業者探しで迷わない。一括見積もりならアイミツ

お急ぎの方は
電話で即日相談

フリーダイアル

0120-917-819

通話無料 営業時間 10:00~19:00 土・日・祝休

在庫・受注管理ソフト

最適業者がスグに見つかる

在庫・受注管理ソフトとは、ECショップを運営する際に、膨大な商品の在庫、受注を管理するためのソフトです。ソフトの機能は多種多様ですが、必要な機能はショップの規模(日々の受注件数や抱える在庫数などを目安に測ります)によって変わってきますので、導入段階では将来も見据えて検討すると良いでしょう。また、楽天市場・ヤフーショッピング・Amazonなど、どのショッピングモールやカートに対応しているかも重要なポイントとなります。料金体型では、クラウド型やパッケージ(システム組み込み型)がありますが、初期費用を安く抑え、早く導入したいのならクラウド型が良いでしょう。膨大な数の商品を扱い毎日多くの商品へ注文が入り在庫数が変化するので、システムのトラブルが起きることも想定しておくことも必要です。その際には、しっかり電話サポートが受けられるかも忘れずに確認しておきましょう。

お急ぎの方はこちら!

完全無料

優良企業で一括見積もり

在庫・受注管理ソフト(通販)の業者比較ガイド・比較のポイント

在庫・受注管理ソフト(通販)の委託先、外注先を探すにあたってのポイントや選び方など、様々な情報をまとめました。アイミツが保有するほんの一部のノウハウのみの公開ですが、参考にしてください。アイミツでは相場情報、見積もり事例など多数保有しております。

在庫・受注管理ソフト(通販)の選定ポイント

POINT
01

便利な機能が充実しているか

ソフトによって機能は異なる、自社に必要な機能を明確に!

在庫・受注管理ソフトを利用することによって、自社で運営しているネットショップの商品を効率的に管理でき、機会損失なく売上を最大限に伸ばすことができます。管理ソフトの機能は、それぞれのソフトで異なっています。自社の目的にあった機能が備わっているかを確認しておきましょう。

<提供されている主な機能>

  •  受注管理

ネットショップを複数のショッピングモールで運営している(1つのショッピングモールで複数店舗を運営している場合も含みます)のなら、どの商品が受注されたかを一元管理することが必須になります。また、どのショッピングモールで、どんな商品が売れているのかをリアルタイムで確認しながら、在庫のコントロールを行い、売れ筋商品を多く販売することによって売上が大きくなります。どのような受注管理ができるのかチェックしましょう。

  •  在庫管理

欠品にならないような仕組みがあるかを確認しておきましょう。自動的に在庫数を複数のモールへ更新する仕組みがあれば、在庫が無いのに注文を受けてしまう「売り越し」を防止できます。モール間の自動在庫更新機能には更新頻度(更新期間)が設定されています。この頻度がどの程度に設定されているかを確認し、自社の在庫管理オペレーションを最適化しましょう。

  •  出品管理、商品登録

複数のモールに対して、一括で新しい商品を出品、商品登録ができるかを確認しておきましょう。また、商品の写真画像が一括管理し、登録できれば、効率的にページを作成し、商品を販売することができます。

  •  メール管理

ネットショップでは、お客様への連絡はほぼメールで行なわれます。それを自動化させることによって、効率化を図ることができます。受注、出荷、フォロー、キャンペーンのお知らせなどどのようなメールを配信、設定ができるかをチェックしましょう。メールテンプレートが何件登録できるかなども確認すると良いでしょう。

  •  売上分析

1日の売上高の確認から、客単価、原価分析、粗利分析まで、どのような機能があるのかを確認しておきましょう。入金管理もあると便利です。売上向上のためにどんな分析データが必要か、事前に自社で確認しておくことも大切です。

尚、ECサイト・通販システムを構築する場合は、「ECサイト構築・通販システムの比較」もご参考にしてください。

 

POINT
02

自社の販売モールやカートに対応しているか

ショッピングモールや販売カートへの対応なども見落としてはいけないポイントに!

インターネットのショッピングモールならば、代表的な楽天市場、ヤフーショッピング、ヤフオク、アマゾンの他にも、DeNAショッピング(旧:ビッダーズ)、ポンパレモールなどどのショッピングモールに対応しているのか確認しておきましょう。また、MakeShopやショップサーブ、カラーミーショップと言った独自ドメイン(自社サイト)ASPの一括管理にも対応していると便利でしょう。

自社が参画しているショッピングモールに対応していないと使いやすさに大きく影響を及ぼします。また、ソフトによっては、各対応モールで使える各機能が制限されますので注意したいところです。

 

POINT
03

価格体系を確認する

月額払いとパッケージ型、どちらが最適化をしっかりと検討すること。

ソフトを利用するためには、大きく分けて2つの契約形態があり、自社のネットショップが一定の規模(一般的には受注件数、売上などで測る場合が多い)に達した際にそれぞれ最適な契約形態が変わってきます。また、契約形態によらず、初期費用がかかる場合があります。

  •  月額費用払い

クラウド型(ASP型)とも呼ばれ、月額費用を毎月支払う形態です。その際、初期費用もいくらかかるか忘れずに確認しておきましょう。自社のパソコンにソフトウェアをインストールする必要がなく、導入が簡単です。アップデートには難しい作業が不要で、簡単に更新できるというメリットがあります。また出品数や受注件数が増えるにつれて、料金が追加されることもあります。価格相場は、ソフトによって大きくことなりますが、月額5,000~100,000円程度になることが多いでしょう。

  •  パッケージ型(システム一括購入)

自社の目的に合わせて、システムの初期設定を業者が行い、自社のニーズに合わせてカスタマイズしてくれる場合もあります。基本的に一度、購入すれば、毎月の支払いはありませんが、アップデートの料金は別であるのが一般的です。料金の相場はかなりの幅があり、20,000~1,000,000円で、場合によっては、200万円を超えることもあります。

尚、各ショッピングモールでショップの在庫情報や受注データをモールの管理画面から自動で取り込むにあたり、CSV機能やAPIといったシステム部分の対応が必要になるケースがあります。CSVダウンロードが有料オプションであったり、申請に3週間以上かかるなど、各モールで条件がありますので事前に確認してください。

 

POINT
04

サポート体制は十分か

操作面での問題やシステムトラブルなど、万が一に備えたサポートの有無は重要。

商品の登録が上手くできない、システム上の在庫管理の数と実際の在庫数が違う、システムが遅いなどのトラブルが起きた場合に的確にサポートしてくれる管理ソフトを選びたいものです。このサポートの優劣によって、トラブルが起きた際にも被害を最小限に食い止めることができます。迅速にサポートしてもらうには、メールだけでなく、専門のスタッフと直接話せる電話の窓口もあることが望ましいでしょう。その際、窓口の営業時間は長いに越したことはありません。また、システムのトラブルが起きないように普段からどのようなシステム運営、セキュリティ対策が取られているかも確認する必要があります。

 

POINT
05

導入はスムーズにできるか

クラウド型の導入は早いがシステム組み込み型なら数ヶ月かかることもある。

実際に導入を決定してから、運用が開始されるまでどのくらいの日数がかかるのかを確認しておきましょう。クラウド型の場合には、1週間以内で完了することもありますが、システム組み込みの場合には、1ヶ月以上かかることもあります。また、お試し利用期間を設けているサービスもありますので導入前に活用してみてください。

 

在庫・受注管理ソフト(通販)の発注時よくある質問

人イメージ

在庫・受注管理ソフト(通販)についてのよくある質問を集めてみました。業者を決定するまでには、自社の業態や依頼内容に応じたさまざまな疑問点が浮かぶものです。発注後のお客様へのヒアリングを行っているぜひアイミツでは、細かな疑問点もしっかり把握しています。

アイミツのサービス

業者選び
にお困りですか?

簡単3ステップ

優良業者からの見積もりが集まります

提案表・見積もり書
  1. ヒアリング

    ヒアリング

    ご要望がまとまっていない、相場がわからない場合でも、業界のプロが適切にリードいたします。

  2. 優良業者を提案

    優良業者を提案

    基本的な比較情報はもちろん、推薦の理由、どんな評価を受けているかもご説明します。

    提案表
  3. 見積もり

    見積もり

    各社の見積もりが簡単に集まり、スムーズに業者選定を進めることが可能です。

    見積もり書

完全無料!一括見積もりはこちらから

サポートブックイメージ
お問い合わせで無料進呈中、完全保存版、見積もり・発注サポートブック