業者探しで迷わない。一括見積もりならアイミツ

お急ぎの方は
電話で即日相談

フリーダイアル

0120-917-819

通話無料 営業時間 10:00~19:00 土・日・祝休

初期費用無料の優良業者

ECサイト構築

最適業者がスグに見つかる

ECサイトや通販システムを構築するにあたってまず最初に目的を明確にしましょう。大量の商品を扱う場合、自社でECサイトを構築すれば初期にまとまった費用がかかるものの、長期で考えれば売上を伸ばし利益を拡大させることができます。初期費用無料のところもありますが、登録商品数が少なく設定されていたり、最低契約期間が決まっているものもありますので、事前に確認しておくとよいでしょう。最初は小さく始めたいという場合には、レンタルショッピングカートやスマートフォン専用のECサイトからはじめるのもよいでしょう。ECサイトを構築する際、様々な機能があれば、ユーザーの属性やニーズに合わせた販売ができたり、独自にキャンペーンやセールを開催する事ができます。費用は構築するECサイトのジャンルによって異なりますが、月額1,000円から初期導入だけで100万円を超えることもあります。売上とのバランスを考え検討しましょう。また、不正アクセスや個人情報の漏えいが起こる事がないように、セキュリティ対策はしっかりとしておきたいところです。他にも、トラブルが発生した際にも手厚いサポートが受けられれば、安心してECサイトを運営できます。ユーザーのいろいろなニーズや要求に対応できるECサイトを構築することが重要となります。

お急ぎの方はこちら!

完全無料

優良企業で一括見積もり

初期費用無料の優良業者 ECサイト構築・通販システム業者一覧

6件中16件の業者を比較中

会社名
株式会社アイフラッグ
会社サイト
http://www.hpmeister.jp/
得意とする案件規模
小規模(~月商100万円) 中規模(月商100~1,000万円)
実績数
5,000~
詳細を見る
  • 初期費用無料からご導入頂けます
  • 20,000社超の導入実績で安心です
  • サイト制作から運営サポートまで、初心者の方でも簡単に始める事ができます
会社名
株式会社マルウェブ
会社サイト
http://www.maruweb.co.jp/magento_m...
得意とする案件規模
小規模(~月商100万円) 中規模(月商100~1,000万円) 大規模(月商1,000万円~)
実績数
~200
詳細を見る
  • 代表が現在の会社立ち上げるより10年以上前からECに長く携わっており、制作以外の箇所もご相談頂けます
  • 弊社は少数精鋭ですが、2014年だけでECサイトを8サイトを手がけました。
  • 代表自らもECの経験があるからこそ、ECの現場に役立つ実践的なアドバイスやサポートを致します。
会社名
SPI株式会社
会社サイト
http://www.spi-jp.com/
得意とする案件規模
小規模(~月商100万円) 中規模(月商100~1,000万円)
実績数
~200
詳細を見る
会社名
インロジック株式会社
会社サイト
http://inlogic.co.jp/
得意とする案件規模
小規模(~月商100万円) 中規模(月商100~1,000万円)
実績数
~200
詳細を見る
会社名
株式会社ジー・エス・ディー
会社サイト
http://www.g-s-d.net/
得意とする案件規模
小規模(~月商100万円) 中規模(月商100~1,000万円)
実績数
~200
詳細を見る
会社名
株式会社クアリス
会社サイト
http://quaris.jp/
得意とする案件規模
小規模(~月商100万円) 中規模(月商100~1,000万円)
実績数
~200
詳細を見る
  • 1

人気のキーワード

関連するカテゴリ

アイミツのコンシェルジュサービス

業者選び
にお困りですか?

簡単3ステップ

優良業者からの見積もりが集まります

提案表・見積もり書
  1. ヒアリング

    ヒアリング

    ご要望がまとまっていない、相場がわからない場合でも、業界のプロが適切にリードいたします。

  2. 優良業者を提案

    優良業者を提案

    基本的な比較情報はもちろん、推薦の理由、どんな評価を受けているかもご説明します。

    提案表
  3. 見積もり

    見積もり

    各社の見積もりが簡単に集まり、スムーズに業者選定を進めることが可能です。

    見積もり書

完全無料!一括見積もりはこちらから

サポートブックイメージ
お問い合わせで無料進呈中、完全保存版、見積もり・発注サポートブック

初期費用無料のECサイト構築・通販システム会社の選び方ガイド・比較のポイント

  • POINT 1 目的にあったECサイトを構築する

    自社ECサイト構築するか、ショッピングモールに出店するかは一長一短。
    <2つのECサイト構築手法>  自社ECサイト構築 主に大企業向けであり、自社で本格的なECサイト構築、ならびに、ECシステム構築を施行します。会社のホームページでは、独自のURLに始まり… 続きを見る

  • POINT 2 売り上げアップにつながる機能があるか

    ユーザーの満足度が高ければ、リピーター率が高まる。
    ECサイトはただ商品を販売して完了ではありません。ユーザーの希望やニーズをかなえる必要があります。快適で使いやすく機能性の高いECサイトでは、ユーザーの満足度が高まり、リピーターになってくれる… 続きを見る

  • POINT 3 料金体系を確認する

    初期費用+年間にかかる料金が運営費用。月額利用は変化する場合も。
    初期費用+年間にかかる料金が運営費用。月額利用は変化する場合も。 ECサイト構築には、様々な料金が発生します。初期費用だけでなく、年間にかかる分まで考えて見積りを検討しましょう。 &nbs… 続きを見る

  • POINT 4 サポートは充実しているか

    ECサイトにはトラブルがつきもの。サポート体制も事前に確認を!
    ECサイトの運営には、「商品が正しく表示されない。」「決済が上手く行なわれない。」「データの連携ができない。」「ECサイト自体が表示されない」など様々なトラブルがつきものです。トラブルが起きた… 続きを見る

初期費用無料のECサイト構築・通販システム会社への発注にあたっての基礎用語

  • ECサイト構築・通販システムの基礎知識・基礎用語

    自社のEC(通販)システムを運営することで、インターネット上で、自社であらゆる商品・様々な商品を販売することができます。ECサイトには、企業が大量の商品を販売、運営する本格的なものから、ニッチな商品や手作りアクセサリーの販売を行う個人のものまで、多種多様なECサイトがあります。最近では、スマートフォン専用のECサイトであるBASE(ベイス)、STORES.jpなどが注目を集めています。また、無料でオープンソースを提供しているEC-CUBE(イーシーキューブ)というサービスも登場しています。EC-CUBEを利用すると様々な機能を追加したり、デザインを自由にカスタマイズすることができます。ECサイトの主な機能としては、商品表示ページ、代金決済がありますが、その他にも配送業者との連携機能、顧客管理機能、売上やアクセスを分析する機能もあります。ECサイト構築市場は、200億円以上と言われ今後も拡大すると予測されています。最近では、スマートフォン専用のECサイト構築も盛んに行なわれ、増加傾向にあります。