を達成できるか、受講者にとって使いやすいかどうかなど、多角的に検討するのがおすすめです。

気になるeラーニングサービスが見つけた場合には、ぜひ「アイミツ」の一括お見積りサービスをご利用ください。

3.Linuxを学べる人気のeラーニングシステム3選

3- 1. LearningSpace

株式会社ネットラーニング
出典:株式会社ネットラーニング https://www.bizlearn.jp/

「LearningSpace」は、東京都新宿区に本社を置く株式会社ネットラーニングが提供するeラーニングシステムです。20年以上のeラーニング講座制作実績を誇り、これまで5,000社以上の社員教育を支援してきました。

システムは、自社で制作する「eラーニングコース」、社内教育を一元管理できる管理者用の「研修・学習ポータル」、スキルを可視化しつつ学習意欲を高める「デジタル修了証明書」の3要素から構成され、学習者の自律的・自発的な学びを促して効率的な教育を実現できるよう工夫されています。

Linuxに関する研修は、基礎を固める「Linux Step1」とより実践的な学びが実現できる「Linux Step2」が用意されています。担任制チュータに何回でも質問することが可能で、着実に知識を獲得できるコースです。

設立年
1998年
会社所在地
東京都新宿区西新宿7-2-4 新宿喜楓ビル3F
電話番号
03-5338-7411

3- 2. Schoo

株式会社Schoo
出典:株式会社Schoo https://schoo.jp/

「Schoo」は、東京都渋谷区に本社を置く株式会社Schooが提供するeラーニングシステムです。これまで1,300社以上に導入され、30万人の学習者に支持されてきました。

1IDあたり1,500円ですべての授業動画が受け放題というコストパフォーマンスの高いeラーニングシステムです。Linuxに関しても、入門から応用までさまざまな授業動画が専門家によって公開されており、入門研修パッケージもあります。

ライブ感のある授業動画と、授業中に他の受講者とコミュニケーションを取れる機能により、大人数で講義を受けているような感覚で楽しく学習を進めることが可能です。60種類以上のテンプレートと授業動画を組み合わせて、独自のオンライン研修を実施することもできます。毎日の社内の学習状況がひと目でわかる管理画面も便利です。

予算感
1ID:1,500円
設立年
2011年
従業員数
30-99人
会社所在地
東東京都渋谷区鶯谷町2-7 エクセルビル4階
電話番号
03-6416-1614

3- 3. KnowledgeC@fe

株式会社富士通ラーニングメディア
出典:株式会社富士通ラーニングメディア https://www.knowledgewing.com/kcc/cafe/

「KnowledgeC@fe」は、東京都港区に本社を構える株式会社富士通ラーニングメディアが提供しているeラーニングシステムです。導入社数1,600社、利用者数64万人の人気を誇る同システムは、富士通の強固なセキュリティ環境と安定稼働が特徴で、大規模な会社でも安心して利用できます。

自社で内製するオリジナルコンテンツに加えて、人材育成会社ならではの優れた学習コンテンツが1,500本以上用意されています。

Linux関連コンテンツだけで10件以上の選択肢があり、幅広いニーズを満たすシステムだといえるでしょう。研修事前の状況把握、研修内容の現場活用・実践時のフォロー、実践結果の評価までカバーできるシステムなので、「受講しただけ」になるリスクも防げます。

設立年
1977年
会社所在地
東京都港区港南 2-13-34 NSS-Ⅱビル
電話番号
03-6710-1500

eラーニングシステムの見積もりが
最短翌日までにそろう

一括見積もりをする(無料)

Linuxを学べる、人気の高いeラーニングシステム3選をご紹介しました。

規模が近い会社や同業他社が利用しているシステムは、自社でも活用しやすい可能性が高いです。ただし、いくら規模や業種が近くても、社員教育のあり方は会社によってそれぞれです。人気だけで判断するのではなく、実際の使用感をしっかり確かめましょう。

「人気のeラーニングシステムをより詳しく見比べたい」とお考えの場合には、一括での見積もり作成も可能ですので、ぜひご検討ください。

4.まだまだある!Linuxを学べるeラーニングシステム2選

4- 1. Trainocate Learning Station

トレノケート株式会社
出典:トレノケート株式会社 https://www.trainocate.co.jp/elearning/lms/index.html

「Trainocate Learning Station」は、東京都新宿区に本社を置くトレノケート株式会社が提供するeラーニングシステムです。eラーニングの学習管理や集合研修への申込み、出欠管理、日報・レポート提出、テスト・アンケート、連絡通知など、研修に関する事項を統合的に管理できます。

オンラインでも受けられる集合研修「Linuxオペレーション入門」「Linuxシステム管理入門」「Linuxセキュリティ」、eラーニングコンテンツ「Oracle Linuxシステム管理」など、Linuxを学べるコンテンツが多数用意されています。

研修テキストのPDF版を閲覧できるオプションも用意されているので、予習・復習を促したいときにもおすすめです。

設立年
1995年
従業員数
100-499人
会社所在地
東京都新宿区西新宿6丁目8番1号 住友不動産新宿オークタワー19~20階
電話番号
03-3347-9686

4- 2. eラーニング

株式会社イーラーニング
出典:株式会社イーラーニング https://www.e-learning.co.jp/

東京都港区に本社を置く株式会社イーラーニングは、eラーニングシステムの構築・サポートと、インターネット上でのIT教育を手掛けている会社です。

世界中で活用されているeラーニングシステム「Moodle」のプレミアムパートナーとして、Moodleの構築やカスタマイズ、サポートを提供すると同時に、Linux技術者認定試験である「LPIC」の取得を目指すeラーニングコンテンツも販売しています。

文字の修正からプラグインの作成まで幅広いカスタマイズを提供しているほか、既存システムと Moodle との統合にも対応しており、導入後のサポートも充実しています。「Moodleを用いてLinuxに関する社員教育を行いたい。しかし自社での構築やカスタマイズは難しい」という方におすすめです。

会社所在地
東京都港区芝5-29-20 クロスオフィス三田 8F

5.eラーニングシステムの選び方のポイント

【受講者から見た使いやすさを重視する】

eラーニングシステムで最大の教育効果を得るためには、学習する人にとって使いやすく、効率的な学びが可能なシステムを選ぶことが大切なポイントになります。

もちろん管理画面の使いやすさも重要ですが、受講画面の使いやすさはそれ以上に大切だといえます。
直感的なユーザーインターフェースが採用されているか、学びたくなる工夫がなされているかなど、受講者側から見た使用感を重視しましょう。

【学習テストが充実したシステムを選ぶ】

eラーニングでは、学習効果を確認するテストが大きな役割を果たします。自分の習熟度を確かめながら繰り返し学ぶことにより、知識やスキルをしっかりと定着させ、現場での実践につなげていけるのです。十分に習熟していないのに、システム上学んだことになってしまうことは避けなければいけません。

したがってeラーニングシステムを選ぶ際には、「効果的なテストを作成できるか」「テスト結果を次の学習にうまく活用できるか」をチェックするのがおすすめです。

eラーニングシステムの見積もりが
最短翌日までにそろう

一括見積もりをする(無料)

6.【まとめ】eラーニングシステム選びで迷ったら

今回の記事では、Linuxを学べるおすすめのeラーニングシステムを7つご紹介しました。

eラーニングシステムにはそれぞれ特徴があります。リーズナブルな価格で利用できるシステムやカスタマイズの自由度が高いシステム、サポート体制が充実しているシステムなど強みはさまざまです。複数のシステムを比較して、最適なeラーニングシステムを見つけましょう。

アイミツでは、気になったeラーニングシステムを一括で見積もりを取れるサービスをご提供しています。「なるべく早く自社に合ったeラーニングシステムを見つけたい」とお急ぎの場合には、ぜひアイミツのサービスをご活用ください。

eラーニングシステムの見積もりが
最短翌日までにそろう

一括見積もりをする(無料)

アイミツ

著者

imitsu編集部

運営に関するお問い合わせ、取材依頼などはお問い合わせページからお願い致します。

アイミツに貴社を掲載しませんか

Linuxのeラーニングシステム業者のページを見た人はこんなランキングも見ています

Linuxでeラーニングシステム業者をお探しの方向け | ワンポイントアドバイス

eラーニングシステムとは、インターネットを活用した学習形態のことで、教室のような場所に固定されないのが最大の特徴となっています。部門ごとに異なった教材を使うケースもありますし、全従業員の情報共有としても有効です。導入時には、どのようなタイミングで、誰を対象として、何を目的とするのかなどを明確にしておきましょう。その内容により、システム構築から運用まですべての範囲を委託するのか、既存サービスを活用して知識の取得だけを行うのか、選択肢が分かれます。導入形態としては、インストールするパッケージ型のものと、ASP型(クラウド型)のように既存のシステムを利用するタイプがあります。初期費用や月額コストなども異なってきますので、自社の環境に合わせたサービスを選ぶようにしましょう。

eラーニングシステムの見積もりが
最短翌日までにそろう

一括見積もりをする(無料)

eラーニングシステムの見積もりが最短翌日までにそろう